感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪第九 2017 第2回
at 2017-12-10 01:13
大阪狭山池 イカルチドリ
at 2017-12-08 01:37
英国ロイヤルオペラシネマ 2..
at 2017-12-07 01:17
LA FENICE  レクイ..
at 2017-12-06 18:36
1万人の第九 打ち上げ ホテ..
at 2017-12-06 16:07
1万人の第九 本番 大阪城ホール
at 2017-12-05 12:43
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-12-02 23:48
1万人の第九 リハーサル 大..
at 2017-12-02 23:41
久米田池 ソリハシシギ
at 2017-11-30 23:27
大阪教育大学 第61回定期演..
at 2017-11-30 23:10
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(155)
(154)
(136)
(129)
(104)
(96)
(78)
(76)
(74)
(70)
(59)
(53)
(50)
(48)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

西高野街道 第8回 4里石~3里石~学文路駅 後半

 8月28日の西高野街道第8回の後半である。

 右手に成就寺がある。戸屋新右衛門と船越喜右衛門の顕彰碑がある。前者は、年貢の軽減を直訴して処刑された庄屋で、義人として民衆が祀ったものである。後者は大洪水の時に村人を救った船頭である。

 やがて、道が国道と合流するところに、地蔵堂が建っている。ここに高野街道六地蔵の第二が祀られている。堂前の里程石には、高野、大阪、堺などへの距離が刻まれている。

d0097373_256426.jpg 国道370号線を歩いて、細い道に入ると、学文路大師本堂に至る。この前の民家の玄関口に3里の里程石が建っている。あまりにも目だたないので、通り過ぎてから引き返した。元は別の場所にあったものらしい。こんな形でも残されているだけましと考えるべきか。

 少し進んだ郵便局の前に、道標石と境界石がある。紀州藩と高野山との境界を示すものである。

 国道に出るところに、学文路三叉路道標石が建っている。ここが、高野街道の不動坂口に至る学文路の入り口となっている。ここからは紀ノ川を離れて、高野山への山登りである。今日はそのまま国道を西に少し歩いて、学文路駅から帰った。

 紀ノ川沿いの道は、国道を避けて落ち着いた雰囲気の集落で、街道沿いに、常夜燈、地蔵堂、里程石などが多く残っているのがうれしかった。街道歩きを楽しめるコースである。

 西高野街道も3里石まで来た。残る12kmは逃げ道がないので、標高差900m近くを一度に登ることになる。秋になって、紅葉の時期に初めての高野山へのお参りをしようと考えている。

 
d0097373_311074.jpg

 高野六地蔵の第二地蔵  ↓
d0097373_313156.jpg

 学文路三叉路道標石  ↓
d0097373_314320.jpg

 学文路駅  ↓
d0097373_31555.jpg

by nori-126 | 2013-08-31 06:54 | 街道を歩く | Comments(0)

西高野街道 第8回 4里石~3里石~学文路駅 前半

 8月28日(水)午後から西高野街道を歩いた。今年の夏は記録的な暑さで、暑い時期の街道歩きは避けていたが、久しぶりに歩いてみたくなった。陽が当たると暑いが、風は少し涼しく感じるようになった。

 西高野街道 第8回 橋本駅~4里石~3里石~学文路駅
 橋本駅(13:50)~応其寺~橋本橋(14:30)~西行庵~清水井戸(15:10)
~成就寺~第二地蔵~3里石(16:00)~学文路三叉路~学文路駅(16:15)

 歩数(橋本駅~学文路駅) 9200歩

 南海橋本駅を下りて、すぐ近くの応其寺に行った。前回、門が閉まっているので、入れないと思っていたら、別のところに入口があった。前回、かき氷を食べたお店に行ったら、お店の人が覚えてくれていた。

 紀ノ川を渡った。橋本橋は電車の通る鉄橋のようである。橋の真ん中から紀ノ川を見ると、改めて大きな川であると実感した。応其上人が橋を造ったというのは、大事業であっただろう。しかし、応其の架けた橋は、3年後に流されてしまい、以後は渡し船が使われた。

 渡し船の南の岸に三軒茶屋の大きな常夜燈が2基ある。北の4里石のある東家から漕ぎだすと、河の流れで対岸の三軒茶屋に着く。ここの渡しは、高野山の負担で無料の渡し・無銭横渡だった。

