感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大阪狭山池 アオジ・モズ・ホオジロ

 2月28日(火)、いい天気なので、大阪狭山池にバードウオッチングに行った。6日前にベニマシコに会えたので、いい天気ならいい写真が撮れると期待して行ったが、会えなかった。

 池のほとりを歩いていると、ホオジロが地面にいた。近づくとすぐに逃げてしまった。バードウオッチングをすることが久しぶりなので、ホオジロに会うのは、数年ぶりだろうか?

 柵の上にモズがいた。下に降りて何かをつついては、また柵の上に戻る。雄と雌が並んでいるのも見た。ある程度の距離まで近づくと少し遠くに逃げる。写真に撮ると、目はクリッとして可愛いが、くちばしは鋭い。雄より雌の方が、目が優しいようである。

 茂みの中に、アオジがいた。草の中にいて出てこないので、写真が撮りにくい。アオジも久しぶりに見る。

モズ
d0097373_02354824.jpg
アオジ
d0097373_02354354.jpg
 

by nori-126 | 2017-02-28 22:32 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第85回

 2月27日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前回から新しく課題になった、右手の練習では、移弦のスラーを弾いたが、移弦が急に弦の角度が変わるので、スムースでないと言われた。流れてしまうのもよくないが、あまり角度をつけずに移弦するのがいいということである。

 左手の課題は、A弦を4本の指でうまく押さえるのができなくて、足踏み状態である。指を立てて押さえられるように、手首を調節する必要がある。4指はコの字のように関節を曲げるとのことである。曲げないで押さえると正しい音がでない。

 楽しい農夫の基本練習で、付点四分音符のスラーと四分音符のスラーがでてくる。四分音符のスラーでは、つい初めの音をゆっくりと弾いて、後を慌てて全弓でと思うと、後の音の方が強い音になる。それは逆で、初めの音で弓を長めに使うようにと言われた。

 楽しい農夫は、スラーを弾く時に、1拍目を少し強めに弾かなくてはならない。アクセントが付いた所もある。音の強弱、それに合わせた弓の使い方となると、難しい。手をどのように動かすかを考えるのでなく、どういう音をだそうとしているのかを意識して、それに合わせた手の動きができるというのが、理想なのだろうと思う。

by nori-126 | 2017-02-28 19:31 | バイオリンレッスン | Comments(0)

河内長野ラブリーホール合唱団 ドイツレクイエム

d0097373_02461993.jpg 2月26日(日)、ラブリーホール合唱団のコンサートに行った。毎年行われている伝統ある合唱団のコンサートで、プロのオーケストラの演奏で、大曲に取り組まれている。ドイツレクイエムを聴くのは、1昨年のLA FENICEでの演奏に続いて、2回目である。

河内長野ラブリーホール合唱団
2017.2.26(日)15時開演
ラブリーホール 大ホール
寺岡清高 指揮 大阪交響楽団
ソプラノ 老田裕子 
バリトン 小玉 晃

ブラームス「運命の歌」
「ドイツレクイエム」

 舞台には80人くらいのオーケストラと150人くらいの合唱団が並んで壮観である。席は一番後ろに近い左端だったが、ホール全体に響く音は、聴く場所に関係なく、迫力があった。

 運命の歌が終わった後の休憩時間に、指揮者の寺岡さんがドイツレクイエムについて、解説をされた。わかりやすい解説で、他のレクイエムとの違いは、知っておくべき内容だった。

 ドイツレクイエムの構成は、各曲に特徴があって、静かな曲から始まって盛り上がり、最後に静かに終わる。男声が少ないと思ったが、その響きは何ら遜色なく、ソプラノの高い声もよかった。ホール全体を歌声が包み込むようななんともいえない幸福感のようなものが感じられた。

 終わってから、ロビーで、堺の第九での知り合いのHSGWさんに会った。来年のフォーレとモーツアルトのレクイエムに参加するつもりだと話をすると、めったに演奏されないモツレクに興味があって、参加するかどうか考えているということだった。

 ロビーで、合唱団で参加されていたLA FENICEのARKWさんに挨拶した。LA FENICEからは、NKTさん(大フィル合唱団でもある)、KSさん、SRKWさんが参加されていた。大フィル合唱団のMTOKさんもおられた。

 合唱指導のNKMR先生をお見かけして、声をかけた。堺の第九で教えていただいたことがあり、4月から合唱団でお世話になりますと話した。昨年も休憩時間にお会いしたというと、覚えていただいていたようだった。
 
 ソリストは、4月の「天地創造」でご一緒する二人であり、大阪交響楽団は、堺の第九で演奏されたオケでもあり、親しみを感じられるコンサートであった。

by nori-126 | 2017-02-27 01:59 | クラシック音楽 | Comments(0)

MET ライヴビューイング 2016-17  ロミオとジュリエット

 2月26日(日)、METライブビューイングを見に行った。

第5作 グノー《ロメオとジュリエット》 新演出 
指揮:ジャナンドレア・ノセダ 演出:バートレット・シャー
出演:ディアナ・ダムラウ(ジュリエット)
ヴィットーリオ・グリゴーロ(ロメオ)
エリオット・マドール(マキューシオ)
ミハイル・ペトレンコ(ローラン神父)
MET上演日 2017年1月21日 上映時間:3時間15分(休憩1回)

