感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

大阪フィルハーモニー交響楽団第430回定期演奏会

 7月29日(水)、大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に行った。サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」を前からコンサートで聞いてみたいと思っていたので、チケットを取った。席は1階U列30番と最後列だった。

 大阪フィルハーモニー交響楽団第430回定期演奏会
 2009.7.29(水) 19時 ザ・シンフォニーホール
 大植英次指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
 独奏 クリストフ・バラーティ(Vn)
     室住素子(org)

 パガニーニ ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調作品6
 聞いた事がない曲なので、名盤とされる75年録音のアッカルド独奏のデュトワ指揮ロンドン響のCDを買って予習した。プログラムによると、大阪フィルはアッカルドと75年にこの曲で競演したとのことである。パガニーニはヴァイオリンの名手で、技巧を必要とする変化に富んだ曲である。

 独奏のバラーティは、1979年ブダベストの生まれで、1996年のロン・ティボー・コンクール第2位となり、今回初来日を果たした。背の高い青年の弾くヴァイオリンは小さく見えて、難解な曲を軽々と演奏しているように見えた。その演奏は、安定していて、細かい音の動きは正確で、歌うようなヴァイオリンの音は素晴らしかった。観客のブラボーの声や拍手が多かったのは、うなずけた。

 様々な奏法が駆使されているようで、スタッカートの奏法は新鮮な印象を与えるが、詳しいことはわからない。管弦楽の部分の音楽性はともかく、ヴァイオリンの音を楽しめる曲であった。アンコールにバラーティの独奏で、イザーイとバッハが演奏された。

 サン=サーンス 交響曲第3番ハ短調「オルガン付」作品78
 交響曲にパイプオルガンが加わるという特異な曲で、ガヴォティの独奏でマルティノン指揮フランス国立交響楽団の75年録音のレコードを持っている。ディスクでは、オルガンは別録音になるのが普通だということだが、生ではどう聞こえるかということに興味があった。

 弦楽器がが約60人と多く、ピアノとパイプオルガンが加わる。サン=サーンスはオルガンの名手だったので、本日のプログラムは、作曲者が得意とする楽器が独奏となるという企画なのだろうか。

 オルガニストの室住素子さんの名ははじめてきくが、オルガン付オーケストラ作品のスペシャリストということである。もともとオルガン奏者は単独で演奏することが多いので、オケと競演するのは、特別な才能を必要とするのであろう。

 第1楽章の第2部からパイプオルガンが低く響く。ただ、よく聞かないと弦楽器の低音と聴き間違えそうである。第2楽章の第1部の途中からピアノの響きが目立ち、突然、パイプオルガンが鳴り響く。会場全体の雰囲気を変えるような響きである。ここからオーケストラとオルガンが華やかな音を繰り広げる。最後はオーケストラの演奏が鳴り響いて、指揮者の大植英次さんの全身を使った指揮に迫力があった。ただ、少し音に乱れがあったような気がしたが。

 パイプオルガンとオーケストラの融合というのは、生の演奏ではその会場の制限もあるのだろう。もう少しパイプオルガンが響いてくれたらと思ったが、聴く席によって差があるのかもしれない。

d0097373_0593395.jpg


 
by nori-126 | 2009-07-30 01:38 | クラシック音楽 | Comments(0)

世界の飛び出す絵本展 堺市北野田

 7月27日(月)、午後から世界の飛び出す絵本展に行った。会場は南海高野線北野田駅からすぐのところである。数年前にロバート・サブダのしかけ絵本である「オズの魔法使い」と「不思議の国のアリス」を買った。本を開くと、飛び出すしかけに、よく考えられたものと感心した。

 世界の飛び出す絵本展
 2009年7月18日~8月9日
 堺市立東文化会館 文化ホール


 様々な仕掛け絵本が、450点も展示されている。古いものは、ロタール・メッゲンドルファー(1847~1925)やアーネスト・ニスター(1842~1909)ボイチェフ・クバシュタ(1914~1992)の作品が並べられている。
 
 印象に残ったものは、タイタニックの大きな模型、本の表紙と裏表紙を合わせると360度の風景が現れるものなどである。大人向けのものとしては、マリリンモンローのスカートが立体でめくれあがる(映画の一場面)というものもあった。実際に飛び出す絵本を手にとってみることができるコーナーがあり、サブダの本などが置かれていた。

