感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

葉加瀬太郎エトピリカコンサート フェスティバルホール

 9月28日(日)、葉加瀬太郎のコンサートに行った。9月上旬に娘がいい席が取れたというので、調べると隣の席が取れた。BoxのD9という2列目のほぼ中央だった新しくなったフェスティバルホールでは初めてのボックス席である。前のフェスティバルホールでは、「リバーダンス」でボックス席の一番いい席に座ったことがある。

 9月4日に始まって12月末まで、全国で60公演を行うツアーは、8月6日に発売されたCD「エトピリカ」からの曲を中心にアコースティックサウンドの魅力を売り物にしている。

 葉加瀬太郎 Best Acoustic Tour エトピリカ
 2014年9月28日(日)午後3時  
 大阪フェティバルホール

 葉加瀬太郎(vl) 柏木広樹(vc) 今野均(vl) 藤堂昌彦(vl)
 生野正樹(va) 西嶋徹(b) マチェック・ヤナス(p)

セットリスト
01  エトピリカ
02  シシリアンセレナーデ
03  ZERO HOUR
04  長崎夜曲
05  HANA 組曲「NIPPON」より
06  冷静と情熱のあいだ
07  Asian Roses
08  リベルタンゴ
(休憩)
09  新世界のフェスタ
10 History of the future
11 大地を繋ぐ樹の下で(柏木大樹)
12  WITH ONE WISH
13 前奏曲とアレグロ
14 トリッチトラッチポルカ
15  ハンガリー舞曲第5番
アンコール
16 情熱大陸
17 ひまわり

 舞台に葉加瀬太郎が登場して、3曲続けて演奏した。間にトークを入れて、楽しませてくれる。ハカセンスなどのコンサートグッズの紹介があった。タロスクというラスクを買った。

 休憩の後、 チェロの柏木広樹さんが「大地を繋ぐ樹の下」を演奏。音楽講座として、フリッツ・クライスラーについての紹介。パネルと写真を示しながら、神童ぶりや激動の人生を紹介した。恐妻家というのは自分に似ていると笑わせた。

 クライスラーの「前奏曲とアレグロ」は、川井郁子のアルバム「オーロラ」に収録されており、好きな曲である。ブラームスのハンガリー舞曲第5番で本編は終了した。

 予告されていたように、アンコールで情熱大陸が演奏された。お客さんは全員が立ちあがって、扇子を振るが、常連のお客さんが多く慣れたものである。今回の扇子は羽根がついていないが、前に購入した羽根のついた扇子を振る人も多かった。奏者が舞台に並び、ダンスを見せた。EXILEのまねなどで盛り上がった。この後に「ひまわり」が演奏されて3時間近いコンサートが幕となった。
by nori-126 | 2014-09-30 19:00 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

ぐるっと京都トレイル 2014 北山・西山大会 後半

 9月21日(日)京都トレイルの後半である。

 渓流沿いに落合まで歩くと、ここからは車道を六丁峠まで登る。林道を歩いて下ると、鳥居本にでてくる。ここは嵯峨野のはずれで、観光客が多い。大学生の頃に嵯峨野を訪れた時にこの辺りまで歩いてきたことを思い出す。その時に食事をしたと思われる藁葺きの家が今も残っている。

 近くでかき氷を食べて、観光客でにぎわう嵯峨野を歩いて行く。JR山陰線を越えて嵐山に着いて、渡月橋を渡った。この辺りは観光客が多く歩き難い。第2チェックポイントである阪急嵐山駅に着いた。

 少し休憩した後、松尾山への山道に入った。標高差200mくらいの登りだが、かなり歩いて来たのできつい。目の前で猿がゆっくりと道を横切った。ぐるりと頂上を回って、展望台から渡月橋がよく見えた。ここからは長い尾根を下る。下りた所の林道にゴールポイントがあった。

 3回に分けて京都トレイルを踏破したので、北山杉の盾をいただいた。30kmを歩くのは初めてのことだと思うが、何とか達成できた。途中で左足が一時的にひきつったようになった以外は、痛みもほとんどなく、疲れも前回程ではなかった。ゴールした後、阪急上桂駅まで10分くらい歩いた。今日の歩数計が54000歩を示していた。

 walkmeterの記録

 鳥居本 ↓
d0097373_0412435.jpg

 渡月橋 ↓
d0097373_0413213.jpg

 松尾山から渡月橋 ↓
d0097373_0413937.jpg

 ゴール ↓
d0097373_0414716.jpg

 完歩記念品 ↓
d0097373_0415473.jpg

by nori-126 | 2014-09-23 22:27 | 山歩き | Comments(2)