 国道370号線と別れて紀ノ川に沿って少し歩くと、西行庵がある。今年に新しく造られた建物で、西行像が安置されているが非公開である。同じ敷地に高野街道六地蔵の第1番地蔵が祀られている。ここから山上までに6体設置されている。さらに西に歩くと、道標や役行者像がある。

 清水という地区は清水が湧いたということで、細い道を紀ノ川の堤に下りると、柵で囲まれた清水と、地蔵像があった。この辺りの家は、格子窓が見られて古い街並みを残している。菅野家という大きな屋敷があるが、大庄屋であったらしい。

 応其寺  ↓
d0097373_220825.jpg

 橋本橋から紀ノ川下流を望む  ↓
d0097373_2202297.jpg

 三軒茶屋常夜燈  ↓
d0097373_2203724.jpg

 高野六地蔵第一地蔵  ↓
d0097373_2205552.jpg

 清水井  ↓
d0097373_221650.jpg
 
 清水の古い街並み  ↓
d0097373_255088.jpg

by nori-126 | 2013-08-29 02:32 | 街道を歩く | Comments(0)

谷文晁 サントリー美術館

 8月25日(日)、東京での委員会に出席する前に、東京ミッドタウンにあるサントリー美術館に行った。日曜日で最終日なので、人が多かった。

 谷文晁は江戸時代後期の絵師であり、名前は聞いたことがあるが、ほとんど絵を見た記憶はない。「この絵師、何者!?」というコピーが、的を得ている。文晁は、狩野派、丸山四条派、土佐派、洋風画などの各画法の折衷に努めた巨匠である。

 展示されている墨絵や山水図などは、様々な様式を示しており、中には洋画と水墨画の手法が1枚の絵にみられるものもある。

 谷文晁 生誕250周年
 2013.7.3ー8.25
 サントリー美術館 六本木・東京ミッドタウン


 文晁は松平定信や大阪の木村兼葭堂などの文化人と交流があった。展示替えで見られなかったが、木村兼葭堂の肖像画も出品されていた。大阪市立中央図書館の南端に「木村兼葭堂宅跡」の碑が建っているのを見たことがある。江戸時代後期の物産学者で、貴重なコレクションを全国から訪ねる人があったとされる。

 文晁は「石山寺縁起絵巻」の詞だけで絵のなかった巻六、七を描いており、それが展示されていた。当時は大家として知られていたということだろう。芸術家というよりも、学者、文化人として活躍した人という印象である。

 特に、感銘を受けた絵はなかったが、谷文晁という画家のことを知ることができてよかった、すっきりしたという美術展だった。

d0097373_110250.jpg
 
by nori-126 | 2013-08-25 23:46 | 美術展 | Comments(0)

貴婦人と一角獣展 国立国際美術館 大阪中之島

d0097373_13567.jpg 8月21日(水)夕方、国立国際美術館に「貴婦人と一角獣展」を見に行った。フランス国立クリュニー中世美術館が所蔵する、西暦1500年頃に作られたとされる6面の連作タピスリーである。フランス国外に出るのは2度目ということなので、奇跡の初来日というのもうなづける。

 4時前に入館して閉館の5時までいたが、人が少なく空いていた。若い女性が多くて、年配の人が少なかったのは、絵画の美術展とは違って、美術愛好家が注目していないからだろうか?

 美術館の入口のガラスには、タピスリーの図案が描かれていた。入場券販売所の横に、顔を出して写真を撮るためのパネルがあり、貸出用の一角獣の角が置いてあった。前に「真珠の首飾りの少女」でもみたことがある。

 フランス国立クリュニー中世美術館所蔵
 貴婦人と一角獣展
 2013.7.27-10.20
 国立国際美術館 大阪・中之島


 入って一番最初の部屋に、6面のタピスリーが並べられている。大きさは3.7m×3~4.7mあり、一面の壁に3枚、3面の壁に1枚ずつである。いずれも貴婦人が中央にいて、侍女がいるものもある。左右に獅子と一角獣がいて、紋章のついた旗を持っている。松などの木があって、背景はぎっしりと花が描かれており、いろいろな動物が描かれている。

