感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
大阪クラシック 「ロ短調ミサ..
at 2018-09-11 01:29
新音フロイデ フォーレ・レク..
at 2018-09-07 14:23
LA FENICE合唱団 ペ..
at 2018-09-02 21:25
1万人の第九 森ノ宮9 第2回
at 2018-09-02 21:15
ラブリホール合唱団 ロ短調ミ..
at 2018-09-02 00:41
英国ロイヤルオペラシネマ バ..
at 2018-08-30 11:59
プラド美術館展ーベラスケスと..
at 2018-08-30 11:40
バイオリンレッスン 第115回
at 2018-08-30 11:34
いわさきちひろ展 東京ステー..
at 2018-08-27 18:32
プーシキン美術館展 国立国際..
at 2018-08-27 17:34
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(176)
(170)
(160)
(138)
(136)
(130)
(115)
(96)
(86)
(83)
(70)
(62)
(57)
(51)
(50)
(47)
(40)
(34)
(21)
(20)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:花 四季彩々( 47 )

大和葛城山 ツツジ

 5月9日(水)、大和葛城山にツツジを見に行った。朝まで雨が降っていたが、昼前から陽が射すようになった。今年は、花の盛りが例年よりも早くて、ツツジも見頃ということなので、昼からでかけた。ツツジを見に行くのは、2008年、2011年、2017年に続いて4回目になる。いずれも水越峠から往復をしている。


 水越峠に行くと、車は少なくてバス停のところの駐車場が空いていた。ここからは、昨年の台風の影響で、峠へは通行止めになっていた。1時25分に歩き始めて、急な坂を登った。上から降りてくる人もわずかで、静かな山歩きである。ウグイスの鳴き声が盛んに聴こえる。

 2時前にツツジ園に着いた。花の咲いていない緑の木の部分が多くて、全体が赤く染まるという感じではなかった。HPの写真を見ると、5月5日くらいが盛りだったと思われる。今年は花の付きが悪かったようである。金剛山をバックにツツジの写真を撮ろうとしたら、その木が見当たらない。すでに花がしぼんでいたらしい。

 ロッジの方へ行って、写真を撮った。ご夫婦の写真を撮ってあげたら、私の写真も撮ってくれた。4回目にして初めて、自分の映った写真が撮れた。雲が多くて、わずかに陽の当たる時をねらって写真を撮った。ロッジでコーヒーを飲んで、水越峠まで下りた。雨上がりのせいだと思われるが、人が少なくて、ゆっくりとできた。
ロッジ側からみたツツジ園 ↓
d0097373_01465824.jpg

d0097373_01470164.jpg
d0097373_01470522.jpg
葛城山頂 ↓
d0097373_01470735.jpg

by nori-126 | 2018-05-10 02:07 | 花 四季彩々 | Comments(0)

葛城山 ツツジ

 5月18日(木)、葛城山のツツジが満開になったということで、久しぶりに訪れてみたくなった。初めて見たのは、2008年で、2011年にも訪れた。いずれも早朝に車で水越峠に行き、ツツジ園まで登山をして、水越峠に戻ってくるというコースである。人が少なくて、待たなくていい。

 朝4時半過ぎに堺の職場を車で出て、水越峠に5時20分頃ついた。駐車場に車を止めて、峠からダイヤモンドトレールを歩き始めた。ペースが少し早すぎて息が上がった。久しぶりの山歩きは体力の衰えを自覚させられる。6時40分くらいに木々の間から、赤いツツジの花が見えてきた。

 ツツジはほぼ満開で、人もまばらである。ロッジの方へ歩いて、反対側からも眺めた。満開ではあるが、色は少し薄い印象だった。雨が降った後の方がいいのだが、雲一つない晴天をぼやくのもおかしい。7時10分頃にツツジ園を出て、道を下った。段差があって、足にこたえる。40分くらいで峠について、渓流の冷たい水で顔を洗った。

d0097373_06441049.jpg
d0097373_06441500.jpg
d0097373_06442087.jpg

by nori-126 | 2017-05-18 14:52 | 花 四季彩々 | Comments(0)

ツツジ 堺浅香山浄水場

 4月30日(木)、天気がいいので、堺市にある浅香山浄水場のツツジを見に行った。現在では、取水をしていないので、配水場となっている。20年程前に父母も連れて初めて行った。6年前にも行ったことがある。南海高野線浅香山駅から東に歩いて5分くらいで着く。平日のせいか人は多くなかった。