ぐるっと京都トレイル 2014秋 北山・西山大会 前半

 9月21日(日)、京都府山岳連盟主催のぐるっと京都トレイルに参加した。今年3月の東山コース、5月の比叡山コースに続いて3回目で、これで、京都一周トレイルを完歩したことになる。

 前日、京阪三条駅近くの京都花ホテルに泊まった。こじんまりとしたきれいなホテルである。京阪三条から出町柳駅まで行き、叡山電鉄に乗り換えた。車内は大会に参加する山行きの格好をした人達がほとんどである。

 ぐるっと京都トレイル 2014秋 北山・西山大会
 2014年9月21日(日)
 叡電「二ノ瀬駅」(6:20)-スタート地点(6:30)-向山(7:15)-氷室(9:10)-沢ノ池(10:40)-高尾(第1チェックポイント11:35)-清滝(13:00)-落合-六丁峠(13:45)-嵯峨野鳥居本(14:00)-嵐山渡月橋(14:55)-阪急嵐山駅(第2チェックポイント15:00-20)-松尾山(16:10)-ゴール(松尾林道17:10分)
 歩行距離 30km 歩数 49000歩

 二ノ瀬駅から山道に入るところでスタートの手続きをした。今日で踏破ですねと言われると、がんばろうという気になる。標高差200mの登りがあって、ペースを考えながらゆっくりと歩いた。夜泣峠から向山まではほぼ平坦である。山を下って賀茂川の上流にでたところに洛北発電所がある。

 ゆったりとした山道を歩いて、登ったところに氷室という集落があった。かって宮中に献上した氷を作っていた場所で神社がある。ここでペットボトルの水と参加賞の手袋をいただいた。ここから歩いて行くと、山の家はせがわという休憩所がある。大きなログハウスでアイスコーヒーを飲んだ。

 少し登り下りのある道を気持ちよく歩いて行くと、沢の池という大きな池にでた。短い休憩をして腹ごしらえをした。少し登った後は、ゆったりとした心地よい下りが続く。

 高尾白雲橋で車道に出て来た。少し北に高山寺があるが、寄っていく余裕がなかった。車の行きかう道を少し歩いて、川沿いの細い車道に入った。西明寺近くから神護寺の参道を通る。2年前の秋に紅葉を見に神護寺にお参りした時に通った道である。

 清滝川沿いに渓流を見ながら下って行ったが、岩場の道はすべらないように気を使う。この辺りでは、観光客の姿も見える。清滝の金鈴橋で北山コースが終わり、西山コースに入る。ここは愛宕山への登山口でもある。

 氷室神社 ↓
d0097373_0382180.jpg
 
 沢ノ池 ↓
d0097373_0382932.jpg

 神護寺への橋 ↓
d0097373_0383724.jpg

 清滝川の渓流 ↓
d0097373_0384567.jpg

by nori-126 | 2014-09-22 01:39 | 山歩き | Comments(0)

1万人の第九 淀屋橋Bの飲み会

 9月17日(水)、「ミス・サイゴン」を見た後で、淀屋橋の「まめだ」に行った。1万人の第九の淀屋橋B のレッスン後の飲み会に参加した。この日は合唱指導のKYHR先生とピアノ伴奏のYBK先生が来られることがFBで予告されていたので、参加者が19人と多かった。

 メンバーは常連のKBYSさん、THKさん、ONさん、MURさん、SHNさん、OHTさん、KMSRさんと息子さん、MSDさん、KMRさんに珍しくSTMRさん、今年は落選したWKBYSさん、それに若い女性が3人と新しいメンバーも入っている。

 K先生の指導を受けたことはないが、何回かお会いして顔を覚えてもらっている。バイオリンの話やミュージカルの話をしていた。
 
by nori-126 | 2014-09-19 03:18 | 1万人の第九 | Comments(0)

