感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヴァイオリンレッスン 第88回

 4月10日(日)、バイオリンのレッスンに行った。右手の練習は、3拍子の3拍目と1拍目がスラーになるパターン、続けるのがややこしくて練習を続ける。左手は、音階のスラーでOKがでた。
 
 発表会に演奏する「ガボット」を弾いてみた。前半を弾いてみるが、スタッカートの音の長さが違う、弓を弦から外さない、音が低くなりやすい、特に2指が低いと3指も低くなることを指摘された。E弦からD弦、G弦と移動するのが難しい。弾き終わった後に、次の弦に弓を移動させておかなくてはならない。

# by nori-126 | 2017-04-11 00:02 | バイオリンレッスン | Comments(0)

1万人の第九 懇親会 雲雀丘花屋敷 明月記

 4月9日(日)、毎年恒例の1万人の第九の仲間の懇親会があった。1時間ほど遅れてついた。今年は、参加者が13人と少なかった。まだ、日の暮れないレストランへの道を、送迎バスで行くと、桜の花が満開だった。今までは日が暮れてから始まっていたので、こんなに桜の樹が多いとはしらなかった。

 1万人の第九に初めて参加した時からの知り合い、YKTさん、ONさんに数年前からの知り合いであるWTNBさん、SKさん、MEHRさん、KMRさん、KWSTさん、AOKさん、KTOさん、それにONさんの知り合いである方が4人おられた。

 夜桜を背景に写真を撮り、電車の中でも写真を撮った。梅田の可愛い喫茶店で8人で、お茶を飲んで話をした。

d0097373_19361179.jpg


# by nori-126 | 2017-04-10 02:45 | 1万人の第九 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第13回 

 4月9日(日)、昼からLA FENICEの練習が東成区民センターであった。本番を前にして最後の通常練習ということで、後はオケ合わせを残すだけになる。

 本山先生の指導で、はじめにキリエ、そして天地創造を最後まで通した。他のパートとハモるように歌うこと、表拍で強く長く歌う、音を動かして歌うことなどを指摘された。注意されて、歌い直してみるとよくなるということは、まだまだ努力がいるということになるが、あまり時間がない。

 来年の公演で歌うことになっている、モーツァルトのレクイエムの楽譜を買った。ベーレンライター版を使うことになった。終わってから、1万人の第九の仲間の懇親会に向かう電車で、3月のHarmony for Japanで知り合ったPTさんと話をした。

# by nori-126 | 2017-04-10 02:41 | 合唱 | Comments(0)

MET ライヴビューイング 2016-17  椿姫

 4月9日(日)、METライブビューイングを見に行った。椿姫は、佐渡裕プロデュースで、舞台を見たことがある。ヴィリ―・デッカーの演出は、2005年にザルツブルグ音楽祭で、ネトレプコで初演されて話題になった、斬新なもので、それをDVDで見たことがあるので驚かなかった。

METライブビューイング 第7作 ヴェルディ「椿姫」             
指揮:二コラ・ルイゾッティ 演出:ヴィリー・デッカー
出演:ソニア・ヨンチェヴァ(ヴィオレッタ・ヴァレリー)
マイケル・ファビアーノ(アルフレード・ジェルモン)
トーマス・ハンプソン(ジョルジョ・ジェルモン)
MET上演日:2017年3月11日 上映時間:2時間51分

 舞台は半円形の壁に囲まれて、大きな時計とソファしかない。後ろの壁の上に人が現れるようになっている。最初から、医師が登場して、ヴィオレッタを見守っている。結核という不治の病に侵されているということを、強調しているようである。

 貴族達は男も女も背広姿で、華やかな貴族の衣装ではない。衣装などに気を取られないで、登場人物の心情を理解して欲しいという意図だろう。しかし、ヴィオレッタが高級娼婦で、貴族からは特別にみられているという感じは知っていないと理解しにくい。

 ヨンチェヴァは、妖艶な感じがよくでていた。マイケル・ファビアーノは、何年か前に、METのオーディションに合格するドキュメンタリーがWOWWOWで放映された。ここまでの役ができるようになったということだろうが、演技には少し物足りないものがある。

