感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


文楽 国立文楽劇場11月公演

d0097373_2327552.jpg
 11月3日(土・祝)、国立文楽劇場での文楽公演の第2部の初日に行った。
 文楽鑑賞は、今年1月以来で2度目である。曽根崎心中が上演されるので、ぜひ観たいと思ったのである。
 祝日で初日だからか、客席はほぼ満席だった。席は中央9列10番でいい席だった。



           国立文楽劇場11月公演
          平成19年11月3日~11月25日
          第2部
          源平布引滝 
   
             音羽山の段  松波琵琶の段  紅葉山の段
                      
           -吉田玉男一周忌追善狂言-
          曽根崎心中 
 
             生玉社前の段  天満屋の段  天神森の段

源平布引滝
 3段目が「実盛物語」として歌舞伎でも上演されるが、今回は4段目の物語である。
 平清盛をねらう源氏方の多田蔵人行綱は盗賊に殺された松波検校になりすまして、鳥羽離宮に向かう。潜伏していた娘が素性を明かすように責められるのに、動揺をみせずに琵琶を奏る。
 
 琵琶の音は、三味線にコマを入れて、琵琶の音に似せている。琵琶を弾く人形は第2,3指が動くようになっている。酒を飲んだ3人が、泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸となるが、その特徴を体の動き全体でうまく表現していた。最後は、紅葉の山で、5人が勢揃いの華やかな大団円となる。大夫と三味線が5人ずつで迫力があった。

 追いはぎや折檻などのアクションが多いので、うまく人形が使われるのをみる楽しみがある。竹本綱大夫が、一人で、娘や侍などの声を演じ分けるのが素晴らしい。

曽根崎心中
 歌舞伎でもよく上演され、2回見たことがあるが、文楽でははじめてである。昨年亡くなった吉田玉男の追善狂言で、玉男の得意とした徳兵衛を吉田玉女、お初を桐竹勘十郎、そして仇役の九平次を吉田蓑助が遣った。天満屋の段は竹本住大夫の浄瑠璃である。

 お初の人形は、まぶたを閉じることができて、表情が豊かである。斜め下を向いている時や、上を向いてまぶたを閉じるところが感情をうまく表現している。また、徳兵衛と寄り添って歩くところがいじらしい。最後の場面は、歌舞伎は徳兵衛がお初に刀を突こうとするところで終わるが、文楽は徳兵衛がお初を刺して、自らも刺し倒れこむというところまで演じる。

 文楽の人形は、遣い手によって、その表情を変えるかと思わせる。人形の表情は遠目ではわかりにくいこともあり、双眼鏡で時に人形の表情をアップでみられたのはよかった。


d0097373_23283053.jpg

# by nori-126 | 2007-11-04 00:38 | 古典芸能 | Comments(2)

1万人の第九 大阪Dクラス レッスン10

 10月31日(水)、1万人の第九のレッスンも10回目となった。はじめに発声練習をして、先生の気になるところをおさらいしていった。テノールは元気がないといわれたが、そういわれると緊張して、余計に声が出にくい。

先生に指摘されたところは、出だしの音を正確に取ること、425のfreudigの最後を伸ばすこと、582のalleはアーレでなくアルッレであること、602のWeltを十分伸ばすことなどである。

 1万人の第九のレッスンも残すところ2回のみである。次回は座席券をもらえるとのことで、いよいよ本番が近づいたのだなあと思う一方で、レッスンが終わるのは寂しさを感じる。

 今年の合唱応募者は13,920人だったとのことである。昨年よりも少ないが、それでも4000人近い人が参加したくても参加できなかったということに思いをいたして、参加できるものはよりよい合唱になるようにこころがけたいものである。

 
d0097373_23423241.jpg

# by nori-126 | 2007-10-31 21:59 | 1万人の第九 | Comments(0)

1万人の第九 大阪Dクラス レッスン9

 10月24日、久しぶりに大阪Dクラスのレッスンに行った。2週間前のレッスン8は、コンサートにいったために昨年からのレッスンで、はじめて欠席した。磯野先生も欠席で、代理で有元先生の指導があったとのことである。先週は、レッスンのない日だったので、3週間ぶりのレッスンということになる。

