感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

堺市茶室「黄梅庵」大仙公園

 10月29日(土)大仙公園にある茶室の「黄梅庵」を訪れた。秋季堺文化財特別公開期間中であり、10月28日~11月6日まで神社仏閣での特別公開や刃物製作所での見学ができるようになっている。大仙公園やすぐそばの仁徳陵には観光客が多かったが、こんなに多くの人をみるのは花見の時期以外にはめったにない。百舌鳥古墳を世界遺産に登録しようという動きが、観光客を誘っているのかもしれない。

 大仙公園には有形文化財の茶室が2棟ある。「伸庵」は年中公開されており、立礼席で抹茶を楽しむことができる。「黄梅庵」はいつもは非公開で年に2回特別公開期間中しかみることができない。それも期間限定で、今回は2日間だけである。知らずに来た人はラッキーだったと喜んでおられた。

 「黄梅庵」はもともと奈良県今井町の今井宗久所領の茶室だった。それを電力事業で有名な松永安左エ門が昭和23年小田原に再興した。大徳寺顧問立花大亀和尚の尽力で昭和55年に移築されたものである。

 庭に入ったところに石の九重塔がある。庵は80m²あって、8畳の広間や勝手水屋がある平屋建てに三畳の茶室がつながっている。観光ボランティアの方が部屋の説明をして下さった。茶室の床には大亀和尚の水墨画がかかっていた。庵の周りには竹林があって、公園の一角にここだけが侘び寂の静かな空間となっていた。

d0097373_0452424.jpg

by nori-126 | 2011-10-30 16:53 | 歴史散歩 堺 | Comments(0)

第3回堺クラフトフェア「灯しびとの集い」

 10月29日(土)午後から大仙公園で開催中の第3回堺クラフトフェア「灯しびとの集い」~手しごとを堺の街から~に行った。堺では秋季の文化財特別公開中で、大仙公園には観光客も多かった。「灯しびとの集い」は2年前から開催されており、かって通っていた陶芸教室の先生から話は聞いていたが、訪れたのは初めてである。

 大仙公園の催し広場に多くのテントが並び、100近い作家が作品を並べて販売している。陶磁、ガラス、木工、染織、和紙、皮革、石のハンコなどが並んでいた。多くの人が作品をみて気にいったものを買っている。

 5年間「しらさぎ陶芸」で教えていただいた二川修さんのショップに行った。二川さんと久しぶりに会って話をした。しらさぎ陶芸にも並んでいた特徴ある食器がならんでいた。濃い茶色のコーヒーカップを一つ購入した。作家さんと話をしながら、気に入った作品を買うというのは、こういう催しだけで経験できる楽しみである。

d0097373_0423475.jpg

by nori-126 | 2011-10-30 16:01 | 陶芸 | Comments(0)

2011 1万人の第九 大阪Dクラス レッスン9

 10月26日(水)1万人の第九の大阪Dクラスの9回目のレッスンがあった。2週間ぶりの練習であるが、それまでは毎週練習していたので、ずいぶん久しぶりという感じがした。練習のはじまる前に知り合いの人達に会って話をした。

 レッスンの休憩の前にWJさんが打ち上げの説明をした。会場は90人くらいしか収容できないが、どのくらいの参加希望があるのだろう。幹事の方のおかげで楽しい会になりそうである。

 大阪Dクラスに長年参加しておられたOTさんに仕事のことで電話をしたら、今年は火曜日の初心者クラスに回されたとのことだった。5年前に1万人の第九に初めて参加した時、大阪Dクラスの初日にOTさんとmidoさんが話をしておられるのに声をかけたのである。その後仕事のつながりができるとは不思議な縁である。

 マッサージと発声練習の後、最初にprestissimoから最後までのおさらいを各パート別にした。このあと、最初から2重フーガの前までのおさらいをした。

prestissimoから最後まで
ソプラノ 
 プレスが遅れるとテンポが遅れる
 足踏みをしながら歌ってみる
バス
 【865】uberm 4分音符を忠実に
 【918】schoner と延ばすところをクレッシェンドに
テノール
 【902】ラが短くならないように
アルト 
 【865】から同じ音が続くが【869】のVaterを強く
 【906】Gotter オーウムラウトは口を縦に開く
4声
 【916】Elysium 響きを落とさないでピアニッシモに

