感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪第九 2017 第2回
at 2017-12-10 01:13
大阪狭山池 イカルチドリ
at 2017-12-08 01:37
英国ロイヤルオペラシネマ 2..
at 2017-12-07 01:17
LA FENICE  レクイ..
at 2017-12-06 18:36
1万人の第九 打ち上げ ホテ..
at 2017-12-06 16:07
1万人の第九 本番 大阪城ホール
at 2017-12-05 12:43
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-12-02 23:48
1万人の第九 リハーサル 大..
at 2017-12-02 23:41
久米田池 ソリハシシギ
at 2017-11-30 23:27
大阪教育大学 第61回定期演..
at 2017-11-30 23:10
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(155)
(154)
(136)
(129)
(104)
(96)
(78)
(76)
(74)
(70)
(59)
(53)
(50)
(48)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大阪城本丸薪能2017 第2夜

d0097373_14495755.jpg
 10月8日(日)、薪能を見に行った。大阪城本丸広場の特設舞台で、ライトアップされた本丸をバックに能と狂言があった。

 雨天の場合は、能楽堂に変更になる予定だったので、晴天で予定通り行われてよかった。

 VIP席は前の方で、プログラムが付いてくる。遅くにチケットを取ったので、舞台左横から見る4列6番だった。

大阪城本丸薪能2017 第2夜
2017・10・8 18時
大阪城本丸広場 特設能舞台

 かがり火が3か所にあり、初めに、豊国神社の神主さんによって、火が灯された。後は、担当の黒子さんが、火の勢いを見ながら、薪を足していた。

狂言 呼声
 野村萬斎 内藤連 中村修一

 従者の太郎冠者が顔を見せないので、主人が次郎冠者と家に行く。太郎冠者は、声を変えて居留守を使う。居留守とわかって、平家節、小歌節、踊り節で呼びかける。最後は踊りながらでてきてばれてしまう。

能 俊寛
 大槻文蔵 浦田保親 齋藤信輔 福王知登 高野和憲

 文楽や歌舞伎でも知られる俊寛の話を能で初めて見た。赦免の使いが旅立つところから始まる。鬼界が島では、藤原成経と平康頼が祈っているところへ、俊寛が現れる。赦免使が赦免状を渡すが、そこに俊寛の名がない。俊寛を残して船がでていく。

 俊寛は生きている人物だが、例外的に面をつける。俊寛にしか使われない専用面で、落胆した表情の面である。歌舞伎と違って、能では、強い感情を表すのは、難しそうである。面をつけた演技は、文楽の人形とも通じるものがあるのではと感じられた。

能 大江山
 大槻裕一 福王茂十郎 福王知翁 喜多雅人 中村宜成 
 是川正彦 矢野昌平 野村萬斎 野村太一郎

 源頼光が命を受けて、家来と共に、山伏姿に変装して、大江山に向かった。強力(萬斎)が洗濯女と出会い、酒吞童子の宿に泊まる。酒吞童子は、酒を飲んで踊る。眠った所を頼光らが襲い、首を上げる。

 強力と女の掛け合いは、狂言で、合間に笑いを呼ぶ。酒吞童子は、鬼の本性を現すと、衣装も面も変わる。能には珍しい立ち合いがあり、最後に酒吞童子の首を上げるのも珍し演出だということである。

 本丸広場の前の市立博物館が改装されて、19日からレストランなどが入るビルとして開業するとのことである。幽霊屋敷のようだった建物が活用されるのは喜ばしい。

 ライトアップされた大阪城を見ながら、梅林横を通って、青屋門から大阪城ホールへ抜けて、駅前のジョーテラスを初めて見た。こんな広いスペースがどこにあったのだろうかと思うのだが、観光客だけでなく、ここを目当てに訪れる人も増えそうである。

d0097373_14500577.jpg
d0097373_14501088.jpg



# by nori-126 | 2017-10-09 14:46 | 古典芸能 | Comments(0)

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ザ・シンフォニーホール

 10月8日(日)、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会に行った。ソリストのアリス=紗良・オットさんは、2年前の1万人の第九で演奏されたが、その後、コンサートでも聴いたことがある。席はプレミアムと銘打ったI列21番で、通路のすぐ前でほぼ中央である。

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
2017・10・8 14時
ザ・シンフォニーホール

[指揮]ぺトル・アルトリヒテル
[ピアノ]アリス=紗良・オット

ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」 op.92
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 「皇帝」 op.73
(ピアノ:アリス=紗良・オット)
ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 「新世界より」 op.95

 謝肉祭を聴いた時から、オケの響きの良さが感じられて、その後の演奏が待ち遠しいという感じがした。こういう経験は初めてである。ブラスの響き、大きな音の透明感だけでなく、小さい音の繊細さ、そして弦楽器の高い音の柔らかさ、一体感に、久し振りに崇高な感じを味わえた。

