感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪第九 2017 第2回
at 2017-12-10 01:13
大阪狭山池 イカルチドリ
at 2017-12-08 01:37
英国ロイヤルオペラシネマ 2..
at 2017-12-07 01:17
LA FENICE  レクイ..
at 2017-12-06 18:36
1万人の第九 打ち上げ ホテ..
at 2017-12-06 16:07
1万人の第九 本番 大阪城ホール
at 2017-12-05 12:43
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-12-02 23:48
1万人の第九 リハーサル 大..
at 2017-12-02 23:41
久米田池 ソリハシシギ
at 2017-11-30 23:27
大阪教育大学 第61回定期演..
at 2017-11-30 23:10
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(155)
(154)
(136)
(129)
(104)
(96)
(78)
(76)
(74)
(70)
(59)
(53)
(50)
(48)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

七月大歌舞伎 夜の部(2回目) 大阪松竹座

 7月25日(水)、大阪松竹座での歌舞伎公演の夜の部を観にいった。11日(水)に一度観たが、その後海老蔵がけがで休演して、代役を仁左衛門がするというので、もう一度みることにした。同じ公演を2度見るのは初めての経験である。

 舞台写真の入った番付を買ったら、海老蔵だけでなく、代役の役者の写真も追加で載っていた。25日発行となっておりラッキーだった。席は1階11列19番でやや右側の席である。
      
      大阪松竹座新築開場十周年記念
      関西・歌舞伎を愛する会 第十六回 
      七月大歌舞伎 夜の部 大阪松竹座

一、鳥辺山心中(とりべやましんじゅう)  
 一度観てストーリーを知っていると、台詞の中に、後の展開の伏線となるものが含まれていることがよく理解できる。無駄な台詞がなく、よくできた脚本であるということが納得できた。京の四条河原の舞台で、川の流れが照明で表されているのに今回気づいたが、こういうのは2階席のほうがよくみえるはずである。

 心中の場に向かう二人の晴れ着をよくみると、女は紫の着物で幅のある黒い帯に赤い紐、男は黒の着物に市松模様の白黒の帯、小刀の鞘に光る飾りが入っている。二人の立ち姿が絵になるというのは、こういう衣装の工夫もされているからである。

二、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん) 
 とにかく観客席の笑いが絶えない。何度みても楽しめる。愛之助は少し固さがあるのかと前回思ったが、狂言の演じ方を模倣しているので、そうなるのだと納得した。 
           
三、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく) 
 海老蔵が休演したので、急遽、仁左衛門が代役として主人公の河内屋与兵衛を演じている。仁左衛門が20歳の時に演じて出世作となった役で、その後何回も演じているが、平成10年の公演が最後であった。

 本公演は、仁左衛門が監修をしており、海老蔵が仁左衛門に変わった以外はそのままである。本来なら、「身替座禅」のあとに同じ俳優でこういう演目を並べることはないが、逆にどういう役でもこなす、仁左衛門のうまさを実感することになった。

 仁左衛門が演じると、あまり悪い奴というイメージがわかないが、それが救われる面でもある。上方歌舞伎の主人公によくある人のよいところが垣間見える。しかし、追い詰められていくにしたがって、不気味さが増して、殺しの場面では年を感じさせない立ち回りで迫力十分であった。思いもかけず、仁左衛門の与兵衛がみられたのは貴重な体験だった。
by nori-126 | 2007-07-28 01:50 | 歌舞伎 | Comments(2)

ツマグロヒョウモン 旅立ち

d0097373_1133958.jpg
 花壇のビオラ、パンジーの葉をたべて大きくなったツマグロヒョウモンの幼虫が、6月下旬から次々とさなぎになり、4匹のさなぎが誕生した。
 
 最初のさなぎが、7月3日の朝、蝶になった。オスの蝶で、最初は羽が柔らかく、手にのせても飛ばない。数時間後に見たときに、私を待っていたかのようにすーと飛び去っていった。

