感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:外国語( 6 )

フランス語検定3級 関西大学

 11月20日(日)、フランス語教育振興協会が行う実用フランス語技能検定試験3級を受験した。大学生の時に第3外国語にフランス語を取って、大学院生の時に数年間、独学でフランス語の勉強をした。ラジオ講座を聞いたり、カセットテープ付きの会話集を買った。40年ぶりにテキストを開いてみると、若い頃に覚えたことは忘れていないものである。

 フランス語検定の過去問をしてみると、5級や4級ならすぐにでも合格しそうだった。3級は書く問題もあって、55点から65点くらいと、60点の合格ラインぎりぎりなので、3級を受けることにした。フランス語文法の本を読んでCDを聞き、ラジオとテレビ講座、そして3級対策本で勉強した。

 午前11時から関西大学で試験があった。阪急関大前駅で下りて、校舎に歩いた。大学に入学した時に、高校の同級生が関西大学に入ったので、彼を訪ねて、大学や下宿を見せてもらったことがあるが、当時のことはほとんど忘れている。

 教室に入って席についた。受験生は学生らしき若い人ばかりで、年配の人は3,4人である。まず筆記試験があって、その後に聞き取り問題があった。終わってから正解を書いた紙がもらえたので、自己採点してみると、71点だった。書く問題は、14問中4問しか合ってなかった。これでー20点である。60点の合格ラインはクリアできていた。

d0097373_02362244.jpg

by nori-126 | 2016-11-21 02:11 | 外国語 | Comments(0)

実用イタリア語検定 5級合格

 11月20日、実用イタリア語検定5級の結果と合格証が届いた。10月4日に受けた試験は、自己採点で合格とわかっていたが、合格証が来ると改めて実感できる。

 試験はリスニングと筆記からなり、リスニングが20点満点の14点、筆記が36点満点の33点で、合計が56点満点の47点(84%正解)だった。合格基準は36点以上で64%である。平均点は39.7点で、合格率は68%だった。

 今年1月から全くの初心者から始めたとしては上出来だと思う。ただ、試験の内容が文法に偏り過ぎていて、会話でどの程度話せるかは疑問である。また、にわかに覚えたのは、忘れやすいというのもある。これからもイタリア語に接していくようにして、いつかイタリアに旅行に行った時に使えたらと思う。

 イタリア語検定の4級は問題集で少ししてみたが、大変難しい。リスニングは5級でもぎりぎりくらいなので、かなり聴き慣れないと合格できない。4級をめざすことは今の目標としては考えられない。

d0097373_045542.jpg

by nori-126 | 2015-11-20 00:30 | 外国語 | Comments(0)

イタリア語検定5級受験

d0097373_112246.jpg 10月4日(日)、イタリア語検定5級の試験を受けた。昨年秋からオペラを見るようになったが、多くのオペラがイタリア語で上演される。今年1月に、イタリア語を勉強してみようと思い立った。

 独学で、テレビ、ラジオのイタリア語講座、入門書、検定対策本で勉強してきた。イタリア語検定協会のHPから、過去の問題集をダウンロードしてしてみると、筆記試験はかなり点が取れるが、リスニングは難しい。

 天満研修センターの405号室が5級の試験場だった。受験者は若い人が多く、わずかに年配の人がいるという感じだった。どういう人がイタリア語を勉強して試験を受けようとしているのだろうか?私のように単に趣味という人はいるのだろうか?

 まず、リスニングが始まった。当初は聞き取れなくてあせったが、少しずつ聞こえるようになった。リスニングが終わると筆記試験に入った。思ったより難しい問題が少なくて、オーソドックスなものが多かった。

 80分で終了となり、解答用紙が回収された。問題集は持って帰ってよいということで、外に出た時に5人で答え合わせをしている若い人のグループに寄せてもらった。学生さんですかと聞いたら、会社員だということだった。仕事でイタリア語が必要なのだろうか?

 追記
 10月6日にイタリア語検定のHPに模範解答が示されてので、答え合わせをしてみた。リスニングが20問中14問正解で70点、筆記試験が36問中33問正解で92点、合計で56問中47問正解で、84点となった。リスニングと筆記で、必要最低点というのがあるらしいが、合格点は70点前後とのことなので、合格間違いないだろう。
by nori-126 | 2015-10-05 01:26 | 外国語 | Comments(0)

イタリア語 学習方法

 オペラを見るようになって、イタリア語を勉強したいとはじめたのが、1月だった。それから5か月が過ぎた。語学の学習をするのは、40年程前のフランス語以来なので、どういう学習方法を取っているかということを記録しておきたい。

 テキストとしては、本屋でみつけた「はじめてのイタリア語 山内路江・クラウディア・オりヴィエーリ著 ナツメ社」を最初の教科書とした。はじめに会話があって、それに文法の説明がついている。CDには、例文や会話が日本語とイタリア語を交互に録音されている。テキストをみないで聞き流してもよい。