 飛び出す絵本は高価であるが、製作には手間がかかる。単に貼り付けるだけではうまく作動しないであろう。「不思議の国のアリス」の名高いトランプが舞い上がる場面を自分で作れるキットがあって、ずいぶん前に買ったが、落ち着いて作る時間が取れなくて、まだそのまま置いてある。

   手持ちの本からトランプのページ   ↓
d0097373_23363697.jpg

by nori-126 | 2009-07-28 23:37 | 美術展 | Comments(0)

1万人の第九 2009 大阪Dクラスに復帰

 7月24日(金)、1万人の第九の合唱団の応募結果の発表があった。昨年は、3回目にして初めて、第1希望の大阪Dクラスではなく、第3希望の大阪8クラスになったので、今年はどうかとHPをみると、第1希望の大阪Dクラスに復帰が決まった。同じ、I 先生、T 先生のコンビであることを願う。

 
by nori-126 | 2009-07-26 14:03 | 1万人の第九 | Comments(2)

ルーブル美術館展ー17世紀ヨーロッパ絵画 京都市美術館

 7月22日(水)午後から京都のルーブル美術館展に行った。大阪の国立国際美術館でも「ルーブル美術館展」を開催中である。人気のある美術展で、平日午後なのに観客が多くて、ゆっくりとみることができなかった。人数が多いと並んでみるような形になるといいのだが。

ルーブル美術館展ー17世紀ヨーロッパ絵画ー 
2009.6.30ー9.27 京都市美術館


 17世紀ヨーロッパは美術史では黄金の世紀といわれているらしい。聖書に題材をとった宗教画、庶民の生活を描いたもの、戦争画、神話に題材をとったもの、肖像画など71点が展示されている。大きな作品が多く、数が多すぎなくて、様々な種類の絵を楽しむことができた。

 印象に残った絵は次のものである。
 レンブラント・ファン・レイン「縁なし帽を被り、金の鎖を付けた自画像」
 フランス・ハルス「リュートを持つ道化師」
 ル・ナン兄弟「農民の家族」
 ペーテル・パウル・ルーベンス「トロイアを逃れる人々を導くアイネイアス」「ユノに欺かれるイクシオン」
 クロード・ロラン「クリュセイスを父親のもとに返すオデュッセウス」
 ディエゴ・ベラスケスとその工房「王女マルガリータの肖像」
 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール「大工ヨゼフ」

 今回の出品の目玉ともいうべきものが、フェルメールの「レースを編む女」であるが、24×21cmと小さい。しかし小さいながらも緻密な描写は、ひきつけるものがある。赤と白の糸が印象的であった。

d0097373_22195590.jpg

by nori-126 | 2009-07-24 22:17 | 美術展 | Comments(0)

蝶ヶ岳~常念岳縦走 その5 かって登った山々

 山の上では天気がよくても、遠くの山は霞んでいたり、雲に隠れていることがよくある。ところが、今回の山行きでは、夜明け前から昼過ぎまで、ずっと遠くの山々がはっきりと見えた。かって登ったことのある山々9座を望むことが出来た。

 蝶ヶ岳からは、御嶽山・乗鞍岳・槍ヶ岳・北岳・間ノ岳・農鳥岳・蓼科山が見えたし、常念岳からは、立山・燕岳を望むことができた。白馬三山と思われる山も見えたが、白馬岳は見えないようだった。37年前に蝶ヶ岳に登った時には、行った事がある山は立山だけだった。

 若い頃に山に通ったころは、遠くの山をみては、次はあの山に登ろうかと考えたものである。実は今回見えた山の中に、次に登る予定の山がある。いい天気で快適な山行きになることを祈りたい。

     御嶽山   ↓                   乗鞍岳  ↓
d0097373_2314272.jpgd0097373_2314244.jpg







                                    北岳・間ノ岳・農鳥岳↓
d0097373_23144173.jpg

    立山雄山 ↓            剣岳 ↓
d0097373_23145999.jpg

                      燕岳 ↓
d0097373_23151430.jpg

  中央奥の鹿島槍ヶ岳の双耳峰の間に白馬三山(鑓ヶ岳と杓子岳か?)  ↓
d0097373_23152813.jpg

by nori-126 | 2009-07-23 21:15 | 山歩き | Comments(0)

