感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
シネマ「ミスサイゴン25周年..
at 2017-03-14 19:25
LA FENICE 天地創造..
at 2017-03-14 19:22
日本センチュリー響 第215..
at 2017-03-14 19:16
英国ロイヤルオペラシネマ「イ..
at 2017-03-13 17:40
LA FENICE 「天地..
at 2017-03-07 02:56
大阪狭山池 アオジ・モズ・ホ..
at 2017-02-28 22:32
バイオリンレッスン 第85回
at 2017-02-28 19:31
河内長野ラブリーホール合唱団..
at 2017-02-27 01:59
MET ライヴビューイング ..
at 2017-02-27 01:49
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(150)
(133)
(127)
(117)
(94)
(91)
(72)
(69)
(63)
(53)
(50)
(49)
(45)
(44)
(38)
(37)
(34)
(19)
(18)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:古典芸能 ( 38 ) タグの人気記事

第115回 上方落語をきく会 夜の部 シアタードラマシティ

 1月21日(土)、上方落語をきく会に行った。ABCラジオが、昭和30年から続けているラジオの公開放送で、第39回と第44回を聴いたことがある。5年前から4回聞いている。

ABCラジオ 第115回上方落語をきく会 夜の部
2017.1.21(土)17時半
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシアター

笑福亭呂好「つる」
桂吉弥「地獄八景亡者戯」
笑福亭三喬「らくだ」    

 席は19列37列と舞台からはずいぶんと遠い。前座の後に、三代澤康司さんと伊藤史隆さんが登場した。いつもの上泉プロデューサーは体調不良ということで、戸屋プロデューサーが合図を出していた。

 夜の部は、大ネタ二つだけということで、桂吉弥の「地獄八景亡者戯」と笑福亭三喬の「らくだ」である。17年前に二人の師匠である吉朝と松喬が演じたというが、二人とも惜しまれながら亡くなってしまった。

 地獄八景亡者戯は、50年程前に桂米朝が復活させたというか、新しく作ったということが話題になり、ラジオで1時間以上のネタを聴いたのを覚えている。その時々の時事ネタを入れて、自由に話を作れるので、聞くたびに新鮮である。後半部分の本来の話である鬼の腹の中での話の枕がとてつもなく長くなったという形である。

 吉弥は、最近なくなった人の名前を入れて、途中でやしきたかじんの真似をして、サングラスをかけて、カラオケをかけて歌を歌った。話はうまいが、こういうネタはあまり合わないのかもしれない。話のうまさというよりも、はじけた面白さが要求されるネタである。

 休憩の後に、三喬が登場した。紙屋が酒を飲んですこしずつ変わっていく様を、時間をかけて丁寧に演じた。時間がないと豹変したような印象を与えるが、これはテレビなどでは味わえない楽しみである。上方落語をきく会で、三喬の話を何度か聞いているが、よどむところが全くないのは感心する。大御所の風格のようなものさえ感じられた。

d0097373_01551435.jpg

by nori-126 | 2017-01-23 01:19 | 古典芸能 | Comments(0)

第113回上方落語をきく会 夜の部 シアター・ドラマシティー

 1月31日(土)、上方落語をきく会の夜の部を見た。昼の部との2部構成だが、これまでと違って、出演者が若手がほとんどである。ベテランは昼の部の福笑、ざこばだけである。昼の部からABCラジオで生中継をしていた。

 第113回 上方落語をきく会 夜の部
 2015年1月31日(土)5時30分
 梅田芸術劇場 シアタードラマシティ
 
 笑福亭喬介 金明竹
 桂ちょうば ハンカチ
 笑福亭たま 漫談家の幽霊
 桂吉弥 親子酒
 桂南天 茶の湯
 林家菊丸 辻占茶屋
 笑福亭三喬 高津の冨

 笑福亭喬介の金明竹、丁稚が人から頼まれた時の対応をとんちんかんにして、最後は骨董品の届いたのを早口言葉のように繰り返すという話である。その中に金明竹という言葉が入っている。

