感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
城巡り
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
恐竜博 2019 国立科学博物館
at 2019-09-15 20:51
兵庫芸文定演 第117 回
at 2019-09-15 19:49
1万人の第九 西宮1クラス ..
at 2019-09-11 17:57
チャリティーコンサート in..
at 2019-09-08 20:45
LA FENICE ヘンデル..
at 2019-09-08 20:37
ラブリーホール合唱団 小荘厳..
at 2019-09-07 21:28
大阪フィルハーモニー管弦楽団..
at 2019-09-05 21:32
バイオリンレッスン 第134回
at 2019-09-05 21:23
世界遺産「宗像大社 辺津宮」..
at 2019-09-01 18:14
混声合唱団「すみのえ」 第20回
at 2019-08-29 13:02
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(243)
(213)
(180)
(164)
(145)
(137)
(133)
(107)
(98)
(86)
(81)
(72)
(69)
(61)
(50)
(47)
(38)
(28)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


恐竜博 2019 国立科学博物館

 9月15日(日)、前日泊まったホテルから上野の恐竜博を見に行った。9時開館で、少し前に着くと、人が少し並んでいて、9時30分から入場できる整理券がもらえた。常設展を見て時間をつぶして、9時半から入場した。子ども連れが多くて、人が一杯である。小さい展示は見にくいが、大きな骨格標本は、見られる。

 恐竜博 2019
 2019・7・13-10・14
 国立科学博物館

 世界初公開と銘打って、北海道で骨格の8割以上が揃った状態で発見された「むかわ竜」の実物化石と全身復元骨格の展示が話題である。少し前に、テレビ番組での特集をみた。8mを越える恐竜が日本にもいたんだというロマンを感じさせてくれる。
 
 モンゴルで2.4mもある前足だけがみつかっていた「ディノケイルス」の頭部と後ろ足の実物化石と、全身の復元骨格が展示されていて、前足の大きさが異様である。

 50年にわたる恐竜研究の成果の展示として、オスが抱卵、恐竜に羽毛があった、恐竜の皮膚の色の発見、恐竜と鳥類の関係などが紹介されている。


むかわ竜の実物化石と復元骨格 ↓
d0097373_12222025.jpg


# by nori-126 | 2019-09-15 20:51 | 美術展 | Comments(0)

兵庫芸文定演 第117 回

 9月14日(土)、兵庫芸文の定期演奏会に行った。新しいシーズンの始まりで、佐渡さんが挨拶をされた。今シーズンはチケット申し込みが遅れたので、昨シーズンのように、通路後ろすぐといういい席は取れなかったが、左寄りで悪くない。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第117回 定期演奏会
2019・9・14(土)午後3時開演
指揮:佐渡裕
ブルックナー 「交響曲第8番」

 8番は前にも聴いたことがあり、なじみのメロディもあるが、ブルックナーは難しい。応援が入っていたこともあって、演奏は素晴らしかった。管楽器や打楽器が安心して聴ける。

# by nori-126 | 2019-09-15 19:49 | クラシック音楽 | Comments(0)

1万人の第九 西宮1クラス 第1回

 9月11日(水)、 1万人の第九の1回目のレッスンがあった。今年は、土日のクラスは時間が取れないので、第一希望を水曜日3時からの西宮1クラスにしたら、そのクラスに当選した。2006年に初めて参加して、2回落選があったが、今回が12回目になる。

 西宮北口の兵庫芸文の横にある、プレラホールに30分程前に行って、手続きをした。座った席が、大きな音がして、座席が壊れていたので、係りの人に連絡をした。隣の席に座った。見渡しても知っている人がいない。こんな経験は、初めて参加した年だけである。男声は平日昼なので年配者が多い。

 花月真先生の指導、三輪先生のピアノで、最初に有名な「まめ・まめ・まめ・まめま」の発声練習をした。私にとっては初めてだが、細かく早口で歌うのに何とかついていけた。第九を初めから歌っていった。パート別に歌ったり、組み合わせで歌って、修正をされる。テノールは、いい声だと褒めてもらえたが、それでも各パートが偏ることなく3回は歌わせると決めておられる。