 時代を変えて、簡潔な舞台装置での上演は、何度も古典的な演出を見た人には、新鮮なのであろうが、何か物足りないものがある。

# by nori-126 | 2017-04-10 02:35 | オペラ | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第2回

 4月8日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。前回練習したフォーレのレクイエムの第1曲 序曲とキリエをおさらいした。全体をレガートで歌うとか、暗い声でなく、明るい声で歌うなどを繰り返し指摘された。71小節目のChristeをffでは、kをハッキリと発音すること、pでは柔らかく発音するようにと言われた。

 第2曲を音を取りながらラララで歌い、後で発音を教えてもらった。音が静かに流れるように動いていくので、メリハリがなくて歌いにくい。先生は、大変好きなところだと言われる。全体として、よく歌えているとほめていただいた。

 今日、SRKWさんが参加しておられた。LA FENICE の3人目の知り合いである。MYZKさんと話をしながら電車に乗ったら、堺在住の女性二人にお会いした。一人は私の職場のある駅で下りられた。


 

# by nori-126 | 2017-04-08 23:00 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヴォイストレーニング FUN HOUSE

 4月5日(水)夜に心斎橋のFUN HOUSEで杉田先生によるヴォイストレーニングがあった。モーツアルトのキリエと、天地創造の最後の曲を練習した。キリエはまだ、音取りに自信がない段階で、本番を前に心もとない。トリルの歌い方がよくわかっていなかったので、教えてもらって理解できた。勘違いをしていたようである。
# by nori-126 | 2017-04-06 11:19 | 合唱 | Comments(0)

クラナッハ展 国立国際美術館

d0097373_00020767.jpg 4月5日(水)、国際美術館で開催中のクラナッハ展を見た。

 ルカス・クラーナハ(父、1472-1553)は、宮廷画家として活躍したドイツ・ルネサンスを代表する芸術家ということで、名前は聞いたことがある。絵も見たことがあるようだが、写真で見ただけで、本物は見ていないかも知れない。

 工房を開設して、大量生産を行ったというのも興味深い。同じ時代の狩野派がやはり、工房で大量に注文を受けたというのと、一致する。

 日本初のクラーナハ展ということで、まとまった形で見るいい機会である。

クラーナハ展 500年後の誘惑
2017.1.28~4.16
国立国際美術館

 時代を追って、画風の変遷を俯瞰することができるが、何といっても、物語のヒロインを独特のエロティシズムで描いた作品が印象に残る。キリスト教の裸体画とは異なる画風が、当時の世間に受け入れられたのだろうか?

「ホロフェルネスの首を持つユディト」
 ポスターにも描かれている代表作である。残酷な絵なのに、勝ち誇ったような、愛おしむような冷静なユディトの表情が印象的である。

「正義の寓意」
 裸身に首飾りだけをつけた物憂げな表情は、何を表しているのか?単に正義の女神というのではないのかも知れない。
                                                             
            
d0097373_00020293.jpg


# by nori-126 | 2017-04-06 11:18 | 美術展 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第1回 

 4月2日(日)、河内長野市のラブリーホール合唱団の2018年公演の練習初日だった。2018年2月25日にフォーレとモーツアルトのレクイエムを演奏することになっている。モーツアルトのレクイエムを前から歌ってみたいと思っていたので、初めて参加することにした。合唱指揮の中村貴志先生には、堺の第九で指導いただいたことがある。

 ラブリーホールのホワイエにいすを並べて、100人くらいが集まった。フォーレのレクイエムから練習することになり、ベーレンライター版の楽譜を購入した。初めて歌う人という先生の問いに、半分くらいの人が手を挙げた。テノールは二つに分かれていて、パート2を歌うように言われた。発声練習の後に、ラララで歌ってみた。全体で歌ったり、パート別に歌ってみる。音がうまく取れないが、うまい人の真似をしてみる。

