感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
住之江第九 2017 本番 ..
at 2017-11-19 15:04
住之江第九 2017 オケ..
at 2017-11-19 10:05
北斎展 あべのハルカス
at 2017-11-19 10:03
1万人の第九 懇親会 淀屋橋..
at 2017-11-19 09:49
ハンガリー国立劇場「ランメル..
at 2017-11-12 23:49
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(158)
(155)
(152)
(134)
(129)
(103)
(96)
(75)
(74)
(74)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1万人の第九 大阪Dクラス レッスン2

 8月29日は「1万人の第九」の2回目の練習日だった。本格的にレッスンがはじまり、発声練習のあとに、楽譜のD,E,G,I と、どんどん進んだ。今年は、先生が参加者のレベルが高いと感じておられるのだろうか?小さいお子さんだけに歌わせてみるなど、余裕があるようにみえる。

  前回は声がでないのを実感したので、CDを聞いて大きな声を出す練習をしてきたが、まだ声がでにくいという感じが残る。

 大阪倶楽部の4階のベランダの隅にある壷型飾りを、4階のトイレの窓から写真に撮った。石材のようにみえるが、テラコッタといって型を作って焼き上げたものである。大阪倶楽部が建てられた頃は国産のテラコッタが盛んになりはじめた時だった。

d0097373_01091.jpg

by nori-126 | 2007-08-30 00:12 | 1万人の第九 | Comments(2)

熊本城

 8月25日(土)、26日(日)と熊本に出張したので、熊本城を訪れた。今年は、熊本城築城400年祭で様々な催しが行われている。

 私の故郷は小さな城下町で、石垣の残る城跡は、こどもの頃の遊び場だった。城や石垣に愛着を覚えるのは、そのせいかも知れない。
 
 熊本城は、加藤清正によって慶長12(1607)年に築城されたが、城内に多くの櫓や門を備えた堂々たるものだった。西南戦争で天守閣が消失したが、いくつかの櫓が残っている。昭和35年に天守閣が復元されて以来、復元整備が続けられている。

 天守閣には、細川家伝来の文化財や西南戦争の遺品が展示されている。

長塀(日本一長い塀建築)
d0097373_048596.jpg

水のない空堀
d0097373_0482121.jpg

宇土櫓(城内に残る唯一の400年前の建物)
d0097373_048355.jpg

大天守と小天守
d0097373_0485135.jpg

大天守と小天守
d0097373_0492242.jpg

by nori-126 | 2007-08-28 01:07 | 歴史散歩 | Comments(0)

1万人の第九 大阪Dクラス レッスン1

 8月22日(水)、「1万人の第九」大阪Dクラスのレッスンがはじまった。初めて参加した昨年と同じ、磯野清先生の指導、辻本圭さんのピアノ伴奏で、これから3ヵ月間で12回のレッスンのはじまりである。ブログ仲間の「まさぽん」さん「mido」さんと再会して話をする。
昨年と違って、予習をほとんどしていないので、声がうまくでなかった。

 会場の大阪倶楽部は、大正13年(1924年)に安井武雄という人によって設計され、社交場として建てられたもので、由緒ある建物である。4階の建物の隅に壷型飾りがあって、繁栄の象徴として多くの建築に用いられたとのことである。
          
 
d0097373_2392188.jpg

by nori-126 | 2007-08-23 02:45 | 1万人の第九 | Comments(2)

第17回 上方歌舞伎会 国立文楽劇場

 歌舞伎の舞台を脇から支える俳優たちが、勉強会として大役に挑むという会で、7月の松竹座で会のことを知って、8月18日(土)4時からの部にいった。

 観客はほぼ満員だったが、出演者の関係者らしき人もみられ、皆、熱心に鑑賞されていた。俳優にとっては大きな舞台である。レベルをどうこういうよりも、若い人たちの努力に大きな拍手を送りたい。上方では、門閥外でも、嵐徳三郎、坂東竹三郎、上村吉弥など、活躍している例もある。今日の出演者の中から、あとに続く人がでることを期待したい。
 