蝶ヶ岳~常念岳縦走 その4 出会った花

 蝶ヶ岳~常念岳の山行きは、多くの花に出会えた旅でもあった。山に登る楽しみの一つは、高山植物に会えることである。若い頃に登った山では、白山の南竜ヶ馬場のお花畑は素晴らしかった。

 明神に向かう途中で、先日金剛山ではじめて名前を知ったキツリフネをみつけた。明神館の前には、ヤマオダマキが咲いていた。

 長堀山を越えたところに、キヌガサソウの大きな株があって、白い花を20個くらいつけていた。雨が降っていたので写真を撮らなかったことが悔やまれる。蝶ヶ岳との稜線にでる前に妖精の池があり、周りにシナノキンバイの黄色い花が群生して雨の中で幻想的な雰囲気だった。

 蝶ヶ岳から常念岳への縦走では、2512mピークへの登りの直前に、ニッコウキスゲ、コバイケイソウの群落があった。コバイケイソウは少し盛りを過ぎていたが。ピークのところにコイワカガミが残っていた。常念小屋からの下りで、大雪渓の近くにお花畑があった。ニッコウキスゲ、ホタルブクロ、クルマユリなどをみつけた。

     2512mピーク近くのお花畑   ↓
d0097373_0201586.jpg


      ヤマオダマキ  ↓             モミジカラマツ   ↓
d0097373_0203382.jpgd0097373_0204643.jpg







       シナノキンバイ  ↓           ニッコウキスゲ   ↓     
d0097373_021456.jpgd0097373_0212276.jpg








                               オオバキスミレ   ↓
d0097373_0214625.jpgd0097373_022252.jpg








     ゴゼンタチバナ   ↓             コイワカガミ    ↓
d0097373_0221774.jpgd0097373_0223027.jpg







     ハクサンチドリ  ↓              シシウド    ↓
d0097373_0224287.jpgd0097373_040792.jpg







      コバイケソウ    ↓             ハクサンシャクナゲ   ↓
d0097373_023623.jpgd0097373_0403477.jpg








       ヤマハハコ    ↓              イブキトラノオ   ↓
d0097373_0234024.jpgd0097373_024148.jpg








       クルマユリ   ↓            d0097373_0413023.jpgd0097373_0243416.jpg







       ヨツバシオガマ  ↓
d0097373_21493297.jpg
by nori-126 | 2009-07-22 22:31 | 山歩き | Comments(0)

蝶ヶ岳~常念岳縦走 その3 蝶槍~常念岳~一の沢

d0097373_2264473.jpg 蝶槍を越えて、2512mピークへの登りでは、ニッコウキスゲの群生に出会えた。逆のコースを歩いてくる人も多い。前日の悪天候を乗り越えて、今日の快適な山歩きを満喫しているようだった。

 少し下ったあとに常念岳までの長い登りが始まった。大きな石がごろごろしていてルートがわかりにくい。頂上が見えているので余計に遠く思える。常念岳の頂上も大きな岩が積み重なっていて、小さな祠がおいてある。ここからは、立山、剣岳が見える。常念小屋への下りは急で、小さな石がごろごろする道である。

 常念小屋で昼食をとり、タクシーの予約をして一の沢林道を下った。整備された道で歩きやすかった。沢に下りると、滝のながれのようで、大きな雪渓が残っていた。沢に沿って下る。途中で、ニッコウキスゲの群生などのお花畑があった。

 一の沢で予約したタクシーに乗り、穂高駅から電車を乗り継いで帰った。30年ぶりの山小屋泊の山歩きは、一日目の夜には、もう登山は止めたとまで思ったが、2日目はまた登りたいと思う感動を与えてくれた。さて、来年の夏はどの山に行こうか?

