感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
鎌倉 その2 鎌倉大仏ー江の島
at 2018-09-18 01:40
鎌倉 その1 円覚寺・建長寺..
at 2018-09-18 01:39
ローマ歌劇場「マノン・レスコ..
at 2018-09-18 01:31
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-09-16 01:22
兵庫芸術文化センター管弦楽団..
at 2018-09-16 01:14
名古屋城 天守閣 本丸御殿
at 2018-09-13 02:20
バイオリンレッスン 第116回
at 2018-09-12 14:51
大阪クラシック 「ロ短調ミサ..
at 2018-09-11 01:29
新音フロイデ フォーレ・レク..
at 2018-09-07 14:23
LA FENICE合唱団 ペ..
at 2018-09-02 21:25
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(177)
(170)
(160)
(138)
(136)
(131)
(116)
(99)
(86)
(83)
(70)
(62)
(57)
(51)
(50)
(47)
(40)
(34)
(21)
(21)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鎌倉 その2 鎌倉大仏ー江の島

 9月17日(月・祝)、鶴岡八幡宮から参道横の道を歩いて、鎌倉駅に向かった。車道の中央がきれいな参道になっているが、陽が当たって暑いので建物沿いの歩道を歩いた。鎌倉駅前のバス停に止まったバスが、鎌倉大仏に行くと書かれていたので乗った。

 バスは西に走って、長谷観音前から北に向かった。大仏前で降りた。外国人も含めて、観光客が多い。高徳院に入ると、すぐに鎌倉大仏が見えた。あまり広々とした場所でないのが予想外だった。青い空に映えて、近づくと大きさが実感できる。下から見上げると、やさしいお顔である。胎内めぐりとして、狭い通路から階段を上ると、中が空洞になっていて、セメントで補強されたのが見える。

 観光客でにぎわう歩道を海の方へ歩いて、湘南鉄道の長谷駅にでた。ここから電車で江の島に向かった。アブがいて、近くにいた親子が気にしているようだったので、ハンカチで捕まえて逃がした。

 江ノ島駅で降りて、江の島の方へ歩いたが、観光客が多い。波が荒くて、サーフィンを楽しむ人がいるが、いかにも湘南という風景である。江ノ島弁天橋を10分くらい歩いて、江の島の道沿いには、海産物のレストランが並んでいる。   一軒の店に入って、海鮮丼を食べた。少しだけ生しらすとゆでシラスが入っているのを堪能した。

 橋を歩いて戻り、湘南ケーブル江の島駅からケーブルカーで大船に戻った。ここから、上野に向かった。

鎌倉大仏 ↓
d0097373_01553940.jpg

江の島 ↓
d0097373_01554462.jpg

海鮮丼 ↓
d0097373_01554719.jpg

# by nori-126 | 2018-09-18 01:40 | 歴史散歩 | Comments(0)

鎌倉 その1 円覚寺・建長寺・鶴岡八幡宮

 9月17日(月・祝)、鎌倉を歩いた。鎌倉を訪れるのは初めてである。歴史のある街であり、行ってみたかったが機会がなかった。前夜、大船のホテルメッツおおふな鎌倉に泊まって、朝、JR大船から北鎌倉駅に行った。湘南モノレール大船駅から、大船観音が見えた。

臨済宗・円覚寺派大本山 円覚寺
 北鎌倉駅から歩いてすぐのところに、円覚寺への階段がある。小さい門をくぐると広い境内の先に大きな山門がある。この先に仏殿があり、宝冠釈迦如来像を祀る。堂内はがらんとしていて、ほとんど飾り物がない。

 国宝の鐘楼まで長い石段をあがった。遠くにほんのかすかに富士山が見えた。仏殿まで戻って、さらに奥に行くと、国宝の舎利殿があるが、通常、非公開で、門から中をのぞいた。

臨済宗・建長寺派大本山 建長寺
 車の行き交う道を歩いて、建長寺に着いた。総門を入っていくと、立派な山門があり、そばに国宝の鐘楼がある。イブキの大きな老木があったが、珍しい。仏殿の御本尊は地蔵菩薩である。

 奥に法堂があり、千手観音を祀る。天井に小泉淳作の雲龍図がある。法堂の奥に方丈があり、中を見学できる。池を配した庭は、緑が鮮やかである。円覚寺も建長寺も中国の寺院を模しているので、伽藍が縦に長く配置されている。陽が照る中で長い距離を歩くのは疲れる。

鶴岡八幡宮
 道を歩いて行くと、鶴岡八幡宮に出た。歌舞伎の石切の舞台であり、源氏の氏神として有名である。結婚式が行われており、お宮参りの家族もいて、観光客と合わせてにぎやかだった。本宮横に宝物館があり、ゆかりの品々を展示していた。