  文楽劇場に花道を配して、最後には回り舞台も活躍した。

    国立文楽劇場青年歌舞伎公演 歌舞伎俳優既成者研修発表会
    第17回 上方歌舞伎会
    平成19年8月18日(土)・19日(日)11時/4時
    国立文楽劇場


一條大蔵譚 大蔵館奥殿  
 2005年1月、松竹座で雁治郎の大蔵卿で見たことがある。通常、前の段の檜垣と共に演じられる。一條大蔵卿の片岡松次郎は、きりっとした顔だちで、公家らしい気品がある。時にみせる「うつけ」の表情もうまくこなせていた。ただ、「うつけ」を演じる檜垣の段がないと、やりにくかったと思う。悪役の片岡千蔵は、すごみがよくでていた。
 
双蝶々曲輪日記 道行 乱朝恋山崎 
 はじめてみる演目だが、双蝶々曲輪日記には「引窓」という有名な演目がある。
 心狂った与五郎を正気つけようという藤屋吾妻を片岡千壽郎が演じた。4月の花形歌舞伎の「曽根崎心中」で傾城琴浦に抜擢されたが、女形として身のこなしが素晴らしくて、踊りだけを見せて感動させる力はたいしたものである。与五郎をみつめるまなざしも慈愛に満ちていた。
 占い師を演じた片岡松四朗は、軽妙な感じがよくでていて身のこなしも軽快だった。

新版歌祭文  座摩社、野崎村
 野崎村は前に2回みたことがあるが、座摩社ははじめてである。あまり上演されないらしいが、これがあると話の筋がわかりやすい。

 お光役の上村純弥が、けなげで、美しい娘をうまく演じた。お染の片岡りき彌は、品のあるひかえめな娘を演じてよかった。手代小助の片岡松之助は、狂言まわしといったところだが、他のメンバーとは違って場なれた様子で舞台全体がひきしまる。

 2005年2月に歌舞伎座でみたのは、雀右衛門、雁治郎、田之助、冨十郎、芝翫という豪華メンバーだったが、若い人たちによる野崎村もまた華やかなものである。

d0097373_0335015.jpg

by nori-126 | 2007-08-20 00:37 | 歌舞伎 | Comments(0)

崇禅寺 大阪市東淀川区

 お盆のお墓参りに、東淀川区の崇禅寺に行った。もともとの檀家というわけではなく、寺の霊苑を契約しているということである。

 崇禅寺は、阪急の駅の名前になっているくらいで、由緒あるお寺である。奈良時代に行基によって創建され、室町時代に六代将軍足利義教の菩提寺として再建された。明治2年には、摂津県の県庁舎にあてられていた。
 
 なにわの古い話を載せた本で、「崇禅寺の仇討ち」というのを読んだ。1715年に大和藩士の遠城重次が、同藩の生田伝八郎に闇討ちにされた。重次の兄弟2人が仇討ちにでて、生玉神社で伝八郎にあったが、崇禅寺での果し合いとなった。伝八郎側に助っ人がいて、遠城兄弟は返り討ちにされたという話である。
 
 赤穂浪士の討ち入りの13年後のことであり、この話は芝居に取り上げられたが、中でもヒットしたのが、浄瑠璃「敵討崇禅寺馬場」だった。1957年には、マキノ雅弘監督、大友柳太郎主演で、「仇討崇禅寺馬場」という映画になっている。

 崇禅寺には、遠城兄弟の墓や塚がある。すぐそばには、六代将軍足利義教、細川ガラシャ夫人の墓もある。

遠城兄弟之塚                 細川ガラシャ夫人の墓   足利義教首塚
d0097373_1112367.jpgd0097373_1114369.jpg
by nori-126 | 2007-08-17 01:31 | 歴史散歩 大阪 | Comments(0)

第34回近鉄囲碁まつり  近鉄阿倍野店

 囲碁のプロ棋士をまじかに見る機会はめったにないが、近鉄囲碁まつりは1974年に始まって以来、毎年囲碁ファンにその機会を提供してきた。

      第34回近鉄囲碁まつり
      平成19年8月10日(金)~14日(火)
      近鉄百貨店阿倍野店
      主催 日本棋院 スポーツニッポン新聞社
 
 
 内容は、公開対局、指導対局、トーク、サイン会、認定大会などで、囲碁用品や書籍の販売もある。今年は、東京からプロ棋士5名の参加があり、さらに関西棋院から6名のトッププロの参加と対局があるという豪華版である。