 勢いよく歌うように言われるので、少し声を張り上げすぎたが、歌った後に心地よい疲労感と満足感があった。

# by nori-126 | 2019-09-11 17:57 | 1万人の第九 | Comments(0)

チャリティーコンサート in Kobe

 9月8日(日)、チャリティーコンサートに行った。合唱団でご一緒している藤井さんが、災害支援で続けておられるのもので、30回を越えているという。3年程前に、LA FENICE合唱団に入る前に、大阪で開催されたチャリティーコンサートに行ったことがある。

東日本大震災・西日本豪雨災害支援
チャリティーコンサート in Kobe
2019・9・8(日)15時開演
神戸・元町 BOT Hall

 元町の他のホールで開催されることになっていたのが、使えないということで、急遽、変更になった。それでも会場が確保できて開催されたのはよかった。出演者の皆さんは、それぞれ素晴らしい演奏を披露された。主催者の藤井さんは、時間の関係で、「精霊流し」1曲だったが、心にしみた。

 オーボエの3重奏が珍しかった。鍵盤ハーモニカの演奏を聴いたのは初めてだったが、その独特の音色と両手での多彩な音に驚かされた。二人のソプラノは、十分に歌いこまれていて、高い音が心地よかった。5人のアンサンブルでは、最近、歌ったことのある3曲が聴けたのでうれしかった。

 HZYMさんと電車で大阪に向かい、いろいろと話をした。先日、一万人の第九の2007年のプログラムを見ていたら、私が参加した大阪8クラスにHZYMさんと子どもさんの名前を見つけた。合唱団で知り合いになったのは、3年前だが、その9年前に、一万人の第九でご一緒していたことがわかって、縁というものを感じる。

d0097373_20550074.jpg

# by nori-126 | 2019-09-08 20:45 | クラシック音楽 | Comments(0)

LA FENICE ヘンデル「メサイア」 第4回(通常練習第1回)

 9月8日(日)、10時から、堀江アルテでの、LA FENICEの練習に行った。7月6日の本番が終わった後に、メサイアの練習が何回かあって、3回出席できた。その指導は、ピアニスト、アシスタントトレーナー、団員によるもので、自主練習の扱いだった。この日が、本格的な練習の1回目となり、NKMR先生と一部、SGT先生が担当された。

 最初の合唱曲である、第4曲と、2曲目の第7曲を歌った。音取りはかなりできているので、発音や音の高さ、さらに音を合わせるなどの指導がされた。言葉の最後の子音のdの発音の仕方を習った。メリスマのところの歌い方は細かく言われた。メサイアを歌ったことのある人も多くて、1回目からこういう練習ができるというのは、他の合唱団では経験できない。私にとっては、初めて歌う曲なので、しっかりと予習をして、ついていけるようにしたい。各パートが交代で、別室で、SGT先生の指導で練習をした。

# by nori-126 | 2019-09-08 20:37 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 小荘厳ミサ 第 11回

 9月7日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。最前列の席が空いていたので座った。最前列に座るのは、初めてかもしれない。NKMR先生の指導で、Cum Sancto の後半を歌った。その後で、Cum Sanctoを最初から歌ってみた。前半は、欠席した前回のおさらいだろう。フーガになっていて、一番難しいところである。

 転調する時の音をしっかり発音する、他のパートとのバランスを考えるなどの少し、レベルの高い注意をされた。テノールは、音の高さについては、何も言われない。他のパートは、音が揃わないとよく言われるし、聴いていて、おかしいなと気になる時がある。

 2週間程前から、体調が不良で、昼頃になると、胃が張った感じがあったが、昨日くらいからほぼ回復した。2年前の9月にも同じことがあったが、風邪をひくのをきっかけとして、胃腸の働きが悪くなるようである。

# by nori-126 | 2019-09-07 21:28 | 合唱 | Comments(0)

大阪フィルハーモニー管弦楽団 ブラームス・チクルス Ⅲ

 9月4日(水)、ブラームス・チクルス Ⅲ を聴きに行った。7月13日に予定されていたⅡが、指揮者の尾高忠明さんの病気治療のために、10月2日に延期されたので、Ⅲ が先になった。

