感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
城巡り
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪の第九 第6回
at 2019-08-12 01:56
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-11 11:51
混声合唱団 すみのえ 第18回
at 2019-08-08 13:39
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-07 02:22
バイオリンレッスン  第133回
at 2019-08-06 11:11
LA FENICE ヘンデル..
at 2019-08-04 02:54
1万人の第九 懇親会
at 2019-08-01 19:36
文楽 第2部 仮名手本忠臣蔵
at 2019-08-01 19:34
新音フロイデ モーツアルト「..
at 2019-07-31 09:34
東大阪の第九 第5回
at 2019-07-29 07:09
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(233)
(209)
(179)
(164)
(141)
(137)
(132)
(106)
(95)
(86)
(81)
(72)
(69)
(61)
(50)
(47)
(38)
(28)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:オペラ・バレエ( 105 )

英国ロイヤルバレエ団 「ドン・キホーテ」東京文化会館

 6月23日(日)、東京でバレエを見た。初めてバレエを見たのは、3年前の英国ロイヤルバレエシネマの「くるみ割り人形」だった。よく聞き知った音楽と、おとぎ話のストーリーに、たちまちバレエの虜になった。

 中でも、金平糖の精を踊ったローレル・カスバートソンの優雅な踊りに魅入られた。生の舞台を見られたらと思っていたら、英国ロイヤルバレエ団が3年ぶりに来日することになった。6回公演の内、カスバートソンが、1回だけ、それも日曜日に踊るというので、チケットを取った。バレエを見る目的で上京するのは初めてである。

 演目が「ドン・キホーテ」というのはうれしい。昨年8月に、フェスティバルホールの世界バレエ・フェスティバルの舞台をみたことがあるが、アクロバティックな踊りがあり、何よりも悲劇でないのがいい。

 東京文化会館のR11列6番という少し見にくい席だったが、始まる前からドキドキしていた。

英国ロイヤル・バレエ団 2019年日本公演
「ドン・キホーテ」全3幕
2019・6・23(日)13時開演
東京文化会館

改訂振付:カルロス・アコスタ
音楽:ルトヴィク・ミンクス
指揮:マーティン・イエーツ 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
キャスト
 ドン・キホーテ:ギャリー・エイヴィス
 サンチョ・パンサ:フィリップ・モズリー
 ロレンツォ(宿屋の主人):クリストファー・サンダース
 キトリ/ドゥルシネア姫:ローレン・カスバートソン
 バジル:マシュー・ボール
 ガマーシュ:トーマス・ホワイトヘッド
 エスパーダ:リース・クラーク
 メルセデス:クレア・カルヴァート
 ドリアードの女王:崔 由姫
 ドゥルシネア姫(第1幕):オリヴィア・カウリー

 第一幕は、ドン・キホーテの部屋が中央に小さく作られている。白いドレスとベールのドゥルシネア姫が登場して優雅に踊る。ドン・キホーテが助けに行こうと、サーベルと、槍代わりのベッドの支柱を持って出発する。

 舞台があっというまに代わって、スペインの街の広場で、町の娘キトリが、バジルと結婚するというのを、父親のロレンツィオは反対して、金持ちの貴族と結婚させようとする。町娘の服装のカスバートソンが、軽快な踊りを見せる。

 第2幕では、街を逃げ出した二人が、ジプシーの野営地に迷い込む。背景は真っ赤な夕焼けである。ジプシーたちが踊る。ドン・キホーテが、風車を魔物と間違えて突進する。第2場は、ドン・キホーテの夢の場面になる。大きな花の花園で、ドゥルシネア姫に会う。群舞が見事である。

 第3幕では、街の広場で、バジルの狂言自殺のがあり、父親の許しを得る。二人の結婚式が行われる。

 カスバ―トソンは、町娘と、幻想の中の姫と、結婚式の白いドレスと、異なったキャラをみせてくれた。町娘のコケティッシュな感じ、気品のある姫とどちらもよく似合う。双眼鏡の中で、彼女だけをアップでみたが、目の前で実際に踊るのを見られることが、夢のようだった。かすかにほほ笑む表情に、気品と余裕が感じられる。

