感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

LA FENICE 第6回演奏会 兵庫芸文大ホール

d0097373_1512967.jpg 1月30日(土)、LA FENICEのコンサートに行った。兵庫芸文の大ホールのホワイエで、KMSRさんとAKRさんにあった。

 自由席なので、通路すぐ後の右寄りの席でKMSRさんの隣の席に座った。同じ列の中央辺りに、LA FENICEを5年間指導しておられた、小玉晃先生がおられて、あいさつをした。

 LA FENICE の公演を聴くのは、昨年8月の大阪NHKホールでのブラームス「ドイツレクイエム」以来で2回目である。

 

 ピアノ伴奏の辻本先生、以前からの知り合いであるMURさん、1万人の第九の森之宮6クラスで知り合ったKTOKさん、KTMRさんが参加しておられる。

 会場で、1万人の第九の知り合いYMDさん、門真の第九で一緒だったKDさんがおられてあいさつした。

LA FENICE 第6回演奏会 スペシャル企画
いのち いのち
2016.1.30(土)午後2時
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール
指揮 西牧潤 ピアノ 辻本圭・前田裕佳

第一部 混声合唱組曲 「水のいのち」 作詞 高野喜久雄 作曲 高田三郎
第二部 スペシャルステージ 女の愛し方、男の愛され方
第三部 混声合唱組曲「いのちのうた」 作詞 ごとうやすゆき 作曲 横山智昭

 舞台中央にグランドピアノが置かれて、80人余りの合唱団が4段に並んだ。第1部は有名な曲とのことだが、知らなかった。雨、水たまりから川、海へと水のいのちのめぐるさまを表現している。ハーモニーの素晴らしさに感動を覚えた。

 第2部はオムニバスで、なごり雪、麦畑、草原情歌などが演奏された。様々なアレンジがあって楽しめた。

 第3部は、2012年に女声合唱として生まれた曲が、2015年に混声合唱にリメイクされた。5曲からなる。途中で8人の男女がダンスを踊られた中に、MURさん、KTMRさんがおられた。

 レベルの高い合唱を聴くと心豊かな気分になれる。自分でも歌ってみたいという思いがつのる。
by nori-126 | 2016-01-30 18:55 | クラシック音楽 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 ヴォイストレーニング 第2回 

 1月27日(水)、夕方から小玉晃の音楽学校のレッスンがあった。前回の発声についてのおさらいがあった。さらにいろいろな母音で歌ってみた。先生のアドバイスを聞くと、頭で音が響くのが感じられる。自分ではいい声に聞こえるが、果たしてどうだろうか?

 1回目のレッスンの後にFBに載せたら、それをみて、一万人の第九の仲間のKMRさんとSKGCさんが新たに参加された。二人の隣で歌っていると、いい声が響いてくる。知り合いといっても隣同士で歌う機会はそうあるものではない。

 終わった後で、1回目から参加のKMSRさん、YMSTさん、彼女の知り合いで初めてお会いしたKKMZさんの6人で、クリスタ長堀の「ほっとけや」で鍋を囲んだ。
by nori-126 | 2016-01-29 18:30 | 合唱 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第66回

 1月26日(火)、バイオリンレッスンに行った。右手弓の練習の6、7は移弦がなんとかできた。スラーの移弦もOKということで、8,9が課題になった。スラーとスラーのないのが交互にくるとか、八分音符と四分音符の組み合わせで、弓の使う範囲が難しい。

 左手指の練習の5は、第4指の使い方が難しい。第1指、第2指を立てるようにということだが、親指で握り過ぎるようである。手首も曲げないように言われた。弾きやすいように手を添える必要がある。引き続き練習することになった。

 ハ長調音階は、音が飛躍するのがきちんと押さえられなくて、スラーを弾くどころではない。もっと練習をするように言われた。

 驚愕シンフォニーはかなり弾けるようになっているが、音がきちんと取れていない。第1指が低くなるので、2指、3指も低くなる。音を聴いて正しい位置を押さえるようにと指摘された。
by nori-126 | 2016-01-29 18:21 | バイオリンレッスン | Comments(0)