ミュージカル「ミス・サイゴン」 フェスティバルホール

 9月17日(水)ミュージカル「ミス・サイゴン」を見に行った。「レ・ミゼラブル」のコンビが作った大ヒット作だが、以前は名前を聴いた程度だった。 

 昨年、「4stars」の公演に初演の時にヒロインを演じたリア・サロンガが出演して、ミスサイゴンからの曲を歌った。リア・サロンガは今春のイル・ディーボの公演でもゲストで出演した。オリジナルキャストのCDを聴いて、いい曲があるのを知った。

 席は19列9番で、お客さんはほとんど若い人たちでわずかに年配の人もという感じである。

 「ミス・サイゴン」
 オリジナル製作 キャメロン・マッキントッシュ
 作 アラン・ブーブリル クロード・シェーンベルク
 キャスト エンジニア:筧利夫 キム:笹本玲奈 クリス:原田優一
       ジョン:上原理生 エレン:三森千愛 トゥイ:泉見洋平
       ジジ:池谷祐子

 ヘリコプターの音が入った序曲で幕が開くと、舞台はベトナム戦争中のサイゴンの繁華街である。派手な衣装の女性たちが、通りかかる米兵を誘っている。一旗上げることを夢見る店主のエンジニアは、キムを雇う。米兵のクリスがキムを見染めて、愛を誓う。曲は「我が心の夢 The movie in my mind」「神よ、何故?Why God Why」「Sun and Moon」

 クリスが帰国して3年経ち、サイゴンが陥落する。舞台の背後に大きな金のホーチミンの頭像がでて、共産軍の群舞がある。キムは元の婚約者のトゥイに我が子を殺されそうになり、トゥイを打ち殺してしまう。エンジニアと共にバンコクに逃れるところで一部の幕が閉まる。曲は「世界が終わる夜のように Last night of the world」(舞台でのサクソフォンの演奏で始まる)「生き延びたけりゃ If you want to die in bed」「命をあげよう I'd give my life for you」

 舞台の転換が速くて、繁華街やキムの自宅、さらには何もない広い舞台とあっという間に変わる。多くの人の動きと舞台装置の動きが緻密に計算されている。ヘリコプターの音やピストルの音、生演奏の音楽が雰囲気を盛り上げる。

 薄暗い舞台で白いアオザイを着たキムがライトに浮かび上がるようになっている。商売女たちの妖艶な衣装や仕草が猥雑な感じをだしており、そこで儲けようとするエンジニアの野望を浮かび上がらせる。

 第2部はストーリー的に平凡になるのではと思っていたら、ここに追想で、サイゴン陥落の場面を繰り入れた。アメリカ大使館の塀を越えて中に入ろうとする民衆と阻止する米兵の動き。やがてヘリコプターの音が響き、映像で軍用の大きなヘリコプターが舞い降りるのを映す。入り口に兵が入っていくようになっている。迫力があった。東京の帝劇では実物大のヘリコプターが使われたという。

 クリスの子を産んだキムをクリスが探しに来るが、キムはクリスに会いに行き、クリスの妻に会う。我が子の幸せを祈ってキムはクリス夫婦に託す。

 エンジニアが「American dream」を歌うところで、背景に自由の女神がでてきて、大きなアメ車が舞台にでてくる。ショーガールのダンスがあって、エンジニアのアメリカへの夢を表現している。それはサイゴンやバンコクの風景と余りに差がある。

 レミゼラブルやオペラ座の怪人に比べるとストーリーや舞台設定に派手さがないが、舞台転換の素晴らしさに感激した。集団でのダンスが組み込まれているのもよかった。歌われている歌詞が少し聞き取りにくい感じがした。エンジニア役の筧利夫は、休演した市村正親の代役だが、狂言回しとしてキャラがしっかりしている。ジョン役の上原理生に声の深みがあり、エレン役の三森千愛に気品があった。

 他のミュージカルと違って、ずいぶん前のことであるが、実際に起こったベトナム戦争を題材にしており、素直に面白かったいえない後味の悪さのようなものを感じた。アメリカと東南アジアの関係が現代の沖縄に通じるような問題を突きつけているようである。

d0097373_1904150.jpg

 
by nori-126 | 2014-09-19 03:16 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

日本センチュリ-響 セミナー「ビオラの魅力に迫る!」

 9月17日(水)、日本センチュリー交響楽団のカルチャースクールに参加した。サポーターを対象にしたセミナーで、服部緑地にあるセンチュリ-・オーケストラハウスで19人が参加した。

