感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:バイオリンレッスン( 93 )

バイオリンレッスン 第66回

 1月26日(火)、バイオリンレッスンに行った。右手弓の練習の6、7は移弦がなんとかできた。スラーの移弦もOKということで、8,9が課題になった。スラーとスラーのないのが交互にくるとか、八分音符と四分音符の組み合わせで、弓の使う範囲が難しい。

 左手指の練習の5は、第4指の使い方が難しい。第1指、第2指を立てるようにということだが、親指で握り過ぎるようである。手首も曲げないように言われた。弾きやすいように手を添える必要がある。引き続き練習することになった。

 ハ長調音階は、音が飛躍するのがきちんと押さえられなくて、スラーを弾くどころではない。もっと練習をするように言われた。

 驚愕シンフォニーはかなり弾けるようになっているが、音がきちんと取れていない。第1指が低くなるので、2指、3指も低くなる。音を聴いて正しい位置を押さえるようにと指摘された。
by nori-126 | 2016-01-29 18:21 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第65回

 1月12日(火)、バイオリンレッスンに行った。右手弓の練習の5番は弾くことはできるが、手首の動きがスムースにいかない。E弦からA弦に移るときに、右肘を下げるように言われた。手首だけ動かすと他の弦を触るということだった。6番と7番が新たに課題になった。

 左手指の練習は、4番を弾いたが、A弦で1指と2指をつけるのが難しくて離れてしまう。指を立てていないからだといわれた。指をコの字の形にして垂直に押さえるようにするとのことである。5番が新たな課題になった。A弦を使って4指でミを押さえて、さらにその指でファを弾くようになっている。ミの時は指を立てて、ファで指を寝かせるというやり方である。音の長さを意識して弾くように言われた。感覚だけでなく、イチトオ、ニイトオと数えないといけない。

 ハ長調の音階の練習は、スラーが難しい。全弓を使うように言われたが、押さえるところに気を取られると弓が動かない。まだまだ練習が足りないと実感した。基礎練習はどうしてもおろそかになる。

 驚愕シンフォニーは、うまくなっているといわれたが、音がずれるところがある。第1指が高すぎる、2指が1指と離れて高くなる等を指摘された。先生と2重奏をしてみたが、まだうまく行かない。OKがでなかった。
by nori-126 | 2016-01-13 11:20 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第64回 先生と二重奏

 12月21日(月)、バイオリンレッスンに行った。右手弓の練習は、3拍子で強弱弱と全弓、半弓、半弓と弾くが、弓の移弦のタイミングが合わない。音の長さもずれることがある。次の課題は、八分音符を細かく、手首だけで弾く練習である。

 左手指の毎日の練習は、指の動きが難しい。前回の課題をさらに練習するようにということだった。ハ長調音階の練習は、音が下がる時に3指を押さえてから4指を押さえるのができていない。ドミソドミと音が上がっていく時に、指をすべて押さえるのではなく、必要ない指は次の音を弾くための準備をするということ。

 驚愕シンフォニーを弾いてみたが、音のずれるところがある。2指が1指と離れて高くなる傾向がある。それでもまあまあ弾けているということで、先生とバイオリンで合奏することになった。自分の演奏で一生懸命であるが、先生のバイオリンの音が聞こえてくると、合奏をしている感じになる。
by nori-126 | 2015-12-22 12:46 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第63回

 12月8日(火)、バイオリンのレッスンに行った。レッスンは面白くなっているのだが、練習時間はあまり取れず、しかもどうしても基礎練習より、曲の練習をしたくなる。

 弓の練習で、付点四分音符、八分音符がリズムが狂う。きちんと拍を数えて、遅いテンポから練習するように言われた。3拍子の練習が課題になった。強弱弱となるので、強は全弓、弱は半弓となる。

 右手の練習は音がうまく取れなかった。弓がどうしても小さい動きになる。ハ長調の音階もあまりうまくいかなかった。音が下りてくる時の4指を押さえる前に3指を押さえるのが難しい。

 驚愕シンフォニーは、Pの2種類の弓の使い方、短く使う時と長く使う時がある。高いドの音の取り方を教えてもらった。第2指を押さえてそこから第4指を伸ばす。弓をダウンに備えて置き換えるのが遅くなる。理論的にはわかっていることばかりだが、いざとなるとうまくいかない。体が覚えるまでに練習する必要がある。

 
by nori-126 | 2015-12-09 02:51 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第62回

 11月24日(火)、バイオリンレッスンに行った。前回の課題である、弓の練習を弾いてみた。四分音符と八分音符の組み合わせだが、音の長さが合わない。感覚だけで弾くのではなく、長さをきちんと数えて弾かなくてはならない。指を押さえる練習は、弓をスムースに動かすことが難しい。ハ長調の音階もあまりうまく弾けなかった。特に下がる時に、第4指を使うが、まず第3指を押さえてから第4指を押さえるというのができない。

 弦を指で押さえた時に、音がずれることがある。というよりずれる方が多い。G弦を押さえる時に、ソ・ラ・シ・ドと弾いてみて、1指~4指の位置を取るようにいわれた。押さえる位置は、音で合わせて決めるということである。

