感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-05-30 13:14
兵庫芸文 第96回 定演
at 2017-05-30 13:10
METライブビューイング 2..
at 2017-05-25 12:33
バイオリンレッスン  第89回
at 2017-05-23 15:32
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(136)
(134)
(121)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(54)
(53)
(50)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

東大阪第九シンフォニー合唱団第九 第1回 

 10月23日(日)、東大阪第九シンフォニー合唱団の第九の練習に行った。定期演奏会の第九に、一般参加として、1昨年と昨年歌ったが、今年も参加させてもらうことになった。3回の練習と前日のオケ合わせ、そして12月18日に八尾プリズムホールで本番である。1回目の練習が八戸ノ里小学校であった。団長のMRIさん、INUEさんや顔見知りの人に挨拶した。

 木村俊明先生の指導で、第九を一通り初めから最後まで歌った。少しずつ手直しがあった。終わってから、一般参加10人程と、エキストラ参加のYMMTさんが自己紹介をした。前から参加している人がほとんどである。

 終わってから八戸ノ里駅前の喫茶店「珈琲工房」でコーヒーとケーキを食べた。この店は司馬遼太郎ゆかりの店で、中は昔ながらのレトロな作りである。

d0097373_01403506.jpg


by nori-126 | 2016-10-23 21:57 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第7回 中央区民センター

 10月22日(土)、LA FENICE の練習に行った。堺筋本町駅の近くの中央区民センターは広いホールで、音がよく響く。本山先生の指導で、発声練習と第2部の練習をした。テノールパートを演奏した音源をネットで買って、繰り返し聞いている。歌声がないので、音をどう当てはめていいのかがわからないが、少しずつ音が取れるようになった気がする。

 音の強弱について、説明があった。楽譜に記載がなくても、オーケストラの演奏の指示から、クレシェンドや強く歌うところが指示された。伴奏の譜面もみて、参考にするというのを初めて知った。

 終わってから、近くのBeer Hopに行った。合唱団のMURさんが先に来ておられた。他に門真の第九で一緒したMNKさんがおられた。今年1月の門真の第九で私の隣で歌った人で、門真で一緒に飲んだことがある。

by nori-126 | 2016-10-23 13:14 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 秋期 ドイツの歌 第1回

 10月13日(木)、小玉晃の音楽学校に行った。7月期に引き続いて受講することにした、秋期のドイツの歌の第1回である。シューベルトの菩提樹を歌うことになった。新しく参加する人もいるので、ドイツ語の発音を丁寧に教えていただいた。母音の発音が難しい。どうしてもアルファベットをみて、そのまま日本語の感覚で発音してしまう。

 若い頃に、シューベルトの歌曲集の3大歌曲が入った楽譜集を買った。フィッシャー・ディスカウの「冬の旅」のレコードを買って聞いたものである。発声方法も知らずに歌っていたのが懐かしい。

 今期はKMRさん、SKGCさんはヴォイトレクラスに参加されなくて、YMSTさんも参加されないことになった。クラスにはIZWさんがおられるが、終わってから相手をしてくれる人がなくて、一人でBeer Hopに行った。一万人の第九に参加したことがあるという女性二人がお客さんでおられた。マスターからは、共通して知っている合唱指導の先生の話もでて、昔から行きつけのような気分にさせてくれる。

by nori-126 | 2016-10-14 19:38 | 合唱 | Comments(0)

第63回日本伝統工芸展 京都展 京都高島屋

 10月12日(水)、メアリー・カサット展をみた後に、バスで四条河原町の高島屋に行った。日本伝統工芸展が全国を巡回して開催されている。NHK「日曜美術館」で、賞を授与された作品と出展者の紹介をしているのをみて、見てみたいと思った。

 陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門に多くの作品が展示されている。重要無形文化財保持者、受賞作家、近畿在住の作家の作品など300点近い。テレビ番組でも紹介していた、面白い年輪の模様のある楓を使った曲面の飾箱、細かい金具の模様を重ねた七宝の鉢、紙貼の人形、計算された釉薬の流れが作る三菜の鉢などが印象に残った。仕切りの金具を残した七宝などは細かくてよく見えないくらいである。人の手でこんなものが作れるのかという驚きがあった。

 出展している作家さんが何人かおられて、学生らしき人達に作品の説明をしておられた。直に話を聴くことは貴重な機会であろう。道を究めようとしている人たちの熱意を見ることは、感動さえ覚える。

d0097373_02382286.jpg

 

by nori-126 | 2016-10-14 10:00 | 美術展 | Comments(0)

メアリー・カサット展 京都国立近代美術館

d0097373_02075355.jpg 10月12日(水)、京都に展覧会を見に行った。午後4時前と少し遅かったせいもあるのか、お客さんが少なくてゆっくりとみられた。

 メアリー・カサットの名前を聞いたことはあるが、今までにまとめて作品をみる機会はなかった。NHK日曜美術館で特集をしていたのを見た。

 メアリー・カサット(1844-1926)はアメリカ生まれで、パリで活躍した。ドガとの出会いから印象派展に参加した。母子を描いた作品で有名で、「母子像の画家」として知られる。

メアリー・カサット展
2016・9・27ー12・4
京都国立近代美術館

 「バルコニーにて」という絵や「桟敷席にて」という初期の絵は、写実的で緻密な描き方である。1980年以降は、母と子の姿を描いたものが多い。「浜辺で遊ぶ子どもたち」という絵は幼い女の子二人を描いていて、愛らしい。姉を亡くした後に描かれたと知ると、余計に愛おしい。

