感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
LA FENICE 第4回文化祭
at 2018-10-29 00:26
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-10-28 23:55
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-10-23 01:28
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-10-21 01:30
兵庫芸文 第109回定期演奏会
at 2018-10-21 01:24
混声合唱団 すみのえ 第2回
at 2018-10-19 14:47
バイオリンレッスン 第118回
at 2018-10-19 14:41
小玉晃の音楽学校 第5回サロ..
at 2018-10-15 01:06
近鉄コーラス会演奏会 クレオ..
at 2018-10-15 00:45
東大阪の第九 第2回
at 2018-10-15 00:37
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(181)
(172)
(160)
(142)
(138)
(136)
(118)
(99)
(88)
(83)
(75)
(70)
(63)
(58)
(50)
(47)
(34)
(21)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2018年 10月 21日 ( 2 )

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第20回

 10月20日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。芸文からかけつけて、30分ほど遅刻した。中村先生の指導で、Sanctusの後半から練習が始まっていた。パートごとに音を取って、複数のパートで合わせるなどを繰り返して、Sanctusの最後まで行った。

 KWTさんが、先日の発表会で、ソロを歌われたのを聴いてもらったとお礼を言われた。合唱はベテランさんだが、ソロはあまり歌われていないとのことだった。音がしっかりしておられたという印象だった。
 
 帰り道を前から、顔を知っている女性と話ながら帰った。OGSさんの知り合いだが、名前を聞いたことがない。河内長野で仕事をしていて、金剛駅で下りられた。

by nori-126 | 2018-10-21 01:30 | 合唱 | Comments(0)

兵庫芸文 第109回定期演奏会

 10月20日(土)、兵庫芸文の定演に行った。ピアノ独奏のブルーノ・レオナルド・ゲルバーといえば、40年も前にクラシック音楽を聴き始めた頃に、聴いたことのある名前だが、久しぶりに名前を聞いた。74歳の今でも現役で活躍中なのである。

 つきそいの男性に腕を支えられながら、ゆっくりと舞台に進んだゲルバーは、椅子にすわった。こどもの頃のポリオの後遺症ということである。

 休憩時間にHZYMさんにお会いして、コンサートやオペラの話をした。約束していたオペラのBDを渡したが、お礼にとおみやげをいただいた。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第109回定期演奏会
2018.10.20(土)午後3時開演
兵庫芸術文化センター大ホール

指揮 クラウディオ・クルス
ピアノ独奏 レオナルド・ゲルバー
ゲストコンサートマスター 田野倉雅秋

オール・ベートーヴェンプログラム
序曲「コリオラン」
交響曲 第3番「英雄」
ピアノ協奏曲 第5番 「皇帝」

 定演ではめったに聴けないような有名な曲のプログラムである。知っている曲ばかりなので心地よい。英雄は、思ったより感動しなかったのは、なぜだろうか?

 皇帝のピアノは、流れるような華やかな音で、ベテランの余裕がみられた。コンサートマスターが大阪フィルの首席コンサートマスターである田野倉さんだった。ゲルバーに合わせて、一流を呼んできたということだろうか?

by nori-126 | 2018-10-21 01:24 | クラシック音楽 | Comments(0)