感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-11-12 23:36
門真の第九 2018 第1回..
at 2017-11-12 23:22
国宝 第Ⅲ期 国立京都博物館
at 2017-11-09 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-11-07 01:17
関西二期会オペラ 魔弾の射手..
at 2017-10-29 21:35
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-10-29 21:29
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-29 21:14
バイオリンレッスン  第96回
at 2017-10-24 17:40
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-22 00:10
日本センチュリー響 第220..
at 2017-10-22 00:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(157)
(155)
(152)
(134)
(128)
(103)
(96)
(75)
(74)
(72)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


国宝 第II期 京都国立博物館

 10月18日(水)、国宝展の第Ⅱ期を見に行った。入場待ちはなかったが、1期の時よりも混んでいて、絵巻などは、かなり並ばないと目の前で見られない。1期と共通して展示されているものや通期で展示されているものは、ちらっと見て、新しく展示されたものを中心に見た。

 Ⅱ期で新たに展示される主なものは、以下のとおりである。
餓鬼草紙、彦根城所有の風俗図屏風、
清涼寺の釈迦如来立像
 中国北宋時代の制作で、飛鳥仏の様式、衣服の襞が見事である。
厳島神社の紺糸威鎧
龍光院の曜変天目
 小さい茶碗で、明かりが暗くて、青い輝きが感じられなかった。写真でみると鮮やかだが。前に見たことのある藤田美術館の曜変天目は、神秘的な青い光を放っていた。
最澄筆の目録
空海筆の聾瞽指帰
 テレビのブラタモリで紹介されていたが、前に見たことがあった。
空海筆の灌頂歴名、金剛般若経開題残巻 

 雪舟の6作品は、1期に続いて、Ⅱ期の途中まで展示されているので、見る価値は十分にある。また、仏像もほとんど1期と変わらないが、もう一度じっくりと見てみるのもよい。しかし、1期を見た人にしたら、Ⅱ期を見るとあまり、目新しいものがないので、物足りなく思うだろう。

 庭にパネルがあって、4人の女性の写真を撮ってあげた。雪舟の達磨の絵が顔出しになっている。あまり楽しいという絵ではないが。

d0097373_23522713.jpg
d0097373_23523358.jpg
 


 

# by nori-126 | 2017-10-18 21:46 | 美術展 | Comments(0)

モーツァルト「レクイエム」  あましんアルカイックホール

 10月18日(水)、モーツアルトのレクイエムを聴いた。2月と3月に、合唱団として、モーツァルトのレクイエムを歌うので、聴いておきたかった。モーツァルトのレクイエムを聴いたことが、1回だけある。2016年2月に、ウイーン楽友協会という一流の合唱団だった。少ない人数で素晴らしい歌声だった。

 あましんアルカイックホールに初めて行った。横に広い大きなホールで、舞台も広かった。ロビーには、何もなくて、飲料の自動販売機が置かれていた。休憩中でも楽しめる雰囲気が欲しい。

 2015年2月に南座で「蝶々夫人」の公演があったが、その時のオケが、西本智美さんと、イルミナートフィル、イルミナート合唱団だった。

西本智美指揮
ーヴァチカン国際音楽祭2017記念ー
モーツアルト「レクイエム」
2017・10・18(水)19時
あましんアルカイックホール

イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
イルミナート合唱団
ソプラノ 熊本佳永 アルト 野上貴子 
テノール 小堀雄介 バス 田中勉

モーツアルト「戴冠式ミサ」ハ長調K.317
モーツアルト「レクイエム」K.626

 戴冠式ミサは初めて聴いた。120人くらいの合唱団で、男性は20人くらいだが、男声がよく響いた。特にテノールの響きが目立った。オーケストラは、人数は多くないが、洗練された音で、レベルの高さを満喫した。休憩後にモーツァルトのレクイエムが演奏された。

 会場は、後ろの方の席が空いていたが、8割くらいの入りだろうか?かなり高齢の人が多かったが、他のコンサートと違って、あまり、クラッシックを聴いたことがない人が来ているようだった。前列に座っていた年配の女性が演奏中に話をしていたが、休憩後は戻ってこなかった。

# by nori-126 | 2017-10-18 21:44 | クラシック音楽 | Comments(0)

1万人の第九 2017 森ノ宮10 第3回

 10月15日(日)、1万人の第九のレッスンに行った。前回、欠席したので、3回目になる。後ろの方の席に座ったが、直ぐ後ろのバスの学生らしき若者が、先生の話している時に、ずっと話しをして、不愉快だった。休憩後には戻ってこなかった。

