感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
ラブリーホール合唱団 201..
at 2018-08-12 10:36
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-08-12 10:16
1万人の第九 懇親会 淀屋橋
at 2018-08-12 10:10
「大大阪モダニズム」展 講演..
at 2018-08-09 08:47
バイオリンレッスン 第114回
at 2018-08-06 23:55
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-08-06 06:54
ディーヴァ中丸三千繪と出逢う..
at 2018-08-05 00:15
夏休み文楽特別公演 第3部 ..
at 2018-08-02 19:02
アロハ合奏団2018年夏公演..
at 2018-07-30 23:32
ラブリーホール合唱団 ロ短調..
at 2018-07-29 00:28
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(173)
(168)
(160)
(136)
(135)
(126)
(114)
(96)
(86)
(83)
(70)
(62)
(57)
(51)
(50)
(47)
(40)
(34)
(21)
(18)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:合唱( 127 )

ラブリーホール合唱団 2019 ロ短調ミサ 第14回

 8月11日(土・祝)、LA FENICEの練習の後に、30分ほど遅れてラブリーホール合唱団の練習に行った。19回の練習の内、14回に出席しているので、出席率は、74%となる。

 中村先生の指導で、第17曲Crucifixusを最後まで歌った。音を準備しておく、ずり上げない、喉を締めない、言葉の意味や状況を考えて、歌い方を変える、すなわち、おごそかにとか、非難する気持ちとかである。
 
 今日はテノールが、8人しかいなくて、うまい人が欠席していたので、頼りなかった。がんばって声を張り上げようとしたが、音取りにまだ自信のないところもある。バスは人数が倍くらいいて、よく声もでていた。

 バスのARKWさんが、2月以来、喉の病気で声がでにくい状態だったが、喉の手術を受けられた。声がかなりだせるようになったということで、隣でそれを聴いてうれしかった。リハビリが大変そうだが、それを思うと、負けないように練習をしないといけないという気になる。

 休憩の後、前回、河田先生で練習した第16曲を歌った。おさらいしながら新しいところにも取り組もうということである。

by nori-126 | 2018-08-12 10:36 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲 第7回

 8月11日(土・祝)、山の日で休日の昼から、堀江アルテで、LA FENICE の練習があった。SGT先生の指導で、今までに練習したところをおさらいした。ボイトレペアのOSDさんの横に座った。バスが少なくて、テノールが手伝っていた。

 15Choral、16b、16d、17Choral、18b、21b、21d、2b、2dと歌っていった。各パートで歌ったり、いくつかのパートを合わせてみたりして、ハーモニーを確認した。テノールとバスで半音ちがうところを、どちらかが先に歌って、別のパートが後からそれに合わせるという練習をした。仕事の関係で、残り20分のところで早退させていただいた。

 SGT先生は、昨日、自転車で肘をすりむいたということで、キズパワーパッドを貼っておられたが、手持ちのモイストパッドに張り替えてあげた。それほどの傷でもないので、すぐによくなるだろう。

by nori-126 | 2018-08-12 10:16 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲 男声練習 第2回

 8月5日(日)、LA FENICEの男声パートだけの練習があった。心斎橋のFUN HOUSEで、10時から2時間練習した。ヨハネ受難曲の第21bをリズム読みから始めて、少しずつテノール、バスに分かれて歌った。休みなしで、21bを最後まで歌った。終わってから、すぐ近くのレストランで、昼食を取った。

by nori-126 | 2018-08-06 06:54 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第13回

 7月28日(土)、西宮で、「魔弾の射手」を見たあと、ラブリーホール合唱団の練習に行った。サイン会や写真を撮ったので、40分遅刻した。河田先生の指導で、第16曲を歌った。パート別に「ロロロ」で歌い、複数のパートで合わせて、言葉を入れて歌うというのを繰り返して、最後まで歌った。

 正確に音が取りにくいところを指摘された。徐々に音が上がるところは、低くなりがちで、徐々に音が下がるところは下がりにくい。半音や全音の動きを意識する。テノールは低い音も、テノールの音色で歌い、バスのような音にならないようになどである。

 8時過ぎに団員の携帯の警告音が一斉になりだして、河内長野に避難準備警報がでたことが知らされた。台風12号が、東の方から近畿に近づいており、帰る時は雨だった。

by nori-126 | 2018-07-29 00:28 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第12回

 7月21日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。6時から団長さんの指導で、音取りの練習をした。

