感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
納涼 囲碁まつり ホテル阪急..
at 2017-08-15 09:57
シネマ「パリ・オペラ座ー夢を..
at 2017-08-14 10:37
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2017-08-13 01:07
日本センチュリー響 いずみ定..
at 2017-08-12 09:01
バイオリンレッスン 第92回
at 2017-08-08 01:03
LA FENICE レクイエ..
at 2017-08-07 02:08
キエフ・クラシック・バレエ ..
at 2017-08-07 02:01
ラブリーホール合唱団 201..
at 2017-08-07 01:48
LA VITA 演奏会 豊中..
at 2017-08-06 22:43
大阪新音フロイデ合唱団 「テ..
at 2017-08-03 22:18
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(155)
(154)
(143)
(134)
(122)
(100)
(96)
(74)
(70)
(68)
(64)
(58)
(53)
(50)
(47)
(46)
(38)
(34)
(19)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:合唱 ( 64 ) タグの人気記事

小玉晃の音楽学校 秋期 ドイツの歌 第1回

 10月13日(木)、小玉晃の音楽学校に行った。7月期に引き続いて受講することにした、秋期のドイツの歌の第1回である。シューベルトの菩提樹を歌うことになった。新しく参加する人もいるので、ドイツ語の発音を丁寧に教えていただいた。母音の発音が難しい。どうしてもアルファベットをみて、そのまま日本語の感覚で発音してしまう。

 若い頃に、シューベルトの歌曲集の3大歌曲が入った楽譜集を買った。フィッシャー・ディスカウの「冬の旅」のレコードを買って聞いたものである。発声方法も知らずに歌っていたのが懐かしい。

 今期はKMRさん、SKGCさんはヴォイトレクラスに参加されなくて、YMSTさんも参加されないことになった。クラスにはIZWさんがおられるが、終わってから相手をしてくれる人がなくて、一人でBeer Hopに行った。一万人の第九に参加したことがあるという女性二人がお客さんでおられた。マスターからは、共通して知っている合唱指導の先生の話もでて、昔から行きつけのような気分にさせてくれる。

by nori-126 | 2016-10-14 19:38 | 合唱 | Comments(0)

第6回大阪市コミュニティ合唱祭 大阪市立旭区民センター

 9月25日(日)、合唱祭に行った。大阪市主催で行われていた合唱祭が自主運営になって、6回目の開催になるとのことである。旭区民センターに行ったのは初めてだが、立派なホールである。

 始まる前に、合唱指導のKYHR先生がおられたので挨拶をした。LA FENICEという合唱団に入ったことを話した。休み時間中に東大阪第九の団員の方たちとあいさつした。終了後に住之江第九のピアニストのUEDさんをお見かけしたので、挨拶をした。私の娘の大学での仲のいい同級生である。

第6回大阪市コミュニティ合唱祭
2016.9.25 13時開演
大阪市立旭区民センター
第1部
 住之江第九合唱団 in OSAKA つるみWindmill合唱団
 飯山市朧月夜スペシャル合唱団(長野県飯山市)
 東成区音楽団 合唱団Jo-9(城東区)
 旭区民合唱団リリオ 福島区民合唱団
 大正区民合唱団「大正フロイデ」 ひらの混成合唱団
 淀川区民合唱団
第2部 合同合唱
 混声合唱組曲「おおさか風土記」
 かわり橋~食いだおれ~なにわの祭り
 お囃子 福島天満宮松砂会

 住之江第九はサウンド・オブ・ミュージックを歌うのに、全員がスイスの民族衣装(?)で、幕が開くと観客はざわめいた。指揮の木村俊明先生の半ズボンがお茶目である。

 木村俊明先生は、他にも福島と城東を指揮されて最後の合同合唱も指揮されるという大活躍である。最後の淀川は、清原先生の指揮で、オペラ座の怪人の曲を、振りもつけて楽しく演じられた。各合唱団が、それぞれ特徴があって、何よりも皆で歌うという喜びにあふれている演奏は、聴いていて羨ましく感じた。

 
 

by nori-126 | 2016-09-25 22:27 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第6回

 9月22日(木・祝)、小玉晃の音楽学校に行った。7月期は今日が最終回になる。モーツアルトの「ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いた時」という訳ありの曲で、裏切られた恋人への想いを歌わなくてはならない。1回で簡単に歌える曲ではないが、少しずつ上達しているのだろうか?