 レッスンは最初から、おさらいをして行った。音が正確に取りにくい所では、自分で音を確かめるように言われた。

# by nori-126 | 2017-10-18 16:52 | 1万人の第九 | Comments(0)

ラブリホール合唱団 レクイエム 第17回

 10月14日(土)、ラブリホール合唱団の練習に行った。バイオリンの発表会と、お通夜のために2回欠席をした。27回中、17回出席、10回欠席となる。

 ホワイエで、小玉先生の指導で、モーツァルトのレクイエムのConfutatisとDomine Jesu、その後にフォーレのレクイエムのSanctusと最初に戻って、KyrieとOffertoriumを歌った。

 モーツアルトのレクイエムは、他の合唱団でも練習しているので、かなり歌えるようになったが、フォーレは久しぶりなので、少し忘れていた。

 

# by nori-126 | 2017-10-15 23:35 | 合唱 | Comments(0)

アンナ・ネトレプコ ザ・シンフォニーホール

 10月12日(木)、アンナ・ネトレプコのコンサートに行った。昨年3月に東京と名古屋でコンサートがあり、東京まで聴きに行ったが、今回は東京2回と大阪での公演だった。観客は、1階席の後ろにごそっと空席があり、全体でいえば、7割くらいの入りだったかもしれない。先行予約で、F列17番といういい席が取れた。

 オーケストラは、オペラの演奏に慣れていないのではと危惧したが、オペラ専門の指揮者の指導もあるのか、違和感がなかった。演奏だけの4曲はどれも知っている曲で、楽しめた。特に、「ナブッコ」の序曲が聞けたのがうれしかった。

 終わってから、CDを買うとサイン会に出られると、CDを売る人が言っていてわかった。既に100人くらいが並んでいて、最後尾だった。私の後ろで3人の人がオペラの話をしていた。よく見ると前にリストランテアルベルゴセコンドで、歌を聴いたテノールのKKCさんだったので、あいさつをした。サイン会は、時間がかかりそうなので、あきらめて帰った。

 Anna Netrebko & Yusif Eyvazov
 in concert Japan 2017

ソプラノ:アンナ・ネトレプコ

テノール:ユシフ・エイヴァゾフ

指揮  :ミハイル・タタルニコフ

管弦楽 :関西フィルハーモニー管弦楽団

ゲスト :エルチン・アジゾフ(バリトン)


ヴェルディ:オペラ「ナブッコ」序曲

チレア:オペラ「アドリアーナ・ルクヴルール」から 

私は神の卑しいしもべです (ネトレプコ)

チレア:オペラ「アルルの女」から

    ありふれた話(フェデリーコの嘆き)(エイヴァゾフ)

プッチーニ:オペラ「蝶々夫人」から間奏曲

ヴェルディ:オペラ「ドン・カルロ」から

      二重唱「われらの胸に友情を」(エイヴァゾフ/アジゾフ)

ヴェルディ:オペラ「アイーダ」から勝ちて帰れ(ネトレプコ)

      今年の夏にザルツブルグ音楽祭で、評判になった役である。

ヴェルディ:オペラ「オテロ」から無慈悲な神の命ずるままに(アジゾフ)

ヴェルディ:オペラ「オテロ」から 夜もすでにふけた(ネトレプコ/エイヴァゾフ)

      * * *

プッチーニ:オペラ「トゥーランドット」から北京の人々よ~この宮殿の中で

      (ネトレプコ/エイヴァゾフ/アジゾフ)

      ネトレプコが、頭に飾りをつけて、パイプオルガンの前で歌った。

プッチーニ:オペラ「トゥーランドット」から誰も寝てはならぬ(エイヴァゾフ)

マスカーニ:オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」から間奏曲

ドヴォルザーク:オペラ「ルサルカ」から月に寄せる歌(ネトレプコ) 

        サラ・ブライトマンが、歌っていたので、イメージが重なった。

リムスキー=コルサコフ:オペラ「皇帝の花嫁」から

イヴァン・セルゲーヴィチ、庭に行きましょう(ネトレプコ)

レハール:オペレッタ「メリー・ウィドウ」から

     唇は語らずとも(ネトレプコ/エイヴァゾフ)

オペレッタも歌うネトレプコが、少し踊りも入れて歌ったが、最後にスリットの入ったドレスから足を曲げてみせたので、笑いが起きた。

マスカーニ:オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」から

      ママ、あのお酒は強いね(エイヴァゾフ)

ビゼー:オペラ「カルメン」から闘牛士の歌(アジゾフ)

ヴェルディ:オペラ「椿姫」から前奏曲

ヴェルディ:オペラ「イル・トロヴァトーレ」から

      静かな夜に…嫉妬と愛と屈辱の炎が(ネトレプコ/エイヴァゾフ/アジゾフ)

