感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
大阪クラシック 「ロ短調ミサ..
at 2018-09-11 01:29
新音フロイデ フォーレ・レク..
at 2018-09-07 14:23
LA FENICE合唱団 ペ..
at 2018-09-02 21:25
1万人の第九 森ノ宮9 第2回
at 2018-09-02 21:15
ラブリホール合唱団 ロ短調ミ..
at 2018-09-02 00:41
英国ロイヤルオペラシネマ バ..
at 2018-08-30 11:59
プラド美術館展ーベラスケスと..
at 2018-08-30 11:40
バイオリンレッスン 第115回
at 2018-08-30 11:34
いわさきちひろ展 東京ステー..
at 2018-08-27 18:32
プーシキン美術館展 国立国際..
at 2018-08-27 17:34
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(176)
(170)
(160)
(138)
(136)
(130)
(115)
(96)
(86)
(83)
(70)
(62)
(57)
(51)
(50)
(47)
(40)
(34)
(21)
(20)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2015年 11月 04日 ( 3 )

琳派 京(みやこ)を彩る 京都国立博物館

 11月4日(水)、京都国立博物館に行った。5時15分頃に着くと、すぐに入館できたが、6時が閉館なのでゆっくりはできない。琳派が起こってから400年ということで、光悦、宗達、抱一、光琳、乾山らの作品が多数展示されている。特に宗達、光琳、抱一の風神雷神図屏風が展示されるというのが話題で、その3点が揃うのは10月27日から11月8日までなので、特に混雑している。

琳派誕生400年記念 琳派京を彩る
2015.10.10~11.23
京都国立博物館 平成知新館

 会場はいつものレンガ造りの本館でなく、新しい平成知新館だった。3階から順に1階まで見るようになっていて、かなり広いスペースが確保されている。

 第1章 光悦 琳派誕生
 琳派の祖である本阿弥光悦の書状、立正安国論や国宝の舟橋蒔絵硯箱、黒楽や赤楽茶碗が展示されている。多方面の才能を持った人である。

 第2章 光悦と宗達 書と料紙の交響
 俵屋宗達筆の国宝平家納経が展示されていた。厳島神社の所有である。鶴下絵三十六歌仙和歌巻は、宗達が鶴の飛ぶ様を長い紙に何羽も書いた絵に、光悦が和歌を書いたというものである。鶴の飛ぶ様が見事で、それに和歌がバランスを取ってうまく書かれている。他にも二人の合作の和歌巻があった。

 第3章 宗達と俵屋工房
 宗達とその工房で作成された伊勢物語図色紙、植物や動物を描いた絵が多数展示されている。伝宗達筆とされているのは、工房で作られた可能性があるということだろう。国宝蓮池水禽図が展示されていた。

 第4章 かたちを受け継ぐ
 風神雷神図屏風が一部屋の3面に並べられている。宗達のが国宝で、光琳が重文である。光琳は宗達の屏風をトレースしたとのことで、構図はほとんど一緒だが、色は違っていて、目付きが異なる。酒井抱一は、宗達の絵の存在を知らずに、光琳の絵を見て描いたということである。見物の人がここは多くて、絵を見比べて振り返る人も多かった。

 第5章 光琳 琳派爛漫
 尾形光琳の描いた絵や屏風絵が並べられている。
 
 第6章 くらしを彩る
 光琳の絵と、弟の乾山の焼き物が多く展示されている。中に乾山が焼いて、光琳が絵を描いた角皿があった。

 第7章 光琳の後継者たち 琳派転生
 酒井抱一の絵が多数展示されている。鈴木其一の夏秋渓流図屏風は前に見たことがある。

d0097373_321434.jpg

by nori-126 | 2015-11-04 02:23 | 美術展 | Comments(0)

住之江の第九 相愛大学南港ホール

 11月3日(火・祝)、住之江の第九コンサートを聴きに行った。住之江第九合唱団in OSAKAの団長のMKIDさんは、数年前に1万人の第九で同じクラスになったことがあり、昨年の東大阪の第九でも御一緒した。合唱の指導は、東大阪と同じく木村俊明先生がされている。東大阪の第九のメンバーが応援に来られていた。オケも木村先生が指導されている交野シンフォニーの方が中心になっているようである。

 地下鉄ポートタウン東駅から歩いてすぐのところにある相愛大学南港ホール、初めて来るが舞台にパイプオルガンが置かれていて、こじんまりした綺麗なホールである。

 住之江の第九
 2015.11.3(火、祝)14:00
 相愛大学 南港ホール
 住之江第九合唱団 in Osaka
 第1部 混声合奏曲集 空とぶうさぎ
 バラ 木綿 指輪 手紙 足指でおセンタク お母さん 空とぶうさぎ
 指揮 木村俊明 ピアノ 植田 祐加里
 第2部 ハイドン 弦楽四重奏曲第77番ハ長調「皇帝」2,4楽章
 相愛サクソフォンカルテット
 第3部 ベートーベン 交響曲第9番 合唱付
 住之江の第九特別オーケストラ
 ソプラノ 泉貴子 メゾソプラノ 児玉祐子 テノール 馬場清孝 
 バリトン 山田健司

 第1部はボニージャックスが養護施設の子どもたちの詩にメロディ-をつけてもので、よく知られている合唱曲らしく題名だけは聞いたことがあった。30人くらいの団員の合唱は、よくまとまっており、ハーモニーも素晴らしかった。

 第2部は珍しいサクソフォンカルテットで、音の高さの違うサクソフォンが、それぞれの音色に特徴があり、よく知っている曲がこんな感じになるのかという新鮮な驚きがあった。
 
 第3部は合唱に賛助の人達が加わって、100人余りで迫力のある合唱が聞こえた。最後の方で、合唱よりもオケの音が目立ちすぎると感じたのは、ホールが響き過ぎるからだろうか?音のバランスというのは難しいものだと思う。

 
by nori-126 | 2015-11-04 00:43 | クラシック音楽 | Comments(0)

大阪城公園 コサメビタキ

 11月3日(火・祝)、久しぶりに大阪城公園にバードウオッチングに行った。ブログで冬鳥が増えてにぎやかになっているという記事をみて、行ってみる気になった。

 いつものように北東から入っていった。初めは、ヒヨドリの声ばかりだったが、小鳥の集団に出会った。シジュウカラ、ヤマガラ、エナガが木の枝を飛び回る。お堀のカモも多くなっていて、ヒドリガモ、キンクロハジロなどが泳いでいる。

 突然、目の前の木に黒っぽい鳥が止まった。背中に白い斑点があり、目の周りが白い。写真を撮ったが、今まで見たことのない鳥と思われた。近くにいた大きなレンズのカメラを持った人に、見てもらうと、コサメビタキだという。渡り鳥だが、まだ残っているのかということで、今見られたのはラッキーだと言われた。今年初めてのライファで、118番目の鳥ということになる。

 音楽堂や桜広場に行ったが、あまり鳥はいなかった。梅園に降りる坂のところで、ジョウビタキの雄を見つけた。豊国神社裏に行くと、バードウオッチングの人が数人いた。特に珍しいものがでているようではなかった。西の丸庭園に入ってみたが、カラスばかりだった。今、ここには平成中村座の小屋が建っていて上演中だった。大手門をでて家に帰った。

 コサメビタキ ↓
d0097373_2131995.jpg

 

 
by nori-126 | 2015-11-04 00:38 | 自然観察 花・鳥・昆虫 | Comments(0)