 この後、生放送に入り、三代澤康司、伊藤史隆の二人のアナウンサーの司会で、拍手の稽古をする。三代澤さんの流暢な話しぶりに、さすがはプロと感心した。

 桂ちょうばのハンカチ、創作落語で、よくできた話である。笑福亭たまは去年も聞いたが、枕のショートコントが面白い。前に聞いたのと同じネタだと笑いにくいが。

 吉弥の親子酒、少しずつ話を変えてあり、よく聞く話だが楽しめた。桂南天の茶の湯は、きな粉を飲まされた人の顔が面白い。ラジオでは伝わらないのがもったいない。

 菊丸の辻占茶屋は、遊女の誠を試すのに、心中をしかけるという話。心中をする時の駆け引きが話の面白いところだが、少し物足りなかった。四ツ橋で、別の橋で向かいあって心中しようとするのは、四ツ橋の構造を知っていると理解しやすい。普通の橋なら遠すぎて話はできない。

 三喬の高津の冨、これも良く知られた話だが、三喬の雰囲気は好きである。宿が淀屋橋近くで、高津神社までぶらぶらというのは、少し遠すぎると初めて気がついた。

 最後に出演者が揃って登場して、大阪締めをして終了となった。上方落語をきく会は、昭和45年、46年に2回見たことがある。4年前の110回から久しぶりに見るようになったが、今回のように、ベテランが参加しないと、時代が変わったなあとつくづく思う。40年前に、限られた数の落語家でがんばっていたのが、近年のように大勢の落語家が活躍するのは、うれしいことである。

追記 2015.2.11
 高津の冨で、宿屋の場所を淀屋橋西の大川町と説明していたが、11日に淀屋橋交差点のすぐ西の川沿いに「大川町」の説明をした案内板をみつけた。東区大川町は中央区になって、北浜になってしまった。

d0097373_1412533.jpg

 大川町の旧町名継承碑 ↓
d0097373_141214.jpg


 

 
by nori-126 | 2015-02-01 03:26 | 古典芸能 | Comments(0)

noriさんのひまつぶ誌 2014 6.古典芸能

桂文枝の襲名披露公演は、4時間にもわたるもので、めったにみられないものだった。落語を楽しむというよりイベントを楽しんだ。

1)2014.2.1 上方落語をきく会 シアター・ドラマシティー 
2)2014.3.8 六代桂文枝 襲名披露公演大千穐楽 フェスティバルホール
by nori-126 | 2014-12-31 23:43 | 古典芸能 | Comments(0)

六代桂文枝 襲名披露公演大千穐楽 フェスティバルホール

 3月8日(土)六代桂文枝の襲名披露公演に行った。桂三枝が平成24年の7月に襲名してから、1年8か月に渡る110回もの披露公演の千穐楽として、広いフェスティバルホールの公演を行った。席は1階25列  番だった。広い舞台に金屏風、その向こうに立体の松の木があるが、高座はぽつんという感じである。

 第一部は落語で、文珍がスマホなどの枕のあと、高齢者の面白いやり取りを、志の輔が、短時間なのでショートプログラムみたいだ、トリプルアクセルを決めたいと言って、こぶとり爺さんの童話をいじる。市馬は~山~寺の言葉づくし、ざこばは夫婦のやりとり、馬風はほとんど美空ひばりのメドレー、歌丸が「しらみが仏」という落ちの小話をした。

 最後に文枝の「妻の旅行」である。前に上方落語をきく会で聴いたことがある。客席から大きなくしゃみが聞こえたのを、「静かでいいなあ。隣の人のくしゃみまで聞こえる」と即興で応じたのはさすがである。

 舞台転換の短い時間をはさんで、第2部は大口上。18人が舞台に並んだ。笑点のメンバー7人に、仁鶴、ざこば、文珍、東京から馬風、正蔵、市馬、志の輔、志らく、三平で、司会がきん枝である。染丸さんが休演だった。こんな口上は前代未聞で、これからもないだろいう。たい平が笑点でおなじみの花火をした。

 第3部が始まる前に幕前で、松之助が登場して、ついてきたのがサプライズゲストのさんまだった。文枝と3人でコントのようにふざける。そして、創作落語「熱き想いを花と月に馳せて~瀧廉太郎物語」を文枝が演じた。留学中の知り合いとの交流などを講談風に少し笑いを入れて、熱演した。間に舞台に並んだ六本木男性合唱団倶楽部の80人もの合唱が入る。

 終わってから、合唱団のケント・ギルバート、辰巳琢郎さんが紹介されて、文枝の兄弟弟子、文枝の弟子達が舞台に並んで、会場と「花」を合唱した。6時に始まって、終わったのが、10時過ぎという長丁場で、例のない披露公演が終わった。
d0097373_1303326.jpg

by nori-126 | 2014-03-09 19:54 | 古典芸能 | Comments(0)

