感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
シネマ「ミスサイゴン25周年..
at 2017-03-14 19:25
LA FENICE 天地創造..
at 2017-03-14 19:22
日本センチュリー響 第215..
at 2017-03-14 19:16
英国ロイヤルオペラシネマ「イ..
at 2017-03-13 17:40
LA FENICE 「天地..
at 2017-03-07 02:56
大阪狭山池 アオジ・モズ・ホ..
at 2017-02-28 22:32
バイオリンレッスン 第85回
at 2017-02-28 19:31
河内長野ラブリーホール合唱団..
at 2017-02-27 01:59
MET ライヴビューイング ..
at 2017-02-27 01:49
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(150)
(133)
(127)
(117)
(94)
(91)
(72)
(69)
(63)
(53)
(50)
(49)
(45)
(44)
(38)
(37)
(34)
(19)
(18)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:陶芸( 50 )

noriさんのひまつぶ誌 2011 7.陶芸

2011年に作った作品
1)急須 作品3      2010年10月~2011年1月
2)コーヒーカップ 2個      1月~3月
3)ス-プカップ 2個       2月~5月
4)皿 作品1 粘土1kg      3月~5月
5)皿 作品2 粘土1.5kg     3月~5月
6)皿 作品3 粘土2.5kg     3月~5月
by nori-126 | 2011-12-31 21:08 | 陶芸 | Comments(0)

第3回堺クラフトフェア「灯しびとの集い」

 10月29日(土)午後から大仙公園で開催中の第3回堺クラフトフェア「灯しびとの集い」~手しごとを堺の街から~に行った。堺では秋季の文化財特別公開中で、大仙公園には観光客も多かった。「灯しびとの集い」は2年前から開催されており、かって通っていた陶芸教室の先生から話は聞いていたが、訪れたのは初めてである。

 大仙公園の催し広場に多くのテントが並び、100近い作家が作品を並べて販売している。陶磁、ガラス、木工、染織、和紙、皮革、石のハンコなどが並んでいた。多くの人が作品をみて気にいったものを買っている。

 5年間「しらさぎ陶芸」で教えていただいた二川修さんのショップに行った。二川さんと久しぶりに会って話をした。しらさぎ陶芸にも並んでいた特徴ある食器がならんでいた。濃い茶色のコーヒーカップを一つ購入した。作家さんと話をしながら、気に入った作品を買うというのは、こういう催しだけで経験できる楽しみである。

d0097373_0423475.jpg

by nori-126 | 2011-10-30 16:01 | 陶芸 | Comments(0)

陶芸 2005年8月~2011年4月

 2005年8月に職場近くの「しらさぎ陶芸」に通うようになって5年半余りになる。生まれ育った故郷には出石焼という磁器があり、小学校の同級生のお父さんは有名な作家だった。工場を見せてもらったこともある。若い頃から陶芸をしてみたいという気持ちがあったが、なかなか踏み切れなかった。

 陶芸教室の先生が制作に専念したいということで教室を閉じられることになり、5年半続けた陶芸もここで一度一段落つけようと考えている。続けようと思うと少し離れたところの陶芸教室に行かなくてはならない。また、陶芸をしたくなったらその時に再開しようと思う。講師の二川修先生には本当にお世話になった。南区に新たに工房を構えて作陶に専念される。先生の今後のご活躍をお祈りしたい。

 一番最初に作ったのは手びねりによる湯呑で、出来上がった時はかなりいいと思ったが、今からみるとかなり形がおかしい。最後に作ったのは大皿であるが、一番納得できたのは急須だった。
             はじめての作品    ↓
d0097373_031598.jpg

d0097373_02873.jpg

by nori-126 | 2011-06-05 23:56 | 陶芸 | Comments(2)

皿 作品3 その2 完成品

 3月22日に成型して、29日に削りを入れた皿の作品3が5月に焼き上がった。土は2.5kgを使ったので、かなり大きな重い皿ができた。釉薬を2種類かけて、スポイドで波模様になるようにした。釉薬が重なったところがいい味がでた。写真では見えにくいが中央に少しひび割れができたのが心残りだった。この皿がしらさぎ陶芸での最後の作品になった。

d0097373_23382718.jpg
d0097373_23384428.jpg

by nori-126 | 2011-06-05 23:31 | 陶芸 | Comments(0)

皿 作品2 その2 完成品

 3月8日に成型し、3月15日に削りをいれた皿の作品2が5月に焼き上がった。土は1.5kg使った。薄い色の釉薬を使うと、写真をうまく撮るのが難しい。光の当たり具合でむらができたり、歪んで見える。実物はかなりゆがみがなく出来上がった。

d0097373_2327388.jpg

by nori-126 | 2011-06-05 23:24 | 陶芸 | Comments(0)