 2匹はさなぎの殻を見つけたので無事に羽化したと思われる。1匹は殻をみつけられなかった。美しい羽のメスをみられなかったが、ツマグロヒョウモンが旅立ったので、ビオラやパンジーを抜いて、花壇は夏の花に模様替えである。
 
 写真ではわかりにくいが、さなぎのおなかの小さい点は金色に光っていて美しい。
d0097373_11335468.jpg

by nori-126 | 2007-07-22 11:39 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(1)

七月大歌舞伎 昼の部 大阪松竹座

 7月16日(月・祝)大阪松竹座での歌舞伎公演の昼の部を観にいった。「鳴神」は、市川家のお家芸であり、海老蔵の鳴神上人を楽しみにしていたが、海老蔵は13日に怪我をして休演となってしまった。席は1階16列15番だった。
      大阪松竹座新築開場十周年記念
      関西・歌舞伎を愛する会 第十六回 
       七月大歌舞伎 昼の部 大阪松竹座

一、歌舞伎十八番の内 鳴神(なるかみ) 

 「雷神不動北山桜」の4幕目で、1月に松竹座で上演された「毛抜」は3幕目にあたる。
鳴神上人(愛之助)が龍神を閉じ込めたために雨が降らないのを、雲の絶間姫(孝太郎)が誘惑をして堕落させ、しめ縄を切って龍神を放つ。

 愛之助は、張った声はよく通ったが、普通のもの言いではやや聴き取りにくかった。高僧の品格と権威を十分感じさせたが、色香に惑わされて堕落していくところでは、もう少し3枚目らしくてもいいかと思われた。あまり品位を落としてはいけないという名優の芸談もあるらしいが、海老蔵はどのように演じたのだろうかとふと思った。しかし、代役で初役を演じる歌舞伎役者の日ごろの精進は賞賛に値する。

 雲の絶間姫は、美貌と品を備えながら、誘惑するという妖艶さを見せ、後半では死力を尽くしてしめ縄を切るという力強さを示さなければならない。孝太郎は、抑制の効いた色気をみせて、胸が痛いと上人に触らせるところでは、なまめかしい表情をだしていた。

 だまされたと知った上人が、怒りの姿で弟子たちを投げ飛ばし、大見得をきるところが、荒事の魅力たっぷりである。荒々しい花道の引っ込みのあとに、観客席に満足の雰囲気が広がった。

二、橋弁慶(はしべんけい
 
 謡曲の「橋弁慶」を基にした狂言で、舞台は「勧進帳」と同じく能舞台を模したものである。夜の部の「身替座禅」も同じ舞台で、こういう狂言は松羽目物と呼ばれている。

 武蔵坊弁慶(愛之助)が五条の大橋で、牛若丸(壱太郎)と闘って打ち負かされ家臣となるという舞踊である。
 
 愛之助は弁慶のイメージどおりの豪傑ぶりで、薙刀を使った殺陣はよかった。それよりも主役は壱太郎(かずたろう)で、殺陣はそれほど洗練されていなかったが、高校生のけなげな演技に「可愛い」という声援が聞こえてきた。

三、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)二段目
 渡海屋・大物浦

 
 能の「船弁慶」などを素にしたものであるが、6月に歌舞伎座で観た「船弁慶」では、知盛の亡霊がでてくるが、これは知盛が生き残っていたという設定になっている。
 
 摂津国大物浦にある船問屋の渡海屋で、義経(薪車)一行が船出を待っている。主人の銀平(仁左衛門)は、実は、壇ノ浦の合戦で死んだと思われていた平知盛で、女房のお柳は典侍の局(秀太郎)、娘お安は安徳帝であった。亡霊姿に身をやつした知盛は、船出した一行を襲ったが、すべてを義経に見抜かれていた。典侍の局らは自害し、知盛も自らの体に碇の綱を巻き付け、海中に身を投げた。

