感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
国宝 第II期 京都国立博物館
at 2017-10-18 21:46
モーツァルト「レクイエム」 ..
at 2017-10-18 21:44
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-18 16:52
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-15 23:35
アンナ・ネトレプコ ザ・シン..
at 2017-10-13 12:31
住之江の第九 2017 第6回 
at 2017-10-13 12:24
北斎ー富士を超えてー あべの..
at 2017-10-13 11:32
大阪城本丸薪能2017 第2夜
at 2017-10-09 14:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(156)
(155)
(152)
(134)
(127)
(102)
(96)
(74)
(72)
(71)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

加山又造展 大阪高島屋

 9月24日(日)、METライブビューイングをなんばパークスで見たあと、高島屋の加山又造展を見た。加山又造(1927-2004)は、京都西陣に生まれた。終戦後からの長い画業の歴史を、70余点で、経時的に俯瞰しているが、画風の変遷が同じ人の仕事かと思うぐらいに著しい。

生誕90年 加山又造展~生命の煌き
2017.9.13-25
大阪高島屋7階グランドホール

 終戦直後の絵は、シュールレアリスムの影響で、重なって見えるシマウマなどが面白い。

 猫を描いた絵は、伝統的な日本画といえる。動物や植物を写実的に描いたものがあり、裸婦を線だけで少し幻想的に描いたものもある。また、光琳風の様式美、さらに水墨画風の龍の絵、桜の絵など、常に新しいものを自由に求めた画家の歩みを実感できた。

 実家が和装図案を生業としていたので、様式美についての理解があり、着物の図案や陶器の絵付けなど、工芸品も展示されている。

d0097373_23125491.jpg

by nori-126 | 2017-09-24 22:57 | 美術展 | Comments(0)

MET ライヴビューイング アンコール カルメン 2010

 9月24日(日)、METライブビューイングのアンコール上映を見に行った。上映期間が3日間ずつで、午前10時半からなので、見られるのは限られてくる。2010年のカルメンは、2014年に映画館でみたのと同じ、リチャード・エアの初演出で、ガランチャがMETで初めてカルメンを演じた。指揮者のセガンもこれがMETデビューだった。

METライブビューイング アンコール 09-10 ビゼー「カルメン」
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン 演出:リッチャード・エア
出演:エリーナ・ガランチャ(カルメン)、バルバラ・フリットリ(ミカエラ)
   ロベルト・アラーニャ(ドン・ホセ)
   テディ・タフ・ローズ(エスカミーリョ)

劇場上演日 2010年1月16日 上映時間:3時間24分

 舞台は、2016年と全く同じで、大掛かりな舞台装置、幕ごとに移動させるダイナミックさなどに、改めて驚かされた。

 エリーナ・ガランチャは、妖艶で自由に生きたいという意志をもったヒロインを演じて、見事だった。踊りもこなしていた。ロベルト・アラーニャは、カルメンに翻弄されるドン・ホセの弱さが感じられた。エスカミーリョ役のローズは、当日朝に代演が決まったということだが、颯爽として格好いい。

 ビゼーの曲が本当によくできている。聞けば聞くほど感心する。カルメンが命をかけてまで自由に生きることを優先して、殺されてしまうところは、腑に落ちないところもあるが、いろいろな魅力満載のオペラである。






by nori-126 | 2017-09-24 22:18 | オペラ・バレエ | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 レクイエム 第16回

 9月23日(土・祝)、ラブリホール合唱団の練習に行った。2回休んだので、3週間ぶりになる。今日は、小玉先生が小ホールで、モーツァルトのレクイエムのHostiasとSanctus、そして、フォーレのレクイエムの最初からを指導された。

 参加者も多く、小ホールなので、アルトやソプラノがよく響いて気持ちよかった。バスは、一部の人がテンポが速くなる傾向があると指摘された。

by nori-126 | 2017-09-23 23:07 | 合唱 | Comments(0)

オペレッタ・オペレッタ・オペレッタ 東成区民センター大ホール

 9月17日(日)、オペレッタの名曲コンサートに行った。東大阪第九で知り合ったNMBさん、YMMTさん、INUEさんらが合唱団として出演されるので、チケットを買った。LA FENICEの練習が終わって、時間を潰しながら、会場に行った。