      二人の男性から愛される葛藤を、演技で見せた。

アンコール オーソレミオ




# by nori-126 | 2017-10-13 12:31 | オペラ・バレエ | Comments(0)

住之江の第九 2017 第6回 

 10月11日(水)、住之江の第九の練習があった。少し遅れて、発声練習の終わる頃についた。木村先生の指導で、初めから終わりまでを通して練習した。今までにも言われたことを、繰り返し指摘されて、直していった。

 終わってから、5人で居酒屋に行ったが、初めて「どんのうば」という店に行った。

# by nori-126 | 2017-10-13 12:24 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

北斎ー富士を超えてー あべのハルカス美術館

 10月11日(水)、北斎展を見に行った。2時過ぎに着くと、入場待ちはなかったが、チケットを買うのに、20分ほど並んだ。中は、人が一杯で、作品の前に人が並んで、少しずつ進んで行く状態だった。NHKが特集の番組をいくつか放映しており、それを見て来場する人も多いのだろう。気にいった作品を少し待ってじっくりと鑑賞した。

 89歳まで生きた葛飾北斎(1760-1849)の晩年30年の肉筆画を主に紹介している。今までに浮世絵の作品は見たことがある。期間中に展示替えがあり、北斎の娘の応為の絵3点は、1点が通期展示で、2点は限定公開である。

第1章 画壇への登場から還暦 
 20歳頃から50歳頃までの錦絵などが展示されている。

第2章 富士と大波
 富嶽三十六景の版画がいくつか展示されている。有名な富士の絵3点は通期展示である。前にも見る機会があった。

第3章 目に見える世界
 諸国滝廻、諸国名橋奇覧や植物や鳥などの版画が展示されている。精密なスケッチが基礎になっているのがよくわかる。

第4章 想像の世界
 詩哥写真鏡、百人一首うばがゑときなどの古典に取材した錦絵が展示されている。

第5章 北斎の周辺
 北斎の娘、応為の描いた「月下砧打ち美人図」と「関羽割臀図」が展示されている。美人図の艶めかしさは、北斎には描けない境地である。吉原格子先之図は、最終日前2週間の限定公開で、残念ながら見られなかった。
 小布施の上町祭屋台天井絵「濤図」は、北斎が到達した波の集大成である。手前の波頭から、奥に続く波のうねりに、未来に続くかのような奥行きを感じられる。

第6章 神の領域
 最晩年の肉筆画が多く展示されていて、見る価値がある。「富士越竜図」は富士山から竜が上るところで、小さな竜というのも珍しいが、富士山の大きさを表しているともいえる。「雪中虎図」の虎の顔は、ディズニーのキャラクターのように見えてひょうきんである。北斎の到達した、もしくは到達したい境地を表しているようである。

d0097373_00255472.jpg
  
 
  

# by nori-126 | 2017-10-13 11:32 | 美術展 | Comments(0)

大阪城本丸薪能2017 第2夜

d0097373_14495755.jpg
 10月8日(日)、薪能を見に行った。大阪城本丸広場の特設舞台で、ライトアップされた本丸をバックに能と狂言があった。

 雨天の場合は、能楽堂に変更になる予定だったので、晴天で予定通り行われてよかった。

 VIP席は前の方で、プログラムが付いてくる。遅くにチケットを取ったので、舞台左横から見る4列6番だった。

大阪城本丸薪能2017 第2夜
2017・10・8 18時
大阪城本丸広場 特設能舞台

 かがり火が3か所にあり、初めに、豊国神社の神主さんによって、火が灯された。後は、担当の黒子さんが、火の勢いを見ながら、薪を足していた。

狂言 呼声
 野村萬斎 内藤連 中村修一

 従者の太郎冠者が顔を見せないので、主人が次郎冠者と家に行く。太郎冠者は、声を変えて居留守を使う。居留守とわかって、平家節、小歌節、踊り節で呼びかける。最後は踊りながらでてきてばれてしまう。

能 俊寛
 大槻文蔵 浦田保親 齋藤信輔 福王知登 高野和憲

 文楽や歌舞伎でも知られる俊寛の話を能で初めて見た。赦免の使いが旅立つところから始まる。鬼界が島では、藤原成経と平康頼が祈っているところへ、俊寛が現れる。赦免使が赦免状を渡すが、そこに俊寛の名がない。俊寛を残して船がでていく。

 俊寛は生きている人物だが、例外的に面をつける。俊寛にしか使われない専用面で、落胆した表情の面である。歌舞伎と違って、能では、強い感情を表すのは、難しそうである。面をつけた演技は、文楽の人形とも通じるものがあるのではと感じられた。