最初から2重フーガの前まで
 【315】einem アルトがバスとずれないように
  G   ソプラノは高い音をアーアーと歌ってみる
  テノールとソプラノは舌を前に出して歌ってみる 喉の力を抜く練習
 【603】テノールは音が取れていない(バスにつられているように思われた)
 【606】onen オを明るく音が落ちないように
 
d0097373_021119.jpg

by nori-126 | 2011-10-29 02:07 | 1万人の第九 | Comments(2)

大泉緑地 ’11 10 26

 10月26日(水)午後から大泉緑地に行った。西北から入って水流に行くと、コサギがいた。今の時期には頭から2本の冠羽が美しい。足で流れの底をつついているのを初めて見たが、獲物を追いだすためだろうか?このあたりでは木の上のほうで鳥の鳴き声が盛んにきこえたが、ムクドリのようだった。

 大泉池にはヒドリガモが10羽くらいきていた。雄の毛は夏羽から冬羽に生え換わる「エクリプス」という状態で、模様のはっきりした羽根が生えてきているのに、古い赤い羽根が残っているという妙な姿である。慣れないと本当にヒドリガモなのかと迷いそうである。

 頭泉池では釣りをする人がいてすぐ近くにアオサギがおこぼれをもらおうと待っていた。池をめぐるとカイツブリ、カルガモ、オオバンが3-4羽ずつ泳いでいた。

 池の近くに堅い実をつけた木をみつけた。名札にラクウショウと書かれていた。ヌマスギともいい、湿地に生えると直立する根を立てるという。モミジバフウにきれいな実がついていた。

    ラクウショウの実  ↓           モミジバフウの実  ↓
d0097373_1144035.jpgd0097373_115911.jpg








 大泉池をぐるりと回ったが、ほとんど鳥の姿をみることができなかった。カメラを構えている人がいてその先にはカワセミが止まっていた。

   コサギ  ↓
d0097373_1152792.jpg

   エクリプスのヒドリガモ  ↓
d0097373_1364510.jpg

d0097373_1261696.jpg
d0097373_1262924.jpg

 
by nori-126 | 2011-10-28 00:45 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(2)

加圧トレーニング体験

 10月22日(土)会員になっているスポーツクラブで、加圧トレーニングの体験ができるというので、受講した。ウエイトトレーニングは、20年前にスポーツクラブの会員になって始めた。当初はかなり熱心にしたので筋肉が増強したが、やがて月に2回くらいしかしなくなった。最近は、筋肉が衰えてきて、自分の体を鏡でみてがっかりする。

 上肢の加圧トレーニングをすることにして、まず両上腕に器具を巻きつける。ここであまりきつくないようにする。それから器具の中に空気を注入していく。少し腕がしびれたようになるが、あまり違和感のない圧を決める。手の皮膚の色が少し悪くなる。

 立って1.5㎏ずつのアレイを持って、屈曲する。これを30回続ける。次に20回、さらに15回と減らしていく。それほど負担にならずにできた。頭の後ろで両手で一つのアレイを持って上下する。やはり、回数を減らしながら3セットする。最後に両手にアレイを持って外側に開き、内側に寄せる運動を3セットする。続けて行くと指示された回数ができなくなる。

 当日の夜は腕がだるい感じがあり、翌日は軽い筋肉痛があった。

 加圧することで、静脈血の還流を押さえて、軽い負荷で効果が得られるという。成長ホルモンの分泌が何百倍にもなるという。加圧トレーニングは専門家の指導のもとにする必要がある。続けて行くのはなかなか難しい。

 若い頃は見た目の格好のよさにあこがれてウエイトトレーニングをした。しかし、年を取ると筋力の衰えを少しでも防いで、ウオーキングや山登りを楽しみたいと思う。そのためにウエイトトレーニングが必要だと実感している。

 
by nori-126 | 2011-10-23 18:08 | Comments(0)

シネマ「オペラ座の怪人」25周年記念公演 in ロンドン

 10月22日(土)TOHOシネマズ梅田で、「オペラ座の怪人」25周年記念公演の記録映画を見た。オペラ座の怪人は、1986年10月9日、アンドリュー・ロイドウェバーの作曲で初演され、以後ロンドンで25年間上演が続いている。世界中でロングラン記録を更新して、映画化もされた。歴史上のすべての映画・演劇における最高の興行収入を記録している。