オペレッテンフェライン合唱団 第3回公演
オペレッタ名曲コンサート
ヨハン・シュトラウスⅡ & エメリヒ・カールマン
オペレッタ・オペレッタ・オペレッタ
2017.9.17(日)16時開演

ヨハン・シュトラウス 「こうもり」「ウイーン気質」
エメリヒ・カールマン 「マリッツァ伯爵夫人」「チャルダッシュの女王」

 「こうもり」のファルケを演じる近藤修平さんが、全体の進行を務めて、ストーリーを紹介しながら、扮装をした歌手がピアノの伴奏で、日本語で歌った。合唱団もパーティの参加者としての扮装である。

 こうもりからは、有名なシャンパンの歌が歌われた。ウイーン気質にも知っている曲があった。休憩の後に、マリッツァ伯爵夫人が演奏された。チャルダッシュの女王は、角地正範先生と、鹿賀千鶴子さんがデュエットされた。ヨイママンや山こそ我が心の故郷が歌われた。アンコールにシャンパンの歌が歌われて、カーテンコールで幕となった。

 合唱団で参加されたSBさん(リストランテ・アルベルゴ・セカンドで知り合った)に挨拶をして、角地先生も一緒に写真を撮った。

d0097373_00392900.jpg

by nori-126 | 2017-09-19 00:37 | クラシック音楽 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第8回

 9月17日(日)、LA FENICEの練習が朝10時から、鳴尾公民館であった。練習に出席するのは、1か月ぶりで、本山先生の指導を受けるのは2か月ぶりである。その間、ネルソンミサの自主練習をしてはいたが。

 ネルソンミサの ET INCARNATUS EST から最後までを少しずつ直しながら歌った。音の高さが揃っていないこと、揃えた上で、ハーモニーを感じられるようになることを強調された。歌詞の意味を理解することも大切で、意味に合わせた歌い方があるということである。

 台風が近づいているということで、予定よりも早く、1時に終わった。帰りの電車で、ADCさんとその知り合いの女性と話をした。

 

by nori-126 | 2017-09-18 03:24 | 合唱 | Comments(0)

住之江の第九 2017 第5回 

d0097373_20204264.jpg 9月13日(水)、住之江の第九の練習に行った。私的な用事で、40分ほど遅刻した。フーガの後の部分を丁寧に教えてもらった。

 ソプラノが、zum を zumuと、mに母音をつけてしまうところを注意された。音が上がる時に、uのままで上げないと、上がった音をムウと歌わないといけなくなる。第九を習い始めた頃に言われたことの意味が、最近になってわかってきた。mの後に母音をつけないというだけでなく、ついてしまうのは、母音の歌いかたが悪いという事である。

 第九以外を歌うようになると、一つの単語にいくつもの音符が充てられていて、それにどのように子音と母音を割り振りしていくかということを考えさせられる。基本は母音が音を動かしているということなのだが。

 いつものように居酒屋で8人で飲んだ。今日は珍しくNMBさんが参加された。彼と電車で話しながら帰った。





by nori-126 | 2017-09-15 11:44 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

大阪クラシック 第13公演 中央公会堂中集会室

 9月10日(日)、大阪クラシックの大阪フィル合唱団の演奏を聴いた。中央公会堂の中集会室では、4年前の大阪クラシックで、本山先生指揮の大阪フィル合唱団の演奏を聴いたことがある。集会室に接する特別室の壁画が素晴らしいので、写真を撮る人も多い。日本の神話から題材を取っている。

大阪クラシック 第13公演 
2017.9.10 19:30
大阪市中央公会堂 中集会室
指揮 福島章恭 ピアノ 尾崎克典
合唱 大阪フィルハーモニー合唱団

高田三郎「秋を呼ぶ歌」
高田三郎 混声合唱のための「典礼聖歌」より
 「谷川の水を求めて」
 「わたしは門の そとに立ち」
 「平和の祈り」
高田三郎 混声合唱組曲「水のいのち」
 1.雨 2.水たまり 3.川 4.海 5.海よ