 シンフォニーホールに早めに着いた。大阪フィル合唱団には、多くの知り合いが参加されている。LA FENICE の IWMTさんが、初めての舞台ということだった。

 聴きに来ている人達の中に、門真の第九の知り合いが何人かこられていた。コンサートが終わった後で、同業のSMRさんが、私の左の方に座っておられるのに気づいた。この夏にドイツを旅行されたので話を聴いた。

大阪フィルハーモニー管弦楽団 ブラームス・チクルス Ⅲ
2019・9・4(水)午後7時開演
シンフォニーホール
指揮 尾高忠明

悲劇的序曲
哀悼の歌
交響曲 第3番

 悲劇的序曲は前に聴いたことがある。メロディになじみがあった。大フィル合唱団による哀悼の歌は、もちろん、初めて聞いたのだが、素晴らしい演奏だった。3番は、何回か聴いたことがある。第3楽章のメロディが美しい。最後に、尾高さんが挨拶をされた。もう入院はしたくないという話が、冗談のようで切実に聞こえた。観客から大きな拍手が送られた。



# by nori-126 | 2019-09-05 21:32 | クラシック音楽 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第134回

 9月2日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前回を練習不足という理由で休んだので、(それならいつも休まないといけないことになるが)、1か月ぶりである。前回課題になったモーツァルトのメヌエットを弾いてみたが、まあまあ弾けた。四分休符二つをしっかりと数えること、四分音符+八分休符+八分音符のリズム、ポルタートが注意点である。次回での〇を目指して練習をしたい。
# by nori-126 | 2019-09-05 21:23 | バイオリンレッスン | Comments(0)

世界遺産「宗像大社 辺津宮」 福岡県宗像市

 9月1日(日)、福岡で学会があった翌日に、宗像大社にお参りした。2017年7月に、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として世界遺産に登録されたので、その名を知ることとなり、テレビ番組での紹介もあった。

 宗像大社は、天照大神の三人の御子神を祀る、沖ノ島の沖津宮(田心姫神)、大島の中津宮(津姫神)、本土の辺津宮(市杵島姫神)からなる。大島へは船で渡ることができるが、沖ノ島は海上60km離れており、信仰の島となっている。

 大学生の時に、同じ下宿にいたANDさんが、福岡に住んでいるので、卒業以来会っていなかったが、連絡して見た。宗像大社に行く予定だというと、車で案内するということで、9時半過ぎに、福間駅前に迎えに来てくれた。50年ぶりに会う彼は、学生時代の面影を残していて、飄々とした物言いも変わらなかった。同じ時期に下宿していたKNRさんやMTZWさんのことを聴いた。

 大峰山自然公園の日本海海戦記念碑のある高台に、連れて行ってもらった。東郷平八郎のバルチック艦隊撃破の記念碑が立っている。戦艦を模したもので大砲もついている。ここからは、中津宮のある大島が見える。天気がいいと沖の島も見えるとのことである。

 大島へのフェリーの港まで行き、大島をまじかにみた。そして宗像大社へお参りした。少し雨模様だったが観光客が多い。本殿から少し山の上の方へ歩いて行くと奥宮がある。神宝館に入って、沖の島の映像をみた。神宝館には沖ノ島で発掘された多数の宝飾物などが展示されていて、8万点が一括して国宝に指定されている。

 道の駅の中の地元の農産物や海産をみて、レストランで食事をした。鯛茶漬けを食べたが、おいしかった。車で福岡まで送ってもらった。

  
                        宗像大社 本殿 ↓
d0097373_10513521.jpg
d0097373_10523225.jpg

大峰山公園から大島 ↓
d0097373_10554506.jpg



# by nori-126 | 2019-09-01 18:14 | 歴史散歩 | Comments(0)

混声合唱団「すみのえ」 第20回

 8月28日(水)、混声合唱団「すみのえ」の練習に行った。7月初めの練習が、大雨警報で中止になったので、その代替の臨時練習である。前に来たことのある阿倍野生涯学習センターで、合唱祭の曲のおさらいをした。ごく簡単な振りをつけることになったので、その練習をしたが、歌うのに必死だと、動きまで気が回らない。

 天王寺駅の近くの居酒屋で、4人で飲んだ。

# by nori-126 | 2019-08-29 13:02 | 合唱 | Comments(0)