 参道を歩いて、鎌倉駅の方へ向かった。
  
大船観音 ↓
d0097373_01284911.jpg
円覚寺 仏殿 ↓
d0097373_01291977.jpg
円覚寺 鐘楼 ↓
d0097373_01295065.jpg
円覚寺 舎利殿 ↓
d0097373_01302049.jpg
建長寺 鐘楼 ↓
d0097373_01305026.jpg
建長寺 庭園 ↓
d0097373_01311997.jpg
鶴岡八幡宮 本宮 ↓
d0097373_01314998.jpg


# by nori-126 | 2018-09-18 01:39 | 歴史散歩 | Comments(0)

ローマ歌劇場「マノン・レスコー」神奈川県民ホール

 9月16日(日)、ローマ歌劇場のオペラ公演に行った。今回の来日公演の2演目「椿姫」と「マノン・レスコー」のどちらを見に行こうかと迷ったのは、「椿姫」が話題の演出と衣装デザイン、「マノン・レスコー」が、METライブビューイングで活躍のクリスティーヌ・オポライスが出演するからである。日曜日と祝日の連休を利用して、両方を見ることにした。

 新幹線新横浜駅から、みなとみらい線の日本大通り駅に下りた。横浜は、学会で2回来たことがあるが、国際会議場と中華街しか知らない。会場に行く途中に、レストラン「かをり」というのを見つけて入ったら、喫茶店で、軽食のカレーをたべて、シャーベットも食べた。会場にこの「かをり」が、洋菓子の販売のコーナーを持っていて、伝統あるお店である。

 この辺りは旧居留地で、雰囲気は神戸の旧居留地に似ている。神奈川県民ホールの隣が山下公園で、多くの人がいた。氷川丸という船が係留されているところまで歩いた。近くに中華街や野球場があって、にぎやかな地域である。

ローマ歌劇場 プッチーニ「マノン・レスコー」全4幕
2018・9・16(日)午後3時開演
神奈川県民ホール 大ホール

演出:キアラ・ムーティ
ドナート・レンツェッティ指揮 ローマ歌劇場管弦楽団
ローマ歌劇場合唱団

マノン・レスコー:クリスティーヌ・オポライス
レスコー:アレッサンドロ・ルオンゴ
デ・グリュー:グレゴリー・クンデ
ジェロンテ・デ・ラヴォワール:マウリツィオ・ムラ―ロ
エドモンド:アレッサンドロ・リベラトーレ
 
 マノン・レスコーは、新国立劇場で見たことがある。また、METライブビューイングでは、クリスティーヌ・オポライスのマノンで上演された。席は12列8番で、余り良い席が取れなかった。先行予約で取ったのに、間違えて、S席でなくA席を選択したのに気が付かなかった。
 
 演出が指揮者のリカルド・ムーティの娘というのが話題である。カーテンコールに登場した。舞台美術はそれほど豪華でもないが、ジェロンテの屋敷は、大きなガラスの窓に囲まれた部屋である。もちろんガラスでないが。
 
 オポライスが登場すると舞台が華やかになる。METに比べて、キャラの変化が少ないように思われた。マノンというヒロインは、解釈がいろいろとあるようで、演出によって、違いがあるのは当然ではあるが。有名な第3幕への前奏曲では、演奏が終わった所で、拍手があり、指揮者が観客に挨拶をした。

 出待ちをしようと楽屋口に行くと、2-30人くらいが待っていた。デグリュー役のクンデ、演出のムーティに続いて、オポライスがでてきて、サインや写真に応じた。誰かがあなたは女優だというと、「l like to act」と答えた。

d0097373_00290133.jpg
氷川丸 ↓
d0097373_00292313.jpg

神奈川県民ホール ↓
d0097373_00291571.jpg

 


 

# by nori-126 | 2018-09-18 01:31 | オペラ・バレエ | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第17回

 9月15日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。45分遅刻した。中村先生の指導で、第18曲を歌った。パートごとに歌って、いくつかのパートを合わせていくというやり方である。第20曲をラララで歌った。Adagioに入る前までを歌った。
# by nori-126 | 2018-09-16 01:22 | 合唱 | Comments(0)

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第108回定演 天地創造

 9月15日(土)、兵庫芸文の定演に行った。2018-19シーズンの幕開けで、1階の通路すぐ後ろのいい席が取れた。少し高くなっているので、前の人の頭を気にしないで済む。

