感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
大阪市コミュニティ合唱祭 合..
at 2019-04-08 00:03
ラブリーホール合唱団 小荘厳..
at 2019-04-06 23:51
佐渡裕 音楽の贈りもの 兵庫..
at 2019-04-06 16:55
混声合唱団 すみのえ 第11回
at 2019-04-05 10:38
環濠クルーズSAKAI
at 2019-04-05 10:36
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-04-02 23:49
大阪バッハ合唱団 「マタイ受..
at 2019-03-31 23:02
LA FENICE ヨハネ受..
at 2019-03-31 22:37
ボリショイ・バレエinシネマ..
at 2019-03-28 00:27
堺フロイデ モーツアルト「レ..
at 2019-03-27 23:23
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(199)
(182)
(176)
(162)
(141)
(136)
(125)
(101)
(99)
(86)
(78)
(70)
(68)
(60)
(50)
(47)
(34)
(27)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


佐渡裕プロデュースオペラ「魔弾の射手」

 7月25日(水)、佐渡裕プロデュースのオペラを観に行った。毎年この時期に開催されるもので、今年もダブルキャストで8回の公演がある。チケットを取るのが遅かったので、H列1番という一番左端の席しか取れなかった。オペラの場合には、舞台奥の映像などが見にくいことがある。

 開演前に同業のSMRさんに会ったら、席が私の2列真後ろという偶然だった。終わって帰りに、ラブリーホール合唱団のSMDさんご夫妻に会った。

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2018
ウェーバー「魔弾の射手」ドイツ語上演
上演時間 2時間50分(休憩25分含む)

演出:ミヒャエル・テンメ 
佐渡裕指揮 兵庫芸術文化センター管弦楽団
オットカー公爵 小森輝彦 
クーノー    ベルント・ホフマン
アガーテ    ジェシカ・ミューアヘッド
エンヒェン   小林沙羅
ガスパー    高田智宏
マックス    トルステン・ケール
隠者      妻屋秀和
キリアン    清水徹太郎
ザミエル    ペーター・ゲスナー

 舞台が豪華で、いろいろな趣向がされているのに驚かされた。少し高いところに前方に傾いた舞台を置いて、部屋をその上に設置したり、高い崖のようにはしごで下りるなど、立体的である。舞台後ろに映像がでるだけでなく、舞台前方にも映像がでる。小沢塾の舞台にも匹敵する、近年の佐渡裕プロデュースオペラの中でも、充実した舞台装置である。

 アガーテのソプラノが澄んだ声で、小林沙羅さんが、声がいいだけでなく、可愛らしい演技だった。最後にでてくる隠者役の妻屋さんのバスの声が、ふくよかで素晴らしかった。昨年のNHK「ニュー・イヤー・コンサート」で聴いたことがある。

 合唱団は、プロの歌手からなるだけあって、迫力がある。演技もできるので、一人ひとりの動きを見ていると楽しい。民衆としての扮装が決まっていて、知っている方でも誰かわからないくらいであった。


by nori-126 | 2018-07-28 18:53 | オペラ・バレエ | Comments(0)
<< 佐渡裕プロデュース 魔弾の射手... バイオリンレッスン  第113回 >>