感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
1万人の第九 リハーサル
at 2018-12-04 01:23
大阪フィル 第523回 定期..
at 2018-11-28 23:06
バイオリンレッスン 第12..
at 2018-11-27 19:04
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-11-26 01:30
ラブリホール合唱団 ロ短調ミ..
at 2018-11-25 02:26
門真の第九 第1回 ルミエー..
at 2018-11-25 02:19
東大阪の第九 第3回
at 2018-11-24 00:17
混声合唱団 すみのえ 第4回
at 2018-11-21 23:52
グレン・ミラー・オーケストラ..
at 2018-11-21 23:48
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-11-19 00:16
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(184)
(174)
(161)
(149)
(139)
(136)
(121)
(99)
(90)
(84)
(76)
(70)
(64)
(59)
(50)
(47)
(34)
(22)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2018年 02月 26日 ( 2 )

いけばな女流選抜作家展 大丸心斎橋店

 2月25日(日)、いけばな展に行った。門真の第九で御一緒したOKMRさんが出展されているということで、チケットをいただいた。前期後期と分かれていて、知らずに前期初日の22日(木)に行ったら、OKMRさんは後期の出展だった。諸流派の作品は、大きな造形物といった趣で、見せるためのいけばなというものはこういうものなのかと感心した。

 ラブリーホール合唱団の演奏会を終わって、7時半に会場に着くと、OKMRさんがおられて、作品の前で写真を撮ってもらった。生きている花というのは、管理が大変で、こまめに手直しが必要とのことである。3日間の開催でも花は姿を変える。梅の花が途中で咲くということもあるとのことだった。

 OKMRさんは単独で出展されており、梅の枝を組んだところに、グロリオサの花をアレンジしてあった。正面から見ると、奥行きがある。与えられた狭いスペースで、工夫されたアレンジだった。他の作品を一緒に見て回ったが、花器が高価だとか、入手しにくい花材が使われているとか、失礼なコメントばかりしていた。見慣れないので、適切なコメントはできない。ただ、感覚的に、迫るものがあるとか、バランスがいいとかを感じるしかない。

 ジュニアの作品は、いくつかの花をいけたこじんまりしたものである。私の小さい頃に、母親がいけばなを習っていたことがあるが、ふと、今見る花は当時もあったのだろうかと思った。グロリオサ、ストレリチア、ラナンキュラスのような花は昔もあったのだろうか?

d0097373_18034872.jpg

by nori-126 | 2018-02-26 15:50 | 美術展 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 2018 レクイエム 本番

 2月25日(日)、ラブリホール合唱団の本番の日である。1年前に、モーツァルトのレクイエムを歌いたくて、参加を決めてから、30回近くの練習に参加して、いよいよ舞台に立つことになった。

 河内長野の駅からホールに向かう時に、白髪の髭の見事な年配の人と話をした。オペラの合唱を歌っているということで、NMBさん、MTOKさんをご存じだった。

10時前に楽屋に入り、小ホールで中村先生の発声練習があった。ゲネプロはモーツァルトから始めて、休憩の後に、フォーレをした。練習だと立っている時間が長くて足がだるくなる。

河内長野ラブリーホール合唱団演奏会
モーツァルト「レクイエム」 フォーレ「レクイエム」
2018・2・25(日)14時開演
ラブリホール・大ホール
指揮 船橋洋介 大阪交響楽団
河内長野ラブリーホール合唱団
ソプラノ 内藤里美 アルト 城守 香
テノール 竹田昌弘 バス 大谷圭介

フォーレ レクエイム 作品48
モーツァルト レクイエム K626

 2時からの開演なので、少し前に舞台袖に移動して、合唱団が入場してからオケが入場した。客席は1階が8割くらいだろうか?(800人の入場者があったとのことである) フォーレのレクイエムは、いつもよりうまく歌えたようである。終わるところがわかりにくくて、指揮者が指揮棒を置くまで静寂が保たれたのがよかった。

 休憩のあと、モーツァルトのレクイエムを歌った。歌いたかったモツレクを歌えたのだという感慨にふけった。ロビーで、練習に参加していたが、本番にでなかったMYZKさんに会った。

 小ホールで懇親会があった。指揮者や中村先生、ソリストの先生の講評があった。本番は練習よりもよくなっていたということだった。帰りの電車で、MZSMさんと話をした。私の1万人の第九の初期の知り合いである、UEKさんやKNGWさんを知っておられた。昨年の1万人の第九の打ち上げで、KNGWさんから紹介された人だとあとで気づいた。実は、昨年3月のYBKさんのお誕生会でもご一緒していた。

 合唱団には、LA FENICEのSKGC、SRKW、ARKWさん(本番には参加できなかったが)がおられて、新たに、SMD、OOGS、WD、KWT、MZSM、ARKWさんの奥様と知り合った。本番には大フィルの人が何人か参加されていた。

d0097373_01521477.jpg

by nori-126 | 2018-02-26 01:47 | 合唱 | Comments(0)