感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:美術展( 134 )

海北友松 京都国立博物館

 4月19日(水)、京都に海北友松展を見に行った。京都国立博物館の平成館で開催されており、それほど人が多くなくてゆっくりとみられた。

 海北友松(1533-1615)は武家に生まれながら、画家の道を歩くことになり、60代になってから頭角を現した。当時の主流派だった永徳や等伯とは違って、孤高の道を選んだようである。

京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会
海北友松
2017.4.11~5月21日
京都国立博物館

 建仁寺には多くの障壁画、屏風絵が残されている。特に大方丈の間に飾られていた「雲龍図」は、龍が迫ってくるようである。二枚の絵が直角に相対するように展示されている。

 「月下渓流図屏風」はアメリカの美術館からの60年ぶりの里帰り展示で、等伯の松林図屏風を思わせる、幻想的な墨絵である。

d0097373_12311759.jpg



by nori-126 | 2017-04-20 00:08 | 美術展 | Comments(0)

クラナッハ展 国立国際美術館

d0097373_00020767.jpg 4月5日(水)、国際美術館で開催中のクラナッハ展を見た。

 ルカス・クラーナハ(父、1472-1553)は、宮廷画家として活躍したドイツ・ルネサンスを代表する芸術家ということで、名前は聞いたことがある。絵も見たことがあるようだが、写真で見ただけで、本物は見ていないかも知れない。

 工房を開設して、大量生産を行ったというのも興味深い。同じ時代の狩野派がやはり、工房で大量に注文を受けたというのと、一致する。

 日本初のクラーナハ展ということで、まとまった形で見るいい機会である。

クラーナハ展 500年後の誘惑
2017.1.28~4.16
国立国際美術館

 時代を追って、画風の変遷を俯瞰することができるが、何といっても、物語のヒロインを独特のエロティシズムで描いた作品が印象に残る。キリスト教の裸体画とは異なる画風が、当時の世間に受け入れられたのだろうか?

「ホロフェルネスの首を持つユディト」
 ポスターにも描かれている代表作である。残酷な絵なのに、勝ち誇ったような、愛おしむような冷静なユディトの表情が印象的である。

「正義の寓意」
 裸身に首飾りだけをつけた物憂げな表情は、何を表しているのか?単に正義の女神というのではないのかも知れない。
                                                             
            
d0097373_00020293.jpg


by nori-126 | 2017-04-06 11:18 | 美術展 | Comments(0)

台北國立故宮博物院 北宋汝窯青磁水仙盆 大阪市立東洋陶磁美術館

 3月15日(水)、昼から北宋汝窯の青磁を見に行った。台北国立故宮博物院の所蔵する4点が海外初公開、初来日というのが話題である。

台北 國立故宮博物院 北宋汝窯 青磁 水仙盆
2016.12.10ー3.26
大阪市立東洋陶磁美術館

 北宋時代(960-1127年)に宮廷用の青磁を作った汝窯は、淡い青色系の色を追及した。端正な形と合わせて、究極の美に到達している。台北の故宮博物院から、4点の水仙盆と清朝で作られた倣い1点が出品されている。また、東洋陶磁美術館所蔵の1点も出点されている。わずか6点の展示であるが、一つの部屋に収められたこれらの作品は、他に類のない、ひとつの世界を形づくっている。

 清朝の景徳鎮窯で作られた1品は、色が汝窯とは全く異なる。汝窯の青磁の色は再現することができなかったということであろう。紫檀の台座も同時に展示されている。乾隆帝が作らせたものである。水仙盆の底に、乾隆帝の書かせた詩があるが、これも見えるように、展示されている。

d0097373_19271006.jpg



by nori-126 | 2017-03-16 12:33 | 美術展 | Comments(0)

第63回日本伝統工芸展 京都展 京都高島屋

 10月12日(水)、メアリー・カサット展をみた後に、バスで四条河原町の高島屋に行った。日本伝統工芸展が全国を巡回して開催されている。NHK「日曜美術館」で、賞を授与された作品と出展者の紹介をしているのをみて、見てみたいと思った。

 陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門に多くの作品が展示されている。重要無形文化財保持者、受賞作家、近畿在住の作家の作品など300点近い。テレビ番組でも紹介していた、面白い年輪の模様のある楓を使った曲面の飾箱、細かい金具の模様を重ねた七宝の鉢、紙貼の人形、計算された釉薬の流れが作る三菜の鉢などが印象に残った。仕切りの金具を残した七宝などは細かくてよく見えないくらいである。人の手でこんなものが作れるのかという驚きがあった。

 出展している作家さんが何人かおられて、学生らしき人達に作品の説明をしておられた。直に話を聴くことは貴重な機会であろう。道を究めようとしている人たちの熱意を見ることは、感動さえ覚える。

d0097373_02382286.jpg

 

by nori-126 | 2016-10-14 10:00 | 美術展 | Comments(0)

メアリー・カサット展 京都国立近代美術館

d0097373_02075355.jpg 10月12日(水)、京都に展覧会を見に行った。午後4時前と少し遅かったせいもあるのか、お客さんが少なくてゆっくりとみられた。

 メアリー・カサットの名前を聞いたことはあるが、今までにまとめて作品をみる機会はなかった。NHK日曜美術館で特集をしていたのを見た。

 メアリー・カサット(1844-1926)はアメリカ生まれで、パリで活躍した。ドガとの出会いから印象派展に参加した。母子を描いた作品で有名で、「母子像の画家」として知られる。

メアリー・カサット展
2016・9・27ー12・4
京都国立近代美術館

 「バルコニーにて」という絵や「桟敷席にて」という初期の絵は、写実的で緻密な描き方である。1980年以降は、母と子の姿を描いたものが多い。「浜辺で遊ぶ子どもたち」という絵は幼い女の子二人を描いていて、愛らしい。姉を亡くした後に描かれたと知ると、余計に愛おしい。

 母子を描いた作品は、子を見つめる母の眼差しが優しい。母子が同じものを見ているという構図もある。同時代の女性画家であるベルト・モリゾの絵や影響を受けたという歌麿、北斎の版画、ドガ、ピサロなどの作品も展示されている。カサットの版画なども多いので、油彩としての作品数は物足りないものがあるが、まとめて展示されることの少ない(日本では35年ぶりの回顧展とか)画家の作品をまとめて見られたということで満足できた。

 

by nori-126 | 2016-10-13 02:19 | 美術展 | Comments(0)

ルノワール展 国立新美術館

 5月28日(日)、東京へオペラを見に行くのに、早朝ののぞみで東京へ向かった。東京駅から乃木坂駅へ行き、出口を出たすぐに、国立新美術館がある。開館の30分ほど前で、70人くらいが並んでいた。

オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵
ルノワール展
2016.4.27-8.22
国立新美術館

 会館時間になると一定の人数ずつを入場させた。中に入ると入り口近くは人がいても、先の方へさっさと進むと人が少ない。まず、今回初めて来日をした「ムーラン・ド・ギャレットの舞踏会」を見た。手前に座っている人は、ルノワールの知人がモデルになっている。少し後ろにダンスをしているカップルがあり、後方は雑多な感じで人が描かれている。モンマルトルにあったムーラン・ド・ギャレットについての説明があった。

 広い壁面に2枚の大きな絵が並べられていて、「田舎のダンス」と「都会のダンス」である。45年ぶりに揃って来日したとのことである。

 「ピアノを弾く少女たち」は音楽の教科書の表紙に使われる有名な絵で、35年程前にパリで見たことがある。「ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル」も知られた名画である。

 「草原の坂道」、「ブランコ」などの有名な絵を含めて、肖像画や裸婦を描いたものなど、ルノワールの変遷する絵の様式を追いかけることができる。久しぶりに大満足の美術展だった。

d0097373_620320.jpg

by nori-126 | 2016-05-30 01:12 | 美術展 | Comments(0)

生命大躍進 大阪市立自然史博物館

 4月26日(火)、昼に生命大躍進展を見に行った。昨年9月に東京上野の国立博物館で開催されたのを見に行ったが、家族連れなどで人が一杯で、ゆっくりとみられなかった。平日なら人が少ないと思って出かけた.