皿 作品1 その2 完成品

 2月22日に成型し、3月1日に削りを入れた皿の作品1が、5月に焼き上がった。1kgの土から作ったのであまり大きなものができなかった。

d0097373_23223724.jpg

by nori-126 | 2011-06-05 23:16 | 陶芸 | Comments(0)

スープカップ 作品1・2 その2 完成品

2月に作ったスープカップが5月に焼き上がった。今までのコーヒーカップより大きくて口が広い形のスープカップのつもりで作った。傾斜がきついだけに取っ手をうまくつけられなかった。スープカップなら、両側に耳のようなものをとりつけて両手ではさんで持つような形にすればよかったと他の生徒さんの作品を見て後から思った。

d0097373_2365289.jpg

by nori-126 | 2011-06-05 21:59 | 陶芸 | Comments(0)

皿 作品3 その1 成型と削り

 皿を2つ作ったあと、さらに大きいものをと、2.5kgの土で3つ目の作品とつくることにした。3月22日(火)、2.5kgの土を菊練りして、ろくろの上の板に置いた。土が多いと土殺しも難しい。かなり力がいる。今までと同じように、手で伸ばして布を使ってさらに伸ばしていく。底をどの程度薄くしていいのかわからなくて、あまり大きな皿にはならなかったが、それでも27cmくらいになった。前の作品と比べて、縁を急に立ちあげないようになだらかに仕上げてみた。

 3月29日(火)に削りを入れた。底もそれほど薄くしないで、厚いどっしりとした皿になった。高台の幅も厚めにした。

 陶芸を習っている「しらさぎ陶芸」が4月で閉鎖されることになった。先生が制作のために時間が取られるようになり、教室で教える時間が取れなくなったということである。新しく南区に工房を構えて制作に専念されるとのことである。制作が忙しくなるということは喜ばしいことで、教室と両立しないというのも仕方がない。5年間も教えていただいて、陶芸のおもしろさというものを味わうことができた。この皿作品3がしらさぎ陶芸で作る最後の作品になった。

   成型直後   ↓
d0097373_0284248.jpg

   削り後    ↓
d0097373_029041.jpg

by nori-126 | 2011-03-31 00:30 | 陶芸 | Comments(0)

皿 作品2 その1.成型と削り

 大きな皿を作ろうという試みで、作品1は1kgの土を使って皿を作ったが、思ったほど大きなものは作れなかった。

 3月8日(火)、作品2は1.5kgの土を使って、前より大きな皿を作ることにした。作り方は全く同じである。土を広げて行く過程で、外側の縁を左手で持ち上げるようにするが、薄くなり過ぎないように注意をする。この縁の内側の線をなだらかに仕上げる必要がある。このラインをどのようにするのがきれいに見えるか少し迷った。皿の大きさや用途に寄って変わってくるのであろうが。

 3月15日(火)、削りを行った。先生に皿は削りで決まると言われた。内側のラインは手で作って決めるが、外側のラインは削りで決まることになる。均等な厚さで削ることができれば、内側と外側は同じラインになるはずだが、なかなかそうはならない。

 成型の段階では、形の安定のために底は少し厚めに残している。削る部分が多い。伏せて削るので内側のラインを想像しながら、外側を削っていく。ほぼ満足する形ができた。素焼き前のこの段階で、直径が24.5cmあった。
 
  削り後の皿  ↓
d0097373_12424498.jpg

  少し上からみたところ  ↓
d0097373_12432970.jpg

by nori-126 | 2011-03-18 23:56 | 陶芸 | Comments(0)

皿 作品1 その1 成型・削り

 スープカップを2個作った後に、以前に挑戦してうまくいかなかった皿をろくろで作ってみることにした。小さい薄い皿を作るのは大変難しい。広げているうちに外側の部分が垂れさがってしまって失敗したことが何度かある。コーヒーカップのソーサー程度のものはなんとか作ることができた。

 今回は出来上がりの直径が20cmくらいの大きめの皿を作ってみようという試みである。2月22日(火)、1kgの土をろくろの上に置いた板の上に乗せて、手の小指球で押しながら広げた。外側が薄くなり過ぎないように左手で支える。

 濡らした布を両手で押さえて中央から周りに土を広げて行く。左手で少し辺縁を持ち上げるようにしていく。皿は余り薄く作る必要はないという。

 3月1日(火)、皿の削りをした。底の厚さを測り、底の平になった部分の直径を測る。ろくろに逆さに固定して、底の平になった部分の辺縁を高台の端とする。高台を削り出して完成である。重すぎず、軽過ぎずと丁度いい厚さになった。思ったより直径が小さかったが、土1kgではこれが限度かもしれない。

  ろくろで成型後   ↓
d0097373_0414695.jpg

  削りを終えたあと   ↓
d0097373_0421593.jpg

by nori-126 | 2011-03-01 23:27 | 陶芸 | Comments(0)