 電車を普通から急行に乗り換えそこなったために、3分間遅刻して、磯野先生の話がはじまっていた。はじめての遅刻である。

 レッスンは簡単な発声練習のあと、発音記号「e 」と 「eをひっくり返したような記号」の違いを強調された。フーガのあとのSから最後までを、歌って少しずつ注意点を指摘される。795から少しずつ強くしていくところ、810のPやcresc.の歌い方、818の最初の音を正確にとるところ、898が901で繰り返されるが、少し音が異なるところなどを練習した。

 休憩の時にmidoさんと、山の話をした。3週間前に登られた御嶽山の話をきいた。

 休憩のあとは、フーガ以前のところでおさらいをしながら、いくつかの注意するべきところを確認していった。Dではテノールは高音を聞かせること、602のWeltを十分延ばすことなどである。パート別に歌わせてみて、うまく歌えると「よくなった」と褒めてもらえるのはうれしいことである。

 
# by nori-126 | 2007-10-25 00:15 | 1万人の第九 | Comments(3)

第3回中之島ウオーク&トーク フェスで歌おう

 10月21日(日)、「1万人の第九」の仲間とフェスで歌おうという催しに参加した。来年末で建て替えが決まっているフェスティバルホールの舞台で歌えるという催しである。フェスティバルホールでは、「第九」「42nd Street」「River Dance」「夏川りみ」を聞いたことがある。

 まさぽん、ゆかべりんと3人参加できるという応募を2枚出したら、6人参加できることになったので、二人の知り合いのayaさん、HSGWさん、KNGWさんも参加されることになった。

      第3回子どもと中之島の明日を考えるウオーク&トークのつどい
      ー体感・フェスティバルホールー
      フェスで歌おう
      2007年10月21日(日) フェスティバルホール


 淀屋橋で待ち合わせて6人でフェスティバルホールまで歩いた。一階の席に座って、開会式がはじまった。朝日放送の羽谷直子アナウンサーの司会で、主催者あいさつのあと、桜の会・平成の通り抜け実行委員会委員長で建築家の安藤忠雄さんの大阪を元気にしようとういう話をきく。ピアニストの熊本マリさんとの対談のあと、熊本さんのピアノ独奏を聞いた。曲は「ノクターン」「子犬のワルツ」スペインの激しい曲2曲であった。
 準備体操として、ダンサー・振付士の真島茂樹さんのウオーミングアップがあった。

 靱公園まで歩いて、穏やかな午後をゆっくりと過ごして、フェスに戻る。
 グループに分かれて舞台にあがる。客席が圧迫感なく広がる。舞台裏のかって出演した人のサイン、カラヤンやベームが使った楽屋をみて、2階席の高いところにいってみる。

 いよいよ合唱である。舞台に上がって、清原浩斗先生の指導、矢吹直美さんのピアノ(2人は「1万人の第九」の大阪Cクラスの担当)で、第九のMのところをパート別に歌ってみる。経験者がかなりいて、最後はうまくまとまっていたと思う。「ふるさと」「今日の日はさようなら」を歌ったが、ソプラノで「ラララ」と素晴らしい声で歌う人がいて、感激で身が震えるようだった。
d0097373_2059331.jpg
d0097373_20592654.jpg

# by nori-126 | 2007-10-21 21:09 | クラシック音楽 | Comments(7)

特別展覧会 狩野永徳 京都国立博物館

 10月17日(水)、昨日はじまったばかりの狩野永徳の特別展覧会に行った。

    特別展覧会 狩野永徳
    2007年10月16日(火)-11月18日(日)
    京都国立博物館


d0097373_2315985.jpg
 京阪七条駅から東に少し歩いたところに赤いレンガの歴史ある門構えがある。その前に三十三間堂があって、修学旅行の中学生がのる観光タクシーが門から何台かでていった。

