感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
オペレッタ・オペレッタ・オペ..
at 2017-09-19 00:37
LA FENICE レクイエ..
at 2017-09-18 03:24
住之江の第九 第4回 住之江..
at 2017-09-15 11:44
大阪クラシック 第13公演 ..
at 2017-09-10 23:38
大阪クラシック 2017  ..
at 2017-09-10 23:33
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-09-10 21:35
英国ロイヤルオペラシネマ「オ..
at 2017-09-10 18:39
ピアノデュオ名曲の調べ 兵庫..
at 2017-09-08 01:26
住之江第九 2017 第4回
at 2017-08-31 23:03
クレッシェンド 第11回 堀..
at 2017-08-28 12:50
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(148)
(134)
(123)
(101)
(96)
(74)
(70)
(70)
(67)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:美術展( 129 )

インカ・マヤ・アステカ展

 
d0097373_0383347.jpg 11月7日(水)午後、インカ・マヤ・アステカ展を観るために神戸に行った。三宮で降りて商店街を歩くと、30年前に住んでいた神戸の古いお店が残っているのを観て、懐かしく感じた。
 かって、遺跡に興味を持って、30年前にメキシコ・ユカタン半島のウシュマルやチチェン・イッツァとメキシコシティ郊外のテオティワカンを訪れたことがある。

               インカ・マヤ・アステカ展
              2007年10月3日ー12月24日
              神戸市立博物館
               

 インカ文明では、ミイラの展示や奥深い山の都、マチュビチュの模型や映像などを楽しむ。
 マヤの出品は、主にグアテマラの博物館からで、翡翠(ひすい)のマスクが絶品である。マヤの絵や神の像は、みたことがあるデザインなので懐かしいという感じだった。
 アステカからは、30年前から発掘の始まったメキシコシティの古い都の全容や出土品が展示されていた。

 ユカタン半島を訪れた時は、遺跡のあるウシュマルとチチェン・イッツァに2泊ずつした。英語の通じにくいところを現地のバスに乗って行ったのは、ちょっとした冒険だった。現地に泊まってまで観光をする日本人はまずいないが、朝早くに、誰もいない遺跡で一人でゆっくりとピラミッドなどを眺めたことが忘れられない思い出である。
by nori-126 | 2007-11-08 21:59 | 美術展 | Comments(0)

特別展覧会 狩野永徳 京都国立博物館

 10月17日(水)、昨日はじまったばかりの狩野永徳の特別展覧会に行った。

    特別展覧会 狩野永徳
    2007年10月16日(火)-11月18日(日)
    京都国立博物館


d0097373_2315985.jpg
 京阪七条駅から東に少し歩いたところに赤いレンガの歴史ある門構えがある。その前に三十三間堂があって、修学旅行の中学生がのる観光タクシーが門から何台かでていった。

 館内に入ると、かなり大きな襖絵や屏風が並び、スケールの大きさに圧倒される。入ってすぐのところに展示されている墨絵の京都聚光院の襖絵は国宝で、特に花鳥図襖は、雄大な幹をもつ大樹に繊細な枝が整った印象を与えてくれる。

 永徳や狩野派の屏風絵や扇面、肖像画が展示された後に、多くの人が群がって見ていたのが、国宝の「洛中洛外図屏風」である。京都の名所や季節の暮らしを細かく描いたもので、少し離れてみると華やかであるが、まとまった構図にさすがに国宝と納得する。

 ポスターに使われている「唐獅子図屏風」は、その迫力に圧倒される。狩野派の屏風絵の中には、源氏物語や中国の故事から主題をとったものなど、趣の異なる絵が並べられていた。所蔵している施設は様々で、このように一堂に集めてくるということは、大変なことだったろうと思う。史上初の大回顧展といわれるだけのことはある。

 見終わってから、9月の熊野街道ウオークの時に入った常設展示をもう一度見直してみた。
 
d0097373_2323349.jpg

by nori-126 | 2007-10-18 02:33 | 美術展 | Comments(2)

安宅英一の眼 大阪市立東洋陶磁美術館

 5月30日(水)、大阪淀屋橋にある大阪市立東洋陶磁美術館を訪れた。

      開館25周年記念[特別展]
      安宅英一の眼   安宅コレクション・美の求道者
      平成19年4月7日(土)-9月30日(日)
      大阪市立東洋陶磁美術館
 
d0097373_2373659.jpg 安宅コレクションを築き上げたのは、安宅産業会長の安宅英一氏で,安宅産業が崩壊して、そのコレクションが大阪市に寄贈された。大阪市がそれを受けて、昭和57年大阪市立東洋陶磁美術館を設立した。
 