 「はじめてのイタリア語」は、文法が中心でないのと、初歩の文法しかないので、少し物足りない感じがして、「文法から学べるイタリア語 京藤好男著 ナツメ社」を買った。この本では、文法を中心にして、応用の会話がついている。条件法や接続法といったやや高度の文法まで記載されている。CDには、例文や会話がイタリア語のみで収録されている。

 ラジオやテレビのイタリア語講座は参考になる。ラジオは月~水と初級編がある。テレビは、初級と中級が同じ日に放送される。テキストで覚えたことを再確認する形になっている。

 辞書が欲しくなったが、あまりに詳しいものは必要ない。「イタリア基本単語集 秋山余思編 白水社」を買った。基本語2200にすべて例文がついているのがいい。これなら辞書を引くというより、読むという形でも使える。この辞書に載ってないものは、スマホのアプリのイタリア語和英辞書を使えばよい。

 イタリア語検定というのがあることを知った。ホームページで、試験の既出問題を一部みることができる。5級ならそれほど難しくないようである。問題は、語句選び、長文の理解、ヒアリングからなる。「イタリア語検定対策 4級5級問題集 白水社」を買った。CDにヒアリングの問題が収録されている。イタリア語会話を聞いて、それに合う絵を選択するようになっているが、これが難しい。
by nori-126 | 2015-06-11 11:38 | 外国語 | Comments(0)

イタリア語学習 2.イタリア語の特徴

 イタリア語の勉強を始めて1か月が経過した。思ったより単語がフランス語に似ていなくて、覚えにくい。発音はローマ字に近いので、わかりやすい。単数や複数、男声名詞や女性名詞、そして冠詞、動詞、形容詞がすべてそれに連動して変化するので、大変である。
 
 イタリア語について、わかったことは
1.主語を省略することが多い。英語などではあり得ないこと。動詞などが人称で変化するので、主語がなくてもわかるということである。日本語のように前後のニュアンスで理解するというような難しさはない。
2.所有形容詞の前に定冠詞がつく。ただし、肉親の場合はつかない。英語でいえは、the my book という感じになる。
by nori-126 | 2015-02-18 12:01 | 外国語 | Comments(0)

私の外国語修業

 今までに、外国語をいくつか勉強してきた。といっても何とかなったのは、英語だけであるが、他にドイツ語、フランス語をかじった。

英語 
 外国に興味があり、小学校5年の時に、ラジオで英語講座を聴き始めた。教えてくれる人もなく、田舎だったので、ラジオのテキストを書店に取りよせてもらった。中学に入ると、授業で英語が始まったが、英語の塾に行ったので、英語は一番好きな科目だった。

 高校で、ESS(英語クラブ)に入ったが、長続きしなかった。顧問の外人の女性と会話の練習をしたのを覚えている。大学の進路に英語科も候補に入っていたが、理科系の大学に行った。

 大学院で研究している時に、留学をしたいと思うようになった。英語は、ラジオ講座を聞いて独学で勉強していた。大学院を出て、シカゴに2年間留学した。研究助手だったので、講義などはなかったが、独身だったので、英語漬けの日々を送ることができた。日本語は知り合いの日本人と会う時にしか使わない環境で、日常会話に困らない程度の力がついた。留学を終えて、個人でヨーロッパを周遊したが、これも英語が話せれば、一人で旅行できるという自信がついたからである。

 留学から帰ってきて、英語検定を受けてみようと少し勉強して、1級を受けた。筆記試験は合格したが、面接試験で落ちた。

ドイツ語
 高校生の時にドイツ語に興味を持って、ラジオ講座で少し勉強した。大学では第2外国語はドイツ語が必修だったが、基礎だけである。ドイツ人によるドイツ語の授業もあったが、とても話したり、聞けたりするレベルにはならなかった。ベートベンの第九の合唱をドイツ語で歌うのに、意味を理解するのには少し役に立った。

フランス語
 大学での第3外国語にフランス語を取ったが、ほんのわずかかじっただけだった。大学院の時に、フランス語をラジオ講座で独学でかなり勉強した。シャンソンを原語で歌ってみたかったというのも動機の一つである。フランスに行った時に、フランス語で道を聞いたり、案内所で尋ねたのが、思い出だが、会話をするところまでは行かない。鉄道の案内所で私が「Vous parle anglais?(英語話しますか?」」係が「non」私「Je voudrais aller au Chamonix(シャモニーに行きたいのですが)」係「Vous change le train(電車を乗り換えて下さい)」とこの程度である。

 外国語のことを書いたのは、最近、オペラを見るようになって、イタリア語に興味を持ったからである。オペラはイタリア語が多い。カンツォーネには興味あったし、フランス語や英語の知識があれば、イタリア語を短期間にある程度理解できるようになるのではないかという気がしている。

 
by nori-126 | 2015-01-23 02:34 | 外国語 | Comments(0)