感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
シネマ「ミスサイゴン25周年..
at 2017-03-14 19:25
LA FENICE 天地創造..
at 2017-03-14 19:22
日本センチュリー響 第215..
at 2017-03-14 19:16
英国ロイヤルオペラシネマ「イ..
at 2017-03-13 17:40
LA FENICE 「天地..
at 2017-03-07 02:56
大阪狭山池 アオジ・モズ・ホ..
at 2017-02-28 22:32
バイオリンレッスン 第85回
at 2017-02-28 19:31
河内長野ラブリーホール合唱団..
at 2017-02-27 01:59
MET ライヴビューイング ..
at 2017-02-27 01:49
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(150)
(133)
(127)
(117)
(94)
(91)
(72)
(69)
(63)
(53)
(50)
(49)
(45)
(44)
(38)
(37)
(34)
(19)
(18)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


門真の第九 2017 第8回

 2月4日(土)、門真の第九のレッスンが公民館であった。少し遅刻していくと、発音練習が始まっていた。体の形や顔の形などの基本を確認しながら、母音での発声、マママで、パパパで、レガートでと変化させていく。

 いつものようにDの部分から、おさらいをしていく。発声の基本的なことが多くて、細かい手直しはない。男性合唱などを丁寧にした。テノールはほめてもらった。先生には、アルトとソプラノの弱さが気にいらないのだろう。

 フーガから最後までを歌って練習が終わった。終わってから門真市駅近くの居酒屋に10人で行った。KMSR、KMR、SKGC、YMGC、KBYSさん義妹の常連に、4人の初めてお会いする方達である。ENDさんは住んでいるところがすぐ近くだった。

# by nori-126 | 2017-02-06 02:06 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

バイオリンレッスン 第83回

 1月31日(火)、バイオリンのレッスンに行った。2週間前は体調が悪くてキャンセルしたので、1か月以上ぶりで、今年初めてのレッスンとなる。
 
 基本練習がなかなか進まないが、弓の練習では、八分音符の2音の繰り返しで詰まっている。テンポが遅くなってしまう。イチとニとサンとヨンとが正確に言えてない。弓の移弦では、大きく角度をつけすぎるといわれた。また、次の音を準備するのが遅れることも指摘された。

 ワルツはかなり弾けるようになった気がする。まだ弓を十分に使う余裕はないが。楽しき農夫もかなり弾けるようになった。音を間違って覚えているところがあった。E弦で肘を外に向けることで指を立てることができる、指の付け根でネックを支えることで1指の位置が安定することを言われた。練習が必要である。


# by nori-126 | 2017-01-31 18:49 | バイオリンレッスン | Comments(0)

LA FENICE 合唱団 臨時練習

 1月29日(日)夕方から、合唱団の有志による臨時練習があった。本町のスマイルズミュージックに18人が集まって、辻本先生の指導で最初からいくつかのところを歌ってみた。音が低くならないように、音を準備してだす、音をずり上げない、意味を理解して歌う、音を切らないでレガートで歌うなどの具体的な注意があった。eine neue は初めにアクセントがあり、後のエはあいまいなエになる。

 終わってから、近くの鳥の店で、食事をして酒を飲んだ。NKTさん、IWMTさん、MEYMさんは前から知っているが、ISIさんは話をするのが初めてだった。

# by nori-126 | 2017-01-30 03:09 | 合唱 | Comments(0)

英国ロイヤルオペラ シネマ ホフマン物語

 1月29日(日)、英国ロイヤルオペラのシネマを見に行った。以前からオペラとバレエのシネマをしているが、初めて見る。幕間に前もって録画したインタビューなどを見せてくれる。40分ほど遅刻したが、大阪ステーションシティではチケットを売ってくれた。

 英国ロイヤルオペラ オッフェンバック「ホフマン物語」
 上演時間 4時間16分(休憩30分)
 演出 ジョン・シュレシンジャー 指揮 エヴェリーノ・ピド
 ホフマン:ヴィットリオ・グリゴーロ
 4人の悪党:トーマス・ハンプソン
 ニクラウス:ケイト・リンジー
 オランピア:ソフィア・フォミーナ
 ジュリエッタ:クリスティン・ライス
 アントニア:ソーニャ・ヨンチェンヴァ

 昨年、METライブビューイングでみたホフマン物語と、オランピアとアントニアを除いて同一の歌手である。同じ歌手でも衣装は違うので、感じは異なる。映画監督のシュレシンジャーの演出で、舞台も衣装も重厚で手がこんでいる。グリゴーロの服装は、回想場面では汚らしい格好になる。ハンプソンは4役がそれぞれ全く別人のように扮装を変える。

 3人の女性の登場の順番は、METのジュリエッタとアントニアが逆になっていた。未完のオペラなので自由に演出できるところが多いという。舞台はそれぞれの場面で雰囲気もすっかり変える。合唱団の人数も多くて、贅沢である。この演出は今回が最後になるというが、こんな贅沢な演出を続けることは今の時代には困難なのだろう。

