感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリホール合唱団 レクイエ..
at 2017-10-15 23:35
アンナ・ネトレプコ ザ・シン..
at 2017-10-13 12:31
住之江の第九 2017 第6回 
at 2017-10-13 12:24
北斎ー富士を超えてー あべの..
at 2017-10-13 11:32
大阪城本丸薪能2017 第2夜
at 2017-10-09 14:46
チェコ・フィルハーモニー管弦..
at 2017-10-09 13:58
ロンドンフィル日本ツアー20..
at 2017-10-09 13:27
特別展覧会「国宝」第Ⅰ期 京..
at 2017-10-05 01:44
第7回 大阪市コミュニティ合..
at 2017-10-02 01:36
LA FENICE  レクイ..
at 2017-10-02 01:04
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(155)
(150)
(134)
(126)
(102)
(96)
(74)
(71)
(71)
(70)
(59)
(53)
(50)
(47)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:合唱 ( 71 ) タグの人気記事

ラブリホール合唱団 レクイエム 第17回

 10月14日(土)、ラブリホール合唱団の練習に行った。バイオリンの発表会と、お通夜のために2回欠席をした。27回中、17回出席、10回欠席となる。

 ホワイエで、小玉先生の指導で、モーツァルトのレクイエムのConfutatisとDomine Jesu、その後にフォーレのレクイエムのSanctusと最初に戻って、KyrieとOffertoriumを歌った。

 モーツアルトのレクイエムは、他の合唱団でも練習しているので、かなり歌えるようになったが、フォーレは久しぶりなので、少し忘れていた。

 

by nori-126 | 2017-10-15 23:35 | 合唱 | Comments(0)

第7回 大阪市コミュニティ合唱祭 城東区民センター

 10月1日(日)、大阪市コミュニティ合唱祭を聴きに行った。聴くのは、昨年に続いて2回目である。LA FENICEの練習が終わってから、40分ほど遅刻して入場した。合唱団Jo-9♪、東成区音楽団、天王寺区民合唱団は聴けなかった。

 ひらの混声合唱団のカンツォーネ、福島区民合唱団のヒットメドレー「SORA」、そして淀川区民合唱団の「水のいのち」から海、ウイーンわが夢のまちを聴いた。淀川区民合唱団には、MURさんとTRMさんが出場されたが、レベルの高さを感じた。

 休憩の後、住之江第九合唱団のヒットメドレー「YUME」から5曲、11月に私もでる住之江の第九で、団員が歌われる曲である。飯山市朧月夜スペシャル混声合唱団の唱歌など3曲、人数が多くないのに、声が良く出ていてまとまっていた。つるみWindmill合唱団は、フォーレのレクイエムからキリエとリベラミ、大正区民合唱団のグノーのミサからの曲、旭区合唱団リリオのAve Verum Corpus他などだった。

 いくつかの合唱団を聴き比べることは、めったにないが、素人目にも差があることはわかる。人数がもう少し多ければいいのにと思われる合唱団もある。しかし、日頃から熱心に練習した成果を発表できる機会があることはうらやましい。

 第2部は出演者が舞台に上がって、「富山に伝わる三つの民謡」が歌われた。250人くらいの歌声は迫力があった。演奏にピアノ、電子オルガン、フルート、オーボエ、パーカッション2人が参加して、踊りもあった。曲の間に「ブラボー」と声をかける人がいて、興ざめだった。最後に聴衆も一緒に「ふるさと」を歌った。

 住之江第九のMKIDさん、INUEさんに挨拶した。客席に東大阪第九のMRIさんがおられた。合唱指導のKKC先生をみつけて話をした。実は今日は、先生指導の1万人の第九のレッスンの日だったのだが、合唱団の練習と重なっていけなかった。

d0097373_02220120.jpg

by nori-126 | 2017-10-02 01:36 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE  レクイエム ミサ 第9回

 10月1日(日)、LA FENICEの練習が午前10時から、堀江アルテであった。本山先生が都合で来られなくて、市川先生がピアノを弾きながら指導された。

 モーツァルトのレクイエムの Domine Jesu から最後の方までを、パート別や複数パートで歌いながら、細かく教えてもらった。指摘されていることがわかりやすくて、歌い直すと音が良くなるのが実感できる。先生がそれを認めてくれるので、うれしくなる。

 基本的に繰り返し指摘されたのは、同じ音が続く時に下がりやすいので、上げるくらいのつもりで歌う。音が大きく変動する時に、準備をしておく。ずり上げやずり下げにならないようにする。同じ言葉を繰り返す時は、後の方を強調する。他のパートの音を聞いて、ハーモニーを合わせる。母音をあいまいにしないでしっかり歌う。短い音符の長さを十分とる。などである。

by nori-126 | 2017-10-02 01:04 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第16回