文楽初春公演 第2部 国姓爺合戦 国立文楽劇場

 1月23日(土)、文楽第2部を見に行った。国姓爺合戦の通しで、近松門左衛門の有名な時代物である。教科書で習ったことがあるが、見るのは初めてである。

 中国・大明皇帝の元に、韃靼王より妃を申し受けたいという申し出があり、妹の栴檀皇女を娶らせようとする。皇女は船で沖へと逃げる。日本の平戸に流れ着き、和藤内と元は大明国の旧臣の父老一官は、祖国再興のために唐へ渡る。

 和藤内と両親は、老一官の娘の夫である甘輝の居城へ行き、助太刀を頼む。妻の縁で味方するのではないと、妻を殺そうとする。それをかばう和藤内の母。スケールの大きな話の中に孝や忠という義理人情がからむ。

 国姓爺合戦
 大明御殿の段
  亘大夫、小住大夫、咲寿大夫/清允 他
  清五郎(大明皇帝)、文昇(栴檀皇女)、幸助(和藤内)、一輔(小むつ)、
  玉輝(老一官)、勘壽(老一官妻)、勘十郎(錦祥女)、玉男(甘輝)

 小住大夫の声につやがあった。亘大夫はやや軽い感じの声である。

 大明殿奥殿の段
  松香大夫/清友

 芦辺の段
  始大夫/團吾
  始大夫は大きな声がよく響いていた。

 平戸浜伝いより唐土船の段
  芳穂大夫、希大夫、文字栄大夫、南都大夫、咲寿大夫/清志郎他
 
 和藤内と妻が貝を拾い、貝尽くしで少し色っぽいやり取りがある楽しい場面である。シギとハマグリの争いを見て、戦術を思いつくところも面白い。おかしな節の中国語がでてくるのも笑いを呼ぶ。現代なら中国語でないとわかるは当時はどうだったのだろうか?

 芳穂大夫の明るいよく通る声が朗々と響いた。咲寿大夫は女性の声に艶がある。文字大夫は少し声がでにくそうだったが。

 千里が竹虎狩りの段
 小住大夫/錦吾 三輪大夫/喜一朗

 虎の着ぐるみがでてきて面白い動きをする。観客の方へ向かって構えてみたり、三輪大夫の席まで行って、扇子で頭をたたかれていた。三輪大夫は母の声に艶が感じられた。

 楼門の段
 咲甫大夫/清介

 咲甫大夫の高い声が朗々と響き、よく通る。長く引っ張るところも息が続いていた。

 甘輝館の段
 千歳大夫/冨助

 三味線の力強い音で始まる。千歳大夫は抑え気味でしっとりと語った。少し大げさな顔の表情は見られたが。

 紅流しより獅子が城の段
 文字久大夫/藤蔵

 文字久大夫は低い声でしっとりと語った。ここでは、忠や孝といった人情が表にでてくる。スケールの大きな歴史物語だけでない魅力がある。

 嶋大夫の引退で、切場語りは咲大夫一人になる。第2部は切場語りがいない。誰が次の切場語りになるのだろうかという興味で、つい、大夫さんの語りが気になる。

 時代物では、豪快な男性の人形としとやかな女性の人形の遣い方も見どころである。和藤内は月の後半を担当する幸助さんだったが、力強い動きがよかった。勘十郎さんの甘輝の妻の動きも興味深かった。

d0097373_2236629.jpg

by nori-126 | 2016-01-24 00:53 | 文楽 | Comments(0)

METライブヴューイング 「ルル」

 1月20日(水)、METライブビューイングを見に行った。

METライブビューイング 2015-2016 第4作
ベルク「ルル」 新演出 ドイツ語
上映時間:3時間54分(休憩2回)  MET上演日 2015年11月21日

指揮:ローター・ケーニクス 演出:ウィリアム・ケントリッジ
出演:マルリース・ペーターセン(ルル)
    スーザン・グラハム(ゲシュヴィッツ伯爵令嬢)
    ヨハン・ロイター(シェ-ン博士/切裂きジャック)
    フランツ・グルントヘーバー(シゴルヒ)
    ダニエル・ブレンナ(アルヴァ)
    ポール・グローヴス(画家)
    マルティン・ヴィンクラー(力技師)
 
