感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
鎌倉 その2 鎌倉大仏ー江の島
at 2018-09-18 01:40
鎌倉 その1 円覚寺・建長寺..
at 2018-09-18 01:39
ローマ歌劇場「マノン・レスコ..
at 2018-09-18 01:31
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-09-16 01:22
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2018-09-16 01:14
名古屋城 天守閣 本丸御殿
at 2018-09-13 02:20
バイオリンレッスン 第116回
at 2018-09-12 14:51
大阪クラシック 「ロ短調ミサ..
at 2018-09-11 01:29
新音フロイデ フォーレ・レク..
at 2018-09-07 14:23
LA FENICE合唱団 ペ..
at 2018-09-02 21:25
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(177)
(170)
(160)
(138)
(136)
(131)
(116)
(99)
(86)
(83)
(70)
(62)
(57)
(51)
(50)
(47)
(40)
(34)
(21)
(21)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カルメン  芦屋ルナホール

 4月30日(月・祝)、オペラを見に行った。ほんのわずか遅刻したが、満席に近いということで、とりあえず一番後ろで立ち見で見た。後半は空いている前の席に座れたが。昼・夜2回公演の夜の部で、一部を除いてダブルキャストである。

ヴォイス・アーツ公演
オペラ カルメン 日本語上演
2018・4・30(月・祝)16時30分
芦屋ルナ・ホール

指揮:井村誠貴 演出:田中孝弥
夜公演 キャスト
 カルメン   糀谷 栄里子 ドンホセ    谷浩一郎
 ミカエラ   上村 智恵  エスカミーリョ 油井 宏隆
 フラスキータ 吉里 瞳子  メルセデス   上茂 優子
 スニガ    高橋 純   ダンカイロ   嶋本 晃
 レメンダード 竹内 直紀  黒い女     東出 益代
管弦楽 アンサンブル・サビーナ
合唱団 カルメン合唱団

 舞台はシンプルだが、工夫がされていて、大きな木が舞台中央からぶら下がっていたり、スクリーンを使って、変化を見せていた。はじめと最後にでてくる黒い女が踊るのが、カルメンの運命を暗示している。レスタティーボは台詞調なので、ストーリーがわかりやすい。

 ドンホセのテノールはよく声が通る。バリトンのエスカミーリョは、重みがあって、素晴らしかった。ミカエラは、素朴な感じで、高い声がよくでていた。

 合唱団は、ハートフル合唱団のメンバーが中心だが、知り合いのINUEさん、MTOKさん、YMMTさんが参加しておられた。終わってから、出演のKさんに初めて挨拶した。知り合いの親戚の方だということで、お話をした。

 香櫨園のレストラン「カクチーナ・インカント」でディナーをした。ピアノを弾いておられたのが、カルメンに出演されていたTさんの奥様だった。角地先生のカンツォーネを2曲と、ピアノで「夢見る想い」を聴いた。

 高校生の頃は、シャンソンやカンツォーネが、日本語でも歌われて、ヒットしていた。ジリオラ・チンクエッティの出だしの「ノンノレター」という歌詞を覚えている。調べてみると、ノンはnon で否定、ノはリエゾンしたho で持つ、l'eta は年齢、後の文を受けて、(恋する)年齢ではないという意味だということが、50年経って分かった。
 

by nori-126 | 2018-05-01 23:11 | オペラ・バレエ | Comments(0)
<< ラブリーホール合唱団 2019... ラブリーホール合唱団 ロ短調ミ... >>