能 大江山
 大槻裕一 福王茂十郎 福王知翁 喜多雅人 中村宜成 
 是川正彦 矢野昌平 野村萬斎 野村太一郎

 源頼光が命を受けて、家来と共に、山伏姿に変装して、大江山に向かった。強力(萬斎)が洗濯女と出会い、酒吞童子の宿に泊まる。酒吞童子は、酒を飲んで踊る。眠った所を頼光らが襲い、首を上げる。

 強力と女の掛け合いは、狂言で、合間に笑いを呼ぶ。酒吞童子は、鬼の本性を現すと、衣装も面も変わる。能には珍しい立ち合いがあり、最後に酒吞童子の首を上げるのも珍し演出だということである。

 本丸広場の前の市立博物館が改装されて、19日からレストランなどが入るビルとして開業するとのことである。幽霊屋敷のようだった建物が活用されるのは喜ばしい。

 ライトアップされた大阪城を見ながら、梅林横を通って、青屋門から大阪城ホールへ抜けて、駅前のジョーテラスを初めて見た。こんな広いスペースがどこにあったのだろうかと思うのだが、観光客だけでなく、ここを目当てに訪れる人も増えそうである。

d0097373_14500577.jpg
d0097373_14501088.jpg



# by nori-126 | 2017-10-09 14:46 | 古典芸能 | Comments(0)

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ザ・シンフォニーホール

 10月8日(日)、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会に行った。ソリストのアリス=紗良・オットさんは、2年前の1万人の第九で演奏されたが、その後、コンサートでも聴いたことがある。席はプレミアムと銘打ったI列21番で、通路のすぐ前でほぼ中央である。

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
2017・10・8 14時
ザ・シンフォニーホール

[指揮]ぺトル・アルトリヒテル
[ピアノ]アリス=紗良・オット

ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」 op.92
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 「皇帝」 op.73
(ピアノ:アリス=紗良・オット)
ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 「新世界より」 op.95

 謝肉祭を聴いた時から、オケの響きの良さが感じられて、その後の演奏が待ち遠しいという感じがした。こういう経験は初めてである。ブラスの響き、大きな音の透明感だけでなく、小さい音の繊細さ、そして弦楽器の高い音の柔らかさ、一体感に、久し振りに崇高な感じを味わえた。

 真っ赤なドレス、いつものように裸足で登場したオットさんは、何度か聞いたことのある皇帝を、流れるような響きで演奏された。難しいはずの指の動きが簡単そうに見えるのが不思議である。オケもピアノを盛り上げるように、演奏した。アンコールの「エリーゼのために」も、知っている曲なのに、こんな風にも響くのかという驚きがあった。

 「新世界より」もよく知っている曲であるが、演奏が素晴らしいと、新しく聴くような錯覚に陥る。久しぶりにオケの響きに没頭できた。アンコールは、ドヴォルザークのスラブ舞曲第2集から7番、8番が演奏された。

# by nori-126 | 2017-10-09 13:58 | クラシック音楽 | Comments(0)

ロンドンフィル日本ツアー2017 フェスティバルホール

 10月7日(土)、ロンドンフィルのコンサートに行った。辻井伸行さんがソリストなのが魅力である。席はBox D列6番とほぼ中央である。休憩時間に、同業の南港のHMMTさん夫妻に会って話をした。

ウラディミール・ユロフスキ指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
日本ツアー2017 ピアノ 辻井伸行
2017・10・7 15時
フェスティバルホール

ワーグナー ニュルンベルクのマイスタージンガー
      第一幕への前奏曲
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 
チャイコフスキー 交響曲第5番

 ニュルンベルクのマイスタージンガーは好きな曲であるが、オペラをシネマでみてから、場面を想像することで、余計に好きになった。

 ピアノ協奏曲は、何度か聞いたことがあるが、オケとピアノの力関係のようなものが、最近は気になる。ホールやピアノにもよるのだろうが、オケの音が強すぎて、ピアノの音があまり聞こえない箇所があった。ソリストがそのような意図で弾いているのかもしれないが。

 交響曲5番も何度か聞いたことがあって、すごく盛り上がる曲ではあるが、そこに勢いだけでない響きが感じられないと、あまり感動しなくなってしまった。アンコールはエフゲニー・オネーギンのポロネーズだった。

 ピアノ協奏曲の第1楽章が終わったところで、拍手する人があった。バイオリン協奏曲でもよくみられるが、しないほうがマナーだと思う。そしてもっと驚いたのは、隣にいたジーンズをはいた男性が「ブラボー」と声をかけたことだった。楽章の間でブラボーと聞くのは初めてだった。

d0097373_14080080.jpg

# by nori-126 | 2017-10-09 13:27 | クラシック音楽 | Comments(0)