感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:自然観察 花・鳥・昆虫( 137 )

大阪狭山池 アオジ・モズ・ホオジロ

 2月28日(火)、いい天気なので、大阪狭山池にバードウオッチングに行った。6日前にベニマシコに会えたので、いい天気ならいい写真が撮れると期待して行ったが、会えなかった。

 池のほとりを歩いていると、ホオジロが地面にいた。近づくとすぐに逃げてしまった。バードウオッチングをすることが久しぶりなので、ホオジロに会うのは、数年ぶりだろうか?

 柵の上にモズがいた。下に降りて何かをつついては、また柵の上に戻る。雄と雌が並んでいるのも見た。ある程度の距離まで近づくと少し遠くに逃げる。写真に撮ると、目はクリッとして可愛いが、くちばしは鋭い。雄より雌の方が、目が優しいようである。

 茂みの中に、アオジがいた。草の中にいて出てこないので、写真が撮りにくい。アオジも久しぶりに見る。

モズ
d0097373_02354824.jpg
アオジ
d0097373_02354354.jpg
 

by nori-126 | 2017-02-28 22:32 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

大阪狭山池 ベニマシコ

d0097373_00020871.jpg 2月22日(水)、大阪狭山池に、ベニマシコがいることを、FJWRさんに前日会った時に、教えていただいたので、昼からでかけた。

 バードウオッチングは久しぶりである。大阪狭山駅から池の方へでた。ツグミがいたが、今年はツグミが多いような気がする。職場近くの公園でも見た。ツグミに似た鳥を見た。お腹の模様は変異があるとのことなので、少し斑点の少ない変異と思われる。
 
 茂みに何かいるようで、待っていると、小さい鳥が動いている。望遠レンズで、ベニマシコの雄と雌とわかった。少し経つと、少し手前の茂みに出てきた。写真はピントが合わなくて、うまく撮れなかったが、証拠写真にはなる。118番目のライファである。

 狭山池は水位が低くなっていて、水鳥は遠くにしか見えない。雄のモズ、遠くにモズの雄と雌が並んでいた。ハクセキレイと久しぶりにみるセグロセキレイがいた。近くのレストランでランチを食べて戻ってくると、茂みにアオジ、メジロがいた。

セグロセキレイ
d0097373_00023428.jpg
ツグミ
d0097373_00023890.jpg
斑点の少ないツグミ?
d0097373_01193586.jpg

by nori-126 | 2017-02-22 23:50 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

大阪城公園 コサメビタキ

 11月3日(火・祝)、久しぶりに大阪城公園にバードウオッチングに行った。ブログで冬鳥が増えてにぎやかになっているという記事をみて、行ってみる気になった。

 いつものように北東から入っていった。初めは、ヒヨドリの声ばかりだったが、小鳥の集団に出会った。シジュウカラ、ヤマガラ、エナガが木の枝を飛び回る。お堀のカモも多くなっていて、ヒドリガモ、キンクロハジロなどが泳いでいる。

 突然、目の前の木に黒っぽい鳥が止まった。背中に白い斑点があり、目の周りが白い。写真を撮ったが、今まで見たことのない鳥と思われた。近くにいた大きなレンズのカメラを持った人に、見てもらうと、コサメビタキだという。渡り鳥だが、まだ残っているのかということで、今見られたのはラッキーだと言われた。今年初めてのライファで、118番目の鳥ということになる。

 音楽堂や桜広場に行ったが、あまり鳥はいなかった。梅園に降りる坂のところで、ジョウビタキの雄を見つけた。豊国神社裏に行くと、バードウオッチングの人が数人いた。特に珍しいものがでているようではなかった。西の丸庭園に入ってみたが、カラスばかりだった。今、ここには平成中村座の小屋が建っていて上演中だった。大手門をでて家に帰った。

 コサメビタキ ↓
d0097373_2131995.jpg

 

 
by nori-126 | 2015-11-04 00:38 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

生命大躍進 国立科学博物館

d0097373_2433331.jpg 9月23日(水・祝)、国立科学博物館の生命大躍進展を見に行った。上野は何度か来ているが、科学博物館に入るのは初めてである。子ども連れの家族連れが多くて、入るのに少し並んだ。

