感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
オペレッタ・オペレッタ・オペ..
at 2017-09-19 00:37
LA FENICE レクイエ..
at 2017-09-18 03:24
住之江の第九 第4回 住之江..
at 2017-09-15 11:44
大阪クラシック 第13公演 ..
at 2017-09-10 23:38
大阪クラシック 2017  ..
at 2017-09-10 23:33
1万人の第九 2017 森ノ..
at 2017-09-10 21:35
英国ロイヤルオペラシネマ「オ..
at 2017-09-10 18:39
ピアノデュオ名曲の調べ 兵庫..
at 2017-09-08 01:26
住之江第九 2017 第4回
at 2017-08-31 23:03
クレッシェンド 第11回 堀..
at 2017-08-28 12:50
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(148)
(134)
(123)
(101)
(96)
(74)
(70)
(70)
(67)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:クラシック音楽 ( 148 ) タグの人気記事

オペレッタ・オペレッタ・オペレッタ 東成区民センター大ホール

 9月17日(日)、オペレッタの名曲コンサートに行った。東大阪第九で知り合ったNMBさん、YMMTさん、INUEさんらが合唱団として出演されるので、チケットを買った。LA FENICEの練習が終わって、時間を潰しながら、会場に行った。

オペレッテンフェライン合唱団 第3回公演
オペレッタ名曲コンサート
ヨハン・シュトラウスⅡ & エメリヒ・カールマン
オペレッタ・オペレッタ・オペレッタ
2017.9.17(日)16時開演

ヨハン・シュトラウス 「こうもり」「ウイーン気質」
エメリヒ・カールマン 「マリッツァ伯爵夫人」「チャルダッシュの女王」

 「こうもり」のファルケを演じる近藤修平さんが、全体の進行を務めて、ストーリーを紹介しながら、扮装をした歌手がピアノの伴奏で、日本語で歌った。合唱団もパーティの参加者としての扮装である。

 こうもりからは、有名なシャンパンの歌が歌われた。ウイーン気質にも知っている曲があった。休憩の後に、マリッツァ伯爵夫人が演奏された。チャルダッシュの女王は、角地正範先生と、鹿賀千鶴子さんがデュエットされた。ヨイママンや山こそ我が心の故郷が歌われた。アンコールにシャンパンの歌が歌われて、カーテンコールで幕となった。

 合唱団で参加されたSBさん(リストランテ・アルベルゴ・セカンドで知り合った)に挨拶をして、角地先生も一緒に写真を撮った。

d0097373_00392900.jpg

by nori-126 | 2017-09-19 00:37 | クラシック音楽 | Comments(0)

大阪クラシック 第13公演 中央公会堂中集会室

 9月10日(日)、大阪クラシックの大阪フィル合唱団の演奏を聴いた。中央公会堂の中集会室では、4年前の大阪クラシックで、本山先生指揮の大阪フィル合唱団の演奏を聴いたことがある。集会室に接する特別室の壁画が素晴らしいので、写真を撮る人も多い。日本の神話から題材を取っている。

大阪クラシック 第13公演 
2017.9.10 19:30
大阪市中央公会堂 中集会室
指揮 福島章恭 ピアノ 尾崎克典
合唱 大阪フィルハーモニー合唱団

高田三郎「秋を呼ぶ歌」
高田三郎 混声合唱のための「典礼聖歌」より
 「谷川の水を求めて」
 「わたしは門の そとに立ち」
 「平和の祈り」
高田三郎 混声合唱組曲「水のいのち」
 1.雨 2.水たまり 3.川 4.海 5.海よ

 ずらりと並んだ合唱団が、広い集会室に素晴らしい声を響かせた。会場はある程度音の反響があり、響きすぎることもないので、大人数の合唱団の演奏を聴くのには丁度良いかも知れない。

 アンコールに典礼聖歌からの一曲、そして、水のいのちの雨を再び演奏された。水のいのちが輪廻を繰り返すという趣旨に合った演奏方法である。

 合唱団で参加している知り合いは、男性は、ICD、MEYM、MTOK、YSMC、IMI、YKYMさん、女性はNKT、ISIさんらである。

 会場にも多くの知り合いがかけつけた。KDM先生、LA FENICEのMUR、IWMT、WTNB、NKTK、ORM、STU、ラブリーホール合唱団のOGS、他にYMD、KMSRさんらである。

