感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:合唱( 76 )

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第9回

 7月1日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。夕方に、バイオリンの発表会のための、ピアノ合わせがあったので、ラブリーホールに着いたのが、1時間遅刻だった。休憩になるのを待って、小ホールに入った。

 小玉先生の指導の6回目で、私は5回目になる。モーツァルトのレクイエムの Domine Jesu を歌った。発音やリズム読み、パート別の練習などをした。



by nori-126 | 2017-07-02 00:04 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第2回

 7月1日(土)、昼から LA FENICE の練習があった。5月初めに第1回に出席したが、後半の1回、6月の2回は、土曜日の午前中だったので、仕事のために参加できずに、久しぶりである。モーツァルトのレクイエムは、ラブリホール合唱団でも練習しており、かなり音が取れるようになったが、ハイドンのネルソンミサは、まだまだである。

 蒲生四丁目の駅から、少し歩いたところにある城東区民センターは、昨年4月に新しくできたが、図書館やいくつもの会議室などを備えた立派な施設である。ホールは770席の可動式で音響も素晴らしい。

 舞台の中央に高価なピアノが置かれてあり、舞台の上に並んで、杉田先生の合唱指導、市川先生のピアノで、ハイドンの「ネルソンミサ」の練習をした。初めからQUONIAMまでを歌ったが、この辺りまでは、少しは音が取れている。音の高さが正確かどうかは自信がないが。先生からは、音が低くなることがある、音の高さが急に変わる時に、ずり下げたり、ずり上げないように、音をなめらかにレガートでという注意をされた。

 ミサの歌詞と逐語訳をホームページでみつけたので、それをA3二枚にコピーしたものを50部持っていったら、ほとんどなくなった。ラテン語ではあるが、ある程度は意味がわかっていないと、丸暗記というわけにはいかない。

 9月30日に兵庫芸文小ホールでの芸術祭に参加申し込みをした。バイオリンで、コレルリのガボットを弾く予定にしている。

d0097373_22525675.jpg

by nori-126 | 2017-07-01 23:50 | 合唱 | Comments(0)

国歌斉唱 京セラドーム

 6月25日(日)、所属している合唱団 LA FENICE が、京セラドームで、オリックス対ロッテ戦の開始前に、国歌を歌うことになった。希望者が多くて、なかなか簡単には歌わせてもらえないとのことだが、団員の知り合いの方が、熱心なオリックスファンということで実現した。

 君が代を歌うのは、高校生以来かも知れない。何かの機会に皆で歌うということは、大人になってからはなかったような気がする。教育の場で歌うことを強制するようなニュースもあって、違和感もないわけではないが、セレモニーと割り切って、参加することにした。

 10時に港区民センターに集合して、100人近い人数で、4列に並び、杉田先生の指揮に合わせて斉唱した。レガートで歌うとか、息継ぎをどうするか、どのくらい音を伸ばすかということを微調整した。

 電車で弁天町駅から大正駅に行き、京セラドームまで歩いた。外からみる形は、特徴があり、よく見知っているが、訪れるのは初めてである。30年ほど前、ドームができる前の広場で、職場の運動会をしたことがある。控室で着替えをして、練習をしたあと、グランドの入り口で控える。

 12時50分に、バックネットに沿って並び、団の紹介があった後に、前に進んで、君が代を歌った。50秒くらいであっという間である。マイクが並んでいたが、会場ではどのように聞こえたのだろうか?

 大阪フィル合唱団の方が何人かお手伝いに来られていて、昨年末の大阪フィルの第九の後に、ご一緒したYSMCさんと話をした。朗読をしておられるのをFBで見せてもらっている。声を出すということにいろいろと興味があるという話をした。

 終わってから、チケットをもらったので、3塁側内野席の外野に近い方で、少し観戦した。野球を見るのは、40年くらい前に甲子園に行って以来である。

d0097373_12143338.jpg

 

by nori-126 | 2017-06-25 21:11 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第8回

 6月24日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小玉先生の指導の5回目で、4回参加している。発声練習の後に、フォーレのレクイエムの Agnus Dei から 最後までを、発音、リズム読み、パート別の練習、全体の合わせという形でおさらいした。後半部分は、中村先生の練習を休んだので、音取りが頼りない。

 最後にモーツァルトのレクイエムの練習を少しして終わった。

by nori-126 | 2017-06-25 02:49 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第7回

 6月18日(日)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小ホールでの練習で、いつもより音がよく響く。小玉先生の指導で、今回から、フォーレのレクイエムを最初からおさらいした。発声練習で、基本的な声の出し方を繰り返しいわれるが、今日は新しい発見があった。