 METで多くの演出を手掛けているシャーの新演出である。舞台は中世の暗い色調の建物の外壁を見せて、転換はないが、舞台の中央が、屋敷の中になったり、遺体安置所になる。外壁は、ロミオが2階のジュリエットに会おうと、よじ登る壁でもある。インタビューで、演劇の演出もするシャーは、舞台が変わらない演劇をイメージしたと話していた。

 タイトルロールの二人の存在が圧倒的である。ダムラウは、前半では元気で走り回る世間知らずの娘を演じて可愛いが、後半では、愛を貫く意志の強い大人の女を演じている。年齢のギャップを忘れてしまうほどである。

 グリゴーロも愛する女のために、意志を貫こうとする大人の男性を演じて、風格さえ感じさせる安定感があった。二人での二重唱が4曲あり、ダムラウの澄んだ声とグリゴーロのテノールが、二人の悲しい運命を歌い上げる。

 

by nori-126 | 2017-02-27 01:49 | オペラ | Comments(0)

ワインとダンスの会 中之島Love Central

 2月25日(土)、ワインとダンスの会に行った。前に、第九の知り合いのKBYSさんの紹介で、江美先生のジルバのレッスンを受けたことが2回ある。そう簡単に踊れるようになるわけもなく、習ったことさえも忘れてしまった。

 先生が、前からされているワインとダンスの会で、KBYSさんの誕生祝いもするというので、参加した。中之島の川べりの Love Central のホールの中に、40人くらいが集まった。半分はダンスフロアで、半分がディナーのテーブルである。

 初めに、全員でサルサのレッスンを受けた。前後、左右、開く、回転するという動きを、パートナーを変えながら踊った。KBYSさんの知り合いがひとつのテーブルに座った。

 ダンスのデモンストレーションがあり、サルサフォーメーション、ワルツ、ベリーダンス、先生の創作ダンスなどが披露された。KBYSさんの誕生祝いにケーキが運ばれて、知り合いが集まって、記念写真を撮った。

 ダンスタイムになると、次々に曲が流れて、ジルバ、サルサ、ワルツ、チャチャチャなどが踊られたが、女性を誘って踊るだけの勇気がなかった。踊らなくても見ているだけで楽しいのだが。川の向こうにライトアップされた中央公会堂が見える。いい雰囲気のしゃれた集まりだった。

d0097373_23023578.jpg
中央公会堂
d0097373_23023642.jpg

by nori-126 | 2017-02-27 01:41 | ポピュラー音楽 | Comments(0)

フレンチレストラン ミモザ 大阪狭山市今熊

 2月22日(水)、昼から大阪狭山池でのバードウオッチングの後に、近くのフレンチレストランに行った。合唱団のARKWさんが、FBでいいレストランと紹介されていた。狭山池の南西から少し南に歩くと、西高野街道のおわり坂を下りたところにでる。街道の案内板と祠のあるところで、西高野街道と下高野街道で2回来たことがある、そのすぐ南にレストランがある。

 マンションの一階に広くはないが、20人くらいは入れるしゃれたレストランである。ランチタイム終了近くて、お客さんは女性二人だけだった。コースBの和牛ステーキを注文した。

 前菜は、エビや蛍イカで、新鮮な感じがした。スープはホウレンソウで、くせがなくて飲みやすい。メインのステーキは、ソースがおいしかった。付け合わせに、それぞれに味や歯触りが異なる材料が使われている。デザートにイチゴのムース、アイスクリームなど少量ずつ、4種類と、量は多くないが、フランス料理のフルコースを満喫した。使われている食材の種類が多いので、満足感が得られる。食器が可愛らしい。堺から近かったら、繰り返し来たいのだが。

d0097373_00165886.jpg
d0097373_00170156.jpg
d0097373_00170455.jpg



by nori-126 | 2017-02-23 00:19 | 美味探訪 | Comments(0)

大阪狭山池 ベニマシコ

d0097373_00020871.jpg 2月22日(水)、大阪狭山池に、ベニマシコがいることを、FJWRさんに前日会った時に、教えていただいたので、昼からでかけた。

 バードウオッチングは久しぶりである。大阪狭山駅から池の方へでた。ツグミがいたが、今年はツグミが多いような気がする。職場近くの公園でも見た。ツグミに似た鳥を見た。お腹の模様は変異があるとのことなので、少し斑点の少ない変異と思われる。
 
 茂みに何かいるようで、待っていると、小さい鳥が動いている。望遠レンズで、ベニマシコの雄と雌とわかった。少し経つと、少し手前の茂みに出てきた。写真はピントが合わなくて、うまく撮れなかったが、証拠写真にはなる。118番目のライファである。

 狭山池は水位が低くなっていて、水鳥は遠くにしか見えない。雄のモズ、遠くにモズの雄と雌が並んでいた。ハクセキレイと久しぶりにみるセグロセキレイがいた。近くのレストランでランチを食べて戻ってくると、茂みにアオジ、メジロがいた。