 終わってから、MUR、YMD、KMSRさんと淀屋橋駅の居酒屋で飲んだ。


 特別室壁画
d0097373_00520046.jpg
特別室天井画
d0097373_00515715.jpg

by nori-126 | 2017-09-10 23:38 | クラシック音楽 | Comments(0)

大阪クラシック 2017  第4公演 日本生命本店東館1階ホール

 9月10日(日)、大阪クラシックの初日に、日本センチュリー交響楽団のメンバーによる室内楽を聴いた。1万人の第九の練習の後、開演の20分前に着いたのに、お客さんが列をなしていて、立見席になった。

大阪クラシック 2017 第4公演
2017.9.10 14時
日本生命本店東館1階ホール

日本センチュリー交響楽団
クラリネット 吉岡奏絵 ヴァイオリン 池原衣美 中屋響
ヴィオラ 飯田隆 チェロ 末永真理

モーツァルト クラリネット五重奏曲イ長調 K581

 広いホールに舞台があって、大きなスクリーンに演奏している様子が映し出される。200席くらいの他に大勢の人が立ち見で演奏を聴いた。メンバーが登場して、女性はドレスで華やかな感じがいい。クラリネットの音が安定していて、第1ヴァイオリンのメロディの演奏もよかった。

 モーツァルトの後期の作品で、モーツァルトらしい旋律にほんわかとした気分になれる。楽章間で拍手する人もなく、観客のマナーはよかった。

 終わってから、出演の知り合いの二人に挨拶させていただいた。お客さんが700人余り来られたとのことである。

by nori-126 | 2017-09-10 23:33 | クラシック音楽 | Comments(0)

ピアノデュオ名曲の調べ 兵庫県立芸術文化センター小ホール

 9月3日(日)、津市での学会から帰ってきて、コンサートに行った。大阪音大講師の伊藤勝先生の一門が出演されるピアノデュオのコンサートで、住之江第九のピアノ伴奏のUEDさんも出演される。伊藤先生のゼミの生徒だった娘も聴きに来ていた。

アンサンブル・フォルティシモによる
ピアノデュオ名曲の調べ
2017・9・3 16時開演
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

 今月の末に小ホールで、バイオリンを弾く予定になっていて、ここで演奏するのかと少し緊張した。舞台に2台のピアノが並んでいて、伊藤先生の司会で、演奏が行われた。ピアノデュオというのは聴くのは初めてかも知れない。アレンジによって、表情豊かな音色が聞こえてくるものだと感心した。

 オペラのカルメンの曲をジャズでアレンジしたのが新鮮だった。春の祭典からの曲では、力強い演奏が聞けた。最後に伊藤先生がデュオで、アイネ・クライネ・ナハトムジークを演奏された。

 終わってから、娘の紹介で伊藤先生に挨拶した。1万人の第九の以前からの知り合いであるKBYSさんと先生は、同じ県人会の知り合いである。

by nori-126 | 2017-09-08 01:26 | クラシック音楽 | Comments(0)

クレッシェンド 第11回 堀江アルテ

d0097373_12412519.jpg 8月27日(日)、1万人の第九のレッスンの後に、コンサートに行った。音楽が好きな人たちが集まって、定期的に「クレッシェンド」というコンサートをされている。聴きに行くのは初めてである。出演者のLA FENICEの団員のHZYMさんからお誘いをいただいた。

クレッシェンド Vol.11
2017.8.27(日)13時開演
堀江アルテ

 遅れて行ったので、着いた時に前半が終わって休憩になった。東大阪第九のIMIさんにお会いした。東大阪第九のISIさんが出演されるので、聴きにきたということだった。前半なので聴けなかった。LA FENICEのSTOさんの歌も前半だった。

 
 後半は大阪カルテットのモーツアルトの弦楽四重奏第3番で、本格的な演奏に、会場が宮廷サロンになったかのようだった。住之江の第九で知り合ったKTHRさんが、オペラの曲など3曲を歌われた。NSKG先生に師事しておられて、先生も来ておられた。