 館内に入ると、かなり大きな襖絵や屏風が並び、スケールの大きさに圧倒される。入ってすぐのところに展示されている墨絵の京都聚光院の襖絵は国宝で、特に花鳥図襖は、雄大な幹をもつ大樹に繊細な枝が整った印象を与えてくれる。

 永徳や狩野派の屏風絵や扇面、肖像画が展示された後に、多くの人が群がって見ていたのが、国宝の「洛中洛外図屏風」である。京都の名所や季節の暮らしを細かく描いたもので、少し離れてみると華やかであるが、まとまった構図にさすがに国宝と納得する。

 ポスターに使われている「唐獅子図屏風」は、その迫力に圧倒される。狩野派の屏風絵の中には、源氏物語や中国の故事から主題をとったものなど、趣の異なる絵が並べられていた。所蔵している施設は様々で、このように一堂に集めてくるということは、大変なことだったろうと思う。史上初の大回顧展といわれるだけのことはある。

 見終わってから、9月の熊野街道ウオークの時に入った常設展示をもう一度見直してみた。
 
d0097373_2323349.jpg

# by nori-126 | 2007-10-18 02:33 | 美術展 | Comments(2)

大阪歴史散歩 文楽ゆかりの地を訪ねる

9月に訪れた大阪ガスビルのすぐ南にある御霊神社は、約1km南にある難波神社と共に文楽にゆかりのある地である。10月6日の午後、晴天の中を歩いてみた。

 御霊神社 --  西本願寺津村別院(北御堂) -- 東本願寺難波別院(南御堂)
 難波神社 -- 初世中村雁治郎生誕地
 
 
 一度廃れた人形浄瑠璃を再興したのは、淡路島出身の植村文楽軒という人で、2代目が1811年に難波神社の境内の稲荷社に文楽の劇場を建てた。その後、1872年(明治5年)に遊郭のできた松島に移り、劇場を建てて文楽座と名付けた。

 難波神社には、明治17年に 植村家とは別の興行師が彦六座を建てた。1884年(明治17年)、植村文楽軒が御霊神社に文楽座を移して、両者が競ったが、彦六座は廃れ、文楽座は1926年(大正15年)に焼失するまで隆盛を極めた。文楽座の隆盛から、人形浄瑠璃を文楽と呼ぶようになったのである。 
 参考文献 林豊「史跡名所探訪 大阪を歩く 大阪市内編」 東方出版
        森西真弓 「演劇文化と堺ー伝統芸能と近代」 フォーラム「堺学」から

d0097373_2329432.jpgd0097373_23292663.jpg
御霊神社 
 この辺りは、昔、円形の入り江であって、守護神を祭ったのが起こりである。明治17年から大正15年まで文楽座があって、にぎわった。御霊文楽と呼ばれ、碑が建てられている。

d0097373_23305036.jpg
美々卯本店
 御霊神社のすぐ西に、うどんすきで有名な美々卯本店がある。御霊文楽が盛んだったので、周囲に多くの店があったとされる。



d0097373_23312377.jpg
西本願寺津村別院(北御堂)
 織田信長との合戦に敗れた石山本願寺は、紀州、泉州、大阪と移り、やがて京都へ移転した。大阪の門徒が1605年に現在地にお堂を整えたものである。
 


d0097373_23341226.jpgd0097373_23343144.jpg
東本願寺難波別院(南御堂) 
 松尾芭蕉は1694年10月12日に南御堂前の花屋で51歳の生涯を閉じた。本堂南側の庭園に、芭蕉の句碑「旅に病でゆめは枯野をかけまわる」がある。花屋の跡である御堂筋の緑地帯に「此附近芭蕉翁終焉ノ地ト伝フ」という石柱が建てられている。

d0097373_23374059.jpgd0097373_2338024.jpg
難波神社 
 植村文楽軒が人形浄瑠璃の興行を行った稲荷社があり、「稲荷文楽の跡」という碑が立っている。



d0097373_2335264.jpg
初世中村雁治郎誕生の地
 難波神社から西に四ツ橋筋を越えたところが、遊里のあった新町で、文楽には新町の遊女が登場する。厚生年金会館の南の新町北公園の西南角に「初世中村雁治郎誕生の地」の碑がある。初世中村雁治郎は、新町の置屋・扇屋に生まれた。
# by nori-126 | 2007-10-16 01:52 | 歴史散歩 大阪 | Comments(2)