上方落語をきく会 シアター・ドラマシティー

 2月1日(土)、朝日放送が主催する上方落語をきく会を、シアター・ドラマシティに見に行った。昭和30年に始まった落語会は、今年で112回となる。今回は昼の部と夜の部があり、夜の部を見に行った。

 ラジオで生放送される前に、前座として桂吉の丞が「子ほめ」を演じた。枕で「あいうえお」のお願いがあると言って、あくび、いびき、うろうろ、笑顔、落ちをいわない。と説明した。口調は明晰でわかりやすい。話の落ちを「今朝生まれたばかりとはお若く見える、どうみても今晩みたい」というのは、初めて聴いたと思うが。

 伊藤史隆、三代澤康司の二人のアナウンサーが登場して、生放送が開始された。

 桂春蝶「昭和任侠伝」 お父さんである先代の春蝶の持ちネタだと思うが、しっとりとした話を聞いてみたかった。昭和45年の第39回上方落語をきく会で先代の春蝶の「悋気の独楽」を聞いて、感動したことを昨日のことのように思い出す。

 桂南天「動物園」 口調がよくて落語家の雰囲気を持っている。よく聞く話だが、虎の毛皮を着るところを詳しく述べたり、友達が見にきているというのを付け加えたりして、新鮮な感じがした。

 桂文華「八五郎坊主」 人物の描写がおもしろく、お寺の住職の雰囲気が笑わせた。

 桂三喬「初天神」 昨年、1昨年も聞いたが、落語家らしい雰囲気を持ったベテランのような感じが好きである。枕はいつものように家族の話で、息子の就職の話だった。時間を気にしながら、それを笑いに持っていった。

 笑福亭鶴二「不動坊」 よく聴く話だが、少しずつ工夫がされていて、幽霊役が同業の講釈師ではなく、「落語家」となっていた。未亡人が幽霊に話しかけるのも新しい工夫か?大家の声が張りがあって、若すぎるのが気になった。

 桂文珍「けんげしゃ茶屋」 割烹着で登場して笑わせた。話題のSTAP細胞の発見者の扮装である。話がうまく、多くの笑いを取った。 
by nori-126 | 2014-02-03 01:50 | 古典芸能 | Comments(0)

noriさんのひまつぶ誌 6.古典芸能

2013.1.26 第111回 ABCラジオ「上方落語をきく会」夜の部 シアターBRAVA!
by nori-126 | 2013-12-31 22:40 | 古典芸能 | Comments(0)

第111回 ABCラジオ「上方落語をきく会」夜の部 シアターBRAVA!

 1月26日(土)朝日放送主催の「上方落語をきく会」の夜の部を見に行った。朝日放送が昭和30年に始めた会で、40年ほど前に第39回(昭和45年)と第44回(昭和46年)を見に行ったことがある。そして昨年1月の第110回を久しぶりに見に行った。

 今年は一日だけで昼と夜に2公演行われた。会場のシアターBRAVAは大阪城ホールの川向かいにある。何度も通りがかっているが、入るのははじめてである。席はS列5番と後の方である。お客さんは満員だった。

 桂冶門     「つる」
 笑福亭たま   「憧れの人間国宝」
 桂吉弥     「かきわり盗人」
 笑福亭三喬  「まんじゅうこわい」
 桂春團冶    「子ほめ」
 桂米團冶    「かけとり」
 笑福亭松喬  「あみ船」

 2番太鼓という寄席囃子が陽気に始まりを告げる。桂冶門は「つる」というよく聞く噺をした。「白髪の老人が岩の上に立って、小手をかざして」というのを、「尺八吹いた老人が、岩海苔たべて、小手を振り回した」と聞き間違えるのは初めて聞いた。落ちは「だまって飛んできた」が有名で、前のお客さんがその落ちを寸前にささやいたが、冶門は「その日は飛んでこんかった」と締めた。よく聞く話は、演者がいろいろと工夫を加えているものである。

 司会の伊藤史隆と三代澤康司があいさつをした。会場が毎日放送の持ち物なのに、朝日放送が使わせていただいたと笑いを取った。

 笑福亭たまは、京大経済学部卒で、福笑門下の異色の落語家である。はじめにショートコントを枕の代わりにいくつか披露した。その中で「B29」の話をしますと言って、鉛筆で字を書くしぐさをする。「この鉛筆濃いなあ」という落ちが笑わせた。噺は文楽の人形遣いが、倒れて言葉がしゃべれなくなるというもので、奥さんの通訳で笑わせた。文楽の時事ネタもちゃんと織り込んだ。

