感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
大阪市コミュニティ合唱祭 合..
at 2019-04-08 00:03
ラブリーホール合唱団 小荘厳..
at 2019-04-06 23:51
佐渡裕 音楽の贈りもの 兵庫..
at 2019-04-06 16:55
混声合唱団 すみのえ 第11回
at 2019-04-05 10:38
環濠クルーズSAKAI
at 2019-04-05 10:36
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-04-02 23:49
大阪バッハ合唱団 「マタイ受..
at 2019-03-31 23:02
LA FENICE ヨハネ受..
at 2019-03-31 22:37
ボリショイ・バレエinシネマ..
at 2019-03-28 00:27
堺フロイデ モーツアルト「レ..
at 2019-03-27 23:23
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(199)
(182)
(176)
(162)
(141)
(136)
(125)
(101)
(99)
(86)
(78)
(70)
(68)
(60)
(50)
(47)
(34)
(27)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大阪市コミュニティ合唱祭 合同練習 第1回

 4月7日(日)、大阪市コミュニティ合唱祭の合同合唱の初めての練習があった。9月に開催される合唱祭に、混声合唱団すみのえが参加するが、合同で5曲歌うことになっている。大正区の大正会館のホールに200人くらい集まった。合同合唱の責任者である木村先生が、曲の選ばれた理由を話された。

 発声練習の後に、「サッカーによせて」をパートごとに音取り、女声での合唱、男声での合唱という形で歌った。次に「ほらね」を歌った。八分音符と十六分音符二つの組み合わせで、十六分音符が長くならないように言われた。

 最後に「群青」を歌った。東日本大震災で原発事故のために、離れ離れになった中学生の詩を基に作られた曲である。奇をてらわない素直な詩に、親しみやすい曲と編曲で練習の段階でもじーんとしてしまう。

# by nori-126 | 2019-04-08 00:03 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 小荘厳ミサ 第1回

 4月6日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。2月24日の本番のあと、1か月余りの休みがあった。来年の2月23日のロッシーニの「小荘厳ミサ」に向けて、練習が始まった。今までに歌ったことはなく、本日、楽譜を買った。小というのは、編成が小さいということで、まあまあの長さがあるが、楽譜はそれほど厚くなかった。ロ短調ミサを歌いきった(?)ので、怖いものなしである。

 知っている人達は、今シーズンも参加されるようで、ARKWさん夫妻、OOGSさん、SITOさん、SKGCさんらが来られていた。SMDさんとラジオの番組の話をした。

 ホワイエで、中村先生の指導で、曲の説明があり、Kyrieからパート別の音取り、複数パートでの合わせなどをして、最後までが終わった。言葉はラテン語で、ミサ曲なので今までに聞いた単語が多い。こんな感じで進むと、すぐに音取りが済んでしまいそうで、昨年のロ短調ミサが、音取りにほとんどを費やしたことを思うと、うそのようである。

# by nori-126 | 2019-04-06 23:51 | 合唱 | Comments(0)

佐渡裕 音楽の贈りもの 兵庫芸文 大ホール

 4月6日(土)、兵庫芸文のコンサートに行った。レナード・バーンスタインの曲とミュージカルの作品を演奏する特別企画で、2回公演が行われる。7月に上演される「オン・ザ・タウン」との関連企画でもある。始まる前に、知り合いのKTOKさんに会った。

佐渡裕 音楽の贈りもの ~We love L.B.~
2019・4・6(土)午後2時開演
兵庫県立芸術文化センター 大ホール
佐渡裕指揮 兵庫芸術文化センター管弦楽団
ソプラノ 小林 沙羅 メゾ・ソプラノ 清水 華澄
バリトン 大山 大輔 ピアノ 白石 准