ザ・シンフォニーホール開館25周年記念ガラ・コンサート 

 ザ・シンフォニーホールは開館25周年を迎えて、数々の記念コンサートが行われているが、メイン行事である記念ガラ・コンサートが10月13日と14日にあった。開館記念日である14日のThe 2nd stageに妻と娘の3人ででかけた。席は2階DD列36番であった

ザ・シンフォニーホール開館25周年記念ガラ・コンサート The 2nd Stage
2007年10月14日(日)3:00pm
[指揮]井上道義 [管弦楽]大阪フィルハーモニー交響楽団
[司会・進行]鮫島有美子
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
【千住真理子(Vn)】 プッチーニ(千住明編):歌劇「トゥーランドット」より “誰も寝てはならぬ”
モンティ(千住明編):チャールダーシュ
ヴェルディ(千住明編):歌劇「椿姫」より “花から花へ”
【大岩千穂・佐野成宏】 ヴェルディ:歌劇「椿姫」より
           “その日から”(ソプラノ&テノール二重唱)
           “ああ、そはかの人か~花から花へ”(ソプラノ)
           “あの人のそばを離れて歓びはない
             ~わたしのたぎるこころの”(テノール)
            前奏曲
           “パリを離れて”(ソプラノ&テノール二重唱)
           “乾杯の歌”(ソプラノ&テノール二重唱)
【及川浩治(P)】 リスト:ピアノ協奏曲 第1番
【ジェームズ・ゴールウェイ(Ft)】
   モーツァルト:フルート協奏曲 第2番 より 第3楽章
    モーツァルト:トルコ行進曲(with ジニー・ゴールウェイ)
   ヘンリー・マンシーニ :ピンク・パンサー
            :仔象の行進(『ハタリ』より)
            :Pie in the Face Polka(『グレート・レース』より)
レスピーギ:交響詩「ローマの松」  【土橋薫(パイプオルガン)】
  ボルジア荘の松 カタコンブ付近の松  ジャニコロの松 アッピア街道の松

 100人近い大編成での楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲は迫力があった。以前にも聞いたことがあるが、これだけ大人数の迫力ある演奏を聴く機会はめったにないであろう。

 千住真理子さんのバイオリン演奏は素晴らしかった。音色が少し荒く感じたのは、演奏方法か使用されているヴァイオリンによるものか?
 
 大岩千穂・佐野成宏さんのソプラノとテノールは高い音の響きを堪能させてくれた。ワイングラスを持って歌う乾杯の歌がよかった。リストのピアノ協奏曲 第1番はピアノの華やかな音色に圧倒された。

 ジェームズ・ゴールウェイと奥様のフルートの二重奏のトルコ行進曲がなんともいえない趣で、行進曲がこんな感じになるのかという驚きだった。

 最後にレスピーギの交響詩「ローマの松」は、110人くらいの編成で、パイプオルガンや終盤は2階の左右の客席に入れた6人のブラスも加わって、大・大・大迫力であった。

 独奏・独唱者は一人でリサイタルをする一流の演奏者である。その演奏を、一度に楽しめるという本当に贅沢な時間を過ごすことができた。

 残念なことは、すぐ後ろのおばさんが演奏中に(それもフルートやアリアの時に)話をすることであった。振り返って睨んだくらいでは止めることはなかった。
 
# by nori-126 | 2007-10-15 03:32 | クラシック音楽 | Comments(2)

神尾真由子 コンサート ザ・シンフォニーホール

神尾真由子 チャイコフスキー国際コンクール優勝記念 凱旋コンサート
2007年10月10日(水)19:00 ザ・シンフォニーホール
指揮:末廣 誠 大阪センチュリー交響楽団

オールチャイコフスキープログラム
歌劇「エフゲニー・オネーギン」より「ポロネーズ」
「懐かしい土地の思い出」作品42より「瞑想曲」 <二次予選の演目>
ワルツ・スケルツォ 作品34 <一次予選の演目>
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
 

 前々からコンサートで聴きたいと思っていたチャイコフスキーのVn協奏曲を聴くいい機会と思い、2週間前にチケットを買った。席は1階P列17番で、少し後方だが、中央よりわずかに左寄りで独奏者が正面にみられるという、願ってもない席であった。

 はじめに大阪府知事太田房江氏から、神尾さんへ知事賞詞贈呈式があった。演奏するのが、大阪府により設立された大阪センチュリー交響楽団というのは、偶然だろうか?