   槍ヶ岳     ↓
d0097373_2225355.jpg

   蝶槍からきた道を振り返る  ↓
d0097373_22252338.jpg

   富士山の笠雲    ↓
d0097373_22253914.jpg

   常念岳を望む    ↓
d0097373_22261066.jpg

   常念岳から槍穂高    ↓
d0097373_22262349.jpg

   常念岳から横通岳~大天井岳を望む 中央奥は燕岳  ↓
d0097373_22264190.jpg

by nori-126 | 2009-07-21 22:13 | 山歩き | Comments(2)

蝶ヶ岳~常念岳縦走 その2 蝶ヶ岳~蝶槍

d0097373_21564374.jpg 7月20日(月・祝)4時ごろ、早立ちの人たちのざわめきで目が覚めた。カメラと三脚をもってヒュッテの横にでると、東の空は少し明るくなり、雲海がみごとであった。西の方に、梓川の谷をはさんで、穂高の山並みが、薄暗い中に浮かび上がって見えた。

 やがて、太陽が顔を出して空がオレンジ色になった。槍・穂高の山並みは太陽の光を受けて、赤く染まる。思い切って登ってきてよかったという喜びと、同じ景色をみた37年前から今までの長い年月を思って、胸にせまるものがあった。遠くの山まで澄んでみえる。今までに登ったことのある北岳、御岳、乗鞍岳、槍ヶ岳、蓼科山の他にも、浅間山や焼岳などが望めた。そして何よりも富士山の端麗な姿が感激である。

 ヒュッテのすぐ横の最高地点に登ったあと、朝食をとった。公開中の映画で話題の剣岳に登ったという人の話を聞いた。ヒュッテを出て、常念岳に向けて縦走をはじめた。快晴の中を、槍・穂高をみながら歩くのは気持ちがいい。

   日の出前の穂高連峰      ↓
d0097373_21571766.jpg

   蝶ヶ岳ヒュッテ横からの御来光   ↓
d0097373_22144283.jpg

   朝焼けの槍・穂高連峰     ↓
d0097373_2215892.jpg

d0097373_2215312.jpg

   蝶ヶ岳から朝焼けの槍ヶ岳  
d0097373_2216487.jpg

   蝶ヶ岳から富士山        ↓
d0097373_22164015.jpg

   蝶ヶ岳最高地点からみた蝶ヶ岳ヒュッテ   ↓
d0097373_21595130.jpg
  
by nori-126 | 2009-07-21 22:10 | 山歩き | Comments(2)

蝶ヶ岳~常念岳縦走 その1 上高地~蝶ヶ岳

 7月19日、20日の連休を利用して、北アルプスの蝶ヶ岳と常念岳に登った。若い頃のように、山小屋2泊の縦走というのは無理だが、蝶ヶ岳なら山小屋一泊で手軽に名峰を望める。
 
 今から37年前の大学生の時に、研究室のスタッフに誘われて、初めて本格的な登山をした。靴やザックを買って、島々~徳本峠~大滝山~蝶ヶ岳~三股を歩いたが、快晴に恵まれて、蝶ヶ岳からみた槍・穂高の素晴らしい景色が病みつきになり、山登りを趣味とすることになった。

 蝶ヶ岳(2677m)~常念岳(2857m) 登山 
7月18日(日)   上高地バスターミナル(7:20)ー明神(8:05-30)-
            徳沢(9:40)-長堀山(12:15)-蝶ヶ岳ヒュッテ(14:20)
7月19日(月・祝) 蝶ヶ岳ヒュッテ(6:05)-蝶槍(6:40)-2592mピーク(8:05)-
            常念岳(10:55-11:20)-常念小屋(12:20-50)-
            一の沢(16:10)

 前日の17日(土)22時に新大阪駅を出た「さわやか信州号」は、18日6時過ぎに上高地バスターミナルに着いた。着いた時は雨が降っていたが、しばらくして止んだので、徳沢に向けて歩いた。途中、明神橋と明神池に寄った。

 天候が悪ければ何のために登るのかとも考えたが、翌日の天候が回復するという予報を信じて、蝶ヶ岳への登山を開始した。急な山道だが、木の根が足場になり歩き安い。風が強く木立をゆるがすが、直接にはそれほど感じない。

 2時間ほど歩いてから雨が降り出した。道が雨に濡れて歩きにくくなる。登山道が水浸しになっているところもある。背中が冷たく感じたので、持っていた厚手の綿のシャツなどを着込んだ。この時点では、引き返すより登ってしまうほうが早いと考えたが、他に歩いている人が数組なので、少し心細かった。

 途中でキヌガサソウの見事な株や池塘のお花畑があったが、写真をとる余裕がなかった。稜線にでると、強風で体が傾きそうになり、雹が顔に当たった。やっとの思いで、蝶ヶ岳ヒュッテに着いた。

