感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-04-03 01:40
バイオリンレッスン  第87回
at 2017-03-29 16:41
小澤征爾オペラプロジェクト「..
at 2017-03-23 08:25
門真の第九 Y先生のお誕生会
at 2017-03-21 13:04
MET ライヴビューイング ..
at 2017-03-20 01:43
大阪フィル 第506回定演 ..
at 2017-03-19 16:39
1万人の第九 懇親会
at 2017-03-19 16:33
NDRエルプフィルハーモニー..
at 2017-03-16 12:36
台北國立故宮博物院 北宋汝窯..
at 2017-03-16 12:33
バイオリンレッスン 第86回
at 2017-03-16 11:12
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(154)
(151)
(133)
(129)
(117)
(94)
(93)
(72)
(69)
(64)
(53)
(51)
(50)
(45)
(44)
(38)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:合唱 ( 38 ) タグの人気記事

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第4回

 8月17日(水)、小玉晃の音楽学校に行った。前回歌ったブラームスの2曲を歌った。音が細かく移動するので難しい。ドイツ語の発音もウムラウトの付いているのは微妙である。先生の発音をまねてみるが、正しいかどうかわからない。

 業者からもらった鼻と耳の簡単な断面の立体模型を持って行った。先生がそれを見て、鼻の手術をした話をされた。プロとなると、いい声を出すために手術までしないといけないのである。

 練習を終わって、YMSTさんと長堀の地下街のトンカツ屋で食事をした。
by nori-126 | 2016-08-21 15:36 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第4回

 8月14日(日)、10時からLA FENICEの練習が堀江アルテであった。本山先生の発声練習が30分ほどあった。ドイツ語の母音の発声の仕方、喉に力を入れないで歌うことなどを教えていただいた。

 「天地創造」の第1部No.2、No.3、No.5を歌った。前回少し聞いただけなので、音が取れない。覚えやすいメロディだけは何とか歌える。

 八分音符が続く所で、同じ調子で歌うのではないと注意された。アルトが歌ってみると単調でおかしく聞こえる。表拍を強く、裏拍を弱くということと、言葉に寄って長さも微妙に変わるということらしい。そうすると単調な音に表情がでる。

 後半は、ピアノの辻本先生の指導で、第2部を一通り歌った。
by nori-126 | 2016-08-15 03:35 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第3回

 8月11日(木・祝)、LA FENICE合唱団の練習があった。10時から堀江アルテで、本山先生のレッスンがあった。発声練習の後に、第3部を歌った。前回、杉田先生のレッスンがあったが、本山先生は初めてで、これで全体を一通り歌ったことになる。私は途中参加なので、第2部27番以降しか知らないが。

 予習する余裕もなく、全く音が取れないが、後ろで歌ってくれるFJIさんの声を頼りに歌ってみた。先生は、和音を意識して歌うことを強調される。他のパートの音に自分のパートの音を乗せて、和音を作るということで、レベルの高い話である。

 残り3分の1は、ピアノの辻本先生が、第1部をざっと流すように進められた。他の人にとっては、2度目だが、私にとっては初めてで、音が全くわからない。

 終わってから、懇親会をするということで、なんばの「LOGIC」という店に30人余りが集まった。合唱団の第1回の旗揚げ公演のビデオを大きなスクリーンで見ながら、食事をした。LA FENICE名物のパンダの被り物、新人さんは被るということで、私も被って写真を撮ってもらった。

 FBのプロフィール写真に、昨年の兵庫芸文でのジョイス・デドナートとのツーショット写真を使っているHZYMさんと話をした。同じ時に出待ちをしていたのである。アンナ・ネトレプコの名古屋のコンサートに行ったということで、話が合うのがうれしい。

d0097373_2312437.jpg
d0097373_2313225.jpg

by nori-126 | 2016-08-15 02:00 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第3回

 8月4日(木)、小玉晃先生の音楽学校に行った。少し遅れていったが、今日から、ブラームスのIn Waldeseinsamkeit という曲を練習することになった。少しずつ音を取りながら歌ってみた。ドイツ語の意味を教えてもらいながら、最後まで一通り歌った。

 レガートで流れるように歌うように言われるが、そうすることで、声を張り上げることなく歌う練習になる。音の高さが細かく変化するので難しい。

 ヴォイストレーニングのクラスを先に終わって、心斎橋のイタリアンレストランのDISHというところで食事をしていたKMSR,KMR,SKGCさんと合流した。
by nori-126 | 2016-08-08 01:52 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第2回 

 7月23日(土)、LA FENICEの練習があった。鶴見区民センターの小ホールは、音響がよくて、歌うのが遅れる傾向があるといわれた。会場によって、歌う人の意識が変わるというのを初めて聞いた。

