感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
LA FENICE 2019..
at 2018-05-22 02:24
第38回 四つの男声合唱の集..
at 2018-05-22 02:13
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-05-20 01:43
LA FENICE ペアボイ..
at 2018-05-19 02:03
英国ロイヤルオペラシネマ 2..
at 2018-05-17 02:06
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-05-13 21:19
LA FENICE 2019..
at 2018-05-13 08:57
MET ライヴビューイング ..
at 2018-05-10 02:12
大和葛城山 ツツジ
at 2018-05-10 02:07
バイオリンレッスン  第108回
at 2018-05-10 01:59
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(166)
(164)
(158)
(136)
(131)
(109)
(108)
(96)
(86)
(83)
(70)
(60)
(54)
(50)
(50)
(47)
(40)
(34)
(20)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2018年 04月 05日 ( 2 )

MET ライヴビューイング 2017-18 ラ・ボエーム

 4月4日(水)、METライブビューイングのラ・ボエームを見た。ナンバパークスシネマ6時半からの上演は、お客さんは3分の1くらいの入りだった。同業のHGSNさんに会ったが、偶然に私の二つ隣の席だった。

 2013-14シーズンの「ラ・ボエーム」をWOWWOWで見たことがある。グリゴーロとオポライスの組み合わせだった。この時は、オポライスが前日夜に「蝶々夫人」を歌ったが、次の日のマチネーの出演予定のハーティッグが、風邪で休演したので、オポライスが急遽、代演したといういわくつきのものだった。

METライブビューイング 2017-18 「ラ・ボエーム」
指揮:マルコ・アルミリアート 演出:フランコ・ゼフィレッリ
ソニア・ヨンチェヴァ(ミミ) マイケル・ファビアーノ(ロドルフォ)
スザンナ・フィリップス(ムゼッタ) ルーカス・ミーチャム(マルチェッロ
アレクセイ・ラブロフ(ショナール) マシュー・ローズ(コルリーネ)
上映時間 3時間7分 MET上演日 2018年2月24日

 ゼフィレッリの演出は1981年以来使われている。セットが大掛かりで、合唱団などの出演者も多い。ファビアーノは、METのオーディションで選ばれたドキュメンタリー番組を見たことがあるが、落ち着いた感じが出てきて、これからの活躍が期待できる。

 ヨンチェーヴァは、よくMETライブビューイングにでているが、役になりきる演技が素晴らしい。

 ムゼッタ役のスザンナ・フィリップスは、13-14シーズンでも同じ役だったが、本当にぴったりである。他の人が演じるとそれだけで違和感を感じるくらい、印象に残る。

 解説をケリー・オハラが勤めた。ミュージカルのスターだが、METでは「メリーウイドウ」に出演し、「コジ・ファン・トッテ」での出演が決まっている。初めての解説だろうと思うが、質問がやや洗練されていない印象を受けた。












 

by nori-126 | 2018-04-05 00:18 | オペラ・バレエ | Comments(0)

清滝街道 第1回 守口(京街道分岐)~四條畷中野

 4月4日(水)昼から清滝街道を歩いた。清滝街道は守口で京街道から分岐して、東に生駒を越えて奈良に至り、さらに南に山麓を歩いて、三郷に至る道である。清滝峠を越えるので、その名前がついている。守口から四条畷中野までは、守口街道とも呼ばれている。

 自動車道が通っているために、古い街道筋は失われている区間が多く、街道歩きとしてはあまり知られていない。東高野街道を歩いた時に、清滝街道との交差があった。

清滝街道 第1回 守口(京街道分岐)~四條畷中野
守口(京街道分岐)ー京阪西三荘駅ー京阪門真市駅ー門真市立歴史資料館ー京阪古川橋駅ー京阪大和田駅ー四條畷中野


 京阪守口駅で下りた。駅前の商店街の上を橋があるが、文禄堤の名残で京街道を歩いた時に通った。地下鉄守口駅の方へ行き、京街道で歩いた難宗寺の角に道標があり、ここが清滝街道の起点になる。

 京阪電鉄の高架に沿って歩くとすぐに、パナソニックがある。さくら広場には、ほぼ散ってしまった桜の樹、広く浅い滝、風で動く造形があった。隣にパナソニックミュージアムと松下幸之助歴史館がある。パナソニックは広大な土地に巨大なビル群が並んでいる。歴史館の前に、松下幸之助の像がある。制服姿の女性が15人くらいいたのは、季節がら、新入社員研修だろうか?

 西三荘駅から門真市駅を越えて、門真市立歴史資料館の案内板を見て、南の方へ少し歩いた。幼稚園を改装したものとのことで、1階に門真で発掘された土器の展示と、門真出身の幣原喜重郎首相が紹介されている。戦後すぐの総理大臣で、日本国憲法に深くかかわったとされる。

 古川橋駅の辺りは門真の第九で何度も通った地区である。よく通った居酒屋のすぐ近くに、小さい祠があった。願得寺というお寺に行った。広い境内に、蓮如上人の像があった。真宗大谷派の由緒あるお寺ということである。

 大和田駅からは、京阪本線を外れて、真っ直ぐ東の方へ158号線を歩いていった。第2京阪道路を越えた巣本という地区から、狭い住宅街を歩いた。蔀屋で163号線にでて、中野のバス停からバスで四條畷駅に行った。

                      京阪守口市駅前の文禄堤 ↓
d0097373_00091840.jpg
難宗寺の角の京街道から清滝街道の分岐 ↓
d0097373_00092187.jpg

パナソニックさくら広場 ↓
d0097373_00092596.jpg

パナソニックさくら広場の造形 ↓
d0097373_00092863.jpg
門真市立歴史資料館 ↓
d0097373_00093122.jpg
古川橋駅近くの祠 ↓
d0097373_00093522.jpg
願得寺山門 ↓
d0097373_00093829.jpg

by nori-126 | 2018-04-05 00:16 | 街道を歩く | Comments(0)