感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ローマ・イタリア歌劇団「ラ・ボエーム」フェスティバルホール

 6月25日(土)、フェスティバルホールでラ・ボエームを見た。ラ・ボエームは有名なオペラで、METライブビューイングのグリゴーロとオポライス、ザルツブルグ音楽祭のネトレプコの映像を見たことがあるが、生の舞台でみるのは初めてである。席は1階8列19番と近い所で見られた。

 入り口で一万人の第九の合唱指導者であるKYHR先生を見かけて声をかけた。先生からどこかの合唱団に所属しているのかと聞かれたが、第九しか歌っていないと答えるのがつらかった。やはり、合唱団に入らないと合唱をしていると胸を張っていえない。

 休憩時間に同業のISZKさんにお会いした。また、同じく同業のSNご夫妻に会って、話をした。

ローマ・イタリア歌劇団
プッチーニ 「ラ・ボエーム」
2016.6.25
フェスティバルホール
指揮 カルロ・パッレスキ 演出 ジョルジョ・ボンジョヴァンニ

ミミ カルメラ・レミージョ
ロドルフォ ジュゼッペ・ディステファノ
ムゼッタ サブリナ・コルテーゼ
マルチェッロ ロドリゴ・エステヴェス
ショナール トンマーゾ・バレア
コッリオーネ エウジェニオ・ディ・リエ-ト

 第1幕の舞台が、天井の高い部屋なのが少し違和感があった。貧乏な若い芸術家達が住む部屋としては広すぎる感じがする。暖を取るために、小さなコンロのようなものが使われた。

 第2幕はレストランで、人が集まってにぎやかな感じがよく出ていた。芦屋少年少女合唱団の子ども達が花を添えた。この年齢でこういう舞台に立てるというのは、いい経験になるだろう。

 よく知られた曲があり、若い芸術家とお針子の悲恋は、これぞオペラという醍醐味を味わえる。舞台装置もしっかりした作りで充実していた。
 
d0097373_2454158.jpg

by nori-126 | 2016-06-26 02:11 | オペラ | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 4月期 ヴォイストレーニング 第6回

 6月23日(水)、小玉晃先生の音楽学校のヴォイストレーニングのレッスンを受けた。4月期の第6回目で最終回である。いつものように発声練習をした。母音を口の形を余りかえないで、舌の動きだけで出すようにする。かやの木山を歌った。

 音楽学校の7月期は、木曜日が中心になっている。仕事の都合で、ヴォイストレーニングには出られないが、その後のドイツの歌なら参加できる。ドイツの歌のレッスンを申し込んだ。

 終わってから、KMSRさんとSKGCさんと堺筋本町駅近くの Beer Hop へ行った。一万人の第九に参加している知り合いが集まるところで、前から一度行ってみたいと思っていた。マスターは酒や料理についての造詣が深く、気さくな感じである。共通して知っている合唱指導者やピアニスト、それに一万人の第九の参加者の話をしていると、ずっと前からの知り合いのような気がしてくる。
by nori-126 | 2016-06-23 02:01 | 合唱 | Comments(0)

兵庫芸文 第89回定演

 6月18日(土)、芸文の定演に行った。その前に大国町駅近くで行われたチャリティーコンサートに行った。フルートの演奏や歌があったが、La Feniceで活躍のNKTさんの枕草子を現代語で歌われたのがよかった。日本語にうまく合った曲調で、ソプラノの声がきれいに響いた。

 時間がなくて、MTOKさんやSBさんやFJIさんの歌は聞けなかったのは残念だったが、こうしてソロを歌う機会があるというのは羨ましい。

兵庫芸術文化センター管弦楽団第89回定期演奏会
2016.6.18
指揮 ダニエーレ・ルスティオーニ ヴァイオリン 川久保賜紀

ロッシーニ 歌劇「泥棒かささぎ」序曲
コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲ニ長調
ドヴォルザーク 交響曲 第8番 ト長調

 コルンゴルトの協奏曲は初めて聴くが、わかりやすい曲だった。初めて聞いても馴染めた。

 ドヴォルザークの8番は、好きな曲である。有名な新世界よりもよくできていると思う。

 終わってから、高校の同級生であるTKNK君に会った。今日が今シーズンの最終回で、彼は来シーズンはチケットを取っていないようである。
 

 
by nori-126 | 2016-06-19 19:01 | クラシック音楽 | Comments(0)

小玉晃先生の音楽学校 4月期 第5回

 6月8日(水)、小玉晃先生の音楽学校に行った。前半は、おさらいをしながら発声の練習をする。様々な母音をあまり口の形を変えずに、舌の動きで発声する。

 後半は、「Milia」を歌った。3回目になるが、イタリア語の流れるような言葉を歌うのが難しい。音符の通りに歌う必要はないとのことである。確かに、you tubeで聴いてみると、歌手によって聞いた感じがかなり違う。言葉をどのように音符に乗せるかが、日本語よりも自由なのであろう。

 終わってから、MUR,KMR,SKGCさんと前回と同じ、中華料理屋に行った。
by nori-126 | 2016-06-10 15:39 | 合唱 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第75回

 6月6日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前回、課題となった   は、八分音符が2弦と3弦と交互するが、弦の移動がスムースでないと言われた。弦を移動するのをきちんとしないと、雑音がでてしまう。かといって、音が切れてもいけない。かなり練習が必要である。

 メヌエットを暗譜で弾いてみた。3つの弦を行き来するので、ここでもやはり、弦の移動と弾くタイミングのずれを言われた。フォルテでは、駒に近い所を弾いて大きい音を出す、3指が音が低くなる傾向がある、音の長さを正確に取るなどを指摘された。
by nori-126 | 2016-06-07 11:17 | バイオリンレッスン | Comments(0)

METライブビューイング「エレクトラ」

 6月5日(日)、METライブビューイング「エレクトラ」を梅田ステーションシネマで見た。2015-16の10作品の最後で、すべて見ることができた。席はF-9を予約しておいた。

METライブビューイング「エレクトラ」
指揮:エサ=ペッカ・サロネン 演出:パトリス・シェロー
上映時間:1時間57分(休憩なし) [ MET上演日 2016年4月30日 ].言語:ドイツ語

出演:ニーナ・ステンメ、ヴァルトラウト・マイヤー
エイドリアン・ピエチョンカ、ブルクハルト・ウルリヒ
エリック・オーウェンズ

 休憩なしなので、幕間にされるインタビューが冒頭にあった。R・シュトラウスの曲は、前衛的な響きの中に、メロディーを感じさせる美しい旋律が含まれている。歌手は、声を張り上げて歌い続けるので大変である。特にヒロインのニーナ・ステンメの歌唱力に驚かされた。

 舞台は収容所ということで、白黒の冷たい壁がほとんどである。こんなにシンプルな舞台は見たことがないが、歌に熱中できる気がする。
by nori-126 | 2016-06-05 17:42 | オペラ | Comments(0)