 ドン・キホーテのエイヴィスは、くるみ割り人形のドッセルマイヤーが当たり役だが、滑稽な役もぴったりである。

 男性のグループでの踊りがあり、多人数での群舞など、バレエの楽しみが、すべてつまっているような演目である。2013年に初演されたというアコスタの演出は、ポリシーがはっきりしていて流れがいい。第2幕でよくある人形劇は省略されていた。古典的なバレエと違って、登場人物がよく動き、いきいきとしている。台詞をいう場面があって、驚いた。

 終了後に、楽屋口には100人近い人が出待ちをしていた。若手のダンサーが何人かサインなどをしていた。プリンシパルの平野亮一さんがでてきたが、今日は出番はなくても控えでおられたのだろうか?主役のカスバ―トソンとボールが、パーティがあるのでと、顔だけ見せてくれた。
d0097373_13293114.jpg
         ローレン・カスバートソン ↓
d0097373_05583547.jpg
         ローレン・カスバートソンとマシュー・ボール↓
d0097373_12105928.jpg
 

by nori-126 | 2019-06-24 01:54 | オペラ・バレエ | Comments(0)

ボローニャ歌劇場「セヴィリアの理髪師」

 6月16日(日)、オペラを見に行った。「セヴィリアの理髪師」は、METライブビューイングで、バートレット・シャーの演出のものを2回みた。ロジーナ役は、J・ディドナートとI・レナードだった。舞台は、ハンガリー国立歌劇場の公演を、4年前の6月に、名古屋でみた。ダニエラ・バルチェッローナがロジーナ役だった。   

 席は、11列20番とボックス席のすぐ後ろの、中央少し左よりのいい席だった。開演前にすぐ斜め後ろに、同業のHTWKさん、左の後方に、NKJMさん夫妻をみつけた。休憩中に、NKJMさんから知り合いと紹介されたのは、私の大学の同級生のCBさんだった。会うのは5年ぶりくらいか?すぐわからずに、役職を聞いてわかった。

ボローニャ歌劇場 ロッシーニ「セヴィリアの理髪師」
2019・6・16(日)15時開演
フェスティバルホール

指揮:フェデリコ・サンティ  演出:フェデリコ・グラッツィーニ
キャスト 
 アルマヴィーヴァ伯爵 アントニーノ・シラグーザ
 フィガロ アルベルト・ガザーレ
 ロジーナ セラーナ・マルフィ
 ドン・バルトロ マルコ・フィリッポ・ロマーノ
 ドン・バジリオ アンドレア・コンチェッティ
 ベルタ ラウラ・ケリーチ
 
 ボローニャ歌劇場管弦楽団/合唱団

 幕が開くと、舞台には両脇からカーテン少しと、背景のスクリーンしかないが、そこへ両脇から、家と植え込みが登場する。アルマヴィーヴァ伯爵がロジーナに歌うのに、ついてくるのは音楽隊だが、これがオリジナルである。

 ドン・バルトロの屋敷内も、簡単なセットで、上から電飾付きの理髪師の看板が下りてくるなど、あまり重厚でないオペラレッタ的な舞台だった。手紙を読むところを日本語で読んで、笑わせた。

 ロジーナ役のセラーナ・マルフィは、終わってから調べてみると、METライブビューイング17-18の「コジ・ファン・トゥッテ」でヒロインの一人で出演していた。

d0097373_01073471.jpg

 

 


by nori-126 | 2019-06-17 12:56 | オペラ・バレエ | Comments(0)

英国ロイヤルオペラシネマ 2018/19「運命の力」

 5月26日(日)、英国ロイヤルオペラシネマを見に行った。「運命の力」は、アンナ・ネトレプコのコンサートの開幕に序曲が演奏されるので、名前は聞いたことがあるが、オペラはみたことがない。

