感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ハンガリーの名窯「ヘレンド」..
at 2017-06-22 18:29
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-19 01:42
日本センチュリー響 第217..
at 2017-06-17 19:09
MET ライヴビューイング ..
at 2017-06-15 00:34
大阪フィル マチネ・シンフォ..
at 2017-06-14 00:38
立山 室堂平 雪の大谷ウオーク
at 2017-06-12 05:31
京街道 第6回 八幡市駅~中..
at 2017-06-05 01:05
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-06-04 01:41
住之江第九合唱団 2017 ..
at 2017-06-01 08:54
快慶 奈良国立博物館
at 2017-06-01 08:46
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(152)
(137)
(134)
(122)
(98)
(96)
(74)
(70)
(66)
(55)
(53)
(51)
(50)
(46)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:バイオリンレッスン ( 98 ) タグの人気記事

バイオリンレッスン 第61回

 11月9日(月)バイオリンレッスンに行った。第1巻の最後の課題であるガボットにやっとOKがでて、これで第1巻は終了となった。第1巻を終わるまでに2年7か月かかった。

 第2巻の前回の課題を弾いてみたが、なかなか難しい。音が下がる時に、4指で押さえる前に、3指で押さえるように言われるが、どうしても4指で押さえようとして位置がわからなくなる。他の指でも音を正確に取るのが難しい。押さえる位置を考えるのではなく、音を出して指の位置を確認するようにということだった。

 前回の課題は、11ページの有名なハイドンの驚愕シンフォニーを弾くための準備だが、驚愕シンフォニーの楽譜は、細かい指示が多い。音の強弱はmf、p、ppとあり、クレッシェンドもある。指をずらして音を出すというのも初めて出て来た。弾けるようになるには、かなりの基礎練習が必要だが、第2巻からは、ピアノ伴奏ではなく、先生とのバイオリンの2重奏になっているのが楽しみである。
by nori-126 | 2015-11-09 19:20 | バイオリンレッスン | Comments(2)

バイオリンレッスン 第60回 篠崎教本第2巻に入る

 10月27日(火)、バイオリンのレッスンに行った。篠崎バイオリン教本の第1巻の最後の課題であるガボットを弾いてみたが、指がうまくいかず、OKがでなかった。この練習は続けるとして、ついに第2巻に入ることになった。

 第2巻の第1部の右手弓の練習の1番が一つ目の課題になった。A弦とE弦を解放で弾くが、運弓法を中半弓、先半弓、元半弓の三通りで弾く練習である。

 二つ目の課題は左手指の練習である。二分音符、四分音符、八分音符のスラーで細かく指を動かさなくてはならない。右手と左手の協調が必要とされる。今までなんとなく弾いていたのが、正確ではなかったと思い知らされる。
 
 三つ目の課題は、ハ長調音階の練習である。ハ長調は指の使い方が難しい。以上の三つはハイドンの驚愕シンフォニーを弾くための基礎練習で、上に書いたのが基本で、ヴァリエーションがたくさんあって、合計で3ページにもなる。その一番初めのところだけが課題になった。

 
by nori-126 | 2015-10-28 23:31 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第59回 新しいバイオリンで初めてのレッスン

 10月13日(火)、バイオリンのレッスンに行った。新しく買ったバイオリンでの初めてのレッスンになる。微調整のネジがE弦にしかついていないので、調弦が難しい。ネックを第3~5指で支えながら、親指と人差し指でネジを回すが、硬くて難しい。

 新しいバイオリンには、目印のシールを張らないで弾いてみることにした。音が全く合わないと困るが、少し弾いてみて、先生から行けそうだと言われた。家では、スマホで、音のチェックをするのだが、いつも見ているわけにはいかない。押さえる位置ではなく、出る音で押さえる位置をみつけなくてはならない。

 祝典行進曲にOKがでて、変ロ調長音階を弾いてみた。第1巻はあと残すところ、ガボットだけになった。
by nori-126 | 2015-10-14 23:48 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリン購入

 9月30日(水)、新しいバイオリンを購入した。2年半前にバイオリンのレッスンを始める時に、初心者用のセットのバイオリンを買った。それを使って練習してきたが、いいバイオリンが欲しくなった。

 鈴木弦楽器のKRYMさんに相談して、バイオリンを見せてもらうことにした。希望した金額前後のバイオリンを7台用意していただいて順に弾いてみた。ドイツ製のものを弾いたあと、ハンガリー製を弾いてみたら、少し深みのある音がした気がした。しかし、違いがはっきりとわからない。

 何となく形や色が気にいったものを買うことにして、弓とケースも買った。ケースは標準的な形で、しっかりしていてしかも軽い。新しくバイオリンを買えば、少しでも練習する気になれるのではないかと期待する。新しいバイオリンには、音の高さの印をつけないことにして、感覚だけで音を取るという訓練をしてみたい。
 
by nori-126 | 2015-10-02 01:36 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第58回

 9月29日(火)、バイオリンのレッスンに行った。ずいぶん前からの課題だったブラームスの子守唄がやっと〇がついた。祝典行進曲と去り行くは引き続き練習するようにということだった。