 テーマは「楽器紹介:ヴィオラの魅力に迫る」で日本センチュリー交響楽団のヴィオラ副首席増永雄記さんと飯田隆さんが自己紹介をされて、ヴィオラの特徴を説明された。バイオリンとの比較で、興味深いものがあった。

 ブラームスはヴィオラを重視したということで、交響曲第1番第4楽章の第1主題を最初にバイオリンで演奏されて、次にヴィオラの演奏を聞いて、最後に同時に演奏された。ヴィオラだけ聞くと、変な曲という感じだが、合奏すると何ともいえないハーモニーになる。

 同じくブラームスの4番第2楽章にはヴィオラが2パートに分かれて演奏するところがあり、それを実演された。最後にモーツアルトと同時代のシュターミッツ作曲の「デュオ」を二人で演奏された。

 ビオラのことについては昨年までは何も知らなかったが、バイオリンの先生がビオラを弾かれることや小学校の同級生がアマのオーケストラでビオラを弾いていることを知って身近に感じるようになった。今後、コンサートでビオラの音を注意して聴いてみようと思う。

 終わってから、お二人に話しかけた。増永さんは私の同級生の所属する近畿フィルハーモニーに指導に行かれたことがあるということだった。

d0097373_354019.jpg


 
by nori-126 | 2014-09-19 03:14 | クラシック音楽 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第34回 

 9月16日(火)、バイオリンのレッスンに行った。前回、△ということで、OKのでなかった課題である、王様ジョーは指の動きがうまくいかず、もう少し練習するように言われた。2指でE弦を押さえる時に、1指も押さえないと2指の音程が正確にならない。前回△だった「御許に近づかん」はOKがでた。

 前回新しく課題となった「春」という曲は〇がついた。強弱もうまく弾けているとほめてもらった。ポルタート奏法がセミレガートのようにスタカートにならないように言われた。「凱旋の歌」は、指の使い方の難しいところがあって、そこでは弓を十分使えない。これも△になってさらに練習するようにということだった。

 「思い出」は〇がついた。次回までの課題としては同じページのホ短調音階と「郷愁」だけとなった。残った課題が多いので、余り先に進まないことにする。

 練習が進むにつれて、いろいろと注意をされる。基本を今の内に覚えるようにということだろう。弦が変わると肘の入れ方を変える。高い弦で肘を入れたままにすると、左手の人差し指が浮いてしまう。指の付け根をネックに当てるように言われた。

 右手の手首を真っ直ぐにしたままだと弾き難い。弓の毛を少し斜めに弦に当てるようにすると手首が曲がるということである。どうしても弓の毛をべたっと弦につけようとする傾向がある。
by nori-126 | 2014-09-19 03:01 | バイオリンレッスン | Comments(0)

村野藤吾 やわらかな建築とインテリア 大阪歴史博物館

d0097373_1728143.jpg 9月15日(日)、大阪城公園に鳥を見に行った後で、すぐそばの大阪歴史博物館に村野藤吾展を見に行った。村野藤吾(1891-1984)は大阪を拠点に活躍した建築家で没後30年を記念するものである。

 現存している有名な建物が少なくて、梅田の吸気塔が知られているのは淋しい限りである。また、よく知られた新歌舞伎座は閉館されて取り壊される運命にある。

 会場には村野藤吾の多くの建築物が写真などで紹介されているが、現存しないものが多く、身近に見られるものが少ないのが残念である。インテリアにも取り組んでおり、家具が多く展示されていた。村野の設計した家具の独創的なデザインにやわらかさ、やさしさを感じた。

 

 

 
by nori-126 | 2014-09-16 17:03 | 美術展 | Comments(0)

信貴山朝護孫子寺 奈良県平群町

 9月14日(日)生駒縦走の時に信貴山朝護孫子寺にお参りした。

 朝護孫子寺は信貴山真言宗の総本山で、聖徳太子が創建して、毘沙門天を祀ったと言われている。その日が寅年、寅日、寅の刻というので、寅にゆかりのある神とされる。

 仁王門の前に赤いよだれかけを掛けた地蔵が並ぶ千体地蔵がある。室町時代から江戸時代のものという。仁王門を越えて参道を歩いて行くと、世界一大福寅という大きな虎の像がある。首が電動で動いている。写真でみたことがあるが、こんなに大きなものとは思わなかった。