 貴婦人が一角獣の角に触れているのが「触覚」、鳥が菓子をついばんでいるのが「味覚」、猿が花の匂いを嗅いでいるのが「嗅覚」、オルガンを弾いているのが「聴覚」、一角獣が鏡を覗いているのが「視覚」を現しているとされる。残る1枚は、天幕に「我が唯一の望み」と描かれていて、何を現しているか謎である。

 次の部屋では、これらの図案を比較した映像が流れていて、少しずつ異なる描写が面白い。次の部屋には、描かれている木、花、動物が並べられている。これらを見て、もう一度、タピスリーの部屋に戻って見直してみた。織物でどうして可能なのかと思うくらい緻密である。まるで絵に描いたようである。かなり近づいて見られるが、どうなっているのか不思議である。

 展示は他に、宝石箱や関連する彫刻、装身具、ステンドグラスなど、タピスリーの理解に参考になるものが出品されている。
  
d0097373_2247999.jpg

  国立国際美術j館   ↓
d0097373_22473850.jpg

by nori-126 | 2013-08-22 02:54 | 美術展 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第9回 ’13.8.19  

 8月19日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前回の課題は、前々回の課題と同じであるが、それを弾いてみた。「ちょうちょ」や「むすんでひらいて」は前よりはうまくなっているということで、一応、オーケーがでて次に進むことになった。音をつなぐこと、左手の手首を曲げないこと(力を入れて握りしめない)、4分音符は半弓、2分音符は全弓で弾くこと、などを注意された。32ページのアレグロを毎日の練習として繰り返し練習するように言われた。

 新しい課題として、34ページと35ページが指定された。3度の動きが入るので、指の動きが複雑になってきた。かなり練習をしないとついていけなくなっている。

 8月16日(金)に小学校のクラスの同窓会があった。仲良くしていた男性が、アマチュアオーケストラでビオラを弾いていて、事務局長をしているという。大学生の時にビオラをはじめたというので、ベテランである。機会があれば演奏会に行ってみたいと思う。
by nori-126 | 2013-08-20 00:10 | バイオリンレッスン | Comments(0)

福知山城・福知山市佐藤太清記念美術館

 8月16日(金)、故郷の豊岡市で小学校のクラスの同窓会をするというので、昼から車ででかけた。舞鶴自動車道を下りて、福知山城公園に行った。

 駐車場に車を止めて、大きな太鼓橋を渡った。お城の入り口に福知山市立佐藤太清美術館がある。福知山出身で、日展理事長、文化勲章を受章した佐藤太清の絵を収容している。ところが、現在、生誕100周年の記念展覧会が全国を巡業中で、元々20点程度の収蔵なのが、10点程しかなかった。仕事場を再現してあった。

 佐藤太清の絵は、4 年前に奈良の万葉文化館で見て魅了された。田中一村の絵を見に行って同時に開催されていたのをみたが、「雪つばき」に感動した。「雪椿」は日本芸術院の所蔵で、係の人の話に寄ると、当館に寄贈されるのが、手違いで日本芸術院に行ってしまったという。年末から京都文化博物館で展覧会があるのを見に行くことにしたい。

 坂を上がって行くと、天守閣がある。中に入ると、福知山城ゆかりの明智光秀の資料が展示されている。最上階から、福知山の市街が見渡せる。由良川は大きな河である。前日の花火大会での事故現場近くにアンテナをつけた報道の車が集まっているのが見えた。

 福知山から但東町に行き、親戚を3軒訪問した。日高町のホテルで夜に同窓会をして、ホテルに泊まった。翌日、生まれ故郷の出石に行った。観光客が多い。同級生の喫茶店で、前日の同窓会から残った7人で話をした。住んでいた家は、人に渡ったが、近所の人でよく知っているので、その御家族と話をしていた。

  福知山城橋  ↓
d0097373_1323399.jpg

  福知山城 橋越しに天守閣を望む  ↓
d0097373_13235254.jpg

  天守閣  ↓
d0097373_1324524.jpg

  佐藤太清美術館  ↓
d0097373_13241422.jpg

  出石 辰鼓楼 ↓
d0097373_1324362.jpg
 
by nori-126 | 2013-08-18 13:05 | 歴史散歩 | Comments(0)

花壇 ’13.8.12 綿の花・ショウリョウバッタ

 平成25年8月、職場の玄関横の花壇は、夏の花が咲いている。満開と言いたいが、ニチニチソウは原因はわからないが、茎が枯れてしまうという結果になり、5鉢の内、1鉢しか残っていない。ミリオンベルは、咲いてはいるが、茎が間延びして、こんもりというわけにはいかない。ペンタスは元気だが花が小さい。ガーベラは咲くと大きくて美しいが、めったに咲かない。

 今年の1月に大阪府立狭山博物館で開催された、ボランティアによる「河内木綿」の展示会で、河内木綿の種をもらった。5月末に播いたら、木はあまり大きくならないが、花が咲いているのをみつけた。直径3cmくらいと小さいが、ムクゲの花にそっくりである。綿の実がつくのだろうか?

