感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-15 23:35
アンナ・ネトレプコ ザ・シン..
at 2017-10-13 12:31
住之江の第九 2017 第6回 
at 2017-10-13 12:24
北斎ー富士を超えてー あべの..
at 2017-10-13 11:32
大阪城本丸薪能2017 第2夜
at 2017-10-09 14:46
チェコ・フィルハーモニー管弦..
at 2017-10-09 13:58
ロンドンフィル日本ツアー20..
at 2017-10-09 13:27
特別展覧会「国宝」第Ⅰ期 京..
at 2017-10-05 01:44
第7回 大阪市コミュニティ合..
at 2017-10-02 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-02 01:04
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(150)
(134)
(126)
(102)
(96)
(74)
(71)
(71)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サラ・ブライトマン コンサート Act 2

2月25日(水)サラ・ブライトマンの福岡公演のAct 2

 休憩のあと、後半がはじまった。ダンサー達が大きな風船を持って花道の先端に登場する。そこにスピーカーがラッパの古い蓄音機が置かれている。レコードの針の雑音が入った You Take My Breath Away  (「Fly」)が流れて、それをサラが歌い継ぐ。背景の映像は赤いケシの花が、スローで咲いたり枯れたりする様を映す。

 突然、劇的な音楽が鳴り響き、 Phantom of the Opera をサラが歌う。それに応えて、Safina が舞台横から登場してデュエットし、二人は舞台中央で出会う。 最後をサラが高い声のオブリガートで締めくくった。続いて「Symphony」からの Sarai Qui でもデュエットするが、アルバムでも Safina が参加している。

 ここから、クリスマスソングが始まり、「Winter Symphony」から I've Been This Way Before  が歌われる。続いて Alice Interlude の演奏があり、ダンサーの一人が不思議の国のアリスに扮する。英国の兵隊や着ぐるみのウサギが登場する。サラが可愛らしい少女の格好で自転車をこぎながら、 Red Ridding Hood Rap を歌うのを舞台の奥に映す。Red Ridding Hood とは赤ずきんちゃんで、曲は「くるみ割り人形」の金平糖の踊りをアレンジした新曲らしいが、やはりクリスマス関連の曲である。

 大きなクリスマスツリーが映し出されてその下で The First of May (若葉の頃) を歌う。私が小さい頃、クリスマスツリーは高かったという歌詞がある。ハープシコードのような音を強調したアレンジだった。緑のドレスに着替えて、クリスマスソングの最後は、 I Believe in Father Christmas  である。花道の上から銀色の紙吹雪がたくさん舞って締めくくりとなる。

 サラがあいさつをして、「It’s time to say goodbye」 といって最後の歌になる。 Time to Say Goodbye はサラを一躍有名にした曲である。歌い終わると、観客から盛んに拍手が送られて、立ち上がる人も多かった。バックダンサーやバンドのメンバーが舞台に並んで、観客の拍手を受けた。

 アンコールに、「Eden」から Deliver Me  が歌われた。そして、締めくくりはRunning で、有名なジュピターの間に、リズム感あふれる曲をはさんだものである。最後の曲として会場は最高に盛り上がり、手拍子を打った。終わってから立ち上がって拍手をした。

 全体の構成は、「Symphony」を中心にして、その間に「Luna」「Harem」「クリスマスソング」のコンセプトが入っており、聴きたい曲はほとんど入っていた。願わくば、「Symphony」から「I’ll be with you」が聴けたらよかったのだが。
 
 舞台装置の大掛かりなことと、それをうまく使いこなす工夫に感動した。サラは衣装を5回くらい替えたと思うが、早代わりのような楽しみもあった。
 
 サラは、最初の曲で少し声がでにくそうな印象を受けたが、その後は、高音まで十分に声がでていた。観客の誰かが「CDと同じね」といっていたのは、最高の状態という意味であろう。デュエットの Safina も本当に素晴らしかった。近いうちにまた、日本でコンサートをしてくれることを期待したい。
by nori-126 | 2009-02-28 23:55 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

サラ・ブライトマン コンサート Act 1

 2月25日(水)サラ・ブライトマンの福岡公演のAct 1 

 7時開演予定だが、いつはじまるのだろうかと会場の期待が高まる中、15分遅れで、それまで流れていた音楽が止むと、バンドの Overture がはじまった。薄暗い舞台の中央から一人の女性がしずしずと花道の先まで歩いてくる。付き添いのダンサーが黒いマントを取ると、スポットライトが赤のロングドレスのサラ・ブライトマンを照らした。「Symphony」のジャケットの写真と同じ赤のドレスである。