音楽なんて大嫌いー5つの子どもの歌
プレリュード、フーガ&リフス
ディヴェルティメント
(休憩)
キャンディード
ウエスト・サイド・ストーリー
オン・ザ・タウン

 音楽なんて大嫌いでは、清水華澄さんがユーモアたっぷりに歌い、中でクイズがだされた。誰も答えないので、「ぼやぼや生きてんじゃないよ」とチコちゃんの物まねをした。あらためて会場に聞いたら、KTOKさんが「お母さん」と答えた。

 ディヴェルティメントは、ブラスが中心のリズムが楽しい曲だった。こういうのは生で聴かないと良さはわからない。

 ミュージカルの曲は、ウエスト・サイド・ストーリーの「Somewhere」と「Tonigt」がよかった。小林沙羅さんも清水華澄さんもオペラを歌われるので、演技が素晴らしい。アンコール曲は、シンフォニックダンスの「マンボ」。昨年の1万人の第九で合唱団がマンボと歌った曲で、佐渡さんが、指を折って合図を出された。小さい声でマンボと言ったが。

 帰りに駅の改札で、芸文の方へむかうOOTさん一家を見かけた。娘さんがバイオリンを持っておられた。声をかけようかと思いながら、真剣そうな表情に、止めた。KTOKさんによると、芸文でのオーディションを受けられたらしい。邪魔をしないでよかった。

# by nori-126 | 2019-04-06 16:55 | クラシック音楽 | Comments(0)

混声合唱団 すみのえ 第11回

 4月3日(水)、混声合唱団すみのえの練習に行った。テノールはいつも同じ配置で座っているので、席を変えようと、私とYMDさんが前に、YMMTさんとYMSTさんが後ろに座った。すぐ後ろでYMMTさんの声が聞こえると歌いやすいし、音が重なる感じがした。

 今日から音楽を専攻する大学4年のMRMTさんが、ピアノ伴奏をすることになった。団長さんが休みなので、副団長さんのストレッチ体操のあと、発声練習をして、「夢路より」の歌詞の変更をした。短い音のLuをDaに変えた。リズムよく歌いやすいようにという配慮である。

 「信じる」と「きみ歌えよ」を歌った。少し細かいことで指摘されるので、忘れないようにしないと進歩がないことになる。MRMTさんも一緒に居酒屋で話をした。

# by nori-126 | 2019-04-05 10:38 | 合唱 | Comments(0)

環濠クルーズSAKAI

 4月3日(水)、前から乗ってみたいと思っていた、堺のお堀を巡る「環濠クルーズSAKAI」に、桜の時期でもあるしと、3時からの予約を取った。春と秋の土日に行なわれるが、桜の季節ということで、今週の水曜日と来週の火曜日にも船がでる。

 堺駅そばの堀で乗船手続きをして、救命具を腰につけた。乗客は14人で、年配の人ばかりである。海と反対側の堀を行って、南の方へ行き、戻って北へ往復する。残念ながら、桜はほとんど咲いていないが、ほぼ満開の木がわずかだけあった。

 ガイドさんが、写真を示しながら、堺の歴史を説明してくれた。環濠を作った大内義弘、焼き討ちにあった堺の歴史、妙国寺の蘇鉄の話と堺事件、与謝野晶子の生家跡の和歌、そして沢口靖子や堀ちえみの写真も。

 船は船着き場を越えて、海にでた。かっての大浜の水族館の前にあったという龍神像を復元した像、灯台などを見て、船着き場に戻った。いい天気でよかった。

d0097373_12273598.jpg
d0097373_12275764.jpg
d0097373_12280178.jpg

# by nori-126 | 2019-04-05 10:36 | 歴史散歩 堺 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 第12回

 4月2日(火)、堺フロイデの練習に行った。MYZK先生の指導で、Agnus dei を各パート別に、少しずつ音取りをして、複数のパートで合わせてみた。1年前に歌ったところで、覚えているが少し音があやしいところがある。音の動きの難しい箇所を、和音で考えてみたいと、キーボードのHJST先生に頼んで弾いてもらった。