 吉弥はさすがに落ち着いている。よく知っている噺だが楽しめた。落ちは「取る物がないので、相撲取って帰る」というのは、新しい工夫だろうか?三喬は前回も聞いたが、早口なのに全く噛まないで流れるように話す。慣れた感じがして、まだ若いがいかにも落語家という雰囲気をすでに持っている。いろいろな饅頭が出てくる中で、551の豚まんで笑わせた。

 春團冶は前回も聞いたが、かっての四天王でただ一人、今でも高座を聞けるのはうれしい。声は少し弱くても口調は昔のままである。米團冶の「かけとり」は、相手の趣味に合わせて、借金を断るというもので、中身を変えたら新作落語のようになる。クラシック好きの借金取りには、作曲家や音楽用語を使った音楽づくしを披露して、「キダタロー」まで出て来た。芝居好きに対しては、落語家づくしを披露した。團十郎のこもった声のまねをしたが、これはマニアック過ぎて、笑ったのは私だけだった。

 松喬さんは、昨年の会に出演が予定されていたのに、病気のために出演が中止になった。痩せておられるが、元気に長い噺をされた。「あみ船」は文献に残っている噺を小佐田さんが脚色し直したということで、もちろん初めて聞く話である。実力者が何人も出演するこういう会は貴重である。

d0097373_22555797.jpg

by nori-126 | 2013-01-27 21:39 | 古典芸能 | Comments(0)

noriさんのひまつぶ誌 2012 4.古典芸能

文楽      
1)2012. 1.3 文楽新春公演 第2部 国立文楽劇場
「義経千本桜 道行初音旅」「河連法眼館の段」「壺坂観音霊験記」

2)2012.1.16 文楽初春公演 第1部 国立文楽劇場
「七福神宝の入船」
「菅原伝授手習鑑 茶筅酒の段、喧嘩の段、訴訟の段、桜丸切腹の段」
「三十三間堂棟由来 平太郎住家より木遣り音頭の段」

3)2012.4.18 文楽4月公演 第2部 国立文楽劇場
「祇園祭礼信仰記」金閣寺の段 爪先鼠の段
「桂川連理柵」六角堂の段 帯屋の段 道行朧の桂川

4)2012.4.25 文楽4月公演 第2部 国立文楽劇場
「加賀見山旧錦絵」又助住屋の段 草履内の段 廊下の段 長局の段 奥庭の段

5)2012.4.30 文楽4月公演 第2部 国立文楽劇場
「祇園祭礼信仰記」金閣寺の段 爪先鼠の段
「桂川連理柵」六角堂の段 帯屋の段 道行朧の桂川

6)2012.7.25 夏休み文楽特別公演 第3部 国立文楽劇場
「曽根崎心中」生玉社前の段 天満屋の段 天神森の段

7)2012.8.1 夏休み文楽特別公演 第2部 国立文楽劇場
「摂州合邦辻」合邦庵室の段
「伊勢音頭恋寝刃」古市油屋の段・奥庭十人斬りの段

8)2012.11.11 文楽11月公演 仮名手本忠臣蔵 第1部 国立文楽劇場
「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」
大序 鶴が岡兜改めの段 恋歌の段 
二段目 桃井館本蔵松切りの段
三段目 下馬先進物の段 腰元おかる文使いの段 殿中刃傷の段 裏門の段 塩谷判官切腹の段 城明渡しの段
五段目 山崎街道出合いの段 二つ玉の段 
六段目 身売りの段 早野勘平腹切の段

9)2012.11.11.仮名手本忠臣蔵 第2部 国立文楽劇場
「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」
七段目 祇園一力茶屋の段 
八段目 道行旅路の嫁入
九段目 雪転しの段  山科閑居の段 
大 詰  花水橋引揚の段 

落語
ABC創立60周年記念 ABCラジオ
1)2012.1.25 「上方落語をきく会」第三日  ABCホール
 林家笑丸、桂吉弥、桂文三、笑福亭生喬、林家染丸

2)2012.1.28 「上方落語をきく会」千秋楽第2部  シアター・ドラマシティ 
桂文華 笑福亭三喬 桂米団冶 桂春団冶 桂塩鯛 桂三枝

 
by nori-126 | 2012-12-31 23:04 | 古典芸能 | Comments(0)