 京都で劇団四季の公演を見たことがある。初演の時のヒロイン役のサラ・ブライトマンの公演に2回行ったが、もちろん「オペラ座の怪人」も歌われた。また、原作であるガストン・ルル-の小説も読んだ。

 25周年公演は、10月1日、2日の2日間で3回、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われた。ファントム役はラミン・カリムルー、クリスティーヌ役は、シエラ・ボッジスで、二人は「オペラ座の怪人」続編の「ラブ・ネバー・ダイズ」でも同じ役を演じたという。ラウル・シャヌイ子爵はヘイドリー・フレイザーで、雰囲気がユアン・マグレガーに似ている。

 舞台の上の方にオーケストラボックスがあり、60名位のフルオーケストラのメンバーが並んでいる。舞台装置は、劇団四季の舞台とはかなり違いがあるが、これは会場がいつも公演が行われているハー・マジェスティ劇場と違うので、記念公演だけのことであろう。

 左右に階段があって、これは最初から最後まで使われる。舞台装置は最小限で、舞台奥のスクリーンでの映像が多用されている。クリスティーヌの父親の墓や、地下室に並ぶロウソクもほとんどが映像である。大きな舞台装置を使えない部分を映像で代用したということだろう。

 シャンデリアは劇団四季では、最初に舞台から天井に上がっていくが、今回は元々客席上の天井から吊り下げられており動くことはない。シャンデリアが落ちてくるということがなくて火花が散るだけである。

 公演後にカーテンコールがあったが、その後に作曲家のアンドリュー・ロイドウェバーが登場した。あいさつの後に、スタッフの紹介をして、歴代のファントム役4人を紹介した。その4人とはColm Wilkinson(カナダ初演キャスト)Anthony Warlow(オーストラリア初演キャスト)John Owen-Jones(現ロンドン公演キャスト)Peter Joeback(次期ロンドン公演キャスト)とのことである。

 さらに初演の時のファントム役のマイケル・クロフォードが登場して、最後に「私のエンゼル・オブ・ミュージック」と元妻で初代歌姫のサラ・ブライトマンを紹介した。そして、サラ・ブライトマンがファントム役の俳優たちと共に「オペラ座の怪人」を熱唱した。そのあとに4人のファントム役が「The music of the night」を歌った。特にAnthony Warlowの深みのある声が感動的だった。その場に居合わせたかのように実感できた感動的な3時間だった。

 映画を見終わって、しばらくの間、頭の中で「オペラ座の怪人」の名曲、「Phantom of the opera」「The music of the night」「Angel of Music」「All I ask of you」が鳴っていた。

 追記:映画を見て余りの感動に、11月23日、西ノ宮ガーデンズのTOHOシネマで2回目をみた。同じ映画を2回見るのは初めての経験である。2回目であっても、1回目に勝る感動を得られた。
 
by nori-126 | 2011-10-22 21:02 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

1万人の第九 番外編 Oさんファミリーの近況

 10月19日(水)昨年、1万人の第九の大阪Dクラスに親子4人で参加されて、プログラムに紹介されただけでなく、ドイツ国営放送のニュースにまで登場したOさんにお会いした。Oさんファミリーは私の職場の近くにお住まいで、第九に参加される以前からの知り合いである。

 5月にお会いした時に、今年はどうされますかとお聞きしたら、参加できそうもない返事だったが、その理由が今日わかった。お母さんの腕には8月に生まれた4人目の男のお子さんが。他のお子さんたちは、今年も参加したいと泣いていたという。

 2か月のお子さんが大きくなって、一緒に1万人の第九に参加されるようになる日がくるといいが。それまで1万人の第九が続いているだろうか?もし続いていたら、お子さんは男の子2人、女の子2人なので、4人でソロを歌ってもらいたいですねと冗談を言っておいた。
by nori-126 | 2011-10-19 21:26 | 1万人の第九 | Comments(0)

錦織公園 ’11.10.18

 10月18日(火)昼からいい天気なので、錦織公園に行った。駐車場から事務所近くの池に行くと鳥はいなかったが、カメラを構えている人がいて、カワセミを待っているという。梅の里には、ヒヨドリがいた。展望台まで歩いてその上で、遠くの山並みを眺めながら、コンビニで買った弁当を食べた。

d0097373_23134231.jpg じゅんさい池に行くと、カワセミがいた。遠すぎていい写真は撮れなかった。すぐ近くの森で盛んに鳥が鳴いて、木々の間を飛び交っていた。エゾムシクイかメボソムシクイではないかと思われたが、確証はない。