 ソプラノ、アルトは歌える人が多いが、少し音のずれる人がいる。男声もきちんと歌える人とそうでない人の差が大きい。音のずれを聴いてわかるようになるようにと、耳をそばだてている。最後に「いつも始まりのように」を練習した。

# by nori-126 | 2019-04-02 23:49 | 合唱 | Comments(0)

大阪バッハ合唱団 「マタイ受難曲」 兵庫芸文大ホール

 3月31日(日)、兵庫芸文でのコンサートに行った。LA FENICEの練習を終わって、KTMRさん、TKMTさんと、西宮ガーデンズの韓国料理店で食事した。芸文に行くと、自由席なので多くの人が並んでいた。2階席に並んで座った。

 チケットは、合唱団で参加しているHZYMさんからいただいた。他にSGMTさんが参加しておられる。

大阪バッハ合唱団 第16回公演 
バッハ「マタイ受難曲」BWV244
2019・3・31(日)14時開演
兵庫県立芸術文化センター大ホール
指揮:ユルゲン・ヴォルフ
エヴァンゲリスト:畑 儀文 イエス:篠部信宏
ソプラノ:老田裕子 アルト:永松圭子
テノール:松原 友 バス:小玉 晃
管弦楽:ザクセン・カンマー・オーケストラ

 マタイ受難曲は、前に2回聞いたことがある。今日の演奏は、ライプチッヒ・ニコライ教会音楽監督の指揮であり、他のマタイとは違う演奏だという評判だった。指揮者の流れるような、それでいて、オケや合唱に出される指示がわかりやすく見とれていた。演奏後にお会いした小玉先生が、こんなに速く歌ったのははじめてとおっしゃっていた。

 バッハの曲を歌い慣れている合唱団のレベルは高く、指揮者の要求にこたえているように感じられた。畑儀文さんは、関西フィルのヴェルレクでも聞いたことがあるが、素晴らしい響きである。休憩を入れて3時間近い大作は、自分ではとても歌えるような気がしない。楽屋口で、HZYMさん、SGMTさんにお会いして挨拶をした。

d0097373_01312685.jpg



# by nori-126 | 2019-03-31 23:02 | クラシック音楽 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲 第15回

 3月31日(日)、LA FENICEの練習が、朝9時から西宮北口近くの瓦木公民館であった。駅から10分くらい歩いて公民館についた。本山先生の指導で発声練習の途中だった。 

 24番から練習をした。バスは歌わないので、遅れてきていいと前もって連絡があった。Wohinを繰り返す同じようなフレーズが、ニ短調、ハ短調、ト短調と移調されて繰り返される。歌う前の伴奏にその調性が準備されてるということだった。音を移動ドで歌ってみた。短調だとラがドになるが、長調として音を付けた方が歌いやすいとのことだった。歌う前に、八分休符+十六分休符が付くのと、十六分休符だけの組み合わせがあって、歌いにくい。

 他に25b、26、23f、23dの練習をした。クレッシェンドやデクレッシェンドなどの指示があった。細かい指示がてきぱきと出されるので、ついていくのが大変であるが、それくらいのことができないでは困ることだろう。以前に、「隣の人に、どこどこと聞かないように」と言われたことがある。

 7月6日のコンサートのチラシができてきた。あと、3か月しかないので、身の引き締まる思いである。

 

 

 

 

# by nori-126 | 2019-03-31 22:37 | 合唱 | Comments(0)

ボリショイ・バレエinシネマ「ラ・バヤデール」

 3月27日(水)、ボリショイ・バレエをシネマで見た。前から知っていたが、毎月最終水曜日の夜1回だけの上映なので、都合がつきにくく、今回初めて見た。大阪ステーションシネマは、ほぼ満員という入りだった。英国ロイヤルバレエは、7日間上映するとはいえ、いつもぱらぱらという入りなのに。