 1番の序曲とキリエをラテン語の読み方を教えてもらって最後まで歌った。フランス語のようにリエゾンする読み方になる。フォーレのレクイエムは、静かな曲で、ハーモニーの美しさが要求される。

 LA FENICEのARKWさんと奥様に挨拶した。終わってから声をかけていただいた男性もLA FENICEの団員だった。小玉先生の音楽学校や門真の第九で知っているMYZKさんと駅まで歩いて、電車でも話をした。知っている人がいると居心地がいい。

# by nori-126 | 2017-04-03 01:40 | 合唱 | Comments(0)

バイオリンレッスン  第87回

 3月27日(月)、バイオリンのレッスンに行った。右手弓の練習は、16番の3拍子のスラーが終わって、17番と18番の小節をまたぐスラーが課題になった。

 左手指の練習は、やっと9番が終わって、10番のト長調の音階に入った。通常の練習はペンディングとして、発表会の「ガボット」の練習をした。前半を弾いてみた。音の長さを感覚だけで取ると間違えることを指摘された。付点二分音符を「一と二と三と」と数えて長さを確認する。繰り返しを含む前半が課題になった。



# by nori-126 | 2017-03-29 16:41 | バイオリンレッスン | Comments(0)

小澤征爾オペラプロジェクト「カルメン」ロームシアター京都

 3月22日(水),京都でオペラを観た。小澤征爾さんが2000年から続けている、音楽塾の公演があった。昨年、初めて「メリーウイドウ」を観て、贅沢な舞台に感銘を受けた。カルメンの舞台は2015年9月に、堺シティオペラで見たことがある。METライブビューイングでも見たことがある。

 三条京阪駅からタクシーに乗った。ロームシアター京都は初めてだが、複合の建物で立派である。交通の便がもう少し良いといいのだが。客席にかなりの傾斜があって、オペラの公演に適している。席は1階20列10番だった。

 小澤征爾さんが、交代で指揮をする 村上寿昭さんと登場すると、大きな拍手が起こった。軽快な序曲に続いて、舞台にドン・ホセが銃殺される場面が挿入された。最後のシーンと繋がっている。佐渡裕プロデュースの椿姫でも同じ演出があった。全体を回想のように見せる効果がある。

 第1幕は、舞台奧を大きな城壁のような石の壁が占めて、その上を人が歩ける。下手に工場入り口への階段があり、舞台奧は少し傾斜になっている。

 第2幕は壁はそのままに、酒場となり、フラメンコを踊る舞台が置かれている。壁の上から、闘牛士のエスカミリオが颯爽と現れる。ホセとカルメンが二人だけになって、部屋の壁を模した幕とベッドが現れる。

 第3幕は、山中の密輸仲間の野営地だが、城壁の壁を取り払って、巨大な岩場を配置した。第4幕は、暗転で、再び城壁を置くという舞台転換に驚かされた。闘牛士の入場の場面は、合唱団や子どもたちで、華やかである。そして、ドン・ホセとカルメンが二人きりになる時に、城壁のアーチが扉で閉じられて、密室のようになる。

 ドン・ホセがカルメンを刺した後で、兵士が登場して、ドン・ホセを銃殺にするということで、一番初めの場面に戻るということになる。

 オペラでは普通は、台詞が無いのに、説明的な所は台詞になっていた。ビゼーのオリジナルは台詞だが、レスタティーボにしているのが多いという。プログラムには、歌うよりも台詞を言う方が難しいと書かれていた。

 豪華な舞台と、力強い合唱団、歌手は超一流ではないが、これからが期待できる新進気鋭のメンバー、オケは若い人達だが、鍛えられている。何よりも豪華な舞台で、これぞオペラという醍醐味を味わうことができた。終わってから、地下鉄の東山駅まで歩いて、京阪電車で帰った。京橋で電車を降りようとしたら、ピアニストのTJMTさんに会った。

d0097373_23152599.jpg
d0097373_23151910.jpg


# by nori-126 | 2017-03-23 08:25 | オペラ | Comments(0)