感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
城巡り
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪の第九 第6回
at 2019-08-12 01:56
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-11 11:51
混声合唱団 すみのえ 第18回
at 2019-08-08 13:39
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-07 02:22
バイオリンレッスン  第133回
at 2019-08-06 11:11
LA FENICE ヘンデル..
at 2019-08-04 02:54
1万人の第九 懇親会
at 2019-08-01 19:36
文楽 第2部 仮名手本忠臣蔵
at 2019-08-01 19:34
新音フロイデ モーツアルト「..
at 2019-07-31 09:34
東大阪の第九 第5回
at 2019-07-29 07:09
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(233)
(209)
(179)
(164)
(141)
(137)
(132)
(106)
(95)
(86)
(81)
(72)
(69)
(61)
(50)
(47)
(38)
(28)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


九月大歌舞伎 義経千本桜 昼の部 後半 南座

九月大歌舞伎 義経千本桜 昼の部の後半である。

ニ.渡海屋・大物浦
 見るのは3回目になる。前に仁左衛門、吉右衛門という大御所でみたので、海老蔵がどのように演じるか興味があった。仁左衛門の時は、義経役の海老蔵が怪我で休演したという因縁の演目である。

 海老蔵は、渡海屋銀平として花道を入ってくる時は、さっそうとした感じである。まだ、貫禄が十分でる年齢ではないが、若さのよさもある。舞台での二人の武士とのからみでは、形も決まっていた。知盛として、なぎなたを持って、白装束、銀の兜で現われた時の美しさは観客を魅了した。さらに、手負いの姿で現れた時の豪壮さもみせた。

 もちろん、仁左衛門や吉右衛門のみせる円熟味というものは、海老蔵に望むのは無理だが、若さが持つ魅力というものがある。変に悟らない荒削りの魅力とでもいおうか?今後、どのように芸が進歩していくのかが楽しみである。ただ、海老蔵の高い声の時のこもった発声が気になる。

 玉三郎のお柳は前にもみたが、侍を相手に啖呵を切るところが心地よい。お姫様の役もいいが、こういう役がぴったり合う役者は他にはいないのではないか?

 安徳帝役の子役は、台詞が多くて大変であるが、悲惨さを和らげてくれる清涼剤のようなもので、熱演であった。

 浅葱幕を下げて舞台を変換する。幕が落ちると、中央の大きな岩に錨が乗っている。死を覚悟した知盛が、錨を背負って豪快に後ろ向きに海に飛び込む場面は、何度みても感激する。

三.道行初音旅
 見るのは3回目である。桜を一面に描いた幕が開くと、吉野の山が現れる。桜の花が重なりながら咲いていて、奥行きがある。ゆるやかな坂を静御前(玉三郎)が降りてきて踊る。鼓を打つと、花道のすっぽんから、佐藤忠信実は源九郎狐(海老蔵)が登場する。すっぽんでは、ライトが少し青みがかかっていて、手甲脚絆も薄いブルーである。

 二人の踊りは、美しい。海老蔵は戦いの様子を勇壮な踊りで再現する。柔らかさでは物足りないところもあるが、力強さがある。扇を後ろ向きに投げて、それを受けるところがあるが、うまくいった。途中で、狐の人形がでてくるが、文楽を思い起こさせる。

 普通は、早見藤太と家来たちがでてきて、からみがあるが、今回は鳥居前ででていたので、省略されたのだろう。しっとりと終わってよかった。            
by nori-126 | 2010-09-25 00:11 | 歌舞伎 | Comments(0)
<< 曼珠沙華 埼玉県日高市巾着田 九月大歌舞伎 義経千本桜 昼の... >>