感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

生命大躍進 大阪市立自然史博物館

 4月26日(火)、昼に生命大躍進展を見に行った。昨年9月に東京上野の国立博物館で開催されたのを見に行ったが、家族連れなどで人が一杯で、ゆっくりとみられなかった。平日なら人が少ないと思って出かけた.

 行く前に地下鉄長居駅近くでハンバーグを食べた。店内に60年代の曲が流れていてなつかしかった。「恋のパームスプリング」なんて曲は涙がでそうなくらい懐かしい。

 特別展 脊椎動物のたどった道
 生命大躍進
 2016.4.16-6.19
 大阪市立自然史博物館

 長居公園はいい天気で、人が散歩などしていた。会場は人がほとんどいないくらいでゆっくりとみられた。細かい標本は近くで見られた。ただ、東京では実物だったウミサソリ、ジュラマイア、イーダは大阪では複製標本だった。アノマロカリスとピカイアは実物化石だった。

 改めて生命進化の不思議を思う。一つは何十億年も前に発生した生命が、連綿として続いている不思議である。祖先が途中で子孫を残さずに死んでしまうと今の生命は存在していないことになる。

 もう一つは、人類という高度な生命に進化してきた不思議である。生命の大量絶滅という自然現象や、様々な機能の進化で人類が誕生したのは、奇跡としか思えない。同じことが他の星で起こり得るとは思えないくらいである。

d0097373_4362759.jpg

 アノマロカリス ↓
d0097373_4364142.jpg


 
by nori-126 | 2016-04-27 13:00 | 美術展 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第72回

 4月25日(日)、バイオリンレッスンに行った。前からの課題である右手弓の練習は、9,10に〇がついて、11に進んだ。八分音符がA弦とE弦を交互する。肘を余り動かさないで、手首を使うようにと言われた。左手指の練習は、5に〇がついて6に進んだ。

 ト長調の音階はかなりうまくなったといわれたが、指の動きがうまくいかない。指を残しておいて他の弦を押さえないと不安定になる。また、無理に指を残そうとすると押さえにくい時もある。効率的な指の動きを考えながら弾かなくてはならない。

 発表会に弾くメヌエットをゆっくりと弾いてみる。3指の音程が安定しないことを指摘された。押さえる位置に印をつけてみるように言われたので、帰ってから印をつけた。3拍子なので、1拍目を強く弾くように言われた。前半はfやmfを強く弾いて、後半のpはそれほど弱くしなくてよいということだった。弓が寝すぎることを指摘された。意識して寝かしているかもしれない。あまり寝かせると木が弦に当たる時がある。
by nori-126 | 2016-04-26 10:40 | バイオリンレッスン | Comments(0)

文楽四月公演 妹背山婦女庭訓 第1部 国立文楽劇場

 4月24日(日)、文楽を見に行った。千秋楽にやっと、第1部を見ることができた。6年前に同じ妹背山女庭訓の通し狂言があったときに、1部だけ見た。この時の妹山背山の段では、背山の床に住大夫、妹山の床に綱大夫が座って掛け合いで語った。文楽を見て日が浅かったので、その良さがよくわかっていなかったが、今では望むべきもない豪華な舞台であった。

 今月は英大夫が第2部で咲太夫が休演なので、第1部は将来を担う若手の出演である。妹山背山の段を語る千歳大夫、文字久大夫、呂勢大夫、咲甫大夫の今後の活躍が期待される。

初段  小松原の段 蝦夷子館の段
二段目 猿沢池の段 
三段目 太宰館の段 妹山背山の段

 なんといっても、妹山背山の段が見ものである。川を挟んで上手と下手に同じような屋敷を配して、恋を成就できずに死んでいく若い二人が哀れである。それを見送る親の悲しみも身に染みる。床を左右に配して、大夫が語るという工夫もいい。通しでないとまず見られない段で、次はいつみられるだろうか?

d0097373_341859.jpg
 
by nori-126 | 2016-04-25 03:05 | 文楽 | Comments(0)

文楽4月公演 妹背山女庭訓 第2部 国立文楽劇場

 4月23日(土)、文楽を見に行った。今月は通し狂言「妹背山女庭訓」で、千秋楽の前日にやっと見ることができた。5年前の4月にも同じ通し狂言があったが、1部しか見られなかった。席は8列34番だった。

 ロビーに演目にちなんで大神神社の杉玉が置かれていた。

 3月に人間国宝の人形遣い吉田文雀が引退した。引退興行なしということで淋しい限りである。今月は咲太夫が休演で、若い太夫のがんばりが期待される。

 二段目 鹿殺しの段 掛乞の段 万歳の段 芝六忠義の段
 四段目 杉酒屋の段 道行恋苧環  七上使の段 姫戻りの段 金殿の段

 金殿の段だけは通しでない時に見たことがあるが、他は文楽でみるのは初めてである。

d0097373_326573.jpg

 大神神社の杉玉 ↓
d0097373_3262577.jpg


 
by nori-126 | 2016-04-25 02:54 | 文楽 | Comments(0)