 母子を描いた作品は、子を見つめる母の眼差しが優しい。母子が同じものを見ているという構図もある。同時代の女性画家であるベルト・モリゾの絵や影響を受けたという歌麿、北斎の版画、ドガ、ピサロなどの作品も展示されている。カサットの版画なども多いので、油彩としての作品数は物足りないものがあるが、まとめて展示されることの少ない(日本では35年ぶりの回顧展とか)画家の作品をまとめて見られたということで満足できた。

 

by nori-126 | 2016-10-13 02:19 | 美術展 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第80回

 10月11日(火)、バイオリンレッスンに行った。前からの課題である左手弓の練習の13番が何とかOKがでた。実は弦の移動がスムースでないので完全に〇というわけではないが。新しく八分音符がスラーになる14番が課題となった。左手指の練習は前からの課題である8番がなかなかクリアできない。

 ト長調音階の練習と4分の3拍子スラーの練習をした。バッハのメヌエット2番はかなり弾けるようになった。もう少し練習して、先生のバイオリンとの2重奏をする予定である。ブラームスのワルツが新しい課題となった。よく知っている曲である。

by nori-126 | 2016-10-12 00:36 | バイオリンレッスン | Comments(0)

紀州街道 第4回 堺大小路~浜寺公園駅

 10月8日(土)、久し振りに街道歩きをした。前日の天気予報では雨となっていたが、いい天気で、日差しが強くて暑かった。前回の終点である堺大小路の交差点に行った。ここは竹内街道と紀州街道が交差する場所である。ここから、大通りを南に向かって歩いた。

紀州街道第4回 堺大小路~浜寺公園駅
堺大小路ー宿院ー御陵前ー船待神社-浜寺公園駅


 宿院交差点の北西に与謝野晶子の生家跡の碑がある。前に見たより大きくなっている。交差点の西のかって市立堺病院のあった跡地に利晶の杜という建物ができて、展示やお点前を手軽に楽しめるようになっている。観光案内所でもある。

 その東に利休生家跡がある。以前は空き地に井戸だけがあったのだが、今は門構えがあり、石碑がたっていて、中に入るとボランティアの人が説明をしていた。この辺りには、けし餅の店があり、南に歩くとかん袋がある。その向かいにはシャリ飯で有名なゲコ亭がある。

 御陵前の停留所は熊野街道と交差するところである。熊野街道は南に真っ直ぐ進むが、紀州街道は阪堺鉄道の西に斜めの細い道に入る。この辺りは、格子戸の家も残っている街道らしい道が続く。すぐのところに船待神社がある。阪堺電軌と南海本線の間の道は、歴史から取り残されたような風情がある。

 二つの線路が交差するあたりで、浜寺公園の北の端にでる。広い公園内には松の木がたくさん植えられている。かっては白砂青松の海岸線は埋め立てられて、運河に面している。公園を半分くらい南に歩いた所に、阪堺電気鉄道の阪堺線の終点である浜寺公園駅がある。すぐ東に南海本線浜寺公園駅がある。駅舎は辰野金吾の設計で、1907年に建てられたものだが、高架工事のために、工事中である。新しい駅に、何らかの形で保存されるようだが、囲いの外から写真を撮った。

利晶の杜 ↓
d0097373_02371250.jpg
千利休屋敷跡 ↓
d0097373_02371545.jpg
船待神社 ↓
d0097373_02371810.jpg
北畠顕家戦死の地 ↓
d0097373_02372170.jpg
浜寺公園の松 ↓
d0097373_02372448.jpg
阪堺電気鉄道 ↓
d0097373_02372788.jpg
浜寺公園駅 ↓
d0097373_02373062.jpg

 

by nori-126 | 2016-10-09 16:02 | 街道を歩く | Comments(0)

1万人の第九 森ノ宮6クラス 第3回

 10月1日(土)、1万人の第九の森ノ宮6のレッスンがあった。少し早めに行って、同じビルの別の会場でレッスンをしている森ノ宮4クラスの休憩時間に会場に入った。1万人の第九に参加した当初からの知り合いであるYKTさんに挨拶をした。そこへ前に同じクラスになったMRさんが声をかけてこられた。

 他に、昨年の東大阪の第九で知り合ったMYKSさんを見かけて挨拶をした。アルトの方へ歩いていくと、HGCさんがおられた。合唱団の関係者で、コンサートや飲み会であったことがある。

 レッスンは、発声練習の後に、男声合唱からRまでだった。フーガを各パート別に歌ってみるなど、他のパートを知る、意識するというのを強調された。
 599 スタカートを短く切らない
 611 uを深く歌う
 615 mus はモスくらいの感じで
 617 sfは子音を強く
 631 <>は均等に強弱を
 654 wohnen の最後は口を閉じない
 フーガ 重要なところをしっかりと
 685 Heiで伸ばす時はハハハでなくアアア
 700 tumはトゥ―ウムとなる
 
終わってから有志による本番後の打ち上げのお知らせがあった。その幹事さん3人とWTNBさん、AOKさんも一緒に、居酒屋で打ち合わせをした。
 
 

by nori-126 | 2016-10-03 02:14 | 1万人の第九 | Comments(0)