  船問屋の主として登場する仁左衛門は、粋な感じであるが、知盛に変身し、さらに手負いの姿は豪壮そのものである。こういう荒々しい役はめずらしいのではないか思うが、とにかくどんな役でもこなして違和感を感じさせないのは感心する。最後の錨の綱を巻きつけて後ろ向きに飛び込むところが、勇壮である。

 秀太郎は品がありながらも強さをもった局の役がぴったりで、銀平の自慢をする長い語りは、秀太郎らしさがでていて秀逸だった。
  
 薪車は海老蔵の代役であったが、特徴のあまりない義経であった。急な代役では無理のないことである。

 北条方の武士である相模五郎を演じた愛之助は、少しひょうきんな役であった。六つの演目すべてにでることになったが、様々な役を演じ分けていた。今後の飛躍への節目となる公演となるかもしれない。

d0097373_2153252.jpg

by nori-126 | 2007-07-20 02:25 | 歌舞伎 | Comments(0)

1万人の第九 大阪Dクラス 参加決定

 「1万人の第九」合唱団に応募していたが、昨年に続いて第1希望の大阪Dクラス(水曜日18:30-20:30 淀屋橋大阪倶楽部)に、テノールで参加することが決まった。
 
 昨年は初めての参加であり、不安と期待が混じった気持ちであった。今年は昨年知り合った人たちにまた合えるという喜びも加わった。
 
 練習は、8月22日から始まる。今年は12回の内、2回までしか欠席できないが、昨年のように皆勤をめざしたい。
by nori-126 | 2007-07-16 21:00 | 1万人の第九 | Comments(4)

七月大歌舞伎 夜の部 大阪松竹座

 7月11日(水)大阪松竹座での歌舞伎公演の夜の部を観にいった。題名は聞いたことのあるものの、すべてはじめて見る演目で期待してでかけた。席は1階11列12番でほぼ中央のいい席である。

        大阪松竹座新築開場十周年記念
       関西・歌舞伎を愛する会 第十六回 
      七月大歌舞伎 夜の部 大阪松竹座

一、鳥辺山心中(とりべやましんじゅう)
  岡本綺堂作の新歌舞伎である。将軍にお供して上洛した旗本の菊地半九郎(愛之助)は祇園の遊女お染(孝太郎)を身請けしょうとするが、酒の上の口論から同僚の弟(薪車)と果し合いをして斬ってしまう。二人は死を覚悟して、お染の父親があつらえてくれた正月の晴れ着を着て鳥辺山へと向かう。

  酔って登場する愛之助は、6月の歌舞伎座で綱豊を演じた仁左衛門をほうふつとさせる。旗本としての気品が十分に感じられた。4月の花形歌舞伎の団七に続いて大役であるが、こういう役をこなしていくにつれて、器が大きくなっていくのを感じる。
 
 孝太郎は、遊女とはいえ初々しさが残る役で、その感じがよくでていた。薪車は半九郎を怒らせる役なので、はっきりした口跡が心地よかった。二人の決闘場面では、新歌舞伎なので迫力十分である。
 
  同僚役の秀太郎の立役はめったにみないので興味深かった。女形が多いのでそのイメージを出さないようにすることは、難しいと思うが、人のよい侍の役なのであまり違和感はなかった。少し年増の遊女役の竹三郎は、いつものことながらどんな役でもこなせる役者である。

 京の四条を背景にした二人の紫(孝太郎)と黒(愛之助)の着物の立ち姿は絵になる。心中の場はないが、哀れを誘う。         

二、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)
 狂言の「花子」を素にしたもので、舞台は「勧進帳」と同じく能舞台の作りである。山蔭右京(仁左衛門)は花子の元へ通うために座禅をすると偽って身代わりに太郎冠者(愛之助)を立てる。妻の玉の井(歌六)はそれを見破って入れ替わり、帰ってきた右京を懲らしめる。

