感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
天満天神繁盛亭 夜席 四月天..
at 2018-04-26 16:44
ラブリーホール合唱団 2..
at 2018-04-22 19:52
ザ・シンフォニーホール 弦楽..
at 2018-04-19 01:11
杮葺落4月大歌舞伎 夜の部 ..
at 2018-04-12 00:24
1万人の第九 懇親会 明月記
at 2018-04-09 02:04
大阪フィル 第517回定演 ..
at 2018-04-09 02:02
LA FENICE  レクイ..
at 2018-04-09 01:04
MET ライヴビューイング ..
at 2018-04-05 00:18
清滝街道 第1回 守口(京街..
at 2018-04-05 00:16
バイオリンレッスン 第106回
at 2018-04-02 16:32
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(165)
(164)
(158)
(136)
(131)
(107)
(101)
(96)
(86)
(82)
(70)
(60)
(54)
(50)
(50)
(46)
(40)
(34)
(20)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2015年 11月 12日 ( 2 )

フランクフルト放送交響楽団演奏会 フェスティバルホール

 11月11日(水)、フェスティバルホールのコンサートに行った。フランクフルト放送交響楽団は、hr-Sinfonieorchesterという表記で、NHKの番組ではhr交響楽団と表記している。席は19列15番だった。

フランクフルト放送交響楽団
2015.11.11(水)19時開演
フェスティバルホール
指揮 アンドレス・オロスコ・エストラーダ

バーンスタイン:「キャンディード」序曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
 Vn 五嶋龍
ブラームス:交響曲第1番ハ短調 作品68

 パンフレットに最初の曲名が書いてなくて、プログラムを買わなかったので、演奏会が終わっても何の曲かわからなかった。キャンディード序曲は聞いたことがあるはずだが、よく覚えていなかった。

 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は大好きな曲で、今までに何回か聞いた。何度も聞くと、当初の感動が得られないものだが、五嶋龍の演奏は新たな感動を与えてくれた。颯爽とした姿勢で、演奏を楽しんでいるという感じである。「どや顔がね」と言っていた観客もいたが、ヴィジュアルの良さも曲にのめり込める要素である。「題名のない音楽会」の司会を佐渡さんから引き継いで、人気がでるものと期待される。

 アンコールはイザイの無伴奏ヴァイオリンソナタだった。詳しくはわからないが、いろいろなテクニックが盛り込まれていて、聞いたことのない音色がした。

 ブラームスの1番を聴くのは久しぶりだった。初めてレコードで聴いた時やコンサートで聴いた時は、第1楽章の出だしが重厚で、徐々に盛り上がっていくのが長く感じられたものである。ブラームスがベートベンの交響曲を意識して、1曲目の交響曲を書くまでに何年もかかったというエピソードが納得できる印象だった。

 エストラーダの1番は、かなり早いテンポで演奏されて、あれという感じだった。重厚さがなくて、明るくてリズミカルだった。ブラームスが悩んだというエピソードはどこかに飛んでしまったようである。全体にブラームスの3番や4番と同じように捕えようという意図だと思われた。これも一つの解釈である。もっともらしいエピソードにとらわれないで、純粋にブラームスらしい曲を演奏するということであろう。第3,4楽章もあまり大げさでない押さえて演奏だったような気がする。アンコールは、ウェーバーのオイリアンテ序曲だった。

d0097373_23461036.jpg

by nori-126 | 2015-11-12 01:20 | クラシック音楽 | Comments(0)

竜田越奈良街道 第1回 四天王寺~平野

 11月11日(水)、昼から竜田越奈良街道を歩いた。竜田越奈良街道は、四天王寺から、平野、柏原から大和川沿いに王子、法隆寺を越えて猿沢池に至る街道である。峠を越えなくてもいいので、標高差は少ない。大阪と奈良を結ぶ街道の内、暗越奈良街道、竹内街道、長尾街道を踏破した。

 竜田越奈良街道 第1回 四天王寺~平野 (付:安居神社 清水寺)
 四天王寺(14:00)-安居神社-清水寺-四天王寺-大阪環状線交差-奥村橋(15:25)-中高野街道交差-JR平野駅(16:05)

 Walkmeterの記録

 四天王寺の近くの天王寺七坂にある神社仏閣に前からお参りしたいと思っていたが、機会がなかった。四天王寺西大門から谷町筋を渡ってすぐ北の通りを西に行くと、松屋町通りまでがかなり急な坂道になっている。

 天神坂を下りていくと左手の少し階段を上がった所に安居神社がある。天神さんを祀る安居神社に通じるので天神坂という。町の中とは思えない森の中の神社である。境内には、真田幸村戦死跡の碑と、幸村の像がある。来年のNHK大河ドラマが「真田丸」なので少しは訪れる観光客が増えるだろうか?

 松屋町通りを北に行くと、高台に清水寺がある。境内には、細く流れる3本の滝があって、京都の清水寺の音羽の滝にそっくりである。折しも裸の男性が滝乞いをしておられた。高台が墓地になっており、その端に清水の舞台と書いた案内板が置かれている。ここからは、大阪の市内が望める。

 九月秀山祭の双蝶々曲輪日記の新清水浮無瀬の場では、梅玉さんがこの清水寺の舞台から傘で飛び降りるという場面があった。昔は、本堂があって舞台のようになっていたのだろう。

 四天王寺西門まで戻って、いよいよ奈良街道を歩きだした。四天王寺の南門の南を西に向かった。下高野街道との交差点になる。寺田町を南に歩いてあまり大きくない道をたどる。大阪環状線を越えてしばらく行くと、広い車道にでる。少し行った所で平行に走る裏道に入った。車の余り通らない道ではあるが、古い家並みは残っていない。

 関西本線大和路線と交差する所で、国道25線の大きな道路にでて、平野まではこの道に沿って歩いた。街道歩きの雰囲気を期待するのは無理だが、何か所かお地蔵さんを祀った小さい祠があって、地域の人達に守られているのがうれしい。

 JR平野駅の南の所に大念仏寺がある。中高野街道を歩いた時にお参りした寺である。今回はここまでとして、JR平野駅から帰った。

 四天王寺西門  ↓
d0097373_23465753.jpg

 天神坂 ↓
d0097373_0304716.jpg

 安居神社本殿 ↓
d0097373_030565.jpg

 真田幸村戦死跡の碑と幸村像 ↓
d0097373_031768.jpg

 清水寺舞台と鐘楼 ↓
d0097373_0311842.jpg

 河堀稲生神社 ↓
d0097373_0313238.jpg

by nori-126 | 2015-11-12 01:18 | 街道を歩く | Comments(0)