 アルバムのイントロでもある  Gothica  の荘厳な演奏から  Fleur du Mal の歌がはじまる。8人のダンサーが一緒に踊る。舞台では、下からの風にドレスがなびき、両手で持つと大きく舞う。舞台の奥には「Symphony」の写真と同じ廃墟が大きく映されている。

 「こんばんは」と日本語であいさつをして、英語で観客に歓迎のあいさつをする。次の曲は大好きな曲ですと紹介して Let it Rain  を歌う。背景は、廃墟に雨が降る映像になる。次に Symphony を歌う。

 バックダンサーが白い番傘を持って踊る。 Japanese Garden というタイトルだが、曲は「Symphony」に収録された戦場のメリークリスマスの演奏で、舞台の奥に富士山が映し出される。

 着替えてでてきたサラが「Harem」から What a Wonderful World を歌うが、ボンゴのような打楽器が強調されたアレンジだった。「Eden」からの2曲 Dust in the Wind、 Nella Fantasia  が歌われた。

 舞台の奥に浮かぶ大きな月の表面に、宙に浮いたように、サラとダンサーが映し出される。舞台中央の窪んだところで、横になって演技をすると映し出されるようになっているらしい。「Luna」から  Hijo de la Luna、 La Luna が歌われる。

 Saraband の演奏から「Harem」の世界になり、赤いタイツの脚を見せるアラビア風のセクシーな衣装で登場する。「Eden」からの Anytime, Anywhere はアルビノー二のアダージョでクラシックの響きがある。「Symphony」からの Storia D'amore  は、ヴァイオリンの前奏がクラシック調で、高音がきれいに響く大好きな曲である。

 「Symphony」からの Canto Della Terra  がサラの歌ではじまるとそれを受けて、舞台右奥から Alessandro Safina が登場してデュエットとなる。イタリア人らしい端正な容姿に素晴らしい声のテノールである。アルバムでは、Andrea Boccelli が歌っているが、Safina の朗朗と歌い上げる声は大いに盛り上がる。

 ゆっくりと、舞台の大きなスクリーンが後方に上がって行き、広い舞台に、クッションを3mくらい積み上げた寝台のようなものがでてくる。サラが梯子を使って上がる。ハーレムのお姫様という設定だろうか?「Symphony」からの Attesa を歌う。

 サラが花道へ向かって歩くと、赤いベールが後ろに長く伸びて、舞台から花道の先端まで達する。そこへ上からブランコが降りてくる。ブランコに乗って Attesa を続ける。有名な「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲である。途中でブランコが上がって5mくらいの高さで歌う。上から赤い紙吹雪が華やかに舞った。同じ曲を使った勘三郎の歌舞伎「研辰の討たれ」の最後で、赤い紅葉の葉が一枚だけ、舞い落ちたのを思い出した。

 8時30分にAct1が終わり、休憩に入った。
by nori-126 | 2009-02-28 00:12 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

サラ・ブライトマン コンサート 福岡国際センター

d0097373_21061.jpg 2月25日(水)、サラ・ブライマンの福岡でのコンサートに行った。名前を聞いたことがある程度だったサラ・ブライトマンをよく聴くようになったのは、2006年11月に発売されたばかりのベストアルバム「DIVA」を買ってからである。

 その後、「Classics」「Eden」「Luna」「Harem」等のアルバムを聴いてクラシック、ミュージカル、ポップスまで歌える歌声に魅せられた。

 買ったCDをウオークマンに入れて、  「Time to say goodbye」を聴いていたら、一週間後の「一万人の第九」大阪Dクラスで I 先生がこの曲を歌われた。 
 
 アルバム「Symphony」を中心にしたWorld Tourの日本でのコンサートにぜひ行ってみたいと思った。チケットは取りにくいだろうと思いながらも、先行予約を申し込むと入手できた。

 昼からの新幹線で福岡に向かい、地下鉄中洲川端駅から福岡国際センターまで歩いた。あたりは国際会議場やホテルが立ち並ぶ新しく開発された地域で、昨年6月に会議場にきたことがある。会場に入ると、ロビーにグッズ売り場と、CD・DVD売り場がある。記念にWorld Tourのパンフレットを買った。アルバムの写真を載せた写真集である。