 「ラ・バヤデール」は、1月に英国ロイヤルバレエで初めてみた。もともと4幕で作られたものだが、この時は、ナタリア・マカロワ版で、第1幕と第2幕を合わせて第1幕として、ニキヤの死まで、第2幕が影の王国、第3幕で神の怒りにふれて全員が死ぬという構成だった。ボリショイ・バレエは、ユーリー・グリコローヴィチ版で、第1幕、第2幕をそのままに、第3幕の影の王国で終わる。舞台がインドということになっていて、衣装や舞台装置に異国情緒がある。

ボリショイ・バレエ in シネマ 2018-19「ラ・バイヤデール」
モスクワ公演日 2019・1・20
音楽:レオン・ミンクス
振付:ユーリー・グリコローヴィチ
指揮:パヴェル・ソロキン
司会:カテリーナ・ノヴィコフ
キャスト
 ニキヤ/オルガ・スミルノワ
 ソロル/アルテミー・ベリャコフ
 ガムザッティ/オルガ・マルチェンコヴァ
 ラジャ/アレクセイ・ロパレーヴィチ
 イドル・ドレ/ダヴィッド・モッタ・ソアレス

 司会が、ロシヤ語、フランス語、英語を駆使して早口で話す、英語の時に字幕が出る。作曲のレオン・ミンクスの紹介をした。劇場の指揮者、バイオリニストで、1870年頃にプティパと協力して、「ドン・キホーテ」や本作を作曲した。

 舞台装置がバレエというよりオペラを思わせる豪華さである。第1幕は中央の巨木に抱かれるように神殿のある舞台で始まり、途中で宮廷の部屋に変わる。第2幕は、宮殿の前の庭で、第3幕は、崖に囲まれた広場である。

 見どころは、ソロルとガムザッティの婚約祝いの席で、絶望に打ちひしがれてのニキヤの踊り。バイオリンの独奏が悲しい。第3幕の影の王国では、傾斜のある舞台を同じ動きで、32人のダンサーがゆっくりと降りてくる。英国ロイヤルバレエでも見た振付だが、白い衣装が映える少し青みがかかったライティングが素晴らしい。何か涙がでそうなくらいの感動だった。

 第2幕では様々な踊りが披露される。太鼓のリズムに合わせて一人の女性と11人の男性が踊るが、バレエというよりダンスのような動きだった。女性が頭に壺を乗せて、手で支えながら時に手を離す。最後のツボを手に取って、固定されていないことを示した。腕に鷲を乗せて大勢で踊る振り付けもあった。

 ヒロインのオルガ・スミルノワは、1昨年夏の「ルグリ・ガラ」で来日して、チュージンと踊ったのを見たことがある。ソロルが腹部を支えるリフトで、海老反りになった姿が手足の長さを生かして大きく見えた。マルチェンコヴァは、ソロルとグラン・パ・パ・ドゥがあり、主役級の踊りを見せるが、素晴らしかった。


# by nori-126 | 2019-03-28 00:27 | オペラ・バレエ | Comments(0)

堺フロイデ モーツアルト「レクイエム」 第11回

 3月26日(火)、堺フロイデの練習に行った。いつものように遅刻していくと、着いてすぐに、男声は別の部屋で練習することになった。NKMR先生の指導で、Sanctus の第6小節から後を歌った。

 ミサやレクイエムは、オペラのような歌い方をしないようにと言われたのは、じぶんのことを言われたのかもしれない。テノールは4人だけで、しっかり歌っているのは、OOMRさんだけなので、つい張り切り過ぎてしまう。

 バスは6人くらいいて、しっかり声が出ているが、少し低い音で歌う人がいるのが気になる。合同で、MRY先生の指導で Sanctus と Benedictus を歌った。cheli et を続けて歌わないように言われた。

# by nori-126 | 2019-03-27 23:23 | 合唱 | Comments(0)