感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:合唱 ( 38 ) タグの人気記事

小玉晃の音楽学校 秋期 第4回

 11月24日(木)、小玉晃の音楽学校のレッスンに行った。前回練習したシューマンの「ズレイカの歌」の続きを歌った。単に楽譜通りに歌うだけではなく、意味を感じて歌うことが大切と言われた。ドイツ語は学生時代に少し勉強をしたことがあるが、改めて勉強をしてみるのも面白いかもしれない。
by nori-126 | 2016-11-25 13:50 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第8回

 11月13日(日)、10時から堀江アルテで、LA FENICE の練習があった。本山先生が3時間の指導をされた。まず、発声練習で、変化をつけながら声がでるようにしていく。11番、2番、3番、5番、31番とおさらいをした。細かい注意がされて、音が変わっていくのを実感した。

 母音の発音、クレッシェンド、息継ぎなどが指示された。ソプラノは、高い音が揃わない。アルトは声が弱い、バスは低すぎないようにという点を指摘される。テノールは人数もある程度あって、単独で歌う練習もほとんどなかった。

 テノールのパート用の練習CDを買って、連日聴いている。音がかなり取れるようになって、自信が少しついてきた。歌っている時に、他の人と同じ音で歌っているという感覚が少し体験できた。

 終わってから数人の人と近くのレストランで昼食を取った。KTMRさんと共通の趣味である歌舞伎、ミュージカルの話をしていた。こういう話をゆっくりとできる人がいるのはうれしい。

by nori-126 | 2016-11-14 02:54 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 秋期 第3回

 11月10日(木)、小玉晃の音楽学校に行った。第1回と2回で練習したシューベルトの菩提樹をおさらいして、一応の仕上げとなった。新しく、シューマンの「ズレイカの歌」というゲーテの詞による歌を練習することになった。

 sを横にしたようなターンという記号がでてきた。シにターン記号が付いていると、シドシラシと装飾して歌うというものである。初めてみた。

 終わってから、Beer Hopに行った。若い人たちでカウンターはほぼ満杯だったが、片隅に入れてもらった。門真の第九に参加するという女性がいた。マスターも門真の第九に参加するということである。

by nori-126 | 2016-11-14 02:26 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第7回 中央区民センター

 10月22日(土)、LA FENICE の練習に行った。堺筋本町駅の近くの中央区民センターは広いホールで、音がよく響く。本山先生の指導で、発声練習と第2部の練習をした。テノールパートを演奏した音源をネットで買って、繰り返し聞いている。歌声がないので、音をどう当てはめていいのかがわからないが、少しずつ音が取れるようになった気がする。

 音の強弱について、説明があった。楽譜に記載がなくても、オーケストラの演奏の指示から、クレシェンドや強く歌うところが指示された。伴奏の譜面もみて、参考にするというのを初めて知った。

 終わってから、近くのBeer Hopに行った。合唱団のMURさんが先に来ておられた。他に門真の第九で一緒したMNKさんがおられた。今年1月の門真の第九で私の隣で歌った人で、門真で一緒に飲んだことがある。

by nori-126 | 2016-10-23 13:14 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 秋期 ドイツの歌 第1回

 10月13日(木)、小玉晃の音楽学校に行った。7月期に引き続いて受講することにした、秋期のドイツの歌の第1回である。シューベルトの菩提樹を歌うことになった。新しく参加する人もいるので、ドイツ語の発音を丁寧に教えていただいた。母音の発音が難しい。どうしてもアルファベットをみて、そのまま日本語の感覚で発音してしまう。

 若い頃に、シューベルトの歌曲集の3大歌曲が入った楽譜集を買った。フィッシャー・ディスカウの「冬の旅」のレコードを買って聞いたものである。発声方法も知らずに歌っていたのが懐かしい。

 今期はKMRさん、SKGCさんはヴォイトレクラスに参加されなくて、YMSTさんも参加されないことになった。クラスにはIZWさんがおられるが、終わってから相手をしてくれる人がなくて、一人でBeer Hopに行った。一万人の第九に参加したことがあるという女性二人がお客さんでおられた。マスターからは、共通して知っている合唱指導の先生の話もでて、昔から行きつけのような気分にさせてくれる。

by nori-126 | 2016-10-14 19:38 | 合唱 | Comments(0)

