感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
城巡り
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪の第九 第6回
at 2019-08-12 01:56
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-11 11:51
混声合唱団 すみのえ 第18回
at 2019-08-08 13:39
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-07 02:22
バイオリンレッスン  第133回
at 2019-08-06 11:11
LA FENICE ヘンデル..
at 2019-08-04 02:54
1万人の第九 懇親会
at 2019-08-01 19:36
文楽 第2部 仮名手本忠臣蔵
at 2019-08-01 19:34
新音フロイデ モーツアルト「..
at 2019-07-31 09:34
東大阪の第九 第5回
at 2019-07-29 07:09
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(233)
(209)
(179)
(164)
(141)
(137)
(132)
(106)
(95)
(86)
(81)
(72)
(69)
(61)
(50)
(47)
(38)
(28)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


兵庫芸文 第111回定期演奏会

 1月19日(土)、兵庫芸文の定演に行った。開演前に、第九仲間のYMDさんとYYTNさんに会った。二人は今日が誕生日で、しかも同い年である。そこへ定期会員であるHZYMさんがこられた。休憩中には、合唱団仲間のKTMRさんに会った。日曜日の定期会員だが、明日は予定があるので、今日聴きにきたということだった。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第111回定期演奏会
2019・1・19(土)15時開演
兵庫芸術文化センター大ホール

指揮:佐渡裕
シルバ・オクテット&イザベル・ジョルジュ

イディッシュ・ラプソディ
 アンコール ドナドナ アモル・イズ・ゲヴェン・ア・マイセ
ベルリオーズ:幻想交響曲
 アンコール ベルリオーズ:ハンガリー行進曲(ラコッツイ行進曲)

 初めに佐渡裕さんが舞台上から、今回のイディッシュ・ラプソディについて話をされた。東欧系のユダヤ人の大衆的な音楽をベースに様々な音楽を融合させた名曲集で、演奏するシルバ・オクテットは、パリ管弦楽団のメンバーを中心としたアンサンブルである。バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、クラリネットにピアノとツィンバロンという楽器が加わる。

 歌手のイザベル・ジョルジュが、足を露出した大胆な服装から、チャップリンを思わせる服装で、マイクを使って歌った。タップダンスを披露するなど、クラシックの定期演奏会とは思えない舞台だったが楽しかった。

 幻想交響曲を聴くのは、5回目である。大きな編成で迫力があった。ブラスの音が安定していて聴きごたえがあった。何度聞いても飽きない曲である。

 6年前に、新しくフェスティバルホールが開館した時の佐渡裕指揮BBC交響楽団が「幻想交響曲」を演奏した時のアンコールもラコッツイ行進曲だった。

by nori-126 | 2019-01-19 22:21 | クラシック音楽 | Comments(0)
<< ラブリーホール合唱団 ロ短調ミ... 混声合唱団 すみのえ 第6回 >>