 ハイドン「天地創造」の第3部の31番から最後の35番までの練習だった。ラララで音を取って行き、パートごとに歌ったり、パートを組み合わせて他のパートとの響きを感じる練習をする。音取りができていないので、隣のうまい人の声に合わせて歌ってみる。

 3月から始まっている練習は、これで一通り最後まで練習したことになる。しかし、途中から参加した私には、まだまだスタートについたばかりである。UCHSさんから挨拶をされた。会うのは初めてだが、FBではお名前を知っている。
by nori-126 | 2016-07-24 09:09 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第2回

 7月13日(水)、松竹座で歌舞伎を見た後、松屋町に移動して、小玉晃先生の音楽学校に参加した。第2回は前回習ったZur Rosenzeitを歌った。声を無理にだそうとするのを注意される。イの音を日本語の口角を両側に引くイにしないように言われた。口を開けたまま、イを歌うのである。

 おさらいとして、8小節ずつを一人ずつ歌った。一人で歌うのは緊張する。レベルはさまざまである。先生が「初めて一人ひとりの声を聴かせてもらった」と言われた。駅までの道で、上手に歌ったIZWさんに声をかけた。本格的に合唱団に所属して全国大会にでたり、海外でも歌ったことがあるとのことだった。
by nori-126 | 2016-07-15 02:27 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 体験参加

 7月9日(土)、LA FENICE合唱団の体験ということで初めて練習に参加した。合唱団のことを知ったのは、一万人の第九の知り合いで団員であるMURさんから、昨年8月のコンサートに誘っていただいたからである。ドイツレクイエムを聴いたが、指導をしておられた小玉晃先生と初めて話をした。

 その後、団員のKTOKさん、KTMRさんと一万人の第九で同じクラスになったり、LA FENICEのコンサートに行った。練習が土日で参加しやすいので、思い切って参加してみることにした。今日が体験参加だが、入団ということになった。来年4月のコンサートでハイドンの天地創造を演奏することになっており、すでに3月から練習が始まっているが、何とか練習して本番で歌えるようになりたいものである。

 練習は休憩を入れて約3時間、本山先生の指導、辻本圭先生のピアノ伴奏で、行われた。既に3分の2は一通りの練習を終わっており、これから追いつくようにしなくてはならない。個別の音取りは個人でするようにということで、初めての経験だが、音取りCDを使って自習をすることになる。

 
by nori-126 | 2016-07-10 08:51 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第1回

 7月7日(木)、小玉晃先生の音楽学校に行った。7月期は曜日が変更になったので、ヴォイストレーニングは参加できない。みんなで歌うドイツの歌なら仕事を終わってかけつけられる。

 第1回は、グリーグのZur Rosenzeitを歌った。ドイツ語の意味を簡単に教えてもらって、母音だけで歌ってみる。音符に言葉を乗せるのは、イタリア語よりはやさしい感じがする。

 YMSTさんと近くの長堀で串カツを食べた。前にボイストレーニングクラスを受講した知り合いの方たちは今日は出席されていないが、参加される予定はあるらしい。
by nori-126 | 2016-07-08 02:10 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 4月期 ヴォイストレーニング 第6回

 6月23日(水)、小玉晃先生の音楽学校のヴォイストレーニングのレッスンを受けた。4月期の第6回目で最終回である。いつものように発声練習をした。母音を口の形を余りかえないで、舌の動きだけで出すようにする。かやの木山を歌った。

 音楽学校の7月期は、木曜日が中心になっている。仕事の都合で、ヴォイストレーニングには出られないが、その後のドイツの歌なら参加できる。ドイツの歌のレッスンを申し込んだ。

 終わってから、KMSRさんとSKGCさんと堺筋本町駅近くの Beer Hop へ行った。一万人の第九に参加している知り合いが集まるところで、前から一度行ってみたいと思っていた。マスターは酒や料理についての造詣が深く、気さくな感じである。共通して知っている合唱指導者やピアニスト、それに一万人の第九の参加者の話をしていると、ずっと前からの知り合いのような気がしてくる。
by nori-126 | 2016-06-23 02:01 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃先生の音楽学校 4月期 第5回

 6月8日(水)、小玉晃先生の音楽学校に行った。前半は、おさらいをしながら発声の練習をする。様々な母音をあまり口の形を変えずに、舌の動きで発声する。

 後半は、「Milia」を歌った。3回目になるが、イタリア語の流れるような言葉を歌うのが難しい。音符の通りに歌う必要はないとのことである。確かに、you tubeで聴いてみると、歌手によって聞いた感じがかなり違う。言葉をどのように音符に乗せるかが、日本語よりも自由なのであろう。

 終わってから、MUR,KMR,SKGCさんと前回と同じ、中華料理屋に行った。
by nori-126 | 2016-06-10 15:39 | 合唱 | Comments(0)