 花は丁度、盛りで見事である。木が太くて大きく、堤の段差もあるので、余計に大きく見える。見事な花を満喫した。

d0097373_0464996.jpg
d0097373_047198.jpg
d0097373_0471174.jpg
d0097373_047229.jpg
d0097373_0473420.jpg

by nori-126 | 2015-05-01 17:34 | 花 四季彩々 | Comments(0)

高野山 紅葉

 11月3日(月・祝)、極楽橋から女人堂までを歩いてさらに、女人道を大門まで歩いた。ここから根本大塔の方へ歩いていくと、紅葉がきれいであった。根本大塔からじゃばら道までには、ほぼ見ごろといってよく、黄色や赤い葉が見事だった。

 じゃばら道は高野山でも一番有名な紅葉の名所だが、東半分は紅葉していてほぼ見ごろか少し早い程度と思われたのに、西半分は葉が青々としている。陽が射す時に、下から写真を撮ると鮮やかである。

d0097373_3212451.jpg

 根本大塔  ↓
d0097373_321411.jpg
d0097373_3215685.jpg
d0097373_322752.jpg

 不動堂 ↓
d0097373_3222011.jpg
d0097373_3223362.jpg
d0097373_3224488.jpg

by nori-126 | 2014-11-06 03:14 | 花 四季彩々 | Comments(2)

梶本家の藤まつり 和泉砂川

 4月27日(日)、和泉砂川の梶本家の藤の花を見に行った。以前から新聞記事などで知っていたが、熊野街道を歩いていることもあり、行ってみることにした。駅を下りて西に歩くと、熊野街道に出る。少し北に行くと、藤の花が見えてくる。

 元小学校校長の梶本昌弘さんが、26年前に鉢植えの藤を庭に植えたのが、30m四方の広い範囲で3万房の花を咲かせるまでに大きくなった。5年前に梶本さんが亡くなったあとも、保存会が手入れをして公開している。花の美しさだけでなく、花を育てた人の心が、多くの人を引き付けるのである。

 道路に面したところは、藤の花が連なって見事である。通路の棚からは房が下がり、蜂が蜜を吸っていた。この棚を上から見ることができるように足場が組まれている。梶本家は元々、街道沿いの旅籠で敷地がかなり広い。庭では二胡の演奏会が行われていた。

 地元の人達が餅をついたり、ぜんざいを売っていた。1本の藤の木が地域の人達を結びつけているというのもうれしい。

d0097373_315131.jpg
d0097373_3152942.jpg

  藤の花の幹  ↓
d0097373_3154187.jpg
d0097373_3155781.jpg

  棚の上の藤の花  ↓
d0097373_316977.jpg

by nori-126 | 2014-04-29 03:27 | 花 四季彩々 | Comments(2)

花しょうぶ 白鷺公園 堺市東区

 6月5日(水)昼から職場近くの白鷺公園に、花しょうぶを見に行った。小さい池の花しょうぶはほぼ満開で、大きい池の花しょうぶはまだ、五分咲きといった感じだった。いい天気だが、あまり暑いと花は元気がないようである。

 トンボが何種類かみられた。イトトンボのような細いトンボが、交尾をして池に産卵をしていた。シオカラトンボがじっと、池の木の先に止まっていた。ほとんど動こうとしない。

d0097373_2225457.jpg その周りを胴に白い腹巻きをしたようなトンボが、飛んでいた。シオカラトンボと縄張り争いをしているようであった。コシアキトンボというらしい。雄が白い帯で、雌が黄色い帯らしい。飛んでいるところがうまく写真に撮れた。

d0097373_22252783.jpg
d0097373_22253044.jpg
d0097373_22254754.jpg
d0097373_22255238.jpg

by nori-126 | 2013-06-07 04:38 | 花 四季彩々 | Comments(0)

ニリンソウ 金剛山カトラ谷

 5月6日(月・祝)、満開のニリンソウを見ようと金剛山に登った。今までに行ったことのないカトラ谷のコースを登って行くと、岩がごろごろしたところを越えて、お花畑になり、少しずつニリンソウの花が現われた。やがて1面に花が咲いていて、花は満開の一番の時期である。ニリンソウは1株から二つの花を咲かせるので、その名があるが、二本の花は同時に咲き始めるのではなく、1本の花が咲いていて、もうひとつは蕾をいうのもみられる。

 近くにいた人と花の話をしていたら、風が吹いて小さい花が揺れた。私のカメラは動画が撮れないが、ふと「動画に撮ったらきれいですね」と言ったら、男性がいいことを言ってくれたと喜んで、カメラで動画を撮られた。

 さらに登ると広い場所があって、ここはニリンソウの花が一面に咲いていた。大きな木が無いので、陽も射して美しい。ここを最後にこれより上は急な登りになっており、花はみられなかった。