井山裕太七冠独占

 4月20日(水)、囲碁の井山裕太六冠が、挑戦中の十段戦で勝って、通算3勝1敗で獲得して、現タイトル7つを独占して、囲碁史上初めての七冠となった。

 東大阪出身の井山さんは、小学生の時から石井邦生九段に師事して、数多くの記録を打ち立ててきた。石井先生には、十年間近く、月に1-2回のペースで指導碁を打ってもらったが、有望な小学生を教えているという話を聞いたのを覚えている。

 井山さんが初めての大きなタイトルである名人を獲得した時には、日本棋院関西総本部からトップレベルの棋士が誕生したことを喜んだ。ホテルで行われた祝宴に参加した。その後、次々とタイトルを獲得して、6冠になって7冠独占が期待されたが、二つのタイトルを失って、4冠に後退した。さすがに7冠は無理かと思ったら、昨年は4つのタイトルを防衛して、2つのタイトルを奪い、6冠に復帰した。その間、タイトル戦というトップレベルの戦いに   連勝するという

 最後のタイトルである十段戦の挑戦者になって、7冠への期待が高まった。3勝勝てばいいというタイトル戦で2勝してあと1勝に迫った14日、1敗して持ち越されていたが、20日に完勝という形で勝利して7冠独占を達成した。

 この日の棋譜を見ていると、序盤でかなり優勢に立ったように思われた。白番の伊田十段が攻め合いに持っていこうとしても、適格に対応してすきを与えない。棋力の弱い私でも、これは井山さんが勝つなと感じたくらいの圧勝だった。
by nori-126 | 2016-04-23 02:08 | 囲碁 | Comments(0)

IL DIVO Tour 2016 名古屋市 日本ガイシホール 

 4月20(水)、IL DIVOのコンサートに行った。大阪でも公演があったが、仕事の都合で行けずに、名古屋での公演のチケットを取った。IL DIVOの公演は3回目になる。

 コンサートに行く前に、熱田駅で降りて、熱田神宮の中を歩いて反対側にある「あつた蓬莱軒」で、ひつまぶしを食べた。ここに来るのは3回目である。

 時間がなくてタクシーで会場まで行った。会場は大きなホールで中に入ると、煙でもやっていた。ライトの効果を上げるためと思われた。アリーナの椅子の32列48番に座った。

 新しいアルバムからのタンゴの曲を中心に演奏された。男女5組のダンサーの踊りを組み合わせて、情熱的な雰囲気が醸し出された。目で見る風景で、曲のイメージが盛り上がる。

 4人がそれぞれ、ソロで歌ったのも新しい試みであろう。デビッドの誰も寝てはならぬは本格的なオペラの歌い方で、マイクを通してではあるが、観客にとっても新鮮だったと思われる。

 舞台に設置した多くのライトが、観客に向かって光を放つという演出も含めて、今までになく、ビジュアルでの楽しみが大きいコンサートだった。日本語でのMCがやや長いのが少し困惑するが。

IL DIVO Amor&Pasion Tour 2016
2016.4.20(水)7pm
名古屋 笠寺 日本ガイシホール

第1部
1. 序曲
2. ベサメ・ムーチョ
3.ドント・ウォナ・ルーズ・ユー
4.故郷
5.遠く離れていても
6.抱きしめて
7.キエン・セラ
8.カルーソー
9.君こそわが心のすべて(ソロ ウルス)
10.アルゼンチンよ、泣かないで
11.かつて愛した人へ
12. ハレルヤ
13.ニューヨーク・ニューヨーク (ソロ カルロス)
14.マイ・ウェイ

第2部
15.キサス・キサス・キサス
16. 首の差で
17.帰郷
18.リアリー・ラヴド・ア・ウーマン (ギター ウルス セブ)
19.イザベル
20.愛の讃歌 (ソロ セブ)
21.愛なき人生
22.メドレー エヴリタイム・アイ・ルック・アット・ユー MAMA  パセラ
23. サムホエア
24.誰も寝てはならぬ (ソロ デビッド)
25.レグレサ・ア・ミ
アンコール
26.喜びのシンフォニー
27.タイム・トゥ・セイ・グッバイ

d0097373_39214.jpg

 蓬莱軒 ひつまぶし ↓
d0097373_393552.jpg

 
by nori-126 | 2016-04-21 10:36 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

モネ展 京都市美術館

 4月20日(水)、ルノワール展と同時に開催されているモネ展に行った。入口が別で、入場料が二重に要る。ほとんどの人が両方とも見るだろうが、内容からいうと金を返して欲しいという心境である。目玉でポスターにもなっている「印象、日の出」が3月21日までの限定展示で見られなかったので、余計にがっかりである。

