感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


LA FENICE レクイエム・ミサ 第4回

 7月16日(日)、LA FENICE の練習があった。午後1時から5時までという長い時間、辻本先生が堀江アルテで、ピアノと合唱の指導をされた。参加者は50人くらいだろうか? 

 前回練習した Credo を出席できなかった初めての人のためにと、言葉の読みから、リズム読みをした。さらにその後を、発音、リズム読み、パート練習をして、ほぼ最後まで歌った。この辺りはあまり自信がない。特に言葉が詰め込まれているところがあって、うまく言えないところがある。これは練習するしかない。覚えてしまうまで歌いこむことである。

# by nori-126 | 2017-07-16 21:55 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第11回

 7月15日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小玉先生の9回目(内8回参加)である。次回からは、また中村先生が指導される。モーツアルトのレクイエムのOffertoriumとSanctusを歌った。

 ソプラノは発声がおかしい、アルトは弱い、バスはテンポが遅い人がいると言われた。テノールは褒めてもらえたが、歌っている人が少ないと言われた。声のいい人が大きい声で歌うのがよく聞こえる。

 レクイエムを初めから、今日習ったところまで歌ってみた。その後、フォーレのレクイエムを初めからSanctusまで歌った。帰りは、特急「こうや」に乗った。小玉先生とMYZKさんが一緒だった。

# by nori-126 | 2017-07-16 01:45 | 合唱 | Comments(0)

バーンスタイン「ミサ」 フェスティバルホール

 7月15日(土)、バーンスタインの「ミサ」を聴きに行った。レナード・バーンスタインが1971年9月にケネディ・センターの杮落としのために作曲した作品である。当時のベトナム戦争と反戦運動を背景に、宗教と音楽の問題を組み込んだ作品である。聖杯を壊す場面もあり、反宗教的として、欧米では上演中止になったこともあるらしい。

 上演には、多額の費用がいるらしいので、23年ぶりの国内上演とのことだが、井上道義さんのプロデュース力のおかげだろう。二度と見られないかもしれない。席は11列20番と前から5列目の中央からやや左よりといういい席だった。

第55回大阪国際フェスティバル2017
バーンスタイン シアターピース「ミサ」
~歌手、演奏家、ダンサーのための劇場用作品
2017.7.15 14時開演
フェスティバルホール

総監督・指揮・演出・字幕訳 井上道義
大阪フィルハーモニー交響楽団
大阪フィルハーモニー合唱団

大山大輔 小川里美 小林沙羅 鷲尾麻衣 野田千恵子 幣真千子 森山京子
後藤万有美 藤木大地 古橋郷平 鈴木俊介 又吉秀樹 村上公太 加耒 徹
久保和範 与那城 敬 ジョン・ハオ 込山直樹(ボーイ・ソプラノ)
キッズコールOOSAKA
堀内充バレエプロジェクト
大阪芸術大学舞台芸術舞踊コース

 舞台の中央に祭壇があり、奥に合唱団が並んでいる。オケピのオーケストラ以外に、舞台両袖にブラスが10人づつくらい、舞台の両端にポップスの楽団が並ぶ。舞台の中央に十字架があり、それに字幕がでてくる。オリジナルの演出との違いはわからないが、様々な演出の工夫がされていて、驚かされる。

 初めに舞台にジュークボックスがでてくる。進行役の司祭を、バーンスタインとする解釈である。観客席2階から、録音のコーラスが聞こえてきたリ、ダンサーの踊りや、動物に扮した人の登場(まるでキャッツみたい)など、ミュージカルやオペラのようである。

 休憩の時に同業のNKJMさんと、同じ合唱団所属のUCHSさんに会ったが、この二人は知り合いである。同じ合唱団所属のKTMRさんにも会った。終わってから、大阪フィル合唱団で出演したNKT、MEYM、IMI、ISI、YMKWさんに会った。見に来ていた知り合いのIWMTさんらに会った。公演は前日も行われており、合唱団の知り合いの人が多く見に来られていたらしい。
d0097373_01594899.jpg


# by nori-126 | 2017-07-16 01:43 | クラシック音楽 | Comments(0)

七月大歌舞伎 夜の部 松竹座

 7月12日(水)、半年ぶりに歌舞伎を見に行った。毎年、7月は松竹座で関西・歌舞伎を愛する会として、関西歌舞伎の俳優を中心に公演が行われる。夜の部に仁左衛門がでるので、夜の部だけを見に行った。

 舌出三番叟
 三番叟 鴈治郎  千歳 壱太郎

 舞台全体にお囃子方が並び、音楽が鳴る前に、二人が登場する。おめでたい演目の三番叟のバリエーションというところだろうが、

 盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)
 序幕・二幕目 大詰

 薩摩源五兵衛  仁左衛門    三五郎  染五郎
 六七八右衛門  松也      芸者菊野 壱太郎
 助右衛門    錦吾      芸者小万 時蔵
 家主      鴈治郎     同心   松之助

 平成23年2月に松竹座で、仁左衛門で見たことがある。この時は、愛之助や芝雀が出ていた。鶴屋南北が、忠臣蔵と四谷怪談を背景に、書いた狂言である。ちょっとした行き違いから、塩谷家の浪人の薩摩源五兵衛(不破数右衛門)が、金を騙し取られたのを怒って、大勢の人を殺すという、残忍なストーリーである。
 
