感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
城巡り
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
恐竜博 2019 国立科学博物館
at 2019-09-15 20:51
兵庫芸文定演 第117 回
at 2019-09-15 19:49
1万人の第九 西宮1クラス ..
at 2019-09-11 17:57
チャリティーコンサート in..
at 2019-09-08 20:45
LA FENICE ヘンデル..
at 2019-09-08 20:37
ラブリーホール合唱団 小荘厳..
at 2019-09-07 21:28
大阪フィルハーモニー管弦楽団..
at 2019-09-05 21:32
バイオリンレッスン 第134回
at 2019-09-05 21:23
世界遺産「宗像大社 辺津宮」..
at 2019-09-01 18:14
混声合唱団「すみのえ」 第20回
at 2019-08-29 13:02
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(243)
(213)
(180)
(164)
(145)
(137)
(133)
(107)
(98)
(86)
(81)
(72)
(69)
(61)
(50)
(47)
(38)
(28)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2015年 04月 29日 ( 3 )

中高野街道 第1回 守口~布施

 4月29日(水)、中高野街道を歩いた。高野街道は4つあり、西高野街道は踏破、東高野街道と下高野街道は半ばである。中高野街道は、守口から始まり、大阪狭山で西高野街道に合流している。守口から平野までは放出街道と呼ばれるので、平野を起点とする考えもある。京都からの京街道を通って守口から高野山に向かう道である。

 中高野街道 第1回 守口~布施
 京阪守口市駅(12:20)-鶴見緑地(13:20)-鶴見神社-寝屋川放出大橋(14:15)-放出駅(14:35)-諏訪神社-阪神高速東大阪線-暗越奈良街道交差(15:40)-近鉄布施駅(15:45)
 3時間20分 11.0km

 Walkmeterの記録

 守口市駅のすぐ北の一角に、文禄堤の碑が立っている。秀吉が京から大阪への陸路の整備のために、淀川左岸に築いたものである。花が咲いて、アオスジアゲハが舞っていた。

 ここから京阪の高架下をくぐって南に歩いて行く。表通りから少し引っ込んだ住宅街である。古い家並みは残っていないが、静かな下町の風情がある。

 高瀬町の三叉路に時空の道の案内板がある。東に行く三郷街道との分岐点になっている。高瀬神社は、延喜式神名帳に記載されている由緒ある神社である。すぐ南に高瀬川跡の碑がある。歌枕として知られている川らしい。

 大阪市鶴見区に入って、鶴見緑地の西の端を通ると、メタセコイアの並木の青々とした葉が鮮やかだった。この辺りの道もすぐ西の国道から離れて、静かな住宅街である。花博通、鶴見通という大きな通りを越えて、街道から少し離れたところに鶴見神社がある。

 寝屋川の放出大橋を渡った。東には生駒山を望むことができる。正法寺というお寺の前に、中高野街道の標識と案内板がある。中高野街道は剣街道とも呼ばれて、これが鶴見という名前になったという説がある。ここ以外には中高野街道の標識が全くないのは、何故だろうか?

 JR学研都市線放出駅の手前に、阿遅速雄神社がある。ここには、大阪市内で唯一残っている、伊勢参りの「お蔭灯籠」がある。1868年に建立されたものである。境内には大きなクスノキがあった。

 ここから、大阪市と東大阪市との境に沿って歩くことになる。狭い道の右が城東区や東成区、左が東大阪市である。ここに住んでいる人達は、前の家の人が別の市の人というのは、どんな感じだろうと思ってしまうが、案外関係ないことなのかも知れない。放出駅からすぐ南に諏訪神社がある。由緒ある神社で、獅子舞が伝えられている。

 前に暗越奈良街道を歩いた時に通った深江にでて、府道の大きな通りを越える。プランドーリふせの商店街に入ってすぐのところに、暗越奈良街道との交差がある。商店街を布施駅まで歩いた。地域のだんじりの曳航が行われていた。今年は、この時期でも気温が高いが、曇り空なのが助かった。
 
 守口市駅 文禄堤の碑 ↓ 
d0097373_12584283.jpg

 アオスジアゲハ ↓
d0097373_12585897.jpg

 高瀬神社 ↓
d0097373_12592123.jpg

 鶴見緑地 メタセコイア ↓
d0097373_12593548.jpg

 鶴見神社 ↓
d0097373_12594899.jpg

 正因寺 標識 ↓
d0097373_130175.jpg

 阿遅速神社 お蔭灯籠 ↓
d0097373_1301245.jpg

 諏訪神社 ↓
d0097373_1310119.jpg

by nori-126 | 2015-04-29 23:50 | 街道を歩く | Comments(0)

バイオリンレッスン 第49回

 4月27日(月)、バイオリンのレッスンに行った。発表会に演奏する「少年時代」の練習をすることになったので、教本の第2巻にあるイ長調の音階を弾いてみた。実は練習するのを忘れていたのだが、何とか弾けた。

 少年時代を弾いてみた。ゆっくりとバイオリンの音色を響かせた方がいいということで、テキストの指示よりも遅く弾く。一通り弾いてみて、まあまあ弾けているとほめてもらえた。左手の親指が立っているのをほめられたが、これは練習で気にしながら、その都度直していると、いつのまにか指が寝なくなっていた。

 弓の使い方について教えてもらった。弓の使い方を譜面の指示と変更したところがある。弓を全弓使うために、弾き始める位置を考えなくてはならない。3か所だけ弓の開始する位置を指示された。弓を浮かせて移動する時に、弓を弦に当てると震えるのはどうしてかと質問したら、右手の小指に力が入っているからと言われた。これはなかなか治らない。

 全員で演奏する「きらきら星」は、昨年も演奏したが、第4変奏は2弦を交互に弾くので、難しいからと昨年は弾かないことにした。今回は弾けそうである。少しは進歩がないと同じ事をしていたのでは、情けない。
by nori-126 | 2015-04-29 10:35 | バイオリンレッスン | Comments(0)

文楽4月公演 千秋楽 第2部 国立文楽劇場

 4月26日(日)、文楽の千秋楽の第2部のチケットが残っていたのが取れた。2日目に見た第1部が、入れ替えになっており、口上の付く公演である。熊谷陣屋がもう一度見てみたかった。

 文楽劇場の表に襲名披露ののぼりが並んでいるが、桜は、2日目には満開だったのに今は葉桜になっている。席は、9列29番で通路のすぐ前の右よりで、大夫さんの表情も見やすい。

 靫猿の猿の動きなどは、2回目になるとじっくりと見ることができる。口上では、司会の千歳大夫さんの声がややおとなしくなっていたように感じた。千秋楽になると疲れも出るのだろう。

 熊谷陣屋の咲大夫さん、文字久大夫さんの語りは素晴らしかった。よくできた演目で、ストーリーの展開に無駄がなく、親子の情や義理、忠義というものがうまく折り込んである。

 終わってから、見たことのある女性をみかけた。1年前の住大夫さんの引退公演の千秋楽に隣で絵を描いておられたSMSさんだった。声をかけると私のことを覚えていただいていた。熊谷陣屋の絵葉書をいただいた。

d0097373_23273541.jpg

d0097373_23274486.jpg

by nori-126 | 2015-04-29 10:14 | 文楽 | Comments(0)