第6回大阪市コミュニティ合唱祭 大阪市立旭区民センター

 9月25日(日)、合唱祭に行った。大阪市主催で行われていた合唱祭が自主運営になって、6回目の開催になるとのことである。旭区民センターに行ったのは初めてだが、立派なホールである。

 始まる前に、合唱指導のKYHR先生がおられたので挨拶をした。LA FENICEという合唱団に入ったことを話した。休み時間中に東大阪第九の団員の方たちとあいさつした。終了後に住之江第九のピアニストのUEDさんをお見かけしたので、挨拶をした。私の娘の大学での仲のいい同級生である。

第6回大阪市コミュニティ合唱祭
2016.9.25 13時開演
大阪市立旭区民センター
第1部
 住之江第九合唱団 in OSAKA つるみWindmill合唱団
 飯山市朧月夜スペシャル合唱団(長野県飯山市)
 東成区音楽団 合唱団Jo-9(城東区)
 旭区民合唱団リリオ 福島区民合唱団
 大正区民合唱団「大正フロイデ」 ひらの混成合唱団
 淀川区民合唱団
第2部 合同合唱
 混声合唱組曲「おおさか風土記」
 かわり橋~食いだおれ~なにわの祭り
 お囃子 福島天満宮松砂会

 住之江第九はサウンド・オブ・ミュージックを歌うのに、全員がスイスの民族衣装(?)で、幕が開くと観客はざわめいた。指揮の木村俊明先生の半ズボンがお茶目である。

 木村俊明先生は、他にも福島と城東を指揮されて最後の合同合唱も指揮されるという大活躍である。最後の淀川は、清原先生の指揮で、オペラ座の怪人の曲を、振りもつけて楽しく演じられた。各合唱団が、それぞれ特徴があって、何よりも皆で歌うという喜びにあふれている演奏は、聴いていて羨ましく感じた。

 
 

by nori-126 | 2016-09-25 22:27 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第6回

 9月22日(木・祝)、小玉晃の音楽学校に行った。7月期は今日が最終回になる。モーツアルトの「ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いた時」という訳ありの曲で、裏切られた恋人への想いを歌わなくてはならない。1回で簡単に歌える曲ではないが、少しずつ上達しているのだろうか?

 秋からの音楽学校も、みんなで歌うドイツ語の歌のレッスンを受けることに決めた。終わってから、イタリアレストランで、YMSTさんと一緒に、KMRさん、SKGCさんに合流した。

by nori-126 | 2016-09-23 02:54 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第6回

 9月22日(木・祝)、LA FENICE合唱団の練習があった。9月初めに1回休んだので、久し振りになる。堀江アルテで、初めに本山先生の指導で、発声練習があった。続いて、第一部の最初から練習した。第2曲は厳かに始まるところで、声を合わせていくことを強調された。

 後半は杉田先生の指導で、第1部の続きをした。まだまだ音取りが十分にできていないので、自分で練習をする必要がある。ネットでパート別の音取りを有料でダウンロードした。また、いただいていたドイツ語のテキストの発音記号を見て(字が小さいので2倍に拡大コピーをした)発音を確認した。ドイツ語を見てその発音をするのはかなりできている。

by nori-126 | 2016-09-23 02:51 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第5回

 9月13日(火)、小玉晃の音楽学校があった。前から練習しているブラームスの2つの曲を練習した。音を切らないで、レガートで歌うことを強調された。母音だけで歌ってみた。母音で延ばして、そこに子音を入れる感じである。この2曲は終了となり、次回はモーツアルトの曲を歌う。

 

by nori-126 | 2016-09-14 02:13 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第5回 都島区民センター

 8月20日(土)、LA FENICEの臨時練習があった。JR桜ノ宮駅から、都島区民センターまで歩いた。仕事の都合で40分ほど遅刻した。参加者は40人足らずといつもより少なかった。

 杉田先生の指導で、第3部の31番の後半のMから最後までと最終の35番を歌った。細かく音が動くところ、休符があって出だしが難しいところなどをおさらいする。四分音符がつい八分音符のように短くなってしまうのを、団員から指摘された。

 最後に舞台に上がって、35番を通しで歌ってみた。レッスンを録音しているが、これを後で聴いてみると、かなりまとまって上手に聞こえた。細かい所は訂正が必要だろうが。最も途中から参加した私には、まだ音が十分取れていないところもあって、まだまだ復習が必要である。
by nori-126 | 2016-08-21 15:49 | 合唱 | Comments(0)