  赤門を過ぎると山の斜面に所狭しと伽藍が並んでいる。本堂は赤い欄干の舞台からは奈良盆地を望むことができる。他に多宝塔、地蔵尊などがある。霊宝館には、国宝の信貴山縁起絵巻が収納されているが、本物の展示は秋の限られた期間だけである。

 信貴山の頂上には空鉢護法堂というお堂があり、お参りのために鳥居の並ぶ山道を歩いていく人達がある。

 千体地蔵  ↓
d0097373_1194365.jpg

 世界一大福寅  ↓
d0097373_1195521.jpg

 本堂  ↓
d0097373_120819.jpg

 本堂  ↓
d0097373_1202087.jpg

 本堂舞台 ↓
d0097373_1203697.jpg

 本堂から伽藍をみる ↓
d0097373_1204845.jpg

by nori-126 | 2014-09-16 01:01 | 歴史散歩 奈良 | Comments(2)

生駒山系縦走 第1回 信貴山下駅~信貴山~生駒山

 9月14日(日)、生駒山系縦走の第1回として、信貴山から生駒山まで歩いた。関西ハイキング2010という本に生駒縦走歩道が紹介されている。南の高安山から北の国見山までの36kmとなっている。本に示された縦走路は、尾根筋を歩かないルートもあるが、スカイライン沿いの尾根筋を歩くことにした。

生駒縦走 第1回 信貴山下駅~信貴山~生駒山 16km
近鉄信貴山駅(9:20)-信貴山朝護孫子寺(10:20-11:10)-
信貴山頂(11:30)-高安山(12:00)-十三峠(13:05)-鳴川峠(14:25)-
暗峠(15:00-15:25)-生駒山(16:05)-生駒ケーブル-生駒駅

 JR王子駅で近鉄に乗り換えて信貴山下駅で降りた。バスに乗らないで広い坂道を登っていった。そこから1983年に廃線になったケーブルカー跡のハイキング道を歩いた。真っ直ぐに道がついている。朝護孫子寺の参道を歩いていくと、旅館などが並んでいる。

 山の斜面に密集して多くの伽藍がある。本堂にお参りして、空鉢護法堂のある信貴山頂へ登った。ここには信貴山城跡の碑がある。ここから高安山へ向かった。広い道から細い道に入るところに見にくい標識があった。西信貴ケーブル駅と縦走路の分岐点について、縦走路に道をとった。

 やがて人一人が通れるくらいの細い道がスカイラインに沿って付けられている。スカイラインの展望台からは大阪の市内の高層ビルが並んでいるのが見える。さらに歩いて十三峠を越えて、鐘の鳴る展望台から鳴川峠を越えた。スカイラインの側にある歩道は上がったり下がったりするので疲れる。なるかわ園地から暗峠への道を歩いて行くと、峠の石の道標のところにでた。

 峠の茶屋すえひろで遅い昼食を取った。2年前の10月に、枚岡から奈良まで、奈良街道を歩いた時と同じ野菜カレーを食べた。相席した若い男性二人に話しかけた。一人は奈良街道を走ってきたということで、もう一人は花園から歩いてきたということだった。

 暗峠の石碑のところから細い道を生駒に向けて歩いた。木々に囲まれた暗い道で、登りになるので最後のふんばりである。スカイラインの展望台からは、大阪と奈良盆地が見える。やがて生駒山の山頂遊園にでた。家族連れでにぎわっている。テレビ塔が並んでいて壮観である。

 ケーブルの駅に着いて生駒駅まで下りた。ケーブルの車両には動物の顔が立体的に描かれている。

 walkmeterの記録

 ケーブル跡のハイキング道  ↓
d0097373_2159910.jpg

 信貴山城跡  ↓
d0097373_21594014.jpg

 大阪市内遠望 ↓
d0097373_2205581.jpg

 鳴川峠  ↓
d0097373_2214790.jpg

 暗峠 ↓
d0097373_222469.jpg

 生駒山頂  ↓
d0097373_2221748.jpg

 ケーブルカー ↓
d0097373_2284320.jpg

by nori-126 | 2014-09-15 12:04 | 山歩き | Comments(0)