 行く前に地下鉄長居駅近くでハンバーグを食べた。店内に60年代の曲が流れていてなつかしかった。「恋のパームスプリング」なんて曲は涙がでそうなくらい懐かしい。

 特別展 脊椎動物のたどった道
 生命大躍進
 2016.4.16-6.19
 大阪市立自然史博物館

 長居公園はいい天気で、人が散歩などしていた。会場は人がほとんどいないくらいでゆっくりとみられた。細かい標本は近くで見られた。ただ、東京では実物だったウミサソリ、ジュラマイア、イーダは大阪では複製標本だった。アノマロカリスとピカイアは実物化石だった。

 改めて生命進化の不思議を思う。一つは何十億年も前に発生した生命が、連綿として続いている不思議である。祖先が途中で子孫を残さずに死んでしまうと今の生命は存在していないことになる。

 もう一つは、人類という高度な生命に進化してきた不思議である。生命の大量絶滅という自然現象や、様々な機能の進化で人類が誕生したのは、奇跡としか思えない。同じことが他の星で起こり得るとは思えないくらいである。

d0097373_4362759.jpg

 アノマロカリス ↓
d0097373_4364142.jpg


 
by nori-126 | 2016-04-27 13:00 | 美術展 | Comments(0)

モネ展 京都市美術館

 4月20日(水)、ルノワール展と同時に開催されているモネ展に行った。入口が別で、入場料が二重に要る。ほとんどの人が両方とも見るだろうが、内容からいうと金を返して欲しいという心境である。目玉でポスターにもなっている「印象、日の出」が3月21日までの限定展示で見られなかったので、余計にがっかりである。

 マルモッタン・モネ美術館所蔵
 モネ展
 2016.3.1~5.8
 京都市美術館

 家族の肖像
  モネの描いた家族の肖像やルノワールの描いたモネやモネ夫人の肖像画が展示されている。
 若き日のモネ
  鉛筆で紙に書いたデッサンがほとんどである。
 収集家としてのモネ
  ドラクロワ、ブーダン、ピサロ、ルノワール、シニャックらの水彩画、彫刻などが展示されている。
 モチーフの狩人
  風景画が展示されている。
 睡蓮と花ージヴェルニーの庭
  有名なシリーズである睡蓮の絵が展示されているが、風景よりも水面を描いたものが多い。
 最晩年の作品
  76歳からのしだれ柳や睡蓮の絵は、抽象画のように様々な絵具の色が踊っている。形が何かということもわかりにくい。今までに展示されることの少ない作品だと思う。
 
by nori-126 | 2016-04-21 10:35 | 美術展 | Comments(0)

ルノワール展 京都市美術館

 4月20日(水)、京都市美術館のルノワール展に行った。各地でルノワール展が行われているが、日本ではルノワールは人気がある。ルノワールと銘打てば人が入るというのもあるのだろう。

光紡ぐ肌の ルノワール展
2016.3.19~6.5
京都市美術館

 女性やこどもの肖像画が多い。浴女や裸婦の絵もかなりあって、ルノワール特有の肌の色を満喫することはできる。それが光紡ぐ肌というタイトルにもなっている。

 初来日である「昼食後」という絵が目玉ということになる。モデルとなる人達の説明がされたいた。

d0097373_254816.jpg


 
by nori-126 | 2016-04-21 10:32 | 美術展 | Comments(0)

ボッティチェリ展 東京都美術館

 3月21日(月・祝)、歌舞伎座昼の部が終わって、上野の東京都美術館のボッティチェリ展に行った。35年前にフィレンチェのウフィツィ美術館で有名な「春」と「ヴィーナス誕生」を見たことがある。この時はいろいろな美術館で、印象派などの絵を見ていたので、あまり感動しなかった。

 それ以外にボッティチェリの絵を見る機会はなかった。今回、20点もの作品が展示されるのは、貴重な企画である。書物の聖母と言われる聖母子像は、初来日である。同時代のラファエロやダ・ビンチとの比較をすると、もっと楽しめる画家なのかもしれない。

日伊国交樹立150周年記念
ボッティチェリ展
2016年1月16日(土)~4月3日(日)
東京都美術館

 ボッティチェリの絵の他に、彼の師であるフィリッポ・リッピとその子のフィリッピ―ノ。リッピの絵が多く展示されていた。

d0097373_10311671.jpg

by nori-126 | 2016-03-22 01:34 | 美術展 | Comments(0)