感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
西国街道 第4回 阪急門戸厄..
at 2019-01-14 19:19
LA FENICE ヨハネ受..
at 2019-01-13 00:20
門真の第九 第5回
at 2019-01-12 22:56
初春文楽公演 第2部 国立文..
at 2019-01-10 00:32
バイオリンレッスン  第124回
at 2019-01-09 01:01
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2019-01-06 01:01
門真の第九 第4回
at 2019-01-06 00:58
初春文楽公演 第1部 国立文..
at 2019-01-04 10:47
ニューイヤーコンサート201..
at 2019-01-02 22:46
西国街道 第3回 JR西宮~..
at 2019-01-02 22:23
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(191)
(176)
(162)
(154)
(139)
(136)
(124)
(99)
(96)
(86)
(78)
(70)
(65)
(59)
(50)
(47)
(34)
(23)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


吉例顔見世興行 夜の部 南座

 12月26日(水)、南座の顔見世、千秋楽の夜の部を観た。11月にほぼ3年ぶりに再開場なった南座の2か月連続の顔見世興行で、12月は夜の部だけを見た。昼の部では、仁左衛門の「じいさん、ばあさん」があったが、前に2回見たことがある。夜の南座のまねきを見ると、京の師走の風情が帰って来たのだと実感する。

 4時50分という遅い開幕なので、終幕は9時50分になる。席は前の方で手に入る6列5番という花道のすぐ左の席を取ったが、役者がそばでみられるのと、前の人が邪魔にならないのがいい。最後の演目は見ないで帰ったが、電車の中で、KTMRさんが3階から私をみつけたとメールがあった。

第一 義経千本桜 木の実 小金吾討死 すし屋
いがみの権太      仁左衛門      権太女房小せん 秀太郎
若葉の内侍       孝太郎      主馬小金吾    千之助
猪熊大之進       松之助      鮓屋弥左衛門   左團次
弥助実は三位中将維盛  時蔵        お里       扇雀
お米         吉弥        梶原平三景時   梅玉

 同じ3幕を5年前に歌舞伎座新開場杮落し公演でみた。この時は、仁左衛門が肩の手術で休演する直前で、梶原景時が我當で、片岡三兄弟が揃った。今回は、三代揃ってというのが、話題である。松明は本物の火で、涙を隠すのに煙たいというのが、よりしっくりと来たが、今回は、電球だった。

 よくできたストーリーで、筋を知っていると伏線が張られているのがわかる。酒桶を取り違えるのも単純なようで、流れに欠かせない伏線になっている。仁左衛門の演技が素晴らしくて、すごんで見せたり、にやにやしてみせたりと笑わせる。お米は竹三郎さんが休演で、吉弥になったが、年寄りの女方も似あうようになった。

第二 面かぶり
童子 鴈治郎
 おかっぱの童子が、おもちゃで踊るという舞踊だが、鴈治郎の体型がこどもに似合う。めったに上演されないが、ふさわしい役者は限られるだろう。

第三 弁天娘女男白浪 浜松屋見世先より稲瀬川勢揃いまで
弁天小僧   愛之助   南郷力丸   右團次
鳶頭清次   亀鶴    宗之助    福之助
浜松屋幸兵衛 市蔵    日本駄右衛門 芝翫
忠信利平   鴈治郎   赤星十三郎  孝太郎

 菊五郎と菊之助の弁天小僧で見たことがあるが、愛之助がどう演じるか興味があった。女方は悪くはない。女方から男になるというところで、キャラを変えなくてはならず難しい。艶やかさとすごみをどう演じ分けるかであろう。南郷力丸との花道での掛け合いは、まだ余裕がないようで、硬さが目立つ。菊五郎と左團次の域に達するには、まだまだ時間がかかりそうである。

 目の前の花道の高いところに、5人男が勢ぞろいして、こちらを向いた時は、ぞくっと来た。

第四 三社祭

 
d0097373_11574760.jpg
d0097373_11575139.jpg


by nori-126 | 2018-12-27 07:37 | 歌舞伎 | Comments(0)
<< レストラン「カクチーナ インカ... 東大阪の第九 本番 大東市 サ... >>