 ニクラウスとジュリエッタの二重唱は、素晴らしいメドレーであるし、合唱が素晴らしいことを今回知った。ふと、こんな合唱を舞台で歌えたらなあと思った。オペラの合唱をよく歌っている人の気持ちがよくわかる。

# by nori-126 | 2017-01-30 03:02 | オペラ | Comments(0)

門真の第九 2017 第7回

 1月28日(土)、門真の第九の練習に行った。ルミエールホールの小ホールで練習があった。少しだけ遅刻したが、発声練習の後、最初からおさらいをしていった。おさらいといっても、ラララで歌わせたり、母音だけで歌ったりと基礎の見直しである。

 新しくRのところから練習をした。少しずつ手直しをしながら、最後まで歌った。パート別で歌ってみることがいつもより多い印象だった。隣で歌っている男性が、uberm を ウーべルムと歌っているように聞こえるので、持っている楽譜を見せてもらうとユーべルムと振り仮名がふってある。1万人の第九の楽譜には、イュ-べルムとなっていて、ウではなく、イに近い音になる。

 終わってから、同業者のレクレーションで、食事会をすることになっているので、岸和田に向かった。電車でMEHRさんと話をしていた。

# by nori-126 | 2017-01-30 02:56 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

初春文楽公演 第2部

 1月25日(水)、文楽を見に行った。第1部は、今月は時間がなくて行けなかった。正月の飾りがあるのが、少し時期遅れの感じである。ここ数年は、正月に第1部を見るのを恒例にしていたが、今年は東京に行っていたので行けなかった。

 平日であり、お客さんの入りは3割くらいか?こんなに淋しのは久しぶりである。お染久松の一部の通しで前にも見たことがあるが、質店の段は初めてかも知れない。通しを2回見ているが、抜粋なのですべてを演じるわけでない。

お染久松 染模様妹背門松
油店の段 咲甫太夫/清友 咲太夫/燕三
 番頭善六と大阪屋源右衛門という悪役のやり取りが面白い。箒を三味線に見立てて掛け合いをする。ギャグが盛り込まれていて、咲太夫さんが真面目な顔で、「アイハヴァペン」とピコ太郎の真似をしたり、「君の名は」「善六でございます」と語るのはおかしい。前回は「整いました」とやはり咲太夫さんが語った。

生玉の段 芳穂太夫 小住大夫/團吾 錦吾

質店の段 千歳太夫/富助

蔵前の段 松香太夫 三輪太夫 希太夫 津國太夫 南都太夫/喜一朗 燕二郎

d0097373_03583421.jpg


# by nori-126 | 2017-01-26 10:39 | 文楽 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第10回

 1月22日(日)、LA FENICEの練習があった。本山先生の指導で、第3部34番を歌った。少しずつ指摘されて直していく。ソプラノの音が低くなることがあるというのが、以前からよく言われている。テノールも細かい音の動きをどのように歌うかということを教えていただいたが、十分に理解しているとは言いがたい。

 休憩の後に、最初からおさらいをしていって、後半で、キリエを歌った。音が取れるようになって、かなりいい感じになっている。4月の公演のチラシをもらったのと、チケットを買った。

# by nori-126 | 2017-01-23 01:51 | 合唱 | Comments(0)

第115回 上方落語をきく会 夜の部 シアタードラマシティ

 1月21日(土)、上方落語をきく会に行った。ABCラジオが、昭和30年から続けているラジオの公開放送で、第39回と第44回を聴いたことがある。5年前から4回聞いている。

ABCラジオ 第115回上方落語をきく会 夜の部
2017.1.21(土)17時半
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシアター

笑福亭呂好「つる」
桂吉弥「地獄八景亡者戯」
笑福亭三喬「らくだ」    

 席は19列37列と舞台からはずいぶんと遠い。前座の後に、三代澤康司さんと伊藤史隆さんが登場した。いつもの上泉プロデューサーは体調不良ということで、戸屋プロデューサーが合図を出していた。

 夜の部は、大ネタ二つだけということで、桂吉弥の「地獄八景亡者戯」と笑福亭三喬の「らくだ」である。17年前に二人の師匠である吉朝と松喬が演じたというが、二人とも惜しまれながら亡くなってしまった。

 地獄八景亡者戯は、50年程前に桂米朝が復活させたというか、新しく作ったということが話題になり、ラジオで1時間以上のネタを聴いたのを覚えている。その時々の時事ネタを入れて、自由に話を作れるので、聞くたびに新鮮である。後半部分の本来の話である鬼の腹の中での話の枕がとてつもなく長くなったという形である。

 吉弥は、最近なくなった人の名前を入れて、途中でやしきたかじんの真似をして、サングラスをかけて、カラオケをかけて歌を歌った。話はうまいが、こういうネタはあまり合わないのかもしれない。話のうまさというよりも、はじけた面白さが要求されるネタである。