 10日(金)の昼過ぎに依田紀基九段と井山裕太七段の公開対局があり、解説は私が長年碁を教えていただいた石井邦生九段であった。井山七段は、日本棋院関西総本部の期待の星 で、石井九段のお弟子さんである。

 13日(月)は朝から参加した。大竹英雄名誉碁聖と大橋成哉初段の公開対局は解説が山田規三生九段、聞き手が梅沢由香里女流棋聖、佃亜紀子五段だった。

 認定大会に四段認定希望として参加した。三段希望の3人と3局打った。一局目は、石を攻められて一部を取られて大差で負けた。二局目は、大石を取って中押し勝ちだった。三局目は、かろうじて3目勝った。あとは対局する人がなくて、練習で碁を習い始めて2か月という中学生らしき男の子と星目(9個)置かせて打った。

 ジュニアチャンピオン戦を同時にしていて、幼稚園から高校生まで大勢が碁を打っていた。成績上位者は、梅沢女流棋聖に指導碁を受けていたが、大いに励みになることであろう。碁の愛好者は年々高齢化していくようであるが、碁を打つ子どもたちをみるとうれしくなる。

 
d0097373_13271321.jpg

by nori-126 | 2007-08-14 13:28 | 囲碁 | Comments(2)

米朝一門会

 学生時代に落語が好きになったことがある。3回ほど落語会に行ったが、もう30年くらい前のことである。機会があればいつかまたと思っていたが、米朝一門会のチケットが取れたので本当に久しぶりに行った。

         米朝一門会 午後5時の部
         平成19年8月12日(日) ヒルトン大阪桜の間


          「煮売家」 桂 吉弥 
          「青菜」  桂 こごろう
          「強情」  桂 ざこば
          「骨つり」 桂 南光
          「よもやま噺」 桂 米朝 ざこば 南光 桂小米朝
          「ねずみ」 桂 都丸

 落語会というのは、はじめは会場の雰囲気が硬くて、単に話を聞いている感じだが、徐々に笑いが増えてきて、だれかが爆笑をとると会場にほんわかとした空気が流れる。観客が1000人位と多かったが、次第に盛り上がって楽しめた。米朝は対談だけで落語が聞けなかったのは残念であった。

 はじめて落語を生で聴いたのは、1970年2月27日である。(37年前!!)朝日放送の第39回「上方落語を聞く会」の公開録音がABCホールであって、無料なのに時間ぎりぎりでも入場できた。

 出演者と演題は、林家小染 茶目八 、桂音也 花筏 、桂春蝶 悋気の独楽 、笑福亭松之助 軒づけ、 桂米朝 風の神送り 、桂三枝 時うどん 、桂小米(後の枝雀) 天神山 、笑福亭仁鶴 三十石であった。春蝶の悋気の独楽をはじめて聞いて感激したのを今でも鮮明に覚えている。時間がなくて途中で帰ったが、聴けなかったのは桂春団治 の代書屋 と笑福亭松鶴 の高津の富であ る。

 桂音也は元朝日放送のアナウンサーで今井音也といい、フリーになった。枝雀に入門して桂音也と名乗り、この日が披露であった。1978年に亡くなった。

 今から考えると豪華だが、当時は落語家の数が少なかったのである。その後、落語ブームがきて、公開録音は、早くから並ばないと入場できなくなってしまった。

 1971年10月30日、難波高島屋ホールでの第44回では、1時間半前に並んでやっと入ることができた。その時の出演者と演題は、 桂べかこ(現在の南光) 兵庫船、 笑福亭光鶴(松鶴の長男) 時うどん、 笑福亭仁鶴 向こう付け 、桂米朝 狸の化寺 、桂朝丸(現在のざこば) 鉄砲勇助、 桂小米(後の枝雀) 胴切り 、桂小文枝 喧嘩長屋 、笑福亭松鶴 夢八であった。