 左腕の肘の使い方を指摘された。弾く弦に従って出し入れをしなくてはいけないということである。弓が駒 に近づき過ぎることも注意された。近づくと音がかすれてしまう。

 音の高さについてもずれていることがあると指摘されるが、目印を頼りにしない方がいいと考えて、左手の指を見ないで弾く練習をしてみた。思ったより音がずれないような気がするが、よくわからない。新しいヴァイオリンを購入する予定なので、最初から印をつけないで弾いてみようと考えている。
by nori-126 | 2015-09-30 02:50 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第57回

 9月8日(火)、バイオリンのレッスンに行った。前回、保留になった「ブラームスの子守唄」を弾いてみた。指の動きはよくなったが、まだうまく行かないところがあるとOKがでなかった。

 指を押さえるところの目印の小さいシールが高い方にずれていて、音が高いといわれた。どうしてもシールを見てしまう。見ないで弾けるくらいにならないといけないのだが。シールを貼り直したが、見ないで弾く練習をしたい。

 前回の課題である祝典行進曲は、メロディが頭に残らなくて弾きにくい。さらに練習するようにということだった。なつかしき故郷は、メロディが気に行っていて、付点2分音符と四分音符の長さに注意すると何とか弾けたので〇がついた。

 新たに「去り行く」が課題になった。
by nori-126 | 2015-09-10 17:21 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第56回

 8月24日(日)、バイオリンのレッスンに行った。前からの課題であるブラームスの子守唄は、かなり指が動くようになったが、まだぎこちないところもあって、そういうところでは、弓の動きが悪くなって、スラーが途中で止まってしまう。音の長さについてはよくなってきたと言われたが、〇はつかなかった。

 古いフランスの歌は、音の長さがよくなったということで、〇がついた。変ロ長調の音階については、トレモロ、スタカート、レガートの課題はOKということで、次は残りのスラーの入ったのを練習することになる。変ロ長調の応用である、71ページの祝典行進曲となつかしき故郷が新たに課題となった。

 音が正確に押さえられていないことを指摘される。♭がつくと、指の押さえる箇所が変わってくるので、とまどうことがある。印を頼りに弾いていると、ずれることがある。見ないでも正確に押さえられるようにならないといけないのだろうが、とてもそこまでは進歩していない。練習を積んで、指が自然に場所を覚えるというのが理想なのはわかっているのだが。
by nori-126 | 2015-08-26 01:52 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第55回

 8月10日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前からの課題である、ブラームスの子守唄と古いフランスの歌を弾いてみたが、うまくいかなった。細かい指の動きができないので、スラーがスムースにいかない、音の長さが正確に取れない、押さえる音が少しずれるなどを指摘された。

 古いフランスの歌も音の長さがうまくいかないなどを指摘されて、共にOKがでなかった。変ロ長調の音階の練習をすることになり、トレモロ、スタカート、レガートだけが課題になった。♭が二つついて、特にハ長調のミの音が半音下がると、第1弦でなくて第2弦になるのがややこしい。
by nori-126 | 2015-08-11 01:10 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリンレッスン 第54回

 7月27日(月)、バイオリンのレッスンに行った。5日の発表会後、初めてのレッスンになる。発表会の曲の練習に入る前に課題だった70ページのブラームスの子守唄と古いフランスの歌を弾いてみた。実は、発表会後はあまり練習をする気がなくて、3週間というものほとんど練習していなかった。

 子守唄は、付点音符のリズムが取れてなくて、「いちとにいとさんと」というように数えながら弾いてみるように言われた。指の動きの難しいところもあって、音がずれるところもある。弓を全弓で弾かないと次の音が弾けないところもあって、練習が必要である。
 
 古いフランスの歌は、音が細かく動いて難しい。複付点4分音符がでてくる。2拍子なので、「いちとにいと」「お」というように弾く。ポルタート奏法があるが、付点4分音符で弓を使い過ぎないように注意しなくてはならない。
by nori-126 | 2015-07-30 01:09 | バイオリンレッスン | Comments(0)

バイオリン発表会

 7月5日(日)、バイオリン教室の発表会があった。昨年に続いて2回目になる。バイオリンを習い始めて2年3か月になる。少しはましな演奏ができるようになったといえるのだろうか?

 前日に、ピアノ伴奏をしていただくプロの先生と、音合わせをした。1回目に弾いてみて、少し早いからと、2回目は遅くしてもらった。

 当日は、昼から堺福祉会館のホールで、リハーサルをした。3時から本番で、14人がバイオリンやビオラを弾いた。6番目に登場して「少年時代」を弾いたが、やはり緊張する。一か所だけ指が動かなくなったが、止まらないで弾けた。最後に、皆で「きらきら星」を弾いて、記念撮影をした。

 知り合いのSGHRさんが来ていただけた。次の発表会は、1年後か2年後らしいが、よりよい演奏が披露できるように練習に励みたい。
by nori-126 | 2015-07-07 17:58 | バイオリンレッスン | Comments(0)