 休憩の後に、三喬が登場した。紙屋が酒を飲んですこしずつ変わっていく様を、時間をかけて丁寧に演じた。時間がないと豹変したような印象を与えるが、これはテレビなどでは味わえない楽しみである。上方落語をきく会で、三喬の話を何度か聞いているが、よどむところが全くないのは感心する。大御所の風格のようなものさえ感じられた。

d0097373_01551435.jpg

# by nori-126 | 2017-01-23 01:19 | 古典芸能 | Comments(0)

門真の第九 2017 第6回

 1月21日(土)、門真の第九のレッスンが公民館であった。指導の小玉先生が体調不良で来れないということで、担当する人たちが急遽相談して、ピアノの矢吹先生と世話人の方に指導をしていただくことになった。

 初めに男性が別の部屋で、矢吹先生の指導で、初めからのおさらいとフーガを歌った。狭い部屋で歌うと音が響いてうまくなったように気になる。余計に声を張り上げてしまうことにもなるが。IZWさんが、WeltのWがBになっていることを指摘された。

 広いホールに戻って、フーガを歌った。

# by nori-126 | 2017-01-23 01:01 | 第九(1万人の第九以外) | Comments(0)

初春大歌舞伎 夜の部 松竹座

 1月18日(水)、歌舞伎を見た。毎年、1月4日の貸切り公演の夜の部を、事務職員のご夫婦と観るのが恒例だったが、数年前から行かなくなった。その方も、昨年夏に転居されて退職された。

 今年は、正月に東京に行ったので見られなかったが、仁左衛門の冨樫を見たくてチケットを取った。席は14列10番だった。

 八代目 中村芝翫と、3人のお子さんの同時襲名披露であり、2階のロビーには、歴代の芝翫や襲名する人たちの舞台の写真などが飾られている。先代の芝翫の芝居を見たことがあり、幡随院長兵衛の女房役が印象に残っている。お祝いの絵馬が多く並ぶ中に、京都在住の同業の歌舞伎ファンのUMさんのがあった。

一、鶴亀
女帝   藤十郎 鶴    国生改め橋之助
亀    宗生改め福之助 従者   宜生改め歌之助

 三兄弟の襲名記念の舞踊である。子どもの頃に謡を習っていたが、一番最初に習うのが鶴亀だった。「それせいようの春になれば」という出だしを懐かしく聞いた。三兄弟の踊りは、洗練されたとはいえないが、若さに溢れている。橋之助はかなり形になっていた。藤十郎はあまり動きはないが、身のこなしはさすがである。若い人たちが少しでも近づきたい目標である。

二、口上
 藤十郎の仕切りで、孝太郎と東蔵が女方でないのは珍しい。我當さんが体調が悪そうなのに、挨拶をされるのは律儀である。列の端にいた幹部昇進して梅花を襲名した芝喜松さんを紹介したのは珍しかった。

三、歌舞伎十八番の内 勧進帳
武蔵坊弁慶   橋之助改め芝翫   源義経     魁春
亀井六郎    国生改め橋之助   片岡八郎    宗生改め福之助
駿河次郎    宜生改め歌之助   常陸坊海尊   橘三郎
富樫左衛門   仁左衛門

 勧進帳は何回も見ているが、芝翫は若さがあって勢いがある。力が入り過ぎている面もあるが、荒事の大きさを持った人なので、きっと立派な弁慶になると期待できる。花道の六方での引っ込みは、少し迫力が足りない気がした。団十郎の時の感動がなかった。。
 
 仁左衛門の富樫がお目当てだった。勧進帳は弁慶よりも富樫の方が主人公のように思う。有能な武士でありながら、弁慶の忠義に打たれて、職務を放棄する(それは我が身に災いをもたらすであろうに)という心情を見事に演じた。菊五郎の富樫もよかったが、仁左衛門の方が、心の葛藤を感じさせる繊細さがある。

 義経は、あまり目立たない役だが、それでもある程度の存在感が欲しい。魁春が女方だけをする人なので少し物足りない。四天王の3人は三兄弟で、場を踏んで経験を増やすという段階か。橘三郎がそれをまとめているという立場だが、少し差があり過ぎて、四天王ではなく、一人の王と3人の王子たちみたいだった。

四、雁のたより
髪結三二五郎七  鴈治郎      花車お玉     孝太郎
若殿前野左司馬  亀鶴       愛妾司      児太郎
乳母お光     芝喜松改め梅花  医者玄伯     寿治郎
家老高木治郎太夫 彌十郎      若旦那万屋金之助 橋之助改め芝翫

 あまりよく覚えていなかったが、随分前に藤十郎で見たことがある演目である。鴈治郎が軽快な感じで見せるが、一人で演じる時は、力が入っているようで余裕が感じられない。掛け合いで演じる時はいい味を出している。橋之助と掛け合いで、女ぐせが悪いことをネタにして笑わせた。鴈治郎にもっと余裕がでてくれば、上方の伝統を受けついで、大事にして欲しい演目である。

 亀鶴がひょうきんな役で笑わせる。いつも真面目な役が多いのを知っていると余計におかしい。こういう上方の演目は、江戸歌舞伎にない楽しみである。

d0097373_03330408.jpg


# by nori-126 | 2017-01-20 00:59 | 歌舞伎 | Comments(0)