 9月23日(土・祝)、ラブリホール合唱団の練習に行った。2回休んだので、3週間ぶりになる。今日は、小玉先生が小ホールで、モーツァルトのレクイエムのHostiasとSanctus、そして、フォーレのレクイエムの最初からを指導された。

 参加者も多く、小ホールなので、アルトやソプラノがよく響いて気持ちよかった。バスは、一部の人がテンポが速くなる傾向があると指摘された。

by nori-126 | 2017-09-23 23:07 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第8回

 9月17日(日)、LA FENICEの練習が朝10時から、鳴尾公民館であった。練習に出席するのは、1か月ぶりで、本山先生の指導を受けるのは2か月ぶりである。その間、ネルソンミサの自主練習をしてはいたが。

 ネルソンミサの ET INCARNATUS EST から最後までを少しずつ直しながら歌った。音の高さが揃っていないこと、揃えた上で、ハーモニーを感じられるようになることを強調された。歌詞の意味を理解することも大切で、意味に合わせた歌い方があるということである。

 台風が近づいているということで、予定よりも早く、1時に終わった。帰りの電車で、ADCさんとその知り合いの女性と話をした。

 

by nori-126 | 2017-09-18 03:24 | 合唱 | Comments(0)

ラブリホール合唱団 レクイエム 第15回

 8月26日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。2回連続で欠席したので久しぶりである。(21回中15回出席、6回欠席)。ホワイエで、中村先生の指導でモツレクを最初から、おさらいした。序曲とKrie、Dies irae、Rex tremendaeまでを時にパート間のハーモニーを確かめながら、時に各パート別に音を確認しながら進んだ。

 共通して言われることは、子音の発音をしっかりとする。終わりの四分音符を短くしない。初めの子音が遅れない。単語のどこにアクセントがあるかを自覚する。高い音にアクセントがあるとは限らない。同じ音が続く時に、棒読みではなくリズムを。短調や長調を意識して、明るい声や暗い声を出す。和音を意識して、他のパートとハモるように歌う。口の奥を大きく広げて歌う。

 初めて最前列の席にすわった。後ろから声が聞こえてきて、うまく歌えると音が揃った感じが味わえる。他のパートの声がよく聞こえるので、うまくハモった時に感動を覚える。帰りは、OOGSさんとそのお友達と電車で話をしながら帰った。

by nori-126 | 2017-08-27 09:18 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第7回

 8月19日(土)、LA FENICEの練習が堀江アルテであった。杉田先生の指導で、ネルソンミサの前回からの続きである、Benedictus と Dona をパート別に発音を確かめながら歌った。同じ言葉の繰り返しで、言葉をはめやすい。同じ音が続くので、わかりやすいが、その中でわずかに音が動くのを正確にとらえなくてはならない。何となく歌っていると間違ってしまう。

 休憩の後に、一番初めからおさらいをした。なんとなく歌えているという感じだが、先生の苦笑いは、まだまだ道遠しという印象である。今日はテノールが4人と少なく歌いにくかった。バスが音が揃っていないと何度か注意された。帰りに久しぶりにPさんと話をした。モツレクをニューヨークやヨーロッパで歌ったことがあるということだった。

by nori-126 | 2017-08-20 02:29 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第6回

 8月6日(日)、LA FENICEの練習が堀江アルテであった。杉田先生が、大村先生のピアノで指導をされた。ネルソンミサの ET RESURREXIT から、パートごとに練習して、合わせてみた。言葉を音に合わせるのが難しいところもあって、早口言葉のようになってしまう。適当にごまかしているが、練習しなくてはならない。

 途中から、辻本先生が別の部屋で、男性だけを指導して、Sanctus を歌った。テノールは11人出席で、これで全員ではないかとのことだった。部屋に戻ってSanctusを歌った。一か所音が取れてなくて、歌いやすいバスのパートを歌ってしまったら、前にいる人に3度下を歌っていると、指摘された。直前に歌う最後の音を保持しておけば、間違いなく歌える。

by nori-126 | 2017-08-07 02:08 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第14回

 8月5日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。リサイタルホールで、中村先生の指導で、モーツァルトのレクイエムのOffertoriumから練習した。ソプラノは音が正しくないと言われて、2-3列ごとに歌ってみるような指導があった。



by nori-126 | 2017-08-07 01:48 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第13回

 7月29日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。わずかに遅刻して行ったが、初めて地下のリハーサルホールで練習があった。ラブリーホール合唱団の練習は、今までのところ、17回の練習の内、13回出席、4回欠席(出席率76%)である。

 モーツァルトのレクイエムのHostiasから最後まで、そして前に戻って、Domine Jesuを歌った。中村先生は、レガートで、流れるような音を要求される。歌い初めの子音をはっきりと歌うことも指摘される。

by nori-126 | 2017-07-31 00:58 | 合唱 | Comments(0)