 2大スターである、アンナ・ネトレプコとヨナス・カウフマンが共演するというので、評判になったとのことである。二人共、コンサートで聴いたことはあるが、その二人がオペラで共演するというのは、魅力的である。

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19
ロイヤルオペラ ヴェルディ「運命の力」
演出 クリストフ・ロイ 指揮 アントニオ・パッパーノ
出演 アンナ・ネトレプコ(レオノーラ)
   ヨナス・カウフマン(ドン・アルヴァ―ロ)
   ルドヴィク・テジエ(ドン・カルロ)
   フルッチョ・フルラネット(僧院長)

 レオノーラは、インカ帝国の血筋のドン・アルヴァ―ロと恋愛関係になり、駆け落ちしようとする。レオノーラの父にみつかり、アルヴァ―ロが服従の意味で投げた銃が暴発して、父が亡くなる。レオノーラの兄ドン・カルロは二人を仇として追う。レオノーラは修道院に入る。運命の力で、アルヴァ―ロとレオノーラは再会するが、悲劇が待ち受けていた。

 銃の暴発というのが非現実的なのが気になるが、それを忘れさせるほどの3人の歌唱力である。ドン・カルロ役のルドヴィク・テジエを聴いたのは初めてだが、深みのあるバリトンの声には惹きつけられる。ネトレプコの白髪の老けた役も珍しかった。

 序曲で聴いたメロディが、登場人物のテーマとして繰り返しでてくる。ヴェルディの音楽は、初めて聴いてもとにかく美しい。

 舞台はシンプルな設定を基本にして、それが邸宅になったり、僧院になったり、戦場になる。舞台に置くものや、配置される人々の衣装や演技で、舞台の雰囲気を作り出す。こういう舞台デザインのやり方もあるのだなあと気づかされた。
 



 

by nori-126 | 2019-05-28 00:52 | オペラ・バレエ | Comments(0)

METライブビューイング 「ワルキューレ」

 5月11日(土)、METの「ワルキューレ」を見に行った。ワグナーのオペラは、舞台では「さまよえるオランダ人」、シネマで、「マイスタージンガー」「タンホイザー」を見たことがあるが、楽劇というのは初めてである。ワグナーには熱狂的なファンがいるが、あまり好きでないという人もいる。

METライブビューイング 2018-19 
第9作 ワグナー「ワルキューレ」ドイツ語
指揮 フィリップ・ジョルダン 演出:ロベール・ルパージュ
クリスティン・ガーキー(ブリュンデヒルデ)
エヴァ=マリア・ヴェストブルック(ジークリンデ)
スチュアート・スケルトン(ジークムンデ)
グリア・グリムスリー(ヴォータン)
ギュンター・グロイスベック(フンディング)
ジェイミー・バートン
MET上演日 2019・3・30 上映時間 5時間10分

 「ニーべルングの指輪」4部作の第2作(第1日目)である。神ヴォータンの双子の兄妹である、ジークムントとジークリンデが出会い、駆け落ちをする。ヴォータンの妻フリッカの意向で、ヴォータンの娘のワルキューレらに二人を殺させようとするが、ワルキューレのブリュンヒルデは、彼らを助けようとして、父ヴォータンの怒りを買う。

 壮大なスケールで舞台や音楽が進む。舞台に大きな木を何本も並べて、それを様々に動かして、変化に富む舞台装置を見せる。有名な「ワルキューレの騎行」では、ワルキューレらの馬ということになっている。

 5時間にも亘る長い舞台で、展開が遅いので冗長な感じがするが、曲は素晴らしい。親子の情愛、愛する者の想いが描かれるが、素直に感情移入しにくいのは、状況がやや非現実的だからだろうか?楽劇という形式に、熱心になれない気がする。


 

by nori-126 | 2019-05-13 18:45 | オペラ・バレエ | Comments(0)

シネマ「私はマリア・カラス」

 5月1日(水)、京都シネマで、「私はマリア・カラス」を見た。20世紀の歌姫、マリア・カラスのドキュメントで、大阪でみる機会を逃したが、4月下旬から上映されることがわかった。四条烏丸の交差点近くのビルの中にある映画館で、少しのところで立ち見席になってしまった。スクリーンは大変小さくてがっかりした。

