感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
鎌倉 その2 鎌倉大仏ー江の島
at 2018-09-18 01:40
鎌倉 その1 円覚寺・建長寺..
at 2018-09-18 01:39
ローマ歌劇場「マノン・レスコ..
at 2018-09-18 01:31
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-09-16 01:22
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2018-09-16 01:14
名古屋城 天守閣 本丸御殿
at 2018-09-13 02:20
バイオリンレッスン 第116回
at 2018-09-12 14:51
大阪クラシック 「ロ短調ミサ..
at 2018-09-11 01:29
新音フロイデ フォーレ・レク..
at 2018-09-07 14:23
LA FENICE合唱団 ペ..
at 2018-09-02 21:25
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(177)
(170)
(160)
(138)
(136)
(131)
(116)
(99)
(86)
(83)
(70)
(62)
(57)
(51)
(50)
(47)
(40)
(34)
(21)
(21)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画 「剱岳 点の記」

 8月5日(水)、映画「剱岳ー点の記」のロードショー公開が終了するので、大阪梅田のプルク7に見に行った。ぜひとも大きなスクリーンでみておきたかったのである。シネマ歌舞伎以外で映画館に行くのは、3年半前の「ALWAYS 三丁目の夕日」以来である。

 剱岳に登ったことはないが、13年前に家族で立山雄山から縦走をして、別山乗越から突然、剣岳が見えた時は感激した。堂々として険しい山容だった。今年の7月にも、かなり遠くからではあったが、常念岳から剣岳をのぞむことができた。

 明治39年、陸地測量部の柴崎芳太郎が命を受けて、案内人宇治長次郎や助手とともに剣岳の測量に挑む。嵐や雪崩に会い、滑落事故に会いながら剣岳をめざす。山を敬う住民の反発や山岳会会員との登頂争いを越えて、ついに登頂を果たす。

 柴崎役の浅野忠信の抑えた演技と、長次郎役の香川照之の純朴な案内人の演技がよかった。脇を固める俳優も名演である。

 大自然の中での撮影は過酷であったろうが、それだけに山好きには、たまらない風景の連続である。雪の残った険しい尾根を歩く景色が素晴らしい。剣岳への最後の登りというところで、テレビの予告編でも使われた「サラバンド」が鳴りひびき、迫力があった。全編にヴィヴァルディの四季などのクラッシクが使われていて、自然の風景にマッチしていた。

 最後に別山にいる測量部と剣岳頂上の山岳会が、手旗でお互いの健闘を讃える。山岳会と測量部が会った時の「手旗は嫌いなもの同士でも直接話をしなくて済む」という話が伏線になっていて感動的である。ただ、別山と剣岳頂上では手旗での交信は遠すぎて難しいと思われるが。

 ストーリーは、エピソードの寄せ集め風であり、主人公の妻たちの描写も淡白過ぎる印象だが、主人公たちの意思の強さはよく描かれている。醜い人間模様の描写が少ない分、余計に自然描写の素晴らしさが味わえるともいえる。
by nori-126 | 2009-08-05 23:44 | 山歩き | Comments(2)
Commented by mido811 at 2009-08-08 10:44
別山と剣岳頂上では手旗での交信は遠すぎて難しいと思われるが・・はご愛嬌ということで。見に行かれたんですね。今時のCGでなく自然の風景の
何と美しいことか!大スクリーンで見たスケールが実際に見たイメージと
ほぼイコールじゃないでしょうか?それにしても剱から見た富士山は素晴らしい。
Commented by nori-126 at 2009-08-08 21:41
 midoさん、前から見に行こうと思いながら、なかなか時間がとれなかったのですが、やはり映画館でみておいてよかったです。人間模様が自然の描写の素晴らしさをさまたげない程のよさというのが、山好きとしてはたまりません。蝶ヶ岳ヒュッテでは、今年は映画の影響で、剣岳は人が多かったという話を聞きました。行きたくなる人の気持ちがよくわかります。お盆に、midoさんも行かれた高い山に行ってきます。
<< 第36回近鉄囲碁まつり 近鉄百... やなぎみわ 婆々娘々! 国立国... >>