 こういう役を仁左衛門以外の人がどのように演じるのかと思わせるぐらい仁左衛門はうまい。身のこなしだけでなく、顔の表情までが豊かで、客席は笑いに満ちていた。愛之助のひょうきんな役は固さがあるがそれが実直さをかもしだしていた。翫雀の長男の壱太郎の侍女もよかった。 
           
三、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)
 近松門左衛門の浄瑠璃の世話物である。油屋の次男河内屋与兵衛(海老蔵)は、喧嘩ばかりしている放蕩息子で、親から勘当されて追い出される。同業の豊嶋屋のお吉(孝太郎)を頼ろうと店を訪れるが、無心を断られお吉を殺して金を奪う。油が流れる中で、すべったり転んだりしながらの殺しの場面というのがハイライトである。

 主人公がとにかく悪人で、演じる役者にとってはいいイメージを与える役ではない。人形浄瑠璃としては名作だろうが、歌舞伎として江戸時代に上演されなかったのもよくわかる。どのように演じられたら観客が納得できのかわからないが、海老蔵の一生懸命さは十分伝わった。初役で大阪弁も少しぎこちなかったが、若い勢いのある役者の花のある演技といえる。

 孝太郎は、以前にも演じた役で、慈愛に満ちた人妻だが、殺しの場面では気丈夫なという役どころをこなしていた。
 
 与兵衛の父と母を演じた歌六と竹三郎は、放蕩息子に手を焼きながら、自分たちに落ち度があるのではと息子に情をかけつづける役で、難しい役どころである。問題ある息子を過保護にしてしまうという現代にも通じる筋である。単なる悪い奴の話というのではなく、まわりの人々の情というものを描いているのが近松の作品であるが、幕が降りた時に、素直に感動できないような複雑な思いが残った。
        
d0097373_20452558.jpg

by nori-126 | 2007-07-14 20:49 | 歌舞伎 | Comments(0)

夏の花壇 インパチェンス 日々草 四季咲きベゴニア ペチュニア 

 春の花壇からパンジー、ビオラを少しずつインパチェンス、四季咲きベゴニア、トレニアなどに植え替えていた。パンジー、ビオラはツマグロヒョウモンの幼虫のために一部残していたが、すべてさなぎになったので、日々草、ペチュニア、ニューギニアインパチェンス、アイビーゼラニュウムなどに植え替えて夏の花壇が完成した。ニューギニアインパチェンスやペチュニアの新しい品種は花の色が鮮やかである。

d0097373_23553082.jpg

by nori-126 | 2007-07-10 00:02 | 園芸 | Comments(0)

ブラームス・チクルス 第2回 ザ・シンフォニーホール

 7月8日(日)ブラームス・チクルスの2回目のコンサートに行った。席はシリーズで買ったので第1回と同じ1階S列5番である。左側の席なのでピアノを弾いているところが見える。

           聖響×OEK ブラームス・チクルス 第2回
          2007年7月8日(日)午後3時開演  ザ・シンフォニーホール
          [指揮]金聖響
          [管弦楽]オーケストラ・アンサンブル金沢

          悲劇的序曲 作品81
          ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 作品15 独奏 菊池洋子
          交響曲 第2番 二長調


 あまり聞き慣れていない曲ばかりなので、手持ちのCDを聞いてある程度予習をしていった。
 ピアノ協奏曲は、華やかなピアノの演奏で、力強さがありながら、流れるようなピアノの音に感激した。オーケストラの迫力に負けずに、堂々と亘り合うという感じの演奏が心地よかった。

 交響曲の中でも2番は一番地味な感じで、特に2,3楽章の特徴の無さがもの足りないが、全体にまとまった演奏で、第4楽章のクライマックスが終わったあと、ここちよい満足感にひたることができた。

 第3回は12月2日(日)なので、「1万人の第九」に参加することになれば聴けないことになる。
by nori-126 | 2007-07-08 20:35 | クラシック音楽 | Comments(0)