 2曲の予選の演目は、管弦楽のついた協奏曲のような形で、演奏技術をみるのに適しているのであろうが、特にワルツ・スケルツォは素人目にもかなりの技巧を必要とする曲と思われた。

  休憩のあとに、チャイコフスキーのVn協奏曲が演奏された。技術的にかなり難しい曲のようだし、演奏する時間も長いが、安定した演奏で、やっと生で聴けたと感激も大きかった。第1楽章が終わって拍手があったが、間違えて拍手したのではなく、盛り上がったからという感じでこれもいいものだと感じた。

 アンコール曲は「タイスの瞑想曲」だった。アンコールなしで、Vn協奏曲の余韻を楽しみたかったが、演奏時間が実質1時間くらいの演奏会だったので、アンコールがないと、あまりに短かすぎることになる。

 観客のマナーはよかったと思うが、のど飴をなめるようになったのはいつ頃からだろうか?あまり気にならないが、少し違和感を覚える。

d0097373_046817.jpg

# by nori-126 | 2007-10-11 01:08 | クラシック音楽 | Comments(2)

淡路島 サルビア・ケイトウ・コスモス

 10月7日(日)8日(月・祝)に一泊2日で、家族で淡路島へ行った。ペットの泊まれるホテルへ愛犬のラブラドールを連れての旅であるが、私の目当ては花を観て写真を撮ることである。
 
 8日は天気がくずれるとの予報なので、7日に、あわじ花さじきを訪ねた。とにかく広い斜面に、サルビア、ケイトウ、コスモスが植えられており、一角には大きなススキの群れがあった。天気がよくて、遠くに明石や神戸の町並みを望めた。海も雄大で景色も最高である。

 ここから淡路島国営明石海峡公園に行った。ここではコスモスが満開で、オレンジの花を中心に華やかなレイアウトと、紫系統のレイアウトがあった。いろいろな花が満開のところをみて満足できた花の旅であった。

あわじ花さじき ケイトウ ↓
d0097373_20364453.jpg

あわじ花さじき ケイトウ ↓
d0097373_2037833.jpg

あわじ花さじき コスモス ↓
d0097373_20372560.jpg

あわじ花さじき サルビア ↓
d0097373_20374037.jpg

あわじ花さじき ススキ  ↓
d0097373_2038445.jpg

淡路島国営明石海峡公園 コスモス ↓
d0097373_20382067.jpg

淡路島国営明石海峡公園 コスモス ↓
d0097373_20383651.jpg

# by nori-126 | 2007-10-08 20:54 | 花 四季彩々 | Comments(5)

1万人の第九 大阪Dクラス レッスン7

 1万人の第九のレッスンも後半に入って、7回目が10月3日にあった。

 レッスンが始まった時にテノールの席の3分の2は空いていた。あきらめて脱落した人がいるのだろうか。歌いだすとテノールの声は聞こえなくて、バスの声につられそうになった。テノールのパートが先生から指定されて歌うことも多かった。

 レッスンは、フーガを中心にそれ以前のところを部分的に手直ししていく。かなり細かいところまで要求されており、簡単には修正できない。歌っている私たちは一生懸命でわからないが、先生には音の揃ってないのが一目瞭然なのであろう。

 来週は先生が都合でお休みとのことである。代わりの先生がこられる予定だが、残念ながら私も都合で欠席しなくてはならない。24日の9回目までに今一度CDを聴いてしっかりと音がとれるようにしたい。
# by nori-126 | 2007-10-05 00:26 | 1万人の第九 | Comments(2)