 舞台は、全体を覆うように、スチールの枠組みのスクリーンのようなものが、設置されている。その両側に2mぐらいの幅の枠組みがあるが、全貌はブルーの薄暗い光に包まれてみえない。スクリーンのようなものが、15度位前に傾いている。天井には、ライトなどを支えるための装置がつけられていた。花道が中央にあって、1mくらいの高さがあるので、フラットなアリーナの後ろからもよく見える。

 観客は、30-40歳くらいが多いが、年配の人も珍しくなく違和感はない。アリーナは44列88番まであるが、31列14番の席に座る。

  福岡国際センター   ↓
d0097373_16332778.jpg

  終演後   ↓
d0097373_16334549.jpg

by nori-126 | 2009-02-27 00:12 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

白鷺公園(堺市東区)の野鳥 再訪

 2月17日、18日に職場近くの白鷺公園を再訪して、野鳥の写真を撮った。17日には、サギのスリーショットが撮れた。いつもみかけるアオサギ、ダイサギ、コサギが一ヵ所に集まっていた。

 小さいカモがいたので、よくみるとコガモだった。8羽くらいが集まっていた。いつもみかけるキジバト、ヒヨドリ、ハクセキレイの写真を撮ったが、小さい鳥で動き回るものはうまく撮りにくい。

d0097373_23152964.jpg コガモ
 日本で最小のカモで、冬に渡来する。雄はくちばしは黒い。頭は栗色だが、目の周りは緑色である。お尻がクリーム色である。





d0097373_2341166.jpg キジバト
 雌雄同色である。公園などでよくみかける。







d0097373_2361439.jpg ハクセキレイ
 雌雄ほぼ同色である。冬羽は上面の黒色が灰色になる。水際を忙しく飛び回っている。






d0097373_2316198.jpg ヒヨドリ
 雌雄同色で、全体に灰褐色である。目の後方が茶色い。







 コサギ・アオサギ・ダイサギのスリーショット  ↓
d0097373_2364274.jpg

 
by nori-126 | 2009-02-18 23:12 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(2)

陶芸 黒土で白化粧のフリーカップ

 昨年10月にそば猪口を完成させてから、次に白化粧を使った作品を作ってみることにした。黒い土で成型してから、白い泥で模様を描いて、その上から透明の釉薬をかけるというものである。コーヒーカップを作りたかったが、まず、てはじめにフリーカップを作ってみることにした。

 黒土で白化粧のフリーカップ
 直径 底4cm 口7cm 高さ7.5cm
 成型 平成20年11月11日、18日、12月2日
 釉がけ 平成21年1月6日
 本焼 平成21年1月下旬


d0097373_23593711.jpg はじめて黒い土を使った。できるだけ薄く作ることを心がけたが、当初予定したものより小さいものしかできなかった。同じ大きさのものが5個できた。

 釉がけは、まず、白い泥を藁を束ねたものでさっと描いた。同じ模様ではおもしろくないので、ひとつひとつ変えてみた。乾いてから透明の釉薬をかけた。


d0097373_001353.jpg できるだけ薄くつくることを目標としたが、まだ納得がいかない。どうしても底や側面の削りが多くなる。

 出来上がった形をみると、口の部分のすぐ下がへっこんでしまうようである。仕上げの時にへっこみがないかどうかを確かめておく必要がある。


 1月にみた濱田庄司展で、白化粧の器が展示されていた。大きな器にべたっと厚く化粧したもので、感じが異なる。使う筆を変えてみたら、様々な感じの白化粧を作ることができそうである。

d0097373_23585471.jpg

by nori-126 | 2009-02-18 00:12 | 陶芸 | Comments(2)

一万人の第九 大阪Dクラス 新年会

 2月14日(土)夕方から、一万人の第九の大阪Dクラスの仲間が集まって、遅め目の新年会をした。昨年の本番後の打ち上げの時に、ぜひ新年会もと盛り上がったのを、Wさんが世話をしていただいて打ち上げと同じ会場で実現した。

 指導いただいている I先生、T先生も参加いただいて総勢14人となった。鍋をつつきながら、一万人の第九を中心に話がはずんだ。今日がバレンタインデーということで、チョコレートをいただいた。

 二次会は11人でカラオケにいった。最初に第九のカラオケを皆で歌う。Uさんが第九のバリトンの独唱を朗朗と歌いあげた。バスのUさん、Oさんは声量もあって、音程もしっかりと歌われる。「空に星があるように」を歌ったら、I 先生が「感じがでていてよかった」と褒めて下さった。上手だったとは言われなかったが、プロの声楽家に褒めてもらえるのはうれしい。最後に I 先生の「オーソレミオ」を聞いた。再開を約束して別れた。
by nori-126 | 2009-02-15 14:59 | 1万人の第九 | Comments(2)