 大きなバッタが止まっていた。全長は15cmくらいある。ショウリョウバッタの雌である。雌は日本で一番大きいバッタである。お盆の頃に現われるので、精霊流しの精霊からきているという説がある。

 ショウジョウバッタともいうが、これは雄が雌の半分くらいの大きさなので、「天と地ほどちがう」という意味の「霄壤(ショウジョウ)」からきている。子どもの頃はキチキチバッタと呼んでいた。飛ぶ時にキチキチという音がする。茶色い羽根で、模様がきれいだが、緑のと茶色いのがあるとのことである。周りの色に合わせて変わるという説もあるようだが、生まれつき色は決まっているらしい。

d0097373_1192876.jpg

  河内木綿の花  ↓
d0097373_1171939.jpg

  河内木綿の木  ↓
d0097373_117374.jpg

  ショウリョウバッタ  ↓
d0097373_1175011.jpg

by nori-126 | 2013-08-13 11:11 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

1万人の第九 夏の懇親会

 8月9日(金)1万人の第九の懇親会が、淀屋橋のMであった。FBでWJさんが呼びかけて、20人近くが集まった。仕事が終わって、少し遅れて行った。今年は応募したが、落選したという人が多く、淀屋橋Bで参加するのは、KK会長、TM さんと友達のOMさん(春に結婚されて奥様も参加とのこと)くらいである。

 出席者の内、よく知っているのは、名幹事WJさん、池田のOYさん、KK会長、TMさん、MYさんとお友達のKKさん、チーママことSMさん、KMさん、昨年大阪10で御一緒したT さん、SYさん、まさぽん、そしてK先生である。

 OYさんは昨年から体調が悪かったのを、春に手術をして万全とはいえないが、元気そうだった。今年は体力のこともあり、参加しないとのことだった。

 一次会は9時半で終わったが、6人が残って、11時半頃まで飲んで話をした。
by nori-126 | 2013-08-11 19:52 | 1万人の第九 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第8回 ’13.8.5 第7回のおさらい

 8月5日(月)、バイオリンレッスンに行った。前々回の課題であった31ページのAD弦混合練習に前回合格点がもらえなかったので、ここからおさらいをした。讃美歌は△という評価だった。前回の課題だった32、33ページの毎日の練習、子守唄、アレグロ、ちょうちょ、むすんでひらいてを弾いてみた。子守唄は合格点がもらえた。

 アレグロでは、休符の間に、弓を手元に置き換えるという動作がうまくいかなかった。置き換えてすぐに弦に当てて待っているという形である。練習すればすぐにできそうである。ちょうちょは何とか弾けたが、むすんでひらいては、指の動きが難しいし、別の弦を弾こうとすると、他の弦に当たって雑音がでる。弦によって弾く角度を変えるのは練習で慣れるしかない。

 音符の長さを正確に、音をスムースに弾いて休符を入れない、音の高さを正確に(左手の指の動きが激しくなると音が狂う)、左手の指を立てる、右手の小指を曲げる、等、今までにも指摘されたことを言われた。

 前回の課題がそのまま今回の課題となった。全く新しいところに進めなかったのは初めてである。今後はさらに指の動きが難しくなるので、基本の部分をきっちりとやる必要がある。まあ、あせらずにゆっくりと楽しみながら行きたい。少しの挫折と乗り越えてやろうという意欲を感じたレッスンであった。

 バイオリンに細かい弦の音調整をするためのアジャスターをつけるように言われていたので、8月8日(木)の昼休みに、鈴木弦楽器に行った。内蔵型でなく、単独型のものをつけることにして、担当のKさんにお願いした。昼食を近くで食べている間に作業が終わった。
by nori-126 | 2013-08-06 15:52 | バイオリンレッスン | Comments(0)