 オペラのことを何も知らなかった若い頃でも、マリア・カラスの名前は知っていたし、海運王オナシスとの恋や、オナシスが、ケネディ未亡人と結婚したなどのニュースは、覚えている。オペラ歌手の枠を超えたスターだった。

 名前を知っていても、人と実績をほとんど知らないマリア・カラスの歌声や、インタビューは新鮮で、興味深い内容だった。残された手紙を、ジョイスディドナートが朗読して、心情を吐露しているのは、貴重な資料である。有名なだけにいろいろと悪口を言われたのに、毅然とした態度で応じた生き方にも共感を覚えた。

 高い声の響きが素晴らしく、オペラでは存在感がある。もっといい音響や舞台の映像が残っていないのは残念である。

 

by nori-126 | 2019-05-02 18:40 | オペラ・バレエ | Comments(0)

ボリショイ・バレエinシネマ「ラ・バヤデール」

 3月27日(水)、ボリショイ・バレエをシネマで見た。前から知っていたが、毎月最終水曜日の夜1回だけの上映なので、都合がつきにくく、今回初めて見た。大阪ステーションシネマは、ほぼ満員という入りだった。英国ロイヤルバレエは、7日間上映するとはいえ、いつもぱらぱらという入りなのに。

 「ラ・バヤデール」は、1月に英国ロイヤルバレエで初めてみた。もともと4幕で作られたものだが、この時は、ナタリア・マカロワ版で、第1幕と第2幕を合わせて第1幕として、ニキヤの死まで、第2幕が影の王国、第3幕で神の怒りにふれて全員が死ぬという構成だった。ボリショイ・バレエは、ユーリー・グリコローヴィチ版で、第1幕、第2幕をそのままに、第3幕の影の王国で終わる。舞台がインドということになっていて、衣装や舞台装置に異国情緒がある。

ボリショイ・バレエ in シネマ 2018-19「ラ・バイヤデール」
モスクワ公演日 2019・1・20
音楽:レオン・ミンクス
振付:ユーリー・グリコローヴィチ
指揮:パヴェル・ソロキン
司会:カテリーナ・ノヴィコフ
キャスト
 ニキヤ/オルガ・スミルノワ
 ソロル/アルテミー・ベリャコフ
 ガムザッティ/オルガ・マルチェンコヴァ
 ラジャ/アレクセイ・ロパレーヴィチ
 イドル・ドレ/ダヴィッド・モッタ・ソアレス

 司会が、ロシヤ語、フランス語、英語を駆使して早口で話す、英語の時に字幕が出る。作曲のレオン・ミンクスの紹介をした。劇場の指揮者、バイオリニストで、1870年頃にプティパと協力して、「ドン・キホーテ」や本作を作曲した。

 舞台装置がバレエというよりオペラを思わせる豪華さである。第1幕は中央の巨木に抱かれるように神殿のある舞台で始まり、途中で宮廷の部屋に変わる。第2幕は、宮殿の前の庭で、第3幕は、崖に囲まれた広場である。

 見どころは、ソロルとガムザッティの婚約祝いの席で、絶望に打ちひしがれてのニキヤの踊り。バイオリンの独奏が悲しい。第3幕の影の王国では、傾斜のある舞台を同じ動きで、32人のダンサーがゆっくりと降りてくる。英国ロイヤルバレエでも見た振付だが、白い衣装が映える少し青みがかかったライティングが素晴らしい。何か涙がでそうなくらいの感動だった。

 第2幕では様々な踊りが披露される。太鼓のリズムに合わせて一人の女性と11人の男性が踊るが、バレエというよりダンスのような動きだった。女性が頭に壺を乗せて、手で支えながら時に手を離す。最後のツボを手に取って、固定されていないことを示した。腕に鷲を乗せて大勢で踊る振り付けもあった。