西国三十三所(その2) 第7番札所 東光山 岡寺

 2月11日(水・祝)ラジオウォークのコースから外れて、岡寺に参拝した。県立万葉文化館から車道を歩いて、犬養万葉記念館を過ぎたところから石畳の山道を登る。かなり急な坂を上がったところに岡寺がある。

d0097373_13385791.jpg 西国三十三所霊場 第七番札所  
 東光山 竜蓋寺 (岡寺)
 奈良県高市郡明日香村岡806
 真言宗 豊山派
 本尊 如意輪観世音菩薩
 創建 白鳳時代(645から710頃)

 御詠歌 けさみれば露岡寺の庭のこけ  さながら瑠璃の光なりけり
 
 岡寺は、663年、草壁王子の岡の宮を義淵僧正が譲り受けて創建したとされる古刹である。正式名称は竜蓋寺だが、地名の岡寺で知られている。仁王門をくぐると、山の斜面に楼門、書院、鐘楼などがこんじんまりと配置されている。

 立派な本堂に本尊の如意輪観音をまつる。高さ4.8mの我国最大の塑像で、全体が白くて、塑像ならではの独特の雰囲気がある。ほかの仏像とは受ける印象が違い、異国の仏像をみるようである。今の時期は、祈祷を申し込まないと内覧はできないということだが、外からその表情は十分にうかがえた。お参りをして納経帖に朱印をいただいた。

 同じ道を歩いて下る。県立万葉文化館に戻る道から少し入ったところに板蓋宮跡がある。大化改新の舞台で、建物の遺構が出土しているが、この宮殿で蘇我入鹿が中大兄皇子に討たれた。

  仁王門   ↓
d0097373_13265670.jpg

  本堂    ↓
d0097373_13271395.jpg

  三重宝塔  ↓ 昭和61年に500余年ぶりに再建された
d0097373_13272637.jpg

by nori-126 | 2009-02-13 22:57 | 西国三十三所 | Comments(0)

遷都前夜・藤原京ラジオウォーク 

 2月11日(水・祝)ラジオウオークに参加した。ラジオで解説を聞きながら、古代の人々の営みの跡を歩いて実感してみようという試みである。今年が3回目の参加である。

 近鉄大和八木駅から25分くらい歩いて、スタート地点の藤原宮大極殿跡についた。何もない広大な広場だが、かって豪華な建造物が並んでいた景色を想像してみる。ここからは、北に耳成山、東に天香久山、西に畝傍山が見える。大和三山のなす三角の中央にあたる。 

 第28回毎日カルチャースペシャル
 遷都前夜・藤原京ラジオウォ-ク~万葉人はテンヤワンヤの大騒動~
 平成21年2月11日(水・祝)
 藤原宮大極殿跡~天香久山~大官大寺跡~飛鳥座神社~県立万葉文化館~
 飛鳥寺~水落遺跡~(飛鳥川)~藤原宮大極殿跡

 
 開会のイベントが始まる前に天香久山に向けて歩いた。途中で三輪山がきれいにみえるポイントがあった。天具山神社をへて、コースは天香久山のふもとをたどるが、標高152mの山の頂上へ登った。山を降りて、大官大寺跡を通る。

 飛鳥座神社を通って、藤原鎌足生誕地を越えて、県立万葉文化館に着いた。昨年11月に美術展を見にきたところである。ここから歩いて西国三十三所第七番札所の岡寺を参拝した。

 岡寺から文化館に戻る頃に、文化館の庭でイベントがはじまった。河内屋菊水丸さんの新聞読みや万葉うたがたり会の万葉歌の演奏、黛まどかさんの俳句の紹介、中村鋭一さんの文部省唱歌の詠唱があった。

 すぐそばの飛鳥寺を訪れた。飛鳥寺は蘇我馬子により596年に創建された日本最初の寺であり、創建時は壮大な伽藍の本格的な寺院であった。 本尊の飛鳥大仏(釈迦如来坐像)は、止利仏師による日本最古の仏像である。小さいお堂に安置された飛鳥大仏は高さ3mの銅像で、東大寺の大仏を小さくしたような印象を受ける。その表情のやさしさに安らぎを覚えた。

 水落遺跡で、水時計の遺跡をみて、飛鳥川に沿って歩く。藤原宮大極殿跡に戻って、締めくくりのあいさつを聞いた。藤原宮はわずか16年しか続かなかったが、当時は短期間に都が遷っている。どうしてそんなぜいたくなことをしたのかと不思議に思っていたが、ラジオの解説で、当時は建物の材料は次の都に再利用されたといわれたので納得できた。