 特別展 
 脊椎動物のたどった道
 生命大躍進
 2015.7.7~10.4
 国立科学博物館









 40億年前に生命が誕生してからの生命の進化を、実物の化石を多く展示して、わかりやすいように模型も並べている。

 何度も絶滅の危機がありながら、それを乗り越えて来て、それがまた進化を加速してという流れを見ると、多くの偶然が現在のヒトを生み出したようでもあるし、何か定められた必然に導かれたのではないかという気にもさせられる。

 人が多くて、小さい化石も多いのでじっくりと見ることができなかったが、ウミサソリの2m近いほぼ完全な化石やアノマロカリスの飛び出た目の化石が印象的だった。他に原始的な脊索動物ピカイア、最古の哺乳類ジュラマイア、霊長類化石イーダなど、珍しい化石を見ることができた。

 恐竜はここでは脇役である。旧人から新人に至る多くの人類の頭部の化石が並べられている。DNAの分析から、旧人であるネアンデルタール人らと現在の人類との関係などがわかっており、興味深い。

 時間がなかったのと、人が多いのでじっくりと見られなかったが、来年春には大阪に巡回する予定である。その時にもう一度ゆっくりと見てみたい。

d0097373_2592384.jpg

by nori-126 | 2015-09-24 02:54 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

noriさんのひまつぶ誌 13.自然観察

 バードウオッチングに行く機会が減っている。狭山池や大阪城公園には行ってみるが、珍しい鳥に会うことがほとんどない。情報の収集もしないので、初めての鳥に出会うことが極端に減った。今年、初めてみたのは、大阪城公園でのアオバトと街道歩きの道でみつけたソウシチョウだけだった。新たに2種類が加わって、117種類となった。

 街道歩きでみつけたモズのはやにえ、当麻寺のイソヒヨドリ、狭山池のオオジュリンが印象に残った。

 
by nori-126 | 2014-12-31 23:51 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

長尾街道、当麻寺の自然 イソヒヨドリ・モズ・ハクセキレイ

 11月22日(土)、長尾街道を歩いた時に、多くの鳥に出会うことができた。

 歩き始めた時には、セキレイが飛び交っていた。セグロセキレイもいたようだった。千股池は、二上山を水面に映してきれいだが、オオバン、マガモ、チュウサギ、アオサギなどがいた。その堤に止まったセキレイの写真を撮った。

 d0097373_10543170.jpgモズが餌をくわえているのを2回みた。写真を撮ろうとすると、さっと木の中に入って出て来た時には、何もくわえていなかった。当麻寺参道では、木を飛び立った跡をみると、カエルが木に刺さっていた。モズのはやにえと呼ばれるものだが、初めて見た。

 当麻寺の塀の石垣に、イソヒヨドリの雄をみかけた。背中の青がうつくしい。お腹の橙色と合わて、見事な色だが、日陰だったので写真の色は物足りなかった。

 モズ  ↓
d0097373_10545818.jpg

 ハクセキレイ ↓
d0097373_10551065.jpg

 イソヒヨドリ ↓
d0097373_1058896.jpg

by nori-126 | 2014-11-23 02:04 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

高野山 不動坂 ソウシチョウ・メジロ

 11月3日(月・祝)、西高野街道の最後の区間として歩いた、極楽橋から女人堂への山道で、多くの鳥がさえずっているのに出会った。小さい鳥で1本の木に群がっていたのが、メジロだった。

 灌木の茂みの間を飛び回っている鳥は、嘴が赤く、胸がオレンジの少し派手な色だった。今までに見たことがなかったので、ひょっとしてと、図鑑の外来種の所を見ると、ソウシチョウだった。図鑑で見る程鮮やかな色には撮れなかったが、これもはじめて見る鳥として117種類目の鳥とする。

 ソウシチョウ ↓
d0097373_220964.jpg

 メジロ  ↓
d0097373_2202599.jpg

by nori-126 | 2014-11-05 02:22 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

京都水族館 京都市下京区梅小路公園内

 8月17日(日)、京都でホテルに泊まった後、タクシーで京都駅近くの京都水族館に行った。2012年3月にオープンして、一度行ってみたいと思っていたが機会がなかった。夏休み中なので、入るのに時間待ちがあるらしいが、開館直後に行ったので並ばないですぐ入れた。