 いろいろな意味で斬新であり、今までにみたオペラとは全く異なる。何よりも音楽が、12音技法なので、メロディが感じられない。歌手はどうしてそんな歌を覚えられるのだろうかと不思議に思う。ただ、ずっと聞いていると少し慣れてきて、メロディを感じられたが。

 舞台は、プロジェクションマッピングを多用して、舞台奥全面に映像が投影されるので、舞台装置がどうなっているかわからないくらいである。映像は、イラストやコミック風で、説明の文字が入ることもある。登場人物が、頭に紙の筒を被ったり、紙を衣装に着けていたり、大きな手袋をつけたりする。

 舞台の端にピアノが置いてあり、そこに女性がずっといて、様々な姿勢で動いている。主人公の心の動きを表しているのだろうか?

 ルル役のマルリース・ペーターセンは、この役を得意としているが、今回は最後のルル役ということである。初めてMETライブビューイングを見たのが、1昨年の「フィガロの結婚」だったが、その時のスザンナ役がペテルセンだった。歌唱力があって、演技力もある。
by nori-126 | 2016-01-21 00:04 | オペラ | Comments(0)

門真の第九 本番 ルミエールホール

d0097373_2317568.jpg 1月17日(日)、門真の第九の本番の日。ルミエールホールに11時過ぎに集合して、ホワイエでストレッチ、発声練習、そして第九を少し歌った。

 舞台に入場して、ゲネプロがあった。指揮のスピードの変化に合唱団も慣れて大きなずれはなかった。

 ソリストの清水徹太郎、田中勉さんが初めて登場して、さすがによく通る声である。お二人は5年前に参加した堺の第九でもソリストだった。

 休憩になって、レセプションホールで、知り合いの人達と昼食を取った。


 2時半頃からレセプションホールに集まって、直前の歌のおさらいをした。皆が輪になって出陣の気合いを入れる。階段を地下に下りて舞台の上手で待機した。

 開演のブザーが鳴って合唱団が入場した。お客さんは8割くらいの入りだろうか?オーケストラが入場して第九の第4楽章が始まった。気持ちよく歌えて、終わるころにはうまくいってよかったという気持ちと、こんなに多くの人が来てくれているのだと少し感銘を受けた。

 終わってからレセプションホールで懇親会があった。実行委員の皆さんが本当に頑張ってくれた。前回の市が主催するコンサートではなく、手作りのコンサートは多くの困難があったと思う。大きな成功に終わったことを喜びたい。

 最後にMと最終のところを歌ってお開きとなった。居酒屋に実行委員の皆さんや知り会いが集まって居酒屋で二次会をした。

 今回の合唱に参加したのは、ソプラノのYMGCさんとお姉さんのYKYMさん、アルトのKMSRさん、テノールのTMGW、TARM、MUR、SDUさん、バスのON、KBYS、SK、THK、MNKさんである。
by nori-126 | 2016-01-18 13:26 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

門真の第九 リハーサル

 1月16日(土)、門真の第九のリハーサルがあった。2時半にルミエールホールのホワイエに集合して、ストレッチ、発声練習と少し歌ってみた。並び順が確定して、私は5列目の真ん中なので、上手から最初に入る役割になった。舞台上手の袖でまっていて、下手のTRMさんと合図をして入場した。

 足元にシールが貼ってあるので立ち位置がわかりやすい。前に人と半分づつずれて立つようになっているので、指揮が見やすい。100人近い人が参加して、これなら十分な人数になったと安心した。ONさんは今日初めて参加された。

 オーケストラが第4楽章の始めから演奏した。歌い出すと、今までと違って、舞台奥や天井に反響板が張られているので音がよく反響する。vor Gott の遅くなるところをやりなおした。早く飛び出して歌う人はいなかった。Ihr sturzt の3拍子も注意されたが、なんとかまとまっているように聞こえた。