 帰りは駅まで臨時バスに乗ったが、家をでてから帰るまでの歩数は28、261歩であった。

  藤原宮跡から天香久山   ↓
d0097373_12541377.jpg

  藤原宮跡から耳成山     ↓
d0097373_1255158.jpg

  藤原宮跡から畝傍山     ↓
d0097373_12551936.jpg

  飛鳥寺   ↓
d0097373_12553422.jpg

  閉会のイベント前   ↓
d0097373_12554636.jpg

by nori-126 | 2009-02-13 22:18 | 歴史散歩 奈良 | Comments(0)

白鷺公園 堺市東区 野鳥

 2月13日(金)職場近くの白鷺公園に野鳥の観察に行った。大きな池には、「かわう」が4羽いて、時々池を泳いでは、池の縁で羽を広げて乾かしていた。

 大きさの異なるシラサギが2羽いた。初夏には花しょうぶの咲く浅い池を歩いて餌をさがしていた。小さい方はコサギと思われるが、大きい方はダイサギなのかどうかはっきりしない。

 大きな深い池には、ヒドリガモが70羽くらいいて、陸に上がって餌をついばんだり、池を集団で泳ぎまわっていた。雄と雌がつがいで動いているようである。蓮が枯れたところにヒドリガモの幼鳥と思われる数羽が身を隠すようにじっとしていた。そのそばにマガモのつがいが1組だけいた。

d0097373_22472642.jpg カワウ
 ウ類は他の鳥よりも羽の油分が少ないので、水分をはじけない。そのため翼を広げて日光浴をする。集団のねぐらから餌を求めて飛び立つ。白鷺公園のカワウはどこからきているのだろうか?カワウとウミウは区別が難しいという。カワウに間違いないと思われるが。


d0097373_22475797.jpg コサギ
 クチバシが一年中黒く、飾り羽が冬でもある。足指は黄色い。









d0097373_22482652.jpg ムクドリ
 群れで生活する。雌雄ほぼ同色。頭部は黒いが白い部分がある。白い部分の形は固体により差がある。






d0097373_22484840.jpg ダイサギ(?)
 雌雄同色でくちばしは橙黄色。チュウサギは口角が目の所で止まるが、ダイサギは目よりも後ろ側になるという基準からいうとダイサギだが。





d0097373_22493475.jpg マガモ
 雄のくちばしは黄色で先が黒い。首から上は緑色の光沢で白い首輪がある。雌のくちばしは黒のまだらである。雌の羽の模様は美しい。






d0097373_2250313.jpg
 マガモの雄の首は緑色であるが、光の当たり具合によっては青味がかってみえる。上と同じつがいである。






ヒドリガモ 雄の額から頭頂部がクリーム色なのがよくわかる。  ↓
d0097373_22502630.jpg

by nori-126 | 2009-02-07 21:58 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

昆陽池 コブハクチョウ・ヒドリガモ・キンクロハジロ・オナガガモ

 伊丹市昆陽池でみた野鳥の名前を図鑑やネットで調べてみた。写真は、光の加減や角度で色が少し違って映ることがあるという。

 特徴のある鮮やかな色をもつのはいずれも雄である。雌は雄と並んでいることもあるようだが、今回は雌雄の不明であるハクチョウ以外は、雄の写真ばかりになってしまった。

d0097373_2142114.jpgコブハクチョウ
 もともとヨーロッパから中央アジアの鳥で、飼育放鳥されている。昆陽池のは昭和39年春に譲り受けたもので、現在、約40羽がいるという。





d0097373_215897.jpgヒドリガモ 
 緋鳥鴨。雄では頭部が栗色をしている。雌では全身褐色である。くちばしは灰色で先が黒い。雄の翼には飛んだときに白と黒の模様がみられる。口笛のような特徴のある声で鳴く。




d0097373_2152773.jpgキンクロハジロ 
 金黒羽白。目が金色で羽は黒い色で雄では腹が白い。雄雌ともに後頭部にたれさがった冠羽をもつ。飛んだときに翼に白い帯がでるので、ハジロの名がある。よく潜水する。




d0097373_223328.jpgオナガガモ
 他のカモに比べて首と尾が長い。雄では白い首が特徴である。雌は褐色のまだら模様である。水面で逆立ちをして水中の餌を食べる。
by nori-126 | 2009-02-03 02:17 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)