 秋からの音楽学校も、みんなで歌うドイツ語の歌のレッスンを受けることに決めた。終わってから、イタリアレストランで、YMSTさんと一緒に、KMRさん、SKGCさんに合流した。

by nori-126 | 2016-09-23 02:54 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第6回

 9月22日(木・祝)、LA FENICE合唱団の練習があった。9月初めに1回休んだので、久し振りになる。堀江アルテで、初めに本山先生の指導で、発声練習があった。続いて、第一部の最初から練習した。第2曲は厳かに始まるところで、声を合わせていくことを強調された。

 後半は杉田先生の指導で、第1部の続きをした。まだまだ音取りが十分にできていないので、自分で練習をする必要がある。ネットでパート別の音取りを有料でダウンロードした。また、いただいていたドイツ語のテキストの発音記号を見て(字が小さいので2倍に拡大コピーをした)発音を確認した。ドイツ語を見てその発音をするのはかなりできている。

by nori-126 | 2016-09-23 02:51 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第5回

 9月13日(火)、小玉晃の音楽学校があった。前から練習しているブラームスの2つの曲を練習した。音を切らないで、レガートで歌うことを強調された。母音だけで歌ってみた。母音で延ばして、そこに子音を入れる感じである。この2曲は終了となり、次回はモーツアルトの曲を歌う。

 

by nori-126 | 2016-09-14 02:13 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第5回 都島区民センター

 8月20日(土)、LA FENICEの臨時練習があった。JR桜ノ宮駅から、都島区民センターまで歩いた。仕事の都合で40分ほど遅刻した。参加者は40人足らずといつもより少なかった。

 杉田先生の指導で、第3部の31番の後半のMから最後までと最終の35番を歌った。細かく音が動くところ、休符があって出だしが難しいところなどをおさらいする。四分音符がつい八分音符のように短くなってしまうのを、団員から指摘された。

 最後に舞台に上がって、35番を通しで歌ってみた。レッスンを録音しているが、これを後で聴いてみると、かなりまとまって上手に聞こえた。細かい所は訂正が必要だろうが。最も途中から参加した私には、まだ音が十分取れていないところもあって、まだまだ復習が必要である。
by nori-126 | 2016-08-21 15:49 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第4回

 8月17日(水)、小玉晃の音楽学校に行った。前回歌ったブラームスの2曲を歌った。音が細かく移動するので難しい。ドイツ語の発音もウムラウトの付いているのは微妙である。先生の発音をまねてみるが、正しいかどうかわからない。

 業者からもらった鼻と耳の簡単な断面の立体模型を持って行った。先生がそれを見て、鼻の手術をした話をされた。プロとなると、いい声を出すために手術までしないといけないのである。

 練習を終わって、YMSTさんと長堀の地下街のトンカツ屋で食事をした。
by nori-126 | 2016-08-21 15:36 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第4回

 8月14日(日)、10時からLA FENICEの練習が堀江アルテであった。本山先生の発声練習が30分ほどあった。ドイツ語の母音の発声の仕方、喉に力を入れないで歌うことなどを教えていただいた。

 「天地創造」の第1部No.2、No.3、No.5を歌った。前回少し聞いただけなので、音が取れない。覚えやすいメロディだけは何とか歌える。

 八分音符が続く所で、同じ調子で歌うのではないと注意された。アルトが歌ってみると単調でおかしく聞こえる。表拍を強く、裏拍を弱くということと、言葉に寄って長さも微妙に変わるということらしい。そうすると単調な音に表情がでる。

 後半は、ピアノの辻本先生の指導で、第2部を一通り歌った。
by nori-126 | 2016-08-15 03:35 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 天地創造 第3回

 8月11日(木・祝)、LA FENICE合唱団の練習があった。10時から堀江アルテで、本山先生のレッスンがあった。発声練習の後に、第3部を歌った。前回、杉田先生のレッスンがあったが、本山先生は初めてで、これで全体を一通り歌ったことになる。私は途中参加なので、第2部27番以降しか知らないが。

 予習する余裕もなく、全く音が取れないが、後ろで歌ってくれるFJIさんの声を頼りに歌ってみた。先生は、和音を意識して歌うことを強調される。他のパートの音に自分のパートの音を乗せて、和音を作るということで、レベルの高い話である。

 残り3分の1は、ピアノの辻本先生が、第1部をざっと流すように進められた。他の人にとっては、2度目だが、私にとっては初めてで、音が全くわからない。

 終わってから、懇親会をするということで、なんばの「LOGIC」という店に30人余りが集まった。合唱団の第1回の旗揚げ公演のビデオを大きなスクリーンで見ながら、食事をした。LA FENICE名物のパンダの被り物、新人さんは被るということで、私も被って写真を撮ってもらった。

 FBのプロフィール写真に、昨年の兵庫芸文でのジョイス・デドナートとのツーショット写真を使っているHZYMさんと話をした。同じ時に出待ちをしていたのである。アンナ・ネトレプコの名古屋のコンサートに行ったということで、話が合うのがうれしい。

d0097373_2312437.jpg
d0097373_2313225.jpg

by nori-126 | 2016-08-15 02:00 | 合唱 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 7月期 ドイツの歌 第3回

 8月4日(木)、小玉晃先生の音楽学校に行った。少し遅れていったが、今日から、ブラームスのIn Waldeseinsamkeit という曲を練習することになった。少しずつ音を取りながら歌ってみた。ドイツ語の意味を教えてもらいながら、最後まで一通り歌った。

 レガートで流れるように歌うように言われるが、そうすることで、声を張り上げることなく歌う練習になる。音の高さが細かく変化するので難しい。

 ヴォイストレーニングのクラスを先に終わって、心斎橋のイタリアンレストランのDISHというところで食事をしていたKMSR,KMR,SKGCさんと合流した。
by nori-126 | 2016-08-08 01:52 | 合唱 | Comments(0)