 真っ赤なドレス、いつものように裸足で登場したオットさんは、何度か聞いたことのある皇帝を、流れるような響きで演奏された。難しいはずの指の動きが簡単そうに見えるのが不思議である。オケもピアノを盛り上げるように、演奏した。アンコールの「エリーゼのために」も、知っている曲なのに、こんな風にも響くのかという驚きがあった。

 「新世界より」もよく知っている曲であるが、演奏が素晴らしいと、新しく聴くような錯覚に陥る。久しぶりにオケの響きに没頭できた。アンコールは、ドヴォルザークのスラブ舞曲第2集から7番、8番が演奏された。

# by nori-126 | 2017-10-09 13:58 | クラシック音楽 | Comments(0)

ロンドンフィル日本ツアー2017 フェスティバルホール

 10月7日(土)、ロンドンフィルのコンサートに行った。辻井伸行さんがソリストなのが魅力である。席はBox D列6番とほぼ中央である。休憩時間に、同業の南港のHMMTさん夫妻に会って話をした。

ウラディミール・ユロフスキ指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
日本ツアー2017 ピアノ 辻井伸行
2017・10・7 15時
フェスティバルホール

ワーグナー ニュルンベルクのマイスタージンガー
      第一幕への前奏曲
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 
チャイコフスキー 交響曲第5番

 ニュルンベルクのマイスタージンガーは好きな曲であるが、オペラをシネマでみてから、場面を想像することで、余計に好きになった。

 ピアノ協奏曲は、何度か聞いたことがあるが、オケとピアノの力関係のようなものが、最近は気になる。ホールやピアノにもよるのだろうが、オケの音が強すぎて、ピアノの音があまり聞こえない箇所があった。ソリストがそのような意図で弾いているのかもしれないが。

 交響曲5番も何度か聞いたことがあって、すごく盛り上がる曲ではあるが、そこに勢いだけでない響きが感じられないと、あまり感動しなくなってしまった。アンコールはエフゲニー・オネーギンのポロネーズだった。

 ピアノ協奏曲の第1楽章が終わったところで、拍手する人があった。バイオリン協奏曲でもよくみられるが、しないほうがマナーだと思う。そしてもっと驚いたのは、隣にいたジーンズをはいた男性が「ブラボー」と声をかけたことだった。楽章の間でブラボーと聞くのは初めてだった。

d0097373_14080080.jpg

# by nori-126 | 2017-10-09 13:27 | クラシック音楽 | Comments(0)

特別展覧会「国宝」第Ⅰ期 京都国立博物館

 10月4日(水)、昼から、京都国立博物館に行った。淀屋橋から京阪電車のプレミアムカーに乗った。特急に1両だけ連結されていて、1+2の3列シートなので、ゆったりできる。七条まで500円が余分にかかる。新しいシートの匂いが気になった。

 七条の駅から博物館まで歩くのに、歩道は観光客が一杯だった。待ち時間なしで、買ってあった早割4枚セット券で入場した。中は人が一杯で、細かいものや絵巻などは、少し待たないと近くでは見られなかった。仏像や大きな絵は見やすかった。案内のプレートに国宝という表示がないのは、展示されているのがすべて国宝だからである。

 少し期待外れだったのは、書や絵巻、仏画などが多いのと、絵画や彫刻に、見たことのある作品が多いからである。また、単に並べられているというのは、あまり感動しないものなのだとわかった。テーマを決めて、企画された美術展の方が印象に残る。改めて、企画する担当者に感謝である。