 東洋陶磁美術館には、2回程いったことがあり、常設展としてコレクションの一部が展示されていたが、中国や韓国の様々な時代の作品、約200点が一堂に展示されていると、壮観である。青磁や白磁など技法も形も様々で陶芸の多様性、奥深さを満喫できる。

 特に国宝の2点は、以前にも見たことがあるが、青磁の花生は形の良さといい、色の良さといい、ほれぼれとする。油滴天目茶碗は、油滴がひとつの宇宙を形作っているようだ。

 重要な作品には、所有者から入手した経過が、生々しすぎるくらいに具体的に記されており、通常の美術展ではみられない楽しみである。

 企業のトップが、自分の趣味で多くの美術品を収集し、その企業が消えてしまったのに、コレクションが残って今、私たちが見ることができる。不思議な感じがするが、喜ばしいことである。

d0097373_237458.jpg

by nori-126 | 2007-05-30 21:56 | 美術展 | Comments(0)

白川義員 写真展 「世界百名瀑」 阪神百貨店

 開催中の写真展に、5月9日(水)に行ってきた。
    
       白川義員 写真展 「世界百名瀑」
       5月9日(水)→22日(火) 阪神百貨店 8階催場
       
 
 著名な写真家が、世界の滝を時間と手間をかけて撮影した130点が展示されている。ナイアガラの滝、イグアスの滝、ヴィクトリアの滝の他、ニュージランド、北欧、ギアナ高地などの滝が様々な条件や角度から撮影されている。素晴らしいの一言につきる。

 地上から見えない滝をヘリコプターから撮ったり、満月による虹のかかる滝の写真、紅葉や雪景色の中の滝など、ひとつひとつが異なる表情を持っている。

 滝は水量が多くないと迫力がないが、時期によってずいぶんと差がある。一番水量の多い時を選んで撮影されたものと思われる。何回もヘリコプターを飛ばしたという贅沢さが、実際に見ても得られないだろうという感動をもたらしてくれる。

 展示された中で、私が実際に見たことがあるのは、ナイアガラの滝、ヨセミテ滝、立山の称名滝であるが、展示のヨセミテ滝の水量は同じ滝と思えないくらいに豊富である。
 
d0097373_21282751.jpg

by nori-126 | 2007-05-09 21:31 | 美術展 | Comments(0)

没後50年 川合玉堂展 高島屋大阪店

 4月18日(水)高島屋大阪店で開催中の川合玉堂展に行った。
        
            没後50年 川合玉堂展
           平成19年4月11日→23日
           高島屋大阪店7階グランドホール
           主催 朝日新聞社


 川合玉堂は1873年(明治6年)愛知県に生まれる。橋本雅邦に師事した。東京美術学校教授を務め、昭和15年に文化勲章を受賞した。1957(昭和32年)84歳で逝去。
 70余点もの作品が展示され、時代によって異なるタッチの絵があり楽しめた。

d0097373_20571824.jpg
特に印象に残ったのは、「渓村春雨」という水車を描いたもので、同じような構図のものが、先日の「横山大観と近代日本画の名品展」に「春雨」という題で展示されていた。






 d0097373_20564344.jpg
「鵜飼」は玉堂が何度も取り上げているテーマだが、中央を横切る岩が鵜飼の厳しさを表現している。








d0097373_20573556.jpg
 「吹雪」は屋根の雪が風に舞うのを描いており、迫力がある。









「紅白梅」は六曲一双の屏風で大きなものであり、豪華な感じである。
d0097373_20575147.jpg

         
                  
by nori-126 | 2007-04-18 21:08 | 美術展 | Comments(0)

横山大観と近代日本画の名品展 大丸心斎橋店

 4月4日(水)午後から、大丸心斎橋店の展覧会に行った。
            
            足立美術館 横山大観と近代日本画の名品展
            2007年3月21日(水・祝)→4月9日(月)
            大丸ミュージアム・心斎橋(大丸心斎橋店本館7階)
            主催:足立美術館/毎日新聞社
            (5月10日ー21日 大丸神戸店)

 島根県安来市にある足立美術館は、横山大観の代表作と近代日本画を所蔵することで広く知られている。一度行ってみたいと思うが機会がない。その足立美術館から、横山大観の傑作が19点と、名の知れた近代日本画の巨匠の名品30余点が、紹介されているというので、訪れた。
 