朝日放送「上方落語をきく會」第44回(昭和46年)のプログラム

 朝日放送主催の「上方落語をきく会」は昭和30年に第1回が始まり、平成20年の第109回までほぼ定期的に開催されていた。昭和45年2月27日の第39回と昭和46年10月30日の第44回を見に行ったことがある。今年1月、久しぶりに第110回として、6日間で7公演があった。3日目と千秋楽の第二部を見に行った。

 古いものを何でも保存しているので、調べてみると第44回のプログラムがでてきた。第39回はなくしてしまったようである。

 第44回は大阪ナンバ高島屋7階の高島屋ホールでおこなわれた。第42回までは大淀ABCホールで行われていた。第39回の時は、開始時間ぎりぎりで入場できたが、昭和46年に落語ブームが起きて、観客が増えた。第43回から高島屋ホールに会場が変更になったのは入場希望者が増えたからだと思われるが、この時は満員で入場できなかった。

 第44回は開場の1時間半前に行ったら、多くの人が並んでいた。会場の後方3分の2くらいのところの席に座れた。会場の定員が500人くらいだったので、私の前に300人くらい並んでいたことになるのだろう。

 出演者は桂べかこ(現南光)、笑福亭光鶴(六代目松鶴の子で、当日の演目を悋気の独楽から時うどんに変更した。後に廃業)、仁鶴、米朝、朝丸(現ざこば)小米(後の枝雀)、小文枝(後の文枝)、6代目松鶴である。今から思うと豪華なメンバーであるが、当時は他に中堅以上の落語家と言えるのは、春団冶、春蝶、露の五郎、松之助くらいのものだった。

d0097373_10321095.jpg
d0097373_10322550.jpg
 
by nori-126 | 2012-04-29 23:50 | 古典芸能 | Comments(0)

上方落語をきく会 千秋楽第2部 シアター・ドラマシティ

 1月28日(土)上方落語をきく会の千秋楽第2部を聞きに行った。千秋楽はシアタードラマシティの900人はいるホールで、第1部と第2部が開催された。席は3列23番と前から3列目で右の方である。今回は2回とも前の方の席で、演者の表情が間近で見られたのは幸いだった。

 総合司会の三代澤康司アナが道上洋三さんと最初にあいさつをした。道上さんが、ABCアナウンサーを辞めてプロの落語家になったと言及したのは、今井音也さんのことで、私が聞いた第39回が桂音也としての初高座だったと思う。桂音也さんは若くして亡くなった。

 ABC創立60周年記念 ABCラジオ
 「上方落語をきく会」
 千秋楽第2部 平成二十四年一月二十八日(土)18時
 シアター・ドラマシティ
 
 
 「八五郎坊主」       桂文華
 「月に群雲」(小佐田定雄作)笑福亭三喬
 「つる」          桂米団冶
 「野崎参り」        桂春団冶
  中入り 
 「つぼ算」         桂塩鯛
 「妻の旅行」        桂三枝

 桂文華の「八五郎坊主」は聞いた覚えがある。文華は声が少ししわがれの感じで、上方の落語には適しているという。今後が楽しみである。三喬は、語り口がベテランの落語家のようである。声の質も好きである。枕が子どもの勉強の話で、場をしっかりとつかんだ。新作落語で初めて聴くが、上方落語の伝統を取り入れた話で、このまま古典といわれても納得してしまいそうである。

 米団冶の枕は米朝をネタにしたものだった。「つる」は前座話と思うが、爆笑が取れる話ではない。それでも丁寧に話して、きちんとした形になっていた。中入り前の締めで、春団冶が登場した。入場はやや頼りなげだったが、座るとしゃきっとしたものである。有名な野崎参りが聞けて幸せだった。良く知っている話なのに生で聞くのはやはりちがう。

 塩鯛の「つぼ算」も何度も聞いているが、表情の面白さは生だからこそである。塩鯛はベテランの風格を備えている。聞いていて枝雀さんやざこばさんの口調を思い起こさせるところがあった。

 「上方落語をきく会」の大トリは落語協会会長の桂三枝である。枕で髪が薄くなったことを話して大爆笑を取って、新作の落語でも会場は爆笑の連続であった。落語というのは、皆がよく知っている話で笑いを取るのは大変だと思う。知っている話では、心から笑うということは少ない。じょうずなだなあと感心するよりも、素直に笑いたいものである。新作がもっと増えてもいいのではないだろうか?

 
by nori-126 | 2012-01-29 00:51 | 古典芸能 | Comments(0)