感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリ-ホール合唱団 201..
at 2018-01-22 01:43
フォーゲルザング ニューイヤ..
at 2018-01-21 01:53
日本センチュリー響 第222..
at 2018-01-21 01:12
ジブリの立体建造物展 あべの..
at 2018-01-16 01:07
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-16 00:35
バイオリンレッスン 第100回
at 2018-01-10 11:46
LA FENICE  レクイ..
at 2018-01-08 08:53
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-01-07 01:11
門真の第九 2018 第3回
at 2018-01-07 01:07
ヨナス・カウフマン ジャパン..
at 2018-01-05 03:01
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(163)
(160)
(156)
(136)
(130)
(105)
(96)
(87)
(81)
(78)
(70)
(59)
(54)
(50)
(49)
(46)
(39)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:合唱 ( 87 ) タグの人気記事

LA FENICE レクイエム・ミサ 第8回

 9月17日(日)、LA FENICEの練習が朝10時から、鳴尾公民館であった。練習に出席するのは、1か月ぶりで、本山先生の指導を受けるのは2か月ぶりである。その間、ネルソンミサの自主練習をしてはいたが。

 ネルソンミサの ET INCARNATUS EST から最後までを少しずつ直しながら歌った。音の高さが揃っていないこと、揃えた上で、ハーモニーを感じられるようになることを強調された。歌詞の意味を理解することも大切で、意味に合わせた歌い方があるということである。

 台風が近づいているということで、予定よりも早く、1時に終わった。帰りの電車で、ADCさんとその知り合いの女性と話をした。

 

by nori-126 | 2017-09-18 03:24 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第15回

 8月26日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。2回連続で欠席したので久しぶりである。(21回中15回出席、6回欠席)。ホワイエで、中村先生の指導でモツレクを最初から、おさらいした。序曲とKrie、Dies irae、Rex tremendaeまでを時にパート間のハーモニーを確かめながら、時に各パート別に音を確認しながら進んだ。

 共通して言われることは、子音の発音をしっかりとする。終わりの四分音符を短くしない。初めの子音が遅れない。単語のどこにアクセントがあるかを自覚する。高い音にアクセントがあるとは限らない。同じ音が続く時に、棒読みではなくリズムを。短調や長調を意識して、明るい声や暗い声を出す。和音を意識して、他のパートとハモるように歌う。口の奥を大きく広げて歌う。

 初めて最前列の席にすわった。後ろから声が聞こえてきて、うまく歌えると音が揃った感じが味わえる。他のパートの声がよく聞こえるので、うまくハモった時に感動を覚える。帰りは、OOGSさんとそのお友達と電車で話をしながら帰った。

by nori-126 | 2017-08-27 09:18 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第7回

 8月19日(土)、LA FENICEの練習が堀江アルテであった。杉田先生の指導で、ネルソンミサの前回からの続きである、Benedictus と Dona をパート別に発音を確かめながら歌った。同じ言葉の繰り返しで、言葉をはめやすい。同じ音が続くので、わかりやすいが、その中でわずかに音が動くのを正確にとらえなくてはならない。何となく歌っていると間違ってしまう。

 休憩の後に、一番初めからおさらいをした。なんとなく歌えているという感じだが、先生の苦笑いは、まだまだ道遠しという印象である。今日はテノールが4人と少なく歌いにくかった。バスが音が揃っていないと何度か注意された。帰りに久しぶりにPさんと話をした。モツレクをニューヨークやヨーロッパで歌ったことがあるということだった。

by nori-126 | 2017-08-20 02:29 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第6回

 8月6日(日)、LA FENICEの練習が堀江アルテであった。杉田先生が、大村先生のピアノで指導をされた。ネルソンミサの ET RESURREXIT から、パートごとに練習して、合わせてみた。言葉を音に合わせるのが難しいところもあって、早口言葉のようになってしまう。適当にごまかしているが、練習しなくてはならない。

 途中から、辻本先生が別の部屋で、男性だけを指導して、Sanctus を歌った。テノールは11人出席で、これで全員ではないかとのことだった。部屋に戻ってSanctusを歌った。一か所音が取れてなくて、歌いやすいバスのパートを歌ってしまったら、前にいる人に3度下を歌っていると、指摘された。直前に歌う最後の音を保持しておけば、間違いなく歌える。

by nori-126 | 2017-08-07 02:08 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第14回

 8月5日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。リサイタルホールで、中村先生の指導で、モーツァルトのレクイエムのOffertoriumから練習した。ソプラノは音が正しくないと言われて、2-3列ごとに歌ってみるような指導があった。



by nori-126 | 2017-08-07 01:48 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第13回

 7月29日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。わずかに遅刻して行ったが、初めて地下のリハーサルホールで練習があった。ラブリーホール合唱団の練習は、今までのところ、17回の練習の内、13回出席、4回欠席(出席率76%)である。

 モーツァルトのレクイエムのHostiasから最後まで、そして前に戻って、Domine Jesuを歌った。中村先生は、レガートで、流れるような音を要求される。歌い初めの子音をはっきりと歌うことも指摘される。

by nori-126 | 2017-07-31 00:58 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第12回

 7月22日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。兵庫芸術文化センターで、フィガロの結婚を見た後、ラブリホールに行ったので、40分ほど遅刻した。小ホールで中村先生の指導で、モーツァルトのレクイエムの最後の方のレッスンがあった。

 中村先生の指導は久しぶりである。Agnus Dei と Communio のおさらいをして、前に戻り、Hostias を歌った。音が細かく動くところがあり、難しい。

by nori-126 | 2017-07-23 01:27 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第5回

 7月21日(金)、LA FENICEの練習が港区民センターであった。仕事を終えて駆け付けたが、45分遅刻した。本山先生によるハイドンのネルソンミサのレッスンは始めから、Gloria まであった。音を柔らかく、ぶつけないように歌うことを強調された。

 鼻笛が団員に配られた。鼻の息で、音を出すもので、発声に役に立つということである。早速やってみると、音を出して少し音の高さを変えることができたが、正確に音を変えるのは難しい。音の高さは口の開け方の程度で調節する。

by nori-126 | 2017-07-23 01:17 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE レクイエム・ミサ 第4回

 7月16日(日)、LA FENICE の練習があった。午後1時から5時までという長い時間、辻本先生が堀江アルテで、ピアノと合唱の指導をされた。参加者は50人くらいだろうか? 

 前回練習した Credo を出席できなかった初めての人のためにと、言葉の読みから、リズム読みをした。さらにその後を、発音、リズム読み、パート練習をして、ほぼ最後まで歌った。この辺りはあまり自信がない。特に言葉が詰め込まれているところがあって、うまく言えないところがある。これは練習するしかない。覚えてしまうまで歌いこむことである。

by nori-126 | 2017-07-16 21:55 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 第11回

 7月15日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小玉先生の9回目(内8回参加)である。次回からは、また中村先生が指導される。モーツアルトのレクイエムのOffertoriumとSanctusを歌った。

 ソプラノは発声がおかしい、アルトは弱い、バスはテンポが遅い人がいると言われた。テノールは褒めてもらえたが、歌っている人が少ないと言われた。声のいい人が大きい声で歌うのがよく聞こえる。

 レクイエムを初めから、今日習ったところまで歌ってみた。その後、フォーレのレクイエムを初めからSanctusまで歌った。帰りは、特急「こうや」に乗った。小玉先生とMYZKさんが一緒だった。

by nori-126 | 2017-07-16 01:45 | 合唱 | Comments(0)