 横山大観の絵は、色を抑えた水墨画風のものは迫力があり、明るい色調のものはほのぼのとした安らぎを覚える。雀やミミズクを描いたものは、その写実に驚かされた。「神州第一峰」と題する屏風は、二双で横幅が7m余りある雄大なものである。「春風秋雨」という屏風は、春風に舞う桜と、時雨に紅葉を散らす楓を一対に描いたものである。

 大観以外に18人の画家の絵が展示されていたが、3分の2の画家の名は聞いたことがあった。川端龍子の4点がいずれも素晴らしく、特に「愛染」は一面に紅葉を配した中に、おしどりのつがいが泳ぐというもので、しばらくみつめていた。橋本関雪の猿や猟犬、ウサギは迫力があり、美人画の上村松園、伊東深水、鏑木清方のタッチのちがいも楽しめた。
 
by nori-126 | 2007-04-08 14:06 | 美術展 | Comments(0)

大/エルミタージュ美術館展 京都市美術館

 3月28日(水)午後に京都の美術館を訪れた。
    
   大/エルミタージュ美術館展
   2007.3.14-5.13
   京都市美術館(京都市左京区岡崎公園内)

   
 京都市美術館に行くのは、41年前にツタンカーメン展が開催された時以来である。この時は、父親が列車で田舎から京都に連れてきてくれた。それが京都市美術館だったことを、今日、古いアルバムを見直してみてわかった。

 京都の地下鉄東山駅から、白川沿いに歩いて岡崎公園に着いた。いかにも美術館らしい洋式の大きな建物で、その半分を使って80点の絵画が展示されていた。
 多くの絵画は名前を聞いたことがない画家のものであったが、風景画が多くそれぞれに様々な趣向がみられて、興味深かった。名前を知っている画家としては、ルノワール、モネ、ピカソ、ゴーギャン、マティス、ユトリロ、ルソーの絵があり、特にゴーギャンの「果実を持つ女」、ルノワール「扇子を持つ女」は印象的だった。
d0097373_1265280.jpg

by nori-126 | 2007-03-29 01:32 | 美術展 | Comments(0)

夢の美術館 大阪コレクションズ ~国立国際美術館~

 2月14日、春一番の吹く中を肥後橋駅近くの国立国際美術館に行ってきました。展示室は地下にありますが、オブジェのような外観はスケールが大きくて魅力的です。地下3階に、近代美術館建設準備室、国立国際美術館、サントリーミュージアム[天保山]の所蔵する20世紀美術品が展示されていました。セザンヌ、モネ、モディリアーニ、マグリット、ダリの絵はみていいなと素直に思うのですが、抽象的なものはわかりにくいものです。それでもじっと眺めていると何か問いかけるものがあるような気がします。
 大阪市が収集した貴重な美術品が、展示する美術館が作れないために、市民に公開されないというのは残念なことです。夢の美術館というタイトルは、「夢の美術品を展示する美術館]という意味ではなく、「夢のようで実在しない美術館」という意味だとしたら、寂しいですね。世界の大都市には、いつでも訪れることのできる美術館があります。大阪に来た観光客が、気軽に音楽会にいったり、美術館を訪れることができるようになるのを期待します。

d0097373_21202072.jpg

by nori-126 | 2007-02-14 21:24 | 美術展 | Comments(2)

与勇輝(あたえゆうき)人形芸術の世界

 1月24日の午後、京都高島屋で開催されている与勇輝(あたえゆうき)さんの人形の展示を見に行ってきました。昨年10月に大阪でも開催されたのですが、見逃したので京都まで行きました。

 戦前の着物を着た子どもたちの人形は、心温まるなつかしさというものを感じさせてくれます。でも、子守をしたり水汲みをする像をみると、子どもたちにとっては、大変な時代だったのだということも感じずにはいられません。今回は小津安二郎の映画の主人公を題材にした人形が出展されていますが、映画をみたことがないので雰囲気が十分には味わえませんでした。
 
 他には、携帯電話をもった現代のこどもたち、蝶の羽をもった天使のような妖精が、異なる雰囲気の可愛らしさを出していました。人形の展示会をみたのは初めてですが、今月はじめて行った文楽の人形のことを思い出しました。生きていないのに生きているような微妙な感覚を味わうのが、人形をみる楽しみのひとつかも知れません。
d0097373_019555.jpg

by nori-126 | 2007-01-25 00:32 | 美術展 | Comments(6)