 河内の里の畠には、綿の実がなっていた。庭に大きなカリンの実が実っていた。名前を聴いたことがあるが、見るのは初めてかもしれない。シオンやカクトラノオの花は盛りを過ぎたようだった。

 やんちゃの里からアメンボ池を経て、奥の池の側を通ったが、カモは全く見当たらなかった。少しずつ鳥が姿を現しているようだが、もの足りなかった。

   カリンの実    ↓
d0097373_23135853.jpg

by nori-126 | 2011-10-16 16:16 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

2011 1万人の第九 大阪Dクラス レッスン8

 10月12日(水)1万人の第九大阪Dクラスの8回目の練習があった。サットンさん、ノブコンさんがイタリア旅行から帰ってこられていて、サットンさんの横に座って、旅行のお話を聴かせていただいた。

 「一万人の第九」のHPで、今年のゲストが昨年に続いて平原綾香さんであると発表された。昨年の感動をまた与えてくれることを期待したい。一昨年の槙原敬之さん以来、合唱団と一緒に盛り上がれる歌手でなければという雰囲気になっている気がする。そうすると候補となる歌手は限られてくることになる。

 いつものようにマッサージと発声練習をした。「ハッハッハッハッ」と一音ずつお腹をへっこませて歌う練習をした。SのPrestissimoから最後までを各パートごとに歌っていった。8回目で一応最後まで通したことになる。そのあと最初から、ソロの部分を入れて練習した。バスのソロを歌った人はいい声でかなりベテランの人である。テノールのソロをWJさんと歌った。
合唱と合わせて歌うところも歌ってみたが、最後は息継ぎがうまくできなくて声が上ずった。

 Sのprestissimoから最後まで
 語尾のr はあいまいなアーと発音するほうがいい
 テノールは高音を歌うために、腰かけて足を上げながら歌ってみる
 あごがあがらないように
 【863】weltのtを早く処理しないと次の出だしのBruder が遅れる
 
by nori-126 | 2011-10-15 23:54 | 1万人の第九 | Comments(0)

2011 1万人の第九 大阪Dクラス レッスン7

 10月5日(水)1万人の第九大阪Dクラスの7回目の練習があった。練習も後半に入り、始まった頃は暑かったのに、過ごしやすい気候になった。サットンさんノブコンさん夫妻は、今週はイタリア旅行でお休みである。

 はじめに先生が初心者が前に座るように言われたので、席を替わる人があった。初心者にとって後ろから経験者が歌ってくれることは心強いことである。

 いつものようにマッサージと短い発声練習の後に、新しくSを練習した。

 追記:1万人の第九のHPに本番のプログラムの一部が発表された。仙台の会場を設けて、大阪城ホールと中継で結び、合唱団が一緒に歌う。仙台のゲストは森久美子さん他ということである。大阪城ホールのゲストはまだ発表にならないが、ゲストなしということもあるのだろうか?
 ゲストは昨年に続き、平原綾香さんと決まった。これだけは思いつかなかった。

 
 各パート別に【805】まで
 バス
 【802】streng クレッシェンドがあると思って歌う
 【803】teilt 語尾のtをはっきりと
 テノール 低い音は子音を歌う

 各パート別に【816】から【814】まで
 アルト レガートで歌う練習のために母音だけで歌ってみる
 テノール
 【807】alle アをはっきりと
 【813】weilt クレッシェンドしないで、ディミヌエンドで
 【812】sanfter アでつないでいく
 パートで音を重ねていって和音を実感する練習をした

 各パート別に【815】から【832】まで
 【819】2度目のdeineを強く
 【831】alle 暗くしないように
 【827】alle  四分休符の後の入る練習を繰り返した

 Sからパート別に通しで復習 
 バス【818】deine ラの音をしっかりとる
 アルト【818】deine 音をしっかりとる
 
 【627】から二重フーガの前まで復習 
 【630】Ihr 伸ばすところが落ちないように
  声を合わせていく練習
 【635】Ahnest ppなので弱く
 【638】welt  澄んだ声で 
by nori-126 | 2011-10-08 00:10 | 1万人の第九 | Comments(2)