 前から聞いていたニリンソウを満開の時期に見られてよかった。天気もよかったが、きれいに写真に撮るのは難しい。広い範囲を撮ると花が小さくて何が写っているのかわからない。低い位置から花を重ねて撮るのが、花の多さを強調できるようである。

d0097373_20761.jpg
d0097373_20953.jpg
d0097373_202397.jpg
d0097373_202679.jpg

d0097373_233415.jpg

by nori-126 | 2013-05-07 01:54 | 花 四季彩々 | Comments(0)

自宅マンション付近の桜

 4月1日(月)例年に比べて、1週間ほど早く桜の花が満開になった。出勤前にマンションの敷地内で桜の花の写真を撮った。ちょうど花が盛りである。桜の花のトンネルは、特にお気に入りの場所である。少し下からカメラを構えてみると、桜の花がぎっしりと敷き詰められたようにみえる。

 ヒヨドリが桜の花に嘴を入れて、蜜をすっているのだろうか?嘴が花粉で黄色くなっているのは滑稽である。
桜の花の他にも、コブシの花が満開である。住んでいるマンションの敷地で、多くの自然に会えるというのは、うれしい。

d0097373_261741.jpg

  コブシ  ↓
d0097373_262318.jpg

  モクレン  ↓
d0097373_263557.jpg
d0097373_263830.jpg

  ヒヨドリ  ↓
d0097373_26492.jpg
d0097373_265229.jpg

by nori-126 | 2013-04-02 21:09 | 花 四季彩々 | Comments(0)

桜 長等神社~三井寺

 4月15日(日)三井寺にお参りしたが、桜の花が満開だった。三十三所めぐりもやはり花の季節に訪れたいものである。京阪石山坂本線三井寺駅から三井寺に向かった。駅のそばを流れる琵琶湖疏水に沿って咲く桜を多くの観光客が写真に撮っていた。中に赤い葉のでている木があり、ヤマザクラということだろうか?

 長等神社の境内には、大きな濃いピンクの枝垂れ桜が咲いていた。今までに見たことがないような大きな木でほぼ満開だった。

 三井寺の境内でも桜が満開で華やかだった。お寺の建物を囲むように咲く桜や、石垣の上に咲く桜は、公園の桜とはまた違った趣がある。山の傾斜に咲いているので、一目で多くの花がみられる。仁王門の間から桜を撮ってみた。


   琵琶湖疏水   ↓
d0097373_22252835.jpg

   長等神社の枝垂れ桜  ↓
d0097373_22254477.jpg
d0097373_22255865.jpg
d0097373_22261066.jpg

   本殿  ↓   
d0097373_22262980.jpg

   仁王門からの桜  ↓
d0097373_22264497.jpg


 
by nori-126 | 2012-04-15 21:05 | 花 四季彩々 | Comments(0)

白鷺公園 ’12.4.12

 4月12日(木)昼休みに職場近くの白鷺公園に行った。桜の花が、丁度満開で、風に花びらが舞うのも美しい。桜の木の下でお弁当を広げる家族があり、ゆっくりと散歩して花を愛でる人達がある。年に一度の華やかな時を惜しむように、花を見上げる人がいる。 

 前に池の工事をしていたが、新しく噴水が3つ設置されていた。簡単な噴水で見て美しいというよりも水を撹拌するためだろうか?ヒドリガモがまだ、たくさん残っていたが、彼らもまた、桜の花を楽しんでから北へ帰ろうという心づもりだろうか。

 池の側には花しょうぶの黄緑色の若い葉がみられる。2か月もすると花が咲いて、また、多くの人でにぎわうことになる。それまでは、公園には静かな時が流れる。シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメが見られた。シジュウカラは桜の木に止まるが、花に興味がないので、木のてっぺんにしか止まらず、写真に撮りにくい。

 どうしたら桜の花をきれいな写真に撮れるのだろうか?桜の花びらをアップで撮るか、お寺などの建物を入れて撮るか、川や池を入れて撮るか、あるいはライトアップはどうだろうか等と考えてみる。試してみることができるのは、今の時期だけである。桜のトンネルを低いアングルで撮ると、桜のじゅうたんのようになるが、日陰になるので黒くなってしまう。散った花を撮ってみるのもおもしろい。

d0097373_21233636.jpg
d0097373_21235353.jpg
d0097373_2124591.jpg

  地面に散った花びら  ↓
d0097373_21241970.jpg

  シジュウカラ  ↓
d0097373_21243617.jpg

by nori-126 | 2012-04-14 01:15 | 花 四季彩々 | Comments(0)