 雪舟の国宝全六作品が一堂に会しているのがうれしい。有名な秋冬山水図は、思っていたより小さかったが、一度見てみたかった作品である。

 河内長野の金剛寺の仏像は、7年程前に特別拝観で見たが、目の前でみると、本当に大きい。大日如来坐像は、金箔がしっかりと残っていて、オリジナルの姿を堪能できる。

 見る機会の少ない刀剣、火焔土器、久保惣の青磁花入れ、天目茶碗などが注目してみた作品だった。

京都国立博物館 会館120周年記念 特別展覧会
国宝
2017・10・3 - 11・16
京都国立博物館 平成知新館

(※)は、以前に見たことのある作品。
仏画    薬師寺の吉祥天像 釈迦金棺出現図 千手観音像
六道と地獄 滋賀・聖衆来迎寺の六道絵
絵巻物   絵因果経 地獄草紙 信貴山縁起絵巻 法然上人絵伝
中世    雪舟の六作品 秋冬山水図、四季山水図巻、破墨山水図、
      慧可断臂図、天橋立図、山水図   
近世    長谷川等伯 楓図壁貼付(※)
      俵屋宗達 風神雷神図屏風(※) 志野茶碗 卯花墻(※)
彫刻    法隆寺 広目天立像(※)長谷寺 銅板法華説相図(※)
      浄瑠璃寺 多聞天立像(※) 唐招提寺 梵天立像(※) 
      醍醐寺 虚空蔵菩薩立像
      平等院 雲中供養菩薩像 
      金剛寺 大日如来坐像、不動明王坐像(※)
金工    善通寺 金銅錫杖頭 厳島神社 金銅密教法具  赤韋威鎧
      金剛寺 剣 太刀(備前国友成造)太刀(正恒)
陶磁    青磁鳳凰耳花入れ(久保惣記念美術館) 
      飛青磁花入(大阪東洋陶磁美術館 ※)
      相国寺 玳玻天目  
染織    中宮寺 天寿国繍帳
漆工    沈香木画箱
書跡    古今和歌集 和漢朗詠抄 土佐日記
考古    土偶 火焔型土器

d0097373_00021194.jpg

# by nori-126 | 2017-10-05 01:44 | 美術展 | Comments(0)

第7回 大阪市コミュニティ合唱祭 城東区民センター

 10月1日(日)、大阪市コミュニティ合唱祭を聴きに行った。聴くのは、昨年に続いて2回目である。LA FENICEの練習が終わってから、40分ほど遅刻して入場した。合唱団Jo-9♪、東成区音楽団、天王寺区民合唱団は聴けなかった。

 ひらの混声合唱団のカンツォーネ、福島区民合唱団のヒットメドレー「SORA」、そして淀川区民合唱団の「水のいのち」から海、ウイーンわが夢のまちを聴いた。淀川区民合唱団には、MURさんとTRMさんが出場されたが、レベルの高さを感じた。

 休憩の後、住之江第九合唱団のヒットメドレー「YUME」から5曲、11月に私もでる住之江の第九で、団員が歌われる曲である。飯山市朧月夜スペシャル混声合唱団の唱歌など3曲、人数が多くないのに、声が良く出ていてまとまっていた。つるみWindmill合唱団は、フォーレのレクイエムからキリエとリベラミ、大正区民合唱団のグノーのミサからの曲、旭区合唱団リリオのAve Verum Corpus他などだった。

 いくつかの合唱団を聴き比べることは、めったにないが、素人目にも差があることはわかる。人数がもう少し多ければいいのにと思われる合唱団もある。しかし、日頃から熱心に練習した成果を発表できる機会があることはうらやましい。

 第2部は出演者が舞台に上がって、「富山に伝わる三つの民謡」が歌われた。250人くらいの歌声は迫力があった。演奏にピアノ、電子オルガン、フルート、オーボエ、パーカッション2人が参加して、踊りもあった。曲の間に「ブラボー」と声をかける人がいて、興ざめだった。最後に聴衆も一緒に「ふるさと」を歌った。

 住之江第九のMKIDさん、INUEさんに挨拶した。客席に東大阪第九のMRIさんがおられた。合唱指導のKKC先生をみつけて話をした。実は今日は、先生指導の1万人の第九のレッスンの日だったのだが、合唱団の練習と重なっていけなかった。

d0097373_02220120.jpg

# by nori-126 | 2017-10-02 01:36 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE  レクイエム ミサ 第9回

 10月1日(日)、LA FENICEの練習が午前10時から、堀江アルテであった。本山先生が都合で来られなくて、市川先生がピアノを弾きながら指導された。

 モーツァルトのレクイエムの Domine Jesu から最後の方までを、パート別や複数パートで歌いながら、細かく教えてもらった。指摘されていることがわかりやすくて、歌い直すと音が良くなるのが実感できる。先生がそれを認めてくれるので、うれしくなる。

 基本的に繰り返し指摘されたのは、同じ音が続く時に下がりやすいので、上げるくらいのつもりで歌う。音が大きく変動する時に、準備をしておく。ずり上げやずり下げにならないようにする。同じ言葉を繰り返す時は、後の方を強調する。他のパートの音を聞いて、ハーモニーを合わせる。母音をあいまいにしないでしっかり歌う。短い音符の長さを十分とる。などである。

# by nori-126 | 2017-10-02 01:04 | 合唱 | Comments(0)

La Stella Splendente LA FENICE 芸術祭 兵庫芸文小ホール

 9月30日(土)、LA FENICE 合唱団が主催する発表会があった。昨年まで文化祭として、2回開催された。昨年は、入団したばかりだったが、陶芸の作品を展示させていただいた。