 仁左衛門の冷静な立ち振る舞いが、ぞくぞくとさせる。優男が悪人を演じる魅力である。染五郎がチンピラ風の感じをよく出していた。松也は、少し滑稽な感じの狂言回しであるが、こういう役もこなせると芸の幅が広がる。鴈治郎は、やはり上方の雰囲気があるので、江戸の狂言には、少し違和感がある。

 舞台が終わって、仁左衛門と染五郎が、衣服を直して、お客さんに挨拶をした。こういう演出は通し狂言では、時にみられる。



 

# by nori-126 | 2017-07-13 00:40 | 歌舞伎 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第3回

 7月9日(日)、午後6時から、LA FENICEの練習が堀江アルテであった。昼から、大雨警報などがでる天気だったが、少し雨が降る程度で無事、開催された。

 辻本先生のピアノで、杉田先生が「ネルソンミサ」の Credo の前半を新しく練習して、Gloria の復習をした。各パートで歌ったり、二つのパートで合わせてみたりして、声を合わせることの大切さを強調された。

 今日は、大阪フィルの合唱団と兼ねている人たちが、大阪フィルのバーンスタインの「ミサ」の指揮者指導のために、おられなくて、少し頼りない感じがした。前回も持っていった、ミサ曲の歌詞と訳のコピーを30部持っていったら、希望者が多くて、無くなってしまった。

 

# by nori-126 | 2017-07-09 23:49 | 合唱 | Comments(0)

ラブリホール合唱団 レクイエム 第10回

 7月8日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。少し遅刻した。小玉先生の指導の7回目(私は6回目の参加)で、モーツァルトのレクイエムを練習した。テノールとバスの上手な人がおられなかったので、音の高さの間違いなどを指摘された。全体にソプラノやアルトの発声法が悪いという指摘もあった。

# by nori-126 | 2017-07-09 01:20 | 合唱 | Comments(0)

日本センチュリー交響楽団 第218回定演 ザ・シンフォニーホール

 7月8日(土)、日本センチュリーの定演に行った。お客さんの入りは8割くらいだろうか?席は1階Q列35番だった。

日本センチュリー交響楽団 第218回定期演奏会
2017.7.8(土)14時開演
ザ・シンフォニーホール

指揮:ヤーノシュ・コヴァーチュ
チェロ:イェンス=ペーター・マインツ

リスト:交響詩「前奏曲」
シューマン:チェロ協奏曲 イ短調
コダーイ:ハンガリー民謡「飛べよ孔雀」による変奏曲
コダーイ:ガランタ舞曲

 リストの前奏曲は聞いたことがあるが、他は初めてである。定演では、全く聞いたことのない曲も聴くが、最近はどうも眠気に誘われることが多い。知らない曲でも演奏が進むにつれて、感動することもあるのだが。前回と今回の定演は、知らない曲のオンパレードだった。

 終わって帰る時に、合唱指導のHNU先生にお会いした。ロビーに多くの団員の方が来られて行て、ビオラのIIDさん、ヴァイオリンのIKHRさんと話をした。

# by nori-126 | 2017-07-09 01:17 | クラシック音楽 | Comments(0)

1万人の第九 懇親会

 7月5日(水)、1万人の第九の仲間で、久しぶりに飲み会をした。もともとは、10年くらい前の、水曜日の淀屋橋でのクラスに参加した人たちを中心に、徐々に参加者が増えていったが、今年から、水曜日のクラスはなくなってしまった。

 水曜日の淀屋橋クラスに参加していた人は、ほとんどなく、参加のクラスはばらばらだが、それでもよりどころとしていたクラスがなくなると、集まりにくい。何か月かに1回くらい日を決めて集まる機会を持ちたいものである。

 参加者は、ON、YKT、KBYS、THK、WTNB、KMSR、SKGCさん、それにYKTさんが連れてこられた同じ職場の女性。1万人の第九の抽選が今月下旬にある。12月に大阪城ホールで再会したいものである。

# by nori-126 | 2017-07-06 11:51 | 1万人の第九 | Comments(0)

バイオリン発表会 堺市福祉会館

 7月2日(日)、通っているバイオリン教室の発表会があった。今回で4回目の参加になる。1時に堺市福祉会館に集合して、ホールでリハーサルをした。舞台に上がって、音を合わせてもらった後に、曲を演奏する。

 3時から本番で、小さい子から大人まで、最年長は私だと思うが、12人が演奏をした。私は、コレルリのガボットを演奏したが、緊張すると思うようにいかない。うまく弾こうとするから緊張するのだろうが、

 今年は、合奏に先生の編曲の「美女と野獣」が初めて演奏された。比較的上手な人達が、バイオリン2パート、ビオラと分かれて合奏した。その後に、例年の全員による「きらきら星」の合奏があった。全員で記念撮影をして、発表会が終了した。

# by nori-126 | 2017-07-02 21:55 | バイオリンレッスン | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第9回

 7月1日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。夕方に、バイオリンの発表会のための、ピアノ合わせがあったので、ラブリーホールに着いたのが、1時間遅刻だった。休憩になるのを待って、小ホールに入った。

 小玉先生の指導の6回目で、私は5回目になる。モーツァルトのレクイエムの Domine Jesu を歌った。発音やリズム読み、パート別の練習などをした。



# by nori-126 | 2017-07-02 00:04 | 合唱 | Comments(0)