 入ったすぐのところに、天然記念物のオオサンショウウオがいた。水槽に何匹も入っているので、重なり合っているが、1mくらいあってグロテスクである。川で遭遇するとびっくりするだろう。

 淡水魚を集めた水槽は、由良川の自然というテーマで、子どもの頃に、川や田んぼの溝でみた魚が泳いでいた。

 広い水槽にゴマフアザラシとオットセイが泳いでいる。ゴマフアザラシの水槽は、チューブ状の水槽にもつながっていて、目の前でみることができる。

 熱帯魚を展示したコーナー、クラゲを展示したコーナーがあった。ペンギンが何種類かいて、水槽の中を泳ぐのが見える。大水槽にはあまり大きな魚はいないが、エイが何種類も泳いでいた。コブダイ、ウツボなどが見えた。

 最後にイルカの水槽があり、ここではイルカのショーをするように観客席が設けられているが、ショーの時間まではかなりあったので、見るのは止めた。期間限定で福井恐竜博物館とのコラボで、福井で発掘された恐竜や中国で発掘された恐竜の骨格模型が展示されていた。子どもたちには、これもうれしい企画である。

 庭には、里山を再現していて、清流の流れや草花が植えられている。町のど真ん中の水族館として、しっかりとしたコンセプトで、見せ方に工夫がされているので、大人が見ても満足のできる水族館になっている。

d0097373_132574.jpg

d0097373_1322652.jpg
d0097373_1323894.jpg

by nori-126 | 2014-08-21 01:56 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

カミキリムシ2種 ベニカミキリ・ウスバカミキリ 職場の花壇

 職場の小さい花壇に花を植えているが、最近、カミキリムシをみつけた。

 6月20日に、アジサイの花に、体長2cmくらいの小さくて赤いカミキリムシがいた。赤いカミキリムシを見るのは初めてである。調べてみるとベニカミキリという種類だった。赤が鮮やかで美しい。1日でいなくなった。

 7月18日に、地味な色の4cmくらいの少し大きいカミキリムシをみつけた。カミキリムシといえば、斑点がついているものをよくみるが、色も地味なら模様もない。調べてみるとウスバカミキリと思われた。職場の玄関横の小さい花壇にも自然がある。子どもの頃、田舎で虫捕りをしたことを思い出して、喜んでいる。

 ベニカミキリ  ↓
d0097373_2137915.jpg

 ウスバカミキリ  ↓
d0097373_21371735.jpg

by nori-126 | 2014-07-20 21:24 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

大阪城公園 ’14.5.6 アオバト・キビタキ

 5月6日(火)、大阪城公園に鳥の観察に行った。いつものように北東の大阪城公園駅近くから公園に入る。道端に桐の木が1本だけ立っていて、花が咲いていた。いい天気で、楽器を演奏する人や家族連れなどでにぎわっていた。

 音楽堂西の通路で、観察している人が数人あり、キビタキがみられた。玉造門から桜広場に行くと、10人くらいの人がいて、アオバトがいるという。桜の木の小さいサクランボを食べていた。余り動かなくて眠そうにしていた。葉が重なってうまく写真が撮りにくい。アオバトは初めてみる鳥で、116番目となる。

 桜広場の他の場所では、コルリがでてくるのを待っている人が20人くらいいた。第1櫓の近くにも、コルリがでてくるのを待って20人くらいがカメラを構えていた。武道場裏を廻って見たが、ほとんど鳥はみられなかった。本丸に入って、博物館裏に行くと、2か所でコマドリを待っているグループがあった。餌付をしているが、なかなか姿を見せないようで、待つ気はしなかった。

 浄水場横では、キビタキを待っている数人がいた。カメラを構えている人の人数が、目当ての鳥の珍しさや美しさに比例している。コマドリは人がかなり近づいて待っている。茂みから余り離れることがないからである。コルリは人が離れて待っている。歩きまわるからであろう。両方とも大阪城公園で前に見たことがある。

 桜広場に戻ってくるとアオバトが移動して別の木にいた。陽が当たるところにいて少しいい写真が撮れた。

 アオバト  ↓
d0097373_0334672.jpg

 桐の花  ↓
d0097373_15389.jpg

by nori-126 | 2014-05-07 01:30 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)