 前から知っている奈良のTKMRさんが「イル・トロヴァトーレ」の「君のほほえみ」を歌われた。コンクールに優勝されている実績の持ち主で、声の質といい、表現力といい、プロのような安定感があった。

 HZYMさんがデュエットで、スターバト マーテルから4曲と、ホフマンの舟歌を歌われた。ピアノ、バイオリン、フルートの伴奏という贅沢な編成である。高音の響きが素晴らしくて、こういうのはテクニックというより、天性のものなのだろう。会場から、舟歌にコーラスがついた。最後に大阪カルテットとピアノの演奏で、皆で「マイ・ウェイ」を日本語で歌った。

by nori-126 | 2017-08-28 12:50 | クラシック音楽 | Comments(0)

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第98回定期演奏会 

 8月12日(土)、兵庫芸術文化センター管弦楽団の定演に行った。今シーズン最後の公演である。公演後に、団員がホワイエで、お客さんをお見送りされた。席は2階の左端だった。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第98回定期演奏会
ラヴェル色彩のオーケストラ
2017.8.12(土)午後3時開演
兵庫芸術文化センター KOBELCO 大ホール

指揮:パスカル・ロフェ ピアノ:萩原麻未

ラヴェル クープランの墓
ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調
ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」(ラヴェル編曲」

 クープランの墓もピアノ協奏曲も初めて聴く曲で、ラヴェルは私にとっては前衛的で、なかなか理解できない。萩原麻未さんのピアノは、流れるようなテクニックに感心した。アンコールは「月の光」だった。これは対照的に、静かなピアノの音を聞かせようという意図がうかがわれて、それが成功していた。

 展覧会の絵は、前にも聴いたことがあるが、今回は、大編成のオーケストラで、豪快な響きを聞かせて華やかだった。特に、太鼓がドンドンと腹に響いた。曲の初めの頃のブラスの独奏に少し、不安定な感じを受けたが、曲が進むにつれて、まとまったように思われた。

 終わってから、SKGCさんと梅田のグランヴィアのフランスレストランでディナーを食べた。

 

 


by nori-126 | 2017-08-13 01:07 | クラシック音楽 | Comments(0)

日本センチュリー響 いずみ定演 No.36 いずみホール

 8月11日(金・祝)、日本センチュリー交響楽団の演奏会に行った。いずみ定期演奏会は平日なので、いつもは行けないが、今年は山の日で祝日になった。ハイドンの交響曲全曲を演奏する「ハイドン・マラソン」の10回目である。昨年もお盆休みに1回聞いて、今回が2回目になる。

 女性演奏者はドレスで登場されるので、少しサロン的な雰囲気が楽しめる。席はM4で、会場は8割くらいの入りだった。

日本センチュリー交響楽団 いずみ定期演奏会 No.36
「ハイドン・マラソン」
2017.8.11(金・祝)19時開演
いずみホール

指揮 飯森範親 コントラバス 村田和幸

ハイドン:交響曲第60番ハ長調「うっかり者」
ディッタースドルフ:コントラバス協奏曲第1番変ホ長調
ハイドン:交響曲第54番 ト長調
ハイドン:交響曲第78番ハ短調

 60番は、6楽章という構成。「うっかり者」というタイトルを見ていたが、解説を読んでいなかった。最終楽章で、突然、バイオリンが調弦を始めて、それに他のバイオリンが合わせるという事態になる。指揮者が慌てて制し、客席に向かって詫びる。というハイドンのユーモアである。もっとも「うっかり者」というのは、この曲が作られることになった演劇の題名とのことであるが。

 ディッタースドルフはハイドンと同じ頃に活躍した作曲家とのことである。コントラバス協奏曲は珍しいが、オケが主題を演奏するのを、コントラバスが繰り返すという形で、ピアノやバイオリンの協奏曲とは異なるが、コントラバスの響きを初めて聴くことができた。

 78番では、途中にコンマスの松浦さんと第2バイオリン首席の池原さんの2重奏があった。

 終わってから、ロビーでビオラのIIDさんにあいさつをした。楽屋口でバイオリンのIKHRさんと会い、話をしながら、地下鉄の駅まで歩いた。



by nori-126 | 2017-08-12 09:01 | クラシック音楽 | Comments(0)