 開演の前に、佐渡裕さんが舞台上で挨拶をされた。オープニング記念第9合唱団は、公演ごとにオーディションでメンバーが選ばれる。今回は、知っている人が11人おられた。LA FENICE関係のKTOK、IWMT、OGS、MRT、TKMR、PTさんに第九の知り合いKMSR、YMD、MYZK、KMMT、ISDさんである。

 天地創造は、LA FENICEに入団して、初めて歌った曲であるが、途中入団だったので、半年しか時間がなくて、歌ったという満足は得られなかった。コンサートで聴くのは初めてだったので、客席ではどのように聴こえるのかという興味があった。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第108回 定期演奏会
2018・9・15(土)15時開演
兵庫芸術文化センター 大ホール

指揮:佐渡裕
ソプラノ:幸田浩子 テノール:吉田浩之 バリトン:キュウ・ウォン・ハン
合唱指揮:本山秀毅
合唱:ひょうごプロデュースオペラ合唱団
   オープニング記念第9合唱団

 プロも入った合唱団の迫力は相当なものだった。オケも負けじとがんばっているようだった。ソプラノとテノールは3部では、アダムとイブを歌うのだが、仲がよいという演技も感じられた。1万人の第九でソリストをされた吉田さんの少しくだけた表情が新鮮だった。

 休憩時間に門真の第九の知り合いNGTM、ESK、HJTさんに会った。終了後に楽屋口で合唱団で出演の方達に挨拶をした。


# by nori-126 | 2018-09-16 01:14 | クラシック音楽 | Comments(0)

名古屋城 天守閣 本丸御殿

 9月12日(水)、名古屋城を訪れた。ここで開催される野外オペラを見るためだったが、天候不良のために中止になってしまった。2年前に平城京跡で、復元された大極殿を背景に開催された「トーランドット」は、初めてみる野外オペラの醍醐味を堪能した。

 今回は、名古屋城の敷地で、「トスカ」の公演が6回行われることになっていたが、8日(土)と9日(日)の2回しか行われず、後の4回は天候不良で中止になってしまった。野外オペラは天候次第といえど、残念なことである。

 オペラが開催されるかどうかは、当日の正午には未定だったが、この機会に名古屋城の天守閣と本丸御殿を見に行こうと、名古屋まで行った。名古屋城に3時過ぎに入ると、中止が決まったところだった。

 名古屋城天守閣と本丸御殿は、戦前に国宝に指定された江戸時代からの建物だったが、昭和20年の空襲で、焼失してしまった。天守閣は、昭和34年に再建されたが、本丸御殿は、10年という年月をかけて再建され、6月から一般公開が始まったばかりである。天守閣は、耐震上の問題から、入場ができなくなっている。木造で再建しようという動きがあるようで、実現するといいが。

 本丸御殿は、13棟からなる建物で、将軍を迎えるための部屋など、豪華絢爛である。戦前の写真や避難できた実物の襖絵が残っており、かなり精密に復元できたという。新しい檜の匂いが香しい。

 ぐるりと本丸の周りを歩いて、櫓や天守閣を見た。黄色い実をつけた木があって、名札にマルバチシャノキと書かれていた。

                      天守閣とオペラ舞台 ↓
d0097373_01030777.jpg
本丸御殿 ↓
d0097373_01031690.jpg
本丸御殿 ↓
d0097373_01031379.jpg
マルバチシャノキ ↓
d0097373_01032278.jpg
d0097373_01032588.jpg

 

 

 

# by nori-126 | 2018-09-13 02:20 | 歴史散歩 | Comments(0)

バイオリンレッスン 第116回

 9月10日(月)、バイオリンのレッスンに行った。前からの課題であるクレッシェンドとデクレッシェンド、「オーゼの死」がなかなかうまく弾けない。臨時記号がついて、指がうまく押さえられない。引き続き練習をすることになった。
# by nori-126 | 2018-09-12 14:51 | バイオリンレッスン | Comments(0)

大阪クラシック 「ロ短調ミサ前半」 大阪市中央公会堂

 9月9日(日)、大阪クラシックの初日、大阪フィル合唱団のコンサートを聴きに行った。大阪市立中央公会堂に、少し早く入った。席は、前から2列目の2番で、左側のいい席だった。

 ロ短調ミサは、千里バッハ合唱団のコンサートで2回聞いたことがあるが、ラブリーホール合唱団で、2月に演奏するべく、練習をしているので、どういう風に聴こえるのかと意識しながら聴いた。