 寝るところは、定員3人のところに2人と余裕があり、隣は千葉から来た若い男性と、松本市から来た年配の御夫婦だった。夕食は、10人が同じテーブルで、山の話で盛り上がった。夕方から東の安曇野が晴れて見えるようになり、夜には町の明かりがはっきりと見えた。山小屋に泊まるのは、28年前の槍岳山荘以来である。

   河童橋    ↓
d0097373_292027.jpg

   明神橋    ↓
d0097373_210764.jpg

   明神池    ↓
d0097373_2104975.jpg
 
by nori-126 | 2009-07-20 23:39 | 山歩き | Comments(2)

NINAGAWA  十二夜 大阪松竹座

 7月15日(水)大阪松竹座の夜の部で「NINAGAWA  十二夜」を見に行った。シェークスピアの「十二夜」をもとにして、蜷川幸雄の演出で2005年7月に初演された。2007年には博多座、歌舞伎座で再演されたが、本年3月のロンドンでの公演の後、新橋演舞場に続いて関西での初演が実現した。

 観客は、いつもの歌舞伎と比較して、30歳~50歳くらいの人が多いようである。席は1階9列9番だった。

関西・歌舞伎を愛する会 第十八回 七月大歌舞伎
NINAGAWA 十二夜
平成21年7月5日(日)~27日(月) 大阪松竹座
 
斯波主膳之助/獅子丸実は琵琶姫  尾上 菊之助
                  織笛姫  中村 時蔵
            右大弁安藤英竹  中村 翫雀
               大篠左大臣  中村 錦之助
                    麻阿  市川 亀治郎
           役人頭嵯應覚兵衛  坂東 亀三郎
               従者久利男  尾上 松也
               海斗鳰兵衛  河原崎 権十郎
                 従者幡太  坂東 秀調
               比叡庵五郎  市川 團蔵
              舟長磯右衛門  市川 段四郎
            左大弁洞院鐘道  市川 左團次
           丸尾坊太夫/捨助  尾上 菊五郎

 シェークスピア劇の翻訳であるので、台詞が難しい。原作を読めば理解しやすいと思われる。原作のオリヴィアが織笛姫(おりぶえひめ)になるように工夫がされている。長い台詞なのに、役者は公演を重ねていることもあって、流暢であった。

 舞台は、洗練されて観客の驚きの声がでるくらいに華やかだった。はじめに舞台全体に鏡が置かれて、観客が映し出される。鏡は役者の後姿をも映す。暴風に揺れる船と、布を使った大波は、歌舞伎の様式を用いている。屋敷の作りは、色を抑えてシンプルである。砂を盛り上げた造形を並べた舞台は、現代劇のようである。2幕なのに9場と6場あってスピードのある暗転が、退屈させない。

 菊之助は、男に変装した女性と、その双子の男性という難しい二役である。踊りや早変わりなどで大活躍であるが、主膳之助としてのキャラが弱いように思われた。

 菊五郎は、愚かで滑稽な坊太夫役で笑わせて、要領のいい捨助役で舞台を進行させる役柄である。さすがに何を演じても役になりきれるし、存在感がある。

 坊太夫をいじめる亀冶郎の麻阿は、よく笑わせてくれる。芸達者で、いろいろな工夫が面白い。匍匐前進をしたり、舞台端に腰をかけてみたりして、脇のストーリの進行役をみごとに勤めた。

 時蔵の織笛姫は、気品もあって美しい。赤い着物で歌舞伎のお姫様そのものである。錦之助は、恋に悩む高貴な人という感じがうまくでていた。こういう役が良く似合うと思う。翫雀は狂言回しで、英語を入れたりして笑いをさそっていたが、少ししつこい感じもあった。左団次の少しふざけた態度くらいが、素直に笑えるように思われる。 

 最後のところで、菊之助が一人で演じた双子が対面することになる。あまり似ていないので、客席から笑いが起こったが、こういう場面をうまく作るのは難しい。

 シェークスピアの劇を歌舞伎でやるというのは、おもしろい試みだが、難しい試みでもある。はじめて観て、舞台の工夫や役者の努力など、いろいろと発見があり楽しい舞台だった。


d0097373_2182869.jpg
d0097373_2191768.jpg

by nori-126 | 2009-07-16 00:08 | 歌舞伎 | Comments(0)