セグロセキレイ
d0097373_00023428.jpg
ツグミ
d0097373_00023890.jpg
斑点の少ないツグミ?
d0097373_01193586.jpg

by nori-126 | 2017-02-22 23:50 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)

門真の第九 2017 本番 ルミエールホール

d0097373_01550118.jpg 2月19日(日)、門真の第九の本番の日である。昼前に、古川橋の駅前で弁当を買って、ルミエールホールに行った。

みんなでつくる門真の第九 2017
2017.2.19(日)15時開演
門真市民文化会館ルミエールホール大ホール

指揮 小玉 晃
ソプラノ 野々村彩乃 
メゾソプラノ 大賀真理子
テノール 小林 峻 
バリトン 津國直樹
ピアノ 矢吹直美 
エレクトーン 松内 愛
ティンパニ 角 武 
打楽器 金原 俊
合唱 みんなでつくる門真の第九合唱団

 レセプションホールに集まって、発声練習があった。昨日と同じような内容の直前対策の発声練習だった。舞台上の配置のように並んで、舞台横に進んだ。後列から舞台に上がって、ふるさとの練習をした。そして第九のゲネプロがあった。休憩に入って、弁当を食べた。

 レセプションホールに集合して、発声練習を簡単にした。舞台横に並んだが、予定より進行が遅れて少し待った。舞台に並んで演奏が始まった。本番はどうしても力が入るものである。それでもBruderは力強く歌えて、先生も満足の顔をされた。Mのところは、観客も一緒に歌った。ふるさとを歌って、終了した。

 ロビーでお客さんに挨拶した。1万人の第九の仲間のMSDさん、KDMさん、HJOKさんが来ていた。懇親会は、レセプションホールに歌手や演奏者も集まり、にぎやかに行われた。第九を少しだけ皆で歌い、ふるさとを歌った。男性6人くらいが、「いざ行け、戦人よ」を歌ったので、テノール1で参加した。東大阪の第九の懇親会で歌われたので、少し勉強をしていた。

 二次会を駅前の寿司屋でしたが、一度に30人以上集まったので、席が別に離れてしまった。

 門真の第九は3回目の開催で、皆勤であるが、今年は、エレクトーン中心の演奏で、合唱団は今までよりも倍近く集まった。オケがない分、人を舞台に乗せられるということもある。男性の人数が多いと、やはり迫力がある。応援にベテランの人が来てくれて、合唱は充実していた。

 知り合いが30人以上参加した。1万人の第九の知り合いである、KBYS、THK、KMSR、MEHR、KMR、SKGC、AOK、KWST、KKMZ、HJNM、YMD、MTOK、HSGW、ASI、UEDさん、合唱団関係でMUR、KTMR、ADC、YMGC、小玉先生のレッスンでIZW、MYZKさん、そして門真の第九でYMGC、TMGW、MNKさん、今回の練習で知り合ったNS、ICOK、SGYM、END、OGT、YMOKさんである。

d0097373_01472770.jpg

by nori-126 | 2017-02-20 01:39 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

門真の第九 2017 リハーサル

 2月18日(土)、門真の第九の前日リハーサルがあった。ルミエールホールのホワイエに集合して、大ホールへの入場の練習をした。12列の段へ180人くらいが並んだ。

 発声練習があったが、いつもと内容が違う。先生が本番直前用の発声練習ですと説明された。エレクトーン、ピアノ、打楽器、ティンパニの奏者、ソリストが紹介されて、最初から通しで演奏した。エレクトーンの音が多彩で、その時々にオケで目立つ楽器を演奏されるので、違和感がない。それにティンパニが入ると、迫力がある。

 ソリストが全体に抑え気味の感じなので、先生が「ハモれるソリストを集めました」といわれたのが納得できた。少しだけ手直しがあって、「ふるさと」を歌って休憩した。

 休憩の後にも、いくつかの手直しがあった。終わってから、居酒屋に20人くらいが集まった。そのあと、7人でカフェに入り、コーヒーを飲んだ。建築設計事務所をしておられるOGTさんと初めて、あいさつをした。

by nori-126 | 2017-02-19 02:34 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

門真の第九 2017 第9回

 2月12日(日)、門真の第九の練習に行った。本番を1週間後に控えて、いよいよ本格的に準備が始まる。ルミエールホールの大ホールで、舞台に上がって、本番と同じ並びで、発声練習をした。合唱団は、12列になる。本番は200人くらいになる。

 最初から通して歌ってみたが、反響板がないと、音が響かない。先生が係りの人に頼んで、反響板を設置してもらった。その間、ホワイエで「ふるさと」の練習をした。前回、楽譜が配布されたが、4部合唱になっている。3番は転調もあって、難しい。あと、1週間で楽譜を見ずに、きちんと歌えるかどうか心もとない。

 舞台に上がって歌ったが、反響板があると音がよく響く。それでも、もっと大きな声でと言われたが。終わってから、居酒屋に集まったが、少しだけいて、家に帰った。

by nori-126 | 2017-02-13 02:02 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)