感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
西国街道 第4回 阪急門戸厄..
at 2019-01-14 19:19
LA FENICE ヨハネ受..
at 2019-01-13 00:20
門真の第九 第5回
at 2019-01-12 22:56
初春文楽公演 第2部 国立文..
at 2019-01-10 00:32
バイオリンレッスン  第124回
at 2019-01-09 01:01
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2019-01-06 01:01
門真の第九 第4回
at 2019-01-06 00:58
初春文楽公演 第1部 国立文..
at 2019-01-04 10:47
ニューイヤーコンサート201..
at 2019-01-02 22:46
西国街道 第3回 JR西宮~..
at 2019-01-02 22:23
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(191)
(176)
(162)
(154)
(139)
(136)
(124)
(99)
(96)
(86)
(78)
(70)
(65)
(59)
(50)
(47)
(34)
(23)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


初春文楽公演 第2部 国立文楽劇場

 1月9日(水)、文楽の2部を見に行った。席は7列23番で、舞台も床もみやすい。

冥途の飛脚 淡路町の段 封印切の段 道行相合かご
希太夫/團吾 文字久太夫/藤蔵 呂太夫/宗助 三輪太夫・芳穂太夫他/清友他
玉男(忠兵衛) 玉輝(八右衛門) 清十郎(梅川) 

 歌舞伎では、11月の南座でみたばかりである。文楽と歌舞伎が同時期に公演をすることがあって、歌舞伎で見たので、文楽でも見てみようと、文楽をみるきっかけになる。文楽と歌舞伎では、丹波屋八右衛門のキャラが異なる。歌舞伎では、忠兵衛をそそのかす悪い奴ということになっているが、文楽では、忠兵衛のことを心配している友達ということになる。その善意に沿えない忠兵衛は本当にだめな人間という印象である。

壇浦兜軍記 阿古屋琴責の段
津駒太夫・織太夫・津國太夫他/清介・清志郎 (三曲)寛太郎
勘十郎(阿古屋) 玉志(重忠) 文司(岩永左衛門)

 文楽は5年前の初春文楽、歌舞伎では3年前の歌舞伎座で玉三郎で見たことがある。歌舞伎では、一人で琴、三味線、胡弓を演奏しないといけないので、演じる人は限られる。12月の歌舞伎座では、玉三郎に加えて、梅枝、児太郎が日替わりで演じた。玉三郎の後世に伝えようという思いが伺われる。

 文楽では、寛太郎が琴、三味線、胡弓を演奏するが、それに合わせて人形を遣うというのは大変である。勘十郎の阿古屋は、堂々たる風格があり、奇をてらった演目ではないことを証明してみせた。

by nori-126 | 2019-01-10 00:32 | 文楽 | Comments(0)
<< 門真の第九 第5回 バイオリンレッスン  第124回 >>