大阪クラシック 第13公演  
2018.9.9(日)午後7時30分開演
大阪市中央公会堂 中集会室

指揮:福島章恭 オルガン:尾崎克典
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団

J.S.バッハ ミサ曲ロ短調 BWV232 第1部
アンコール 第2部 最終曲

 会場に入った時に、LA FENICEのIWMTさんに会った。門真の第九の知り合い、OKMR、ESK、KMMT、YMD、YYTN、NGTMさんを見かけた。

 合唱団員が入場して指揮者がロ短調ミサの解説をして、前半部分を演奏された。よく響くホールで、ソプラノ側だったので、ソプラノがよく聞こえた。合唱団には、LA FENICEのNKTさんら10人くらいの知り合いが参加されていたが、終わってからお会いした。

 公会堂のレストランで、門真の第九の知り合いの、ICD、OKMR、KMMT、ESK、YMD、NGTMさんと、名前を知っているが、挨拶をしたことのないHJTさん、KDUさんの9人で食事をした。門真の第九で一緒しているので、会ったことはあるはずなのだが。

# by nori-126 | 2018-09-11 01:29 | クラシック音楽 | Comments(0)

新音フロイデ フォーレ・レクイエム フェスティバルホール

 9月6日(木)、新音フロイデを聴きに行った。木曜日なので、7時まで仕事をしてから駆け付けたので、前半は聴けなかった。当初は、先にデュルフレのレクイエムで、後半がフォーレのレクイエムの予定が、指揮者の意向で逆になったという。聴いたことのないデュルフレが聴けることになったのはよかった。チケットは、合唱団仲間のOGSさんから購入した。着いたのが休憩時間で、ホワイエにいた合唱の知り合いにあった。

新音フロイデ フォーレ・レクイエム
2018.9.6(木)19時開演
フェスティバルホール

大友直人指揮 大阪フィルハーモニー管弦楽団
大阪新音フロイデ合唱団

フォーレ・レクイエム ニ短調作品48
 独唱 小林沙羅 三原剛
デュルフレ・レクイエム 作品9
 独唱 竹本節子 三原剛

 240人くらいの合唱団が、6列で舞台に並ぶと壮観である。オーケストラも80人くらいと大編成である。初めて聞くデュルフレのレクイエムだが、現代曲だけあって、他のレクイエムとは異なる印象がある。迫力ある演奏は、これだけの人数だから可能なのかと思われた。

 ソリストの登場場面は短いが、メゾソプラノの豊かな声と、小さい低い声での歌唱に、感銘を受けた。

 終わってから、席を立つと、高校の同級生だったNSMRさんとSEKさんに会った。すぐ後ろの方の席に座っておられた。エスカレーターのところで、門真の第九の知り合いのTRMさんに会った。出たところで、同業のYGさん夫妻をお見かけして挨拶した。私の所属する合唱団のコンサートには数回来ていただいている。

 階段下で、聴きに来ていた合唱団仲間のYMD、KMR、SKGC、TMGW、NGTM、SGYMさんにあった。そこに舞台に立っていたOKMR、YYTN、ESK、KMMTさんらが来た。高校の同級生のNSMRさんも来て、ソリストのご主人と他の人に紹介した。

 近くのパブで、YMDさんらと飲んで話をした。YYTNさんの高校の同級生で、松原市で和菓子屋さんをしておられるNKNSさんが、初めてコンサートに来たということだったが、FBのお友達になった。門真の第九の前からの知り合いのSGYMさんとも友達になった。NGTMさんと話をしながら帰ったが、打ち上げを終わったICDさんらに電車で会った。

# by nori-126 | 2018-09-07 14:23 | クラシック音楽 | Comments(0)

LA FENICE合唱団 ペア・ボイストレーニング 

 9月2日(日)夕方、LA FENICEのペア・ボイストレーニングがあった。前に、二組のペアで15分のレッスンをしたが、今回は、二人で30分のレッスンになった。堂島で、テノールのOSDさんと組んで、SGT先生の指導で、音階を歌っていく。

 音階を歌っていくと、#Fから裏声になってしまう。できるだけ裏声でなく歌いたいが、練習が必要である。裏声にしないために、腹筋を使うというのは、単に腹筋に力を入れることでなく、息を流すことだと言われた。裏声にした時には、下がる時にどう自然に戻すかも問題と言われた。

 ヨハネ受難曲の最初のところを歌った。Herrを歌う時に、e が本来の音になっていても、Hが低いと指摘された。ずり上げないということである。子音でずりあげているということに初めて気が付いた。メリスマの歌い方で、音が上がったり下がったりするのではなく、音階が上がっていくという流れの中で音が上下するという感覚が必要ということである。30分はあっという間だったが、得られたものはオオかかった。個人的にレッスンを受ける必要性を実感した。

# by nori-126 | 2018-09-02 21:25 | 合唱 | Comments(0)