 マルモッタン・モネ美術館所蔵
 モネ展
 2016.3.1~5.8
 京都市美術館

 家族の肖像
  モネの描いた家族の肖像やルノワールの描いたモネやモネ夫人の肖像画が展示されている。
 若き日のモネ
  鉛筆で紙に書いたデッサンがほとんどである。
 収集家としてのモネ
  ドラクロワ、ブーダン、ピサロ、ルノワール、シニャックらの水彩画、彫刻などが展示されている。
 モチーフの狩人
  風景画が展示されている。
 睡蓮と花ージヴェルニーの庭
  有名なシリーズである睡蓮の絵が展示されているが、風景よりも水面を描いたものが多い。
 最晩年の作品
  76歳からのしだれ柳や睡蓮の絵は、抽象画のように様々な絵具の色が踊っている。形が何かということもわかりにくい。今までに展示されることの少ない作品だと思う。
 
by nori-126 | 2016-04-21 10:35 | 美術展 | Comments(0)

ルノワール展 京都市美術館

 4月20日(水)、京都市美術館のルノワール展に行った。各地でルノワール展が行われているが、日本ではルノワールは人気がある。ルノワールと銘打てば人が入るというのもあるのだろう。

光紡ぐ肌の ルノワール展
2016.3.19~6.5
京都市美術館

 女性やこどもの肖像画が多い。浴女や裸婦の絵もかなりあって、ルノワール特有の肌の色を満喫することはできる。それが光紡ぐ肌というタイトルにもなっている。

 初来日である「昼食後」という絵が目玉ということになる。モデルとなる人達の説明がされたいた。

d0097373_254816.jpg


 
by nori-126 | 2016-04-21 10:32 | 美術展 | Comments(0)

カンツォーネの会 リストランテ・アルベルゴ・セコンド

 4月17日(日)、カンツォーネの会に行った。3月にワインの会で行った、香櫨園のリストランテ・アルベルゴ・セコンドで毎月行われているカンツォーネの会に、第九仲間のYMSTさんからお誘いいただいた。

 妻の誕生日が2日後であることから、誕生日祝いをしようとふと思いついて、妻も誘った。私の父の介護で、苦労をかけた妻に、父が施設に入所して一段落ついたので、お礼の意味もある。

 YMSTさんと3人でテーブルについて、イタリア料理のフルコースを楽しんだ。角地先生のカンツォーネは、声がよく響いて明るい。声の質がカンツォーネに合っている。

 曲は、カンツォーネの他に、オペラ座の怪人やラ・ボエームからの曲、慕情、トウナイト、ヴァイオリンでチャルダッシュとリベルタンゴなどを聴いた。

 デザートの時に、YMSTさんが用意してくれたケーキが出されて、角地先生がイタリア語でハッピーバースディを歌われた。そして皆が英語で歌った。サプライズのお誕生日祝いを妻は喜んでくれたようでよかった。

 妻はYMSTさんと初めて会ったにもかかわらず、会話がはずんだのもうれしかった。
by nori-126 | 2016-04-18 17:26 | クラシック音楽 | Comments(0)

諏訪内晶子 ヴァイオリンリサイタル ザ・シンフォニーホール

 4月16日(土)、諏訪内晶子さんのコンサートに行った。ソロのコンサートに行くことはほとんどなくて、バイオリンのソロコンサートは初めてだった。席はI 列14番で、通路のすぐ前の真ん中でいい席だった。同業のNKJMさんに会って休憩中や帰り道に話をした。

諏訪内晶子 ヴァイオリン・リサイタル
ピアノ エンリコ・バーチェ
2016・4・16 2:00pm
ザ・シンフォニーホール 

モーツアルト ヴァイオリン・ソナタ イ長調 K.305
グリーグ ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 作品45
武満徹 悲歌(エレジー)
フランク ヴァイオリン・ソナタ イ長調

 モーツアルトのソナタは、二つの楽章からなるが、第1楽章はモーツアルトらしいメロディが感じられなかった。第2楽章はモーツアルトらしい旋律が感じられた。

 グリーグのソナタは、抒情的な曲だった。ヴァイオリンの躍動する音を楽しめた。武満徹の曲は、様々なヴァイオリンの音が楽しめた。どうしていろいろな音が出せるのだろうと不思議である。

 フランクのソナタは有名な曲で、CDも持っているし、前に奥幸代先生が、コンサートでビオラで弾かれたのを聴いたことがある。何とも言えないメロディの美しさに感動を覚える。

 アンコールは2曲、ラフマニノフのヴォカリーズは、歌詞のない歌曲だが、昨年の1万人の第九でも、チェロの石坂団十郎がチェロで弾いた。
by nori-126 | 2016-04-17 16:45 | クラシック音楽 | Comments(0)