平原綾香コンサート CONCERT TOUR 2013 堺市民会館

 8月3日(土)堺市立会館での平原綾香のコンサートに行った。平原綾香は1万人の第九のゲストとして、平成22年、23年と出演した。共に合唱団の一員として歌を聴いたが、コンサートに行くのは初めてである。今までは後ろから聴いていたので、今回初めて前の方から聴くことになる。3週間前にサラブライトマン、今回は平原綾香と、クラシカルクロスオーバーのコンサートを続けて聴くことになった。

 AYAKA HIRAHARA
 10th Anniversary CONCERT TOUR 2013
 Dear Jupiter
 2013.8.3(土) 午後5時半 
 堺市民会館 大ホール


 舞台は中央に奥に向かって階段状に組まれている。左右にバンドが配置されており、ドラム、エレキギター、ベース、ピアノ、シンセサイザー、バイオリン等3人、チェロ、クラリネット(サックス・歌)である。舞台両脇や舞台奥からのライトがあり、中央にスポットライトが当たるようになっている。ライトは様々な色がでるようになっている。

 幕の中央が少し開いて、そこに平原綾香が立ち、ハミングでジュピターを口ずさんだ。すぐに幕が上がり、曲が始まった。

1)BLESSING 祝福
 白の長いスカートに黒のノースリーブである。特徴ある息を吸う音を聴かせる歌い方から始まり、サビで高音が響く。盛り上がる曲でオープニングにぴったりである。
2)おひさま
3)Voyagers
4)Eternally
 高音がよく響いて心地よい。
5)Precious Time
6)Someone to watch over me
 ガーシュインのジャズをピアノだけの演奏で歌い始める。低音が男の声のようである。ツァーのセットリストに入ってない曲なので、途中から歌ってみたくなった曲ということらしい。
7)星つむぎの歌
 さびの所を会場と一緒に歌う。ライブCDでも同じように歌っているので、予想通りだった。
8)翼
 30枚目のシングルとなる最新曲
9)Fire dance
 一度退場して、インストルメンタルの演奏の後に、舞台中央奥の一番高いところに、黒いタイツ、ピンクのミニスカートで登場する。アイリッシュタップダンスを見せる。途中でボイスパーカッションを聴かせる。
10)Music
11)JOYFUL, JOYFUL
 第九の曲である。最初に会場と掛け合いで、声を掛け合う練習をした。「Hey,you know me」を繰り返した。
12)I dreamed a dream
 衣装を後ろに長い白いドレスに着替えて、レミゼラブルの名曲を英語で歌った。1か月前に、「4 Stars」でシエラ・ボーゲスで聞いたが、平原綾香の歌もしっとりとして歌いこなしているという感じだった。
13)明日
14)ノクターン
15)Jupiter
 最後の曲と紹介して、舞台には大きなミラーボールが3個、舞台奥の天井から大小15個くらいが吊り下げられて光が舞う。全体が黒い雰囲気で惑星を見ているようである。

アンコール
16)スマイルスマイル
 アンコールの拍手に暫くしてから、黒いTシャツと黒いスカートに着替えて、舞台中央の台の上に登場して歌った。会場から「ジャパネット」の声がかかり、グッズを取りだして商品の紹介をした。着ているTシャツは新発売のものだった。
17)スタートライン
 終わってから、会場に細かく丁寧にあいさつをして終了した。

 平原綾香はクラシック音楽を日本語で歌うというイメージを持っていたが、今回のコンサートの前に、CDを聞いてみると、オリジナルの曲にいい曲が多い。今回もクラシックの曲は、3曲だけである。クラシカルクロスオーバーの歌手のようにいわれるのは、本人は本意ではないだろう。親しみやすい人柄と、音域の広い澄んだ声で、幅広い年齢の支持を受けている。会場に年配の人も多かった。

 語りがかなりあって、10年間の想いが話されたが、話よりも歌が多い方がよいと思うのは年のせいか?若ければ共感を覚えたかも知れないが。

 6月8日から10月6日までの日本全国36か所でのツアー、丁度半分が終わったところだが、ツアーの中でも曲目や順番を入れ替えている。
by nori-126 | 2013-08-03 22:24 | ポピュラー音楽 | Comments(0)