 ずらりと並んだ合唱団が、広い集会室に素晴らしい声を響かせた。会場はある程度音の反響があり、響きすぎることもないので、大人数の合唱団の演奏を聴くのには丁度良いかも知れない。

 アンコールに典礼聖歌からの一曲、そして、水のいのちの雨を再び演奏された。水のいのちが輪廻を繰り返すという趣旨に合った演奏方法である。

 合唱団で参加している知り合いは、男性は、ICD、MEYM、MTOK、YSMC、IMI、YKYMさん、女性はNKT、ISIさんらである。

 会場にも多くの知り合いがかけつけた。KDM先生、LA FENICEのMUR、IWMT、WTNB、NKTK、ORM、STU、ラブリーホール合唱団のOGS、他にYMD、KMSRさんらである。

 終わってから、MUR、YMD、KMSRさんと淀屋橋駅の居酒屋で飲んだ。


 特別室壁画
d0097373_00520046.jpg
特別室天井画
d0097373_00515715.jpg

by nori-126 | 2017-09-10 23:38 | クラシック音楽 | Comments(0)

大阪クラシック 2017  第4公演 日本生命本店東館1階ホール

 9月10日(日)、大阪クラシックの初日に、日本センチュリー交響楽団のメンバーによる室内楽を聴いた。1万人の第九の練習の後、開演の20分前に着いたのに、お客さんが列をなしていて、立見席になった。

大阪クラシック 2017 第4公演
2017.9.10 14時
日本生命本店東館1階ホール

日本センチュリー交響楽団
クラリネット 吉岡奏絵 ヴァイオリン 池原衣美 中屋響
ヴィオラ 飯田隆 チェロ 末永真理

モーツァルト クラリネット五重奏曲イ長調 K581

 広いホールに舞台があって、大きなスクリーンに演奏している様子が映し出される。200席くらいの他に大勢の人が立ち見で演奏を聴いた。メンバーが登場して、女性はドレスで華やかな感じがいい。クラリネットの音が安定していて、第1ヴァイオリンのメロディの演奏もよかった。

 モーツァルトの後期の作品で、モーツァルトらしい旋律にほんわかとした気分になれる。楽章間で拍手する人もなく、観客のマナーはよかった。

 終わってから、出演の知り合いの二人に挨拶させていただいた。お客さんが700人余り来られたとのことである。

by nori-126 | 2017-09-10 23:33 | クラシック音楽 | Comments(0)

1万人の第九 2017 森ノ宮10 第2回

 9月10日(日)、1万人の第九森ノ宮10クラスの2回目のレッスンがあった。前から3列目に座ったが、個人の写真撮影の日で、もう少し前に座ればよかった。3人ものカメラマンが写真を撮っていたが、いつもは一人だと思うが。歌っている時にできるだけ顔をあげて、先生の方を見るようにした。



by nori-126 | 2017-09-10 21:35 | 1万人の第九 | Comments(0)

英国ロイヤルオペラシネマ「オテロ」

 9月9日(土)、英国ロイヤルオペラシネマの「オテロ」を見た。16-17シーズンの最終公演は、ヨナス・カウフマンが初めてオテロを演じるということで話題である。来年1月に日本でリサイタルをする予定になっているカウフマンを見ておきたいという気もあった。西宮ガーデンズのTOHOシネマは、ゆったりとした席である。

英国ロイヤルオペラシネマ オテロ
演出 キース・ウォーナー  指揮 アントニオ・パッパーノ
出演 ヨナス・カウフマン(オテロ)
   マリア・アグレスタ(デスデモナ)
   マルコ・ヴラトーニャ(イアーゴ)
上演時間 3時間26分

 舞台は白黒を基調としたシンプルなもので、暗い背景に登場人物をスポットライトで浮かび上がらせるという手法が取られていた。華やかなオペラの舞台ではないが、心理劇ともいえるオテロには合っているともいえる。

 カウフマンは声が素晴らしいのは当然なのだろうが、役者として、次第に疑念にとらわれていくオテロの苦悩を見事に表現していた。


 

by nori-126 | 2017-09-10 18:39 | オペラ・バレエ | Comments(0)