 次に会合が待っていたので、明日の注意等を聞かないで帰った。
by nori-126 | 2016-01-17 09:49 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 ヴォイストレーニング 第1回 よしゅうホール

d0097373_253440.jpg 1月13日(水)、小玉晃の音楽学校のヴォイストレーニングのクラスを受講した。1万人の第九の合唱指導者で、ソリストとしても活躍されている小玉晃先生が、以前から神戸で開講されていた講習会が、1月から京都と大阪でも開講されることになった。

 小玉先生は、前に堺の第九でコンサートを聞いたことがあるし、芸文のドイツ歌曲のコンサートも聞いた。La Fenice 合唱団の発表会の時に、CDを買ってサインをしていただいた。昨年の1万人の第九は、先生のレッスンが受けられと思っていたら、別のクラスに移られてしまった。


 松屋町近くのよしゅうホールで、ヴォイストレーニングとドイツ歌曲のコースが設けられた。ヴォイストレーニングのコースに申し込んだ。ピアノのある部屋で、発声について教えてもらった。立つ姿勢から、声を出すときの注意まで、先生が指導されると皆の声がよくなる。私と隣の男性の声をいいねと褒めてもらえてうれしかった。

 最後に日本語の歌を歌って1時間のレッスンが終わった。第九の知り合いのKMSRさんがおられて、知り合いで門真の第九にも参加されているYMSTさんに紹介してもらった。参加者はある程度歌ったことのある経験者が多いようである。終わってから3人で、クリスタ長堀の居酒屋で飲んだ。
by nori-126 | 2016-01-14 16:52 | 合唱 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第65回

 1月12日(火)、バイオリンレッスンに行った。右手弓の練習の5番は弾くことはできるが、手首の動きがスムースにいかない。E弦からA弦に移るときに、右肘を下げるように言われた。手首だけ動かすと他の弦を触るということだった。6番と7番が新たに課題になった。

 左手指の練習は、4番を弾いたが、A弦で1指と2指をつけるのが難しくて離れてしまう。指を立てていないからだといわれた。指をコの字の形にして垂直に押さえるようにするとのことである。5番が新たな課題になった。A弦を使って4指でミを押さえて、さらにその指でファを弾くようになっている。ミの時は指を立てて、ファで指を寝かせるというやり方である。音の長さを意識して弾くように言われた。感覚だけでなく、イチトオ、ニイトオと数えないといけない。

 ハ長調の音階の練習は、スラーが難しい。全弓を使うように言われたが、押さえるところに気を取られると弓が動かない。まだまだ練習が足りないと実感した。基礎練習はどうしてもおろそかになる。

 驚愕シンフォニーは、うまくなっているといわれたが、音がずれるところがある。第1指が高すぎる、2指が1指と離れて高くなる等を指摘された。先生と2重奏をしてみたが、まだうまく行かない。OKがでなかった。
by nori-126 | 2016-01-13 11:20 | バイオリンレッスン | Comments(0)

門真の第九 第8回 オケ合わせ

 1月10日(日)、門真の第九のレッスンがルミエールホールであった。第12回目のレッスンで参加は8回目である。11時からホワイエで最初からおさらいをして、舞台に上がる。初めてオーケストラが参加して、オケ合わせである。

 ピアノの伴奏で歌うのと、オーケストラで歌うのと、どのように違うかということが気になっていたが、歌い安かった。舞台に上がった時には、ピアノの音が聞こえにくかったことも歌いにくかった原因であろう。

 指揮者の意図がオーケストラに伝わり、テンポが早くなったり、遅くなるのがわかりやすかった。問題が二つあった。一つは遅くなる時に早く歌いだしてしまうことである。327のvor Gott と伸ばすところで、バスの何人かが次のvorをワンテンポ早く歌った。歌いだしのずれは一番目立つ。

 もう一つは、Tocher aus Elysium で、急に遅くなるが、terを歌い出すタイミングが難しい。ここは3拍子になるので、1,2,3と振られるが、そのどこで歌いだすのかわかりにくい。楽譜では2.5拍目にterを歌うことになるが。

 次回は前日リハである。二つの問題がうまくクリアできるだろうか?
by nori-126 | 2016-01-10 23:32 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)