LA VITA 演奏会 豊中市立文化芸術センター 小ホール

 8月5日(土)、LA VITAのコンサートに行った。LA FENICE 合唱団が、2016年の定期演奏会で、「いのちのうた」という曲を混声合唱で披露したが、この曲に魅せられた女性有志が集まって、合唱団を作った。「いのちのうた」の女声合唱版をうたう初めての演奏会が行われた。

女声合唱 La Vita 演奏会
うたのパレット
2017・8・5(土)14時開演
豊中市立文化芸術センター 小ホール

指揮 中村あゆみ ピアノ 前田裕佳

第1部 ふるさとの四季 ほたるこい
第2部 ~私のお気に入り~
    風の谷のナウシカ いつか王子様が ビビディ・バビディ・ブー
    さんぽ 君をのせて すべての山に登れ
第3部 女性合唱組曲「いのちのうた」

 ふるさとの四季は童謡のメドレーで、知っている曲だけになじみやすい。第2部も知っている曲ばかりである。ハーモニーの美しさに魅了された。いのちのうたの作曲者である横山智昭さんが会場に来られていて、カーテンコールの時に紹介された。

 LA FENICE 合唱団の団員が多く聴きに来ていた。門真の第九で知り合ったICDさんに会った。細菌性胃腸炎にかかって大変だったとFBで知っていたが、すっかり元気になられたとのことでよかった。 

d0097373_07034855.jpg

by nori-126 | 2017-08-06 22:43 | クラシック音楽 | Comments(0)

大阪新音フロイデ合唱団 「テ・デウム」 フェスティバルホール

 8月2日(水)、大阪新音のコンサートに行った。ソリストの竹本さんは、高校の同級生の奥様で、聴きに行こうと思っていたら、ラブリーホール合唱団の OOGSさんが合唱で出演されるということで、チケットを買った。

 席は9列33番で、実質5列目の真ん中に近い、いい席を用意していただいた。始まる前に、高校の同級生のKWSMさん夫妻をみつけた。4年ぶりに会った。合唱団は200人以上で迫力が十分だった。

大阪新音フロイデ合唱団2017年夏公演
2017.8.2(水)19時開演
フェスティバルホール
指揮 沼尻竜典 大阪フィルハーモニー交響楽団

メンデルスゾーン 賛歌 作品96 独唱 竹本節子
ベートーベン 交響曲第8番
ブルックナー テ・デウム
独唱 田崎尚美 竹本節子 清水徹太郎 三原剛

 メンデルスゾーンの賛歌は初めて聴いた。独唱の竹本さんの声がよく響いた。ベートーベンの8番は、あまり聴く機会がないが、好きな曲である。テ・デウムは、ソプラノの澄んだ声とテノールの力強い声がよかった。アルトとバスが目立たないのは、そういう曲だから仕方がないが、三原さんのいい声をもっと聴きたかった。

 合唱団員に門真の第九で知り合ったICDさんがおられた。
 

by nori-126 | 2017-08-03 22:18 | クラシック音楽 | Comments(0)

奥 幸代 ヴィオラ コンサート 学園前ホール

 7月17日(月・祝)、午後2時から、奈良市学園前ホールで、バイオリンを教えていただいている奥 幸代先生のヴィオラコンサートがあった。このホールは昨年秋に角地先生らのコンサートに来て以来、二度目である。

 ピアノ伴奏は、発表会でも伴奏をしていただいた、永坂恭子さんで、息のあったコンビである。前半の曲は、シューマンのアダージョとアレグロ、バッハの無伴奏チェロ組曲第4番ニ短調、ボウエンのラプソディ-ト短調だった。ピアノの音がよく響き、少し目立ち過ぎたような印象だったが、ヴィオラの音は、多彩で、飽きさせない響きがあった。

 後半は、プロコフィエフのバレエ音楽「ロミオとジュリエット」からの抜粋で、有名な曲を含んで、8曲が演奏された。お客さんは、多くはないが、奈良である程度のお客さんが入ってくれるというのは喜ばしいことである。終わってから、仕事の都合で大阪に戻らねばならず、ゆっくりと挨拶できなかったのは心残りだった。

by nori-126 | 2017-07-18 02:19 | クラシック音楽 | Comments(0)