 第3回の今年は、兵庫芸文小ホールで、団員らが合唱や演奏を披露した。初心者ではあるが、バイオリンの演奏をすることに決めた。こういう舞台に立てる機会はめったにないからである。

 午前中は仕事があるので、リハーサルには参加できなかった。1時半に小ホールの楽屋に行き、黒のワイシャツと黒のスラックスに着替えて、少しバイオリンを弾いてみる。

 第1部が終わって、休憩の後に第2部の3人目で、舞台に上がった。客席が明るくて、お客さんが見えた。ピアノの前に立ち位置を取り、お辞儀をすると、客席が真っ暗になり、緊張が高まった。

 コレルリのガボットで、7月の教室の発表会でも弾いたが、上がってしまって、思うように弾けなかった。最後で押さえる指を間違えて、変な終わり方になった。繰り返しをするところを、したかどうかさえ覚えていないほどの緊張だった。教室の発表会以外では初めてになる舞台はさんざんだった。だが、いい経験になった。

 伴奏をしていただいた辻本先生は、11年前に初めて1万人の第九に参加した時のクラスのピアニストだった。私のバイオリンの伴奏をしていただくことになるとは、当時は思いもつかないことで、感慨深いものがある。

 最後に舞台で、2部出演者全員の記念撮影をした。西宮北口駅の近くの居酒屋で30人近くが集まって、打ち上げをした。

d0097373_18585805.jpg

# by nori-126 | 2017-10-01 00:30 | バイオリンレッスン | Comments(0)

加山又造展 大阪高島屋

 9月24日(日)、METライブビューイングをなんばパークスで見たあと、高島屋の加山又造展を見た。加山又造(1927-2004)は、京都西陣に生まれた。終戦後からの長い画業の歴史を、70余点で、経時的に俯瞰しているが、画風の変遷が同じ人の仕事かと思うぐらいに著しい。

生誕90年 加山又造展~生命の煌き
2017.9.13-25
大阪高島屋7階グランドホール

 終戦直後の絵は、シュールレアリスムの影響で、重なって見えるシマウマなどが面白い。

 猫を描いた絵は、伝統的な日本画といえる。動物や植物を写実的に描いたものがあり、裸婦を線だけで少し幻想的に描いたものもある。また、光琳風の様式美、さらに水墨画風の龍の絵、桜の絵など、常に新しいものを自由に求めた画家の歩みを実感できた。

 実家が和装図案を生業としていたので、様式美についての理解があり、着物の図案や陶器の絵付けなど、工芸品も展示されている。

d0097373_23125491.jpg

# by nori-126 | 2017-09-24 22:57 | 美術展 | Comments(0)

MET ライヴビューイング アンコール カルメン 2010

 9月24日(日)、METライブビューイングのアンコール上映を見に行った。上映期間が3日間ずつで、午前10時半からなので、見られるのは限られてくる。2010年のカルメンは、2014年に映画館でみたのと同じ、リチャード・エアの初演出で、ガランチャがMETで初めてカルメンを演じた。指揮者のセガンもこれがMETデビューだった。

METライブビューイング アンコール 09-10 ビゼー「カルメン」
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン 演出:リッチャード・エア
出演:エリーナ・ガランチャ(カルメン)、バルバラ・フリットリ(ミカエラ)
   ロベルト・アラーニャ(ドン・ホセ)
   テディ・タフ・ローズ(エスカミーリョ)

劇場上演日 2010年1月16日 上映時間:3時間24分

 舞台は、2016年と全く同じで、大掛かりな舞台装置、幕ごとに移動させるダイナミックさなどに、改めて驚かされた。

 エリーナ・ガランチャは、妖艶で自由に生きたいという意志をもったヒロインを演じて、見事だった。踊りもこなしていた。ロベルト・アラーニャは、カルメンに翻弄されるドン・ホセの弱さが感じられた。エスカミーリョ役のローズは、当日朝に代演が決まったということだが、颯爽として格好いい。

 ビゼーの曲が本当によくできている。聞けば聞くほど感心する。カルメンが命をかけてまで自由に生きることを優先して、殺されてしまうところは、腑に落ちないところもあるが、いろいろな魅力満載のオペラである。






# by nori-126 | 2017-09-24 22:18 | オペラ・バレエ | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 レクイエム 第16回

 9月23日(土・祝)、ラブリホール合唱団の練習に行った。2回休んだので、3週間ぶりになる。今日は、小玉先生が小ホールで、モーツァルトのレクイエムのHostiasとSanctus、そして、フォーレのレクイエムの最初からを指導された。

 参加者も多く、小ホールなので、アルトやソプラノがよく響いて気持ちよかった。バスは、一部の人がテンポが速くなる傾向があると指摘された。

# by nori-126 | 2017-09-23 23:07 | 合唱 | Comments(0)