 驚愕シンフォニーを弾いてみた。自分ではかなり練習したつもりだったが、弓の使う場所や長さなどが覚え切れてなかった。この曲には、注意しないといけないことが多い。スラーの指使いはまあまあできていると誉めてもらったが。引き続き練習して、ある程度弾けると、先生とのデュエットができるからと励まされた。
by nori-126 | 2015-11-25 00:42 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第61回

 11月9日(月)バイオリンレッスンに行った。第1巻の最後の課題であるガボットにやっとOKがでて、これで第1巻は終了となった。第1巻を終わるまでに2年7か月かかった。

 第2巻の前回の課題を弾いてみたが、なかなか難しい。音が下がる時に、4指で押さえる前に、3指で押さえるように言われるが、どうしても4指で押さえようとして位置がわからなくなる。他の指でも音を正確に取るのが難しい。押さえる位置を考えるのではなく、音を出して指の位置を確認するようにということだった。

 前回の課題は、11ページの有名なハイドンの驚愕シンフォニーを弾くための準備だが、驚愕シンフォニーの楽譜は、細かい指示が多い。音の強弱はmf、p、ppとあり、クレッシェンドもある。指をずらして音を出すというのも初めて出て来た。弾けるようになるには、かなりの基礎練習が必要だが、第2巻からは、ピアノ伴奏ではなく、先生とのバイオリンの2重奏になっているのが楽しみである。
by nori-126 | 2015-11-09 19:20 | バイオリンレッスン | Comments(2)

バイオリンレッスン 第60回 篠崎教本第2巻に入る

 10月27日(火)、バイオリンのレッスンに行った。篠崎バイオリン教本の第1巻の最後の課題であるガボットを弾いてみたが、指がうまくいかず、OKがでなかった。この練習は続けるとして、ついに第2巻に入ることになった。

 第2巻の第1部の右手弓の練習の1番が一つ目の課題になった。A弦とE弦を解放で弾くが、運弓法を中半弓、先半弓、元半弓の三通りで弾く練習である。

 二つ目の課題は左手指の練習である。二分音符、四分音符、八分音符のスラーで細かく指を動かさなくてはならない。右手と左手の協調が必要とされる。今までなんとなく弾いていたのが、正確ではなかったと思い知らされる。
 
 三つ目の課題は、ハ長調音階の練習である。ハ長調は指の使い方が難しい。以上の三つはハイドンの驚愕シンフォニーを弾くための基礎練習で、上に書いたのが基本で、ヴァリエーションがたくさんあって、合計で3ページにもなる。その一番初めのところだけが課題になった。

 
by nori-126 | 2015-10-28 23:31 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第59回 新しいバイオリンで初めてのレッスン

 10月13日(火)、バイオリンのレッスンに行った。新しく買ったバイオリンでの初めてのレッスンになる。微調整のネジがE弦にしかついていないので、調弦が難しい。ネックを第3~5指で支えながら、親指と人差し指でネジを回すが、硬くて難しい。

 新しいバイオリンには、目印のシールを張らないで弾いてみることにした。音が全く合わないと困るが、少し弾いてみて、先生から行けそうだと言われた。家では、スマホで、音のチェックをするのだが、いつも見ているわけにはいかない。押さえる位置ではなく、出る音で押さえる位置をみつけなくてはならない。

 祝典行進曲にOKがでて、変ロ調長音階を弾いてみた。第1巻はあと残すところ、ガボットだけになった。
by nori-126 | 2015-10-14 23:48 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリン購入

 9月30日(水)、新しいバイオリンを購入した。2年半前にバイオリンのレッスンを始める時に、初心者用のセットのバイオリンを買った。それを使って練習してきたが、いいバイオリンが欲しくなった。

 鈴木弦楽器のKRYMさんに相談して、バイオリンを見せてもらうことにした。希望した金額前後のバイオリンを7台用意していただいて順に弾いてみた。ドイツ製のものを弾いたあと、ハンガリー製を弾いてみたら、少し深みのある音がした気がした。しかし、違いがはっきりとわからない。

 何となく形や色が気にいったものを買うことにして、弓とケースも買った。ケースは標準的な形で、しっかりしていてしかも軽い。新しくバイオリンを買えば、少しでも練習する気になれるのではないかと期待する。新しいバイオリンには、音の高さの印をつけないことにして、感覚だけで音を取るという訓練をしてみたい。
 
by nori-126 | 2015-10-02 01:36 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第58回

 9月29日(火)、バイオリンのレッスンに行った。ずいぶん前からの課題だったブラームスの子守唄がやっと〇がついた。祝典行進曲と去り行くは引き続き練習するようにということだった。

 左腕の肘の使い方を指摘された。弾く弦に従って出し入れをしなくてはいけないということである。弓が駒 に近づき過ぎることも注意された。近づくと音がかすれてしまう。

 音の高さについてもずれていることがあると指摘されるが、目印を頼りにしない方がいいと考えて、左手の指を見ないで弾く練習をしてみた。思ったより音がずれないような気がするが、よくわからない。新しいヴァイオリンを購入する予定なので、最初から印をつけないで弾いてみようと考えている。
by nori-126 | 2015-09-30 02:50 | バイオリンレッスン | Comments(0)