 鼻をつまむと鼻声になるのが、正しい発声法と思っていた。そうではなくて、正しくない発声では、鼻をつまんでも鼻声にならないが、さらに、究極の正しい発声法でも鼻声にならないのだという。

 休憩時間中に、8月2日の新音コンサートに、合唱で参加されるアルトのOGSさんから、チケットを買った。私の知り合いの人がソリストを務められるので、聴きたいと思っていたコンサートである。

by nori-126 | 2017-06-19 01:42 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第6回

 6月3日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小玉先生のモツレクの第4回で、私にとっては3回目になる。発声練習の後に、はじめから簡単におさらいがあって、 Dies irae から読みを確認して、confutatis まで行った。テノールが歌った後で、テノールはいい声だと言われたが、これはほめられているのかどうか?合唱ではいい声は必ずしもほめ言葉とは限らない。

 MYZKさんとそのお友達二人と話をしながら、電車で帰った。

by nori-126 | 2017-06-04 01:41 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第5回

 5月27日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に参加した。小玉先生のモツレクの3回目だが、前回は欠席した。発声練習の後に、はじめからおさらいをしていった。Rex tremendae まで進んだ。先生の指導法は、発声についての注意が多い。発声が間違っていると音の高さも狂うというのは、よくわかる。

 前に話をしたことのある私の職場近くにお住まいのOGSさんと、そのお連れの方と、電車で話をしながら帰った。新音のコンサートで、「テ・デウム」の合唱を歌われるとのことで、私の知人がソロを歌われることもあり、チケットを買うことにした。


by nori-126 | 2017-05-30 13:14 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 予備練習

 5月14日(日)、LA FENICE の練習が心斎橋の FUN HOUSE であった。初心者向けの予備練習として、企画されたもので、20人くらいが集まったが、初心者ばかりではなかった。

 辻本先生のピアノと指導で、モーツァルトのレクイエムのRex tremendae から Hostias までの読み方を確認して、パート別に歌ってみた。テノールは他にTKHTさんがいた。初めて歌うが、パート別のCDを買って予習をしているので、何とかなるというところか。

by nori-126 | 2017-05-14 23:32 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018  レクイエム 第4回

 5月13日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。2回連続で休んだ間に、中村先生によるフォーレのレクイエムが一通り終わり、この日から小玉先生によるモーツアルトのレクイエムの練習が始まった。楽譜は LA FENICE と同じベーレンライター版を使うが、指示内容が変わるかもしれないので、新しく買った。

 モーツアルトのレクイエムを歌うのが初めてという人が6割くらいいただろうか?ラブリーホール合唱団でも23年ぶりに取り上げることになる。発声練習の後に、初めから全員で歌ってみて、各パート別におさらいをした。発声のことを指摘されることが多い。第1曲序曲と第2曲キリエの各パートの途中までをした。

 終わって小玉先生にあいさつをした。音楽学校、門真の第九に続いて指導していただくことになった。発声については、今までに聞いたことだが、改めて見直してみるのは勉強になる。

 駅まで同年輩の男性と話をしながら帰った。10年ぶりにラブリーホール合唱団に復帰されたとのことで、お聞きすると、前にスポーツアナウンサーをされていたとのことで、お名前を聞いたことがあった。

by nori-126 | 2017-05-14 14:25 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第1回

 5月6日(土)、LA FENICEの練習に行った。来年の第8回の演奏会に向けての初めての練習である。昨年は途中参加だったので、こういう雰囲気を味わうのは初めてである。

 第8回演奏会は、モーツアルトのレクイエムとハイドンのネルソンミサを歌うことになった。前から歌ってみたかったモツレクを4年前に取り上げた、LA FENICE で歌えるようになるとは、思いもよらない喜びである。4月7日のいたみホールでの公演に向けて、1年近くの練習を積むことになる。私にとってはもちろん、両方とも初めて歌う曲である。

 堀江アルテに、多くの団員が集まった。男性が20人くらいといつもより多い。新入団の方もおられるが、1回目の練習なので、参加者が多いものと思われた。

 本山先生がモーツアルトのレクイエムへの思いを話された。発声練習の後に、第1曲レクイエムを歌った。予習をしていたおかげで、何とか歌うことができた。第2曲の怒りの日をとばして、第3曲を歌った。合唱を歌う時の一般的な注意がされて、少しずつパート別に歌った。

by nori-126 | 2017-05-08 01:57 | 合唱 | Comments(0)