 ヒロインのオルガ・スミルノワは、1昨年夏の「ルグリ・ガラ」で来日して、チュージンと踊ったのを見たことがある。ソロルが腹部を支えるリフトで、海老反りになった姿が手足の長さを生かして大きく見えた。マルチェンコヴァは、ソロルとグラン・パ・パ・ドゥがあり、主役級の踊りを見せるが、素晴らしかった。


by nori-126 | 2019-03-28 00:27 | オペラ・バレエ | Comments(0)

東京バレエ団 海賊 兵庫芸術文化センター大ホール

 3月23日(土)、東京バレエ団の公演に行った。席を取るのが遅くなり、K-36番という通路すぐ後ろの一番右端の席だったが、見やすかった。

東京バレエ団 初演「 海賊」プロローグ付 全3幕
2019・3・23(土) 午後3時開演
兵庫県立芸術文化センター 大ホール

振付:アンナ=マリー・ホームズ
音楽:アドルフ・アダン 他
指揮 ケン・シェ
関西フィルハーモニー管弦楽団
配役 メドーラ:上野水香
   コンラッド:柄本 弾
   アリ:宮川新大
   ギュルナーラ:川島麻美子
   ランケデム:池本祥真

 幕が開く前に、海賊船が海を渡る姿が映し出された。これが最後にもでてきて、難破する形になる。
 
 舞台は、バレエらしいあまり立体感のない装置で、しかもスケールが大きい。装置協力がミラノ・スカラ座と書いてあるので、そのまま持ってきたものなのだろうか?

 名前を知っている上野水香さんは、スタイルの良い踊りだった。このバレエは珍しく男性が活躍するが、残念ながら、男性の踊りは少しもの足りないものがあった。シネマなどで海外の男性の力強い踊りをみていると、つい比べてしまう。

 オケがケン・シェ指揮の関西フィルハーモニー管弦楽団で、バレエの演奏になれているのかどうかわからないが、一流のオケで生の演奏を聞けたことは、貴重な経験だった。

d0097373_13312866.jpg





by nori-126 | 2019-03-24 16:16 | オペラ・バレエ | Comments(0)

MET ライヴビューイング 2018-19 カルメン

 3月10日(日)、METライブビューイングのカルメンを見た。夕方のなんばパークスシネマは、観客がまばらだった。カルメンは特別に朝にも上映があり、一日2回の上映となっているから、日曜日だと、朝の方が多いのかも知れない。

METライブビューイング 2018-19 第7作 ビゼー「カルメン」
上演日 2019・2・2 上演時間 3時間30分
指揮:ルイ・ラングレ 演出 リチャード・エア
キャスト クレモンティーヌ・マルゲーヌ(カルメン)
     ロベルト・アラーニャ(ドン・ホセ)
     アレクサンドラ・クルジャック(ミカエラ)
     アレクサンダー・ヴィノグラドフ(エスカミーリョ)

 演出は、2014-15シーズンにA・ラチヴェリシュヴィリの主演で行われたのと同じである。2010年にこの演出が初めて登場した時の、E.ガランチャの公演を、リバイバル上映で見たことがある。2重の回り舞台を使って、舞台の転換を見事に行う。1幕と2幕、3幕と4幕が休憩なしで舞台転換される。

 カルメン役のマルゲーヌは、あばずれな感じに乏しく、知的な印象を受ける。男をもてあそぶ女性というより、自由に生きる強い意志を持った女性という面が強調されるようである。

 幕間のインタビューで、ミカエラ役のクルジャックとホセ役のアラーニャが夫婦であることが紹介された。夫婦でオペラ歌手というとネトレプコとエイヴァゾフが思いつくが、そう多くはないのではなかろうか?