 なつかしい昔の事を、古い日記を取り出して書いてみた。演目は、Wikipediaで調べた。
当時のことを思うと、今の上方落語の隆盛はうそのようである。一度機会があれば繁昌亭に行ってみたいと考えている。

d0097373_23493322.jpg

d0097373_23491571.jpg

by nori-126 | 2007-08-12 21:56 | 古典芸能 | Comments(0)

なら燈花会(とうかえ)

 夏の奈良をろうそくの灯りで照らす「なら燈花会」は、1999年から行われているが、今年はじめてポスターを見て行ってみたくなった。8月8日(水)、暗くなってから近鉄奈良駅に降り立った。

 駅から、東大寺の方へ歩いていく途中に、8ヵ所で、プラスチックのケースに入れたろうそくが数多く並べられている。ろうそくの灯りは、懐かしさを感じ、心を穏やかにしてくれる。ライトアップされた建物の美しさもまた、魅力的である。

 県庁前では、尺八の演奏をしていた。夜の奈良を歩くというのは、はじめての経験で、古い都の雰囲気を暗闇の中に感じることができた。

興福寺 五重塔
d0097373_228341.jpg

浅茅ヶ原
d0097373_2285623.jpg

仏教美術資料研究センター
d0097373_2291056.jpg

浮見堂
d0097373_2292661.jpg

浮雲園地
d0097373_2294340.jpg

東大寺大仏殿
d0097373_229589.jpg

by nori-126 | 2007-08-10 02:40 | 歴史散歩 奈良 | Comments(2)

抹茶茶碗 黒 てびねり

 週に1回の陶芸教室通いを続けているが、現時点での目標は、ろくろで湯のみのような円筒形のものをきれいに作ることである。湯飲みをいくつか作ってみたが、底がどうしても厚くなりすぎる。また、円筒をひく時に厚さが均一にならないというのが、不満な点である。

 同業者の集まりで、美術工芸を趣味とする人の展示会をすることになったので、作品を出したいと思い、先生に相談して少し美術品らしい抹茶茶碗を作ることにした。その第1作が焼きあがった。

              てびねりによる黒の抹茶茶碗 
              作成 平成19年7月3日 荒い黒土
              削り 平成19年7月10日 高台はつけ高台
              釉薬 平成19年7月24日 黒のマット系

 黒の釉薬が重なったところは色が少し異なって、変化をみせる。釉薬のかからないところは、黒い土がそのまま顔をみせる。高台を削りだすだけの厚みがなかったので、付け高台としたが、不自然な感じである。

d0097373_121476.jpg


 
by nori-126 | 2007-08-08 01:30 | 陶芸 | Comments(0)

ひまわり 泉大津ひまわり大作戦2007

 夏の花の代表であるひまわりの花を見たいと思い、8月4日(土)午後に泉大津に行った。南海本線の泉大津駅から5分くらい歩くと、ひまわりの咲き誇る空き地に着いた。
 
 市民のグループが育てた高さ2mくらいのひまわりが、同じ方向を向いて咲いていた。かなりの本数があるが、まわりの建物が視野に入り、映画「ひまわり」のように波打つひまわり畑といかないのは仕方がない。地元の人が丹精込めて育てたひまわりである。長くみていると、花が皆でこちらを見ているような気がして、話しかけられているようである。
 
 写真を撮りに来ている人や家族連れが数組、花を見に来ていた。5日は開花祭が予定されているので、にぎわうことであろう。

 駅に向かう途中のカフェラウンジ「カルネ」というところに入って、冷やしうどんを食べ、アイスコーヒーを飲んだ。店の中は洗練されたレイアウトで、うどんは腰があっておいしく、コーヒーはこうばしさが堪能できた。

d0097373_0143372.jpg

d0097373_0141953.jpg

d0097373_014597.jpg

d0097373_015772.jpg

d0097373_014535.jpg


 

 
by nori-126 | 2007-08-05 00:19 | 花 四季彩々 | Comments(0)