 同じ演出で3回目の鑑賞なので、舞台よりも音楽に注目して聴いてみた。不吉な予感をさせる不気味な音楽、明るくて楽しい音楽などに、変化をつけて、本当によく計算されている。

by nori-126 | 2019-03-11 01:43 | オペラ・バレエ | Comments(0)

METライブビューイング 第6作 アドリアーナ・ルクヴルール

 2月27日(水)、METライブビューイングを見に行った。なんばパークスシネマは、前の方の席以外は満席に近かった。演目は有名ではないが、ネトレプコが出るというので、多いのだろう。直前だが、ネットでF9という見やすい席が取れた。休憩時間に後ろを振り返るとISZKさんを見つけた。

METライブビューイング2018-19 第6作
チレア「アドリアーナ・ルクヴルール」新演出
上演日 2019年1月12日 上演時間 3時間19分

指揮:ジャンドレア・ノセダ 演出:ディヴィッド・マクヴィカー
出演 アンナ・ネトレプコ(アドリアーナ・ルクヴルール)
   ピョートル・ペチャワ(マウリツィオ)
   アニータ・ラチヴェリシュヴィリ(ブイヨン公妃)
   アンブロージュ・マエストリ(ミショネ)
   マウリツィオ・ムラ―ロ(ブイヨン公爵)

 めったに上演されない演目の新演出である。演じられる歌手が一流に限られるというのも、上演機会が少ない理由だという。ネトレプコの2回のコンサートでは、「私は神のしもべです」が歌われた。

 舞台は劇中劇の形を取るので、いつも舞台が設定されている。マウリツィオをめぐる恋の争いは、悲劇に終わるが、敵対する女性のどろどろとした関係が、オペラというよりも芝居のような迫力を醸し出している。ネトレプコをコンサートでなく、こういうオペラで見てみたいと思う。

 アンブロージュ・マエストリは、昨年9月のローマ歌劇場の「椿姫」で、ジョルジュ・ジェルモンを演じて、声の良さ魅せられた。 ムラーロは、「マノンレスコー」でパトロンのジェロンテ を演じた。脇役として、安定した歌声と演技を見せる。

by nori-126 | 2019-03-01 11:02 | オペラ・バレエ | Comments(0)

MET ライヴビューイング 2018-19 椿姫

 2月10日(日)、METライブビューイングを見に行った。椿姫の新演出で、前のヴィリ―・デッカーの現代に置き換えたシンプルな舞台の演出が、あまりに斬新だったのでどのような演出になるのかが楽しみだった。

METライブビューイング 第6作 ヴェルディ「椿姫」
指揮:ヤニック・ネゼ・セガン
演出:マイケル・メイヤー
出演:ヴィオレッタ:ディアナ・ダムラウ
   アルフレード:ファン・ディエゴ・フローレス
   ジョルジュ・ジェルモン:クイン・ケルシー
上映時間 3時間25分 MET上演日 2018年12月15日

 椿姫はビデオでも舞台でも何度か見ているが、今回は強烈な印象だった。何よりもディアナ・ダムラウのヴィオレッタの存在感が際立った。演技が少しおおげさなのかも知れないがそれを感じさせない。移ろう感情を見事に表現し、特に最後の場面での生への執着がよく出ていた。

 演出も工夫がされていて、最初にヴィオレッタの最後の場面がでてくる。中央のベッドに横たわるヴィオレッタが起き上がると、周りの人は時間が止まったかのように静止したままである。ヴィオレッタが去ると、周りの人が死を嘆くようにベッドに集まる。回想という形式にしてある。

 ベッドが初めから終わりまでずっと舞台の中央に置いてある。いつもヴィオレッタの死が意識されることになる。前の演出は、医者を舞台隅に配置することで、死を意識させる手法を取った。ヴィオレッタが不治の病にかかっているというのが根底にある。

 ジョルジュがヴィオレッタを訪ねて、身を引くように頼む場面に、アルフレードの妹が登場して驚いた。実は、初めの死の場面にも登場していたのだが、後で、花嫁姿で舞台を横切るところもある。歌わないのだが、すごくきれいな人だったのも印象に残った。

 METの新音楽監督になったセガンが指揮をしたのも話題で、一段と拍手が多かった。指揮を初めてすぐに指揮棒を飛ばしてしまったのも映し出された。
 

by nori-126 | 2019-02-13 00:53 | オペラ・バレエ | Comments(0)