 河田先生の指導で、第14曲を一通り歌った。ある程度歌える箇所だが、細かい所はまだ曖昧で、他の人の歌っているのやピアノを頼りに歌った。

 バスが遅れがちになる、高い音は歌いにくいので短くなりやすい。重要な単語は、2拍目であっても強くなり、その前の1拍目が弱くなることがある、同じ3度の動きでも、長3度と短3度の違いを意識することなど、歌い方の基本となることを言われた。わかりやすい説明である。

 OGSさんと久しぶりにお会いした。腎臓の病気で3週間ほど入院しておられたとのことで、大変だったようである。お見かけしないなあと気になっていたが、元気になられたようでよかった。

by nori-126 | 2018-07-22 04:52 | 合唱 | Comments(0)

日本語をうたう その七 堀江アルテ

 7月15日(日)、LA FENICEの男声練習と昼食のあと、喫茶店でコーヒーを飲んで、数人で堀江アルテのコンサートに行った。LA FENICEの母体であるANKAAが主催する日本語をうたうというシリーズである。

うたうたい
日本語をうたう ~その七~
2018.7.15(日)午後2時半
堀江アルテ

1部 あ・ら・か・る・と
「父の唄」から3曲 渡邊 守
「二番目に言いたいこと」から5曲 鈴木恵美子
「千原英喜」作品 4曲 中田佳代
2部 おかさんといっしょ VS ポンキッキシリーズ 歌合戦

 第1部では、有名な作曲家の作品を取り上げられていた。私自身が聴いたことがないが、日本語であるから詞の意味を理解しながら聞くとわかりやすい。
 
 第2部は、テレビ番組で紹介された歌を、テーマごとに対比させようというもので、子どもが小さい頃にテープなどで聴いたことのある曲が多かった。簡単な振りを入れたり、小物を使ったりと、楽しい演出だった。

by nori-126 | 2018-07-17 02:09 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヨハネ受難曲 男声練習

 7月15日(日)、LA FENICEの男声だけの練習が初めてあった。10時から心斎橋のFUN HOUSEに10人が集まった。バスが1人にテノールが9人だったので、テノールもバスを歌ってみたが、こういう練習も面白い。第16bとdを一通り歌った。パートマネージャーのSKGCさんが、初めに発声練習として、音階を歌っていくのを指導された。

 昼食をすぐ近くのレストランで10人が揃って取った。UCHSさんの知り合いで、今年からバスで参加しているFJIさんに挨拶した。初めての男声だけの練習は、充実した練習になった。

by nori-126 | 2018-07-17 02:07 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第11回

 7月14日(土)、ザ・シンフォニーホールのコンサートを聴いて、ラブリーホール合唱団の練習に行った。小ホールで6時から、団長さんの指導で、第21曲を歌ったが、予習をしていないので、ほとんど歌えなかった。

 練習は、辞められたK先生の代理として、河田早紀先生がされた。私は初めてだが、以前にラブリーホール合唱団の指導をされたことがあるとのことである。そして、ピアノ伴奏のOKBYS先生のご主人であると、ODさんが教えてくれた。音楽家の先生達は、結婚されても旧姓を使われるので、ご夫婦かどうかわかりにくい。

 第2部の1曲目の Credo を、パート別に歌っていった。こもらない発声、音が低くなり過ぎない、リズムを自分できちんと取ることなどを指摘された。アルトとバスの元気がないことを言われた。テノールは褒めてもらえた。

by nori-126 | 2018-07-15 04:02 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE 2019 ヨハネ受難曲 第6回

 7月8日(日)、LA FENICEの練習に行った。西成区民センターで、6時から辻本先生の指導で、第39曲を練習した。中村先生がこられて、第39番を続けて練習したあと、2bと2dを歌った。

 休憩中にSGMTさんと話をした。2017年の天地創造の打ち上げの時に、FBのお友達になったが、あまり話す機会がなかった。それが、FBで、30年程前に、同じ会社にいて、私が講義をしたときの生徒さんだったことが判明した。お互いに覚えていないが、前に会っていて、共通の知り合いがいるということで、急に親しみを感じることになった。ツーショット写真を撮った。

 練習後に、近くのアナイスというレストランで、中村先生と団長さん以下、10人で食事をして飲んだ。LA FENICEでこういう形の飲み会に参加するのは久しぶりである。中村先生とゆったりと話をするのも初めてである。大阪フィル会館が近くにあるので、大フィル合唱団に入っている人には、行きつけの店らしい。

by nori-126 | 2018-07-12 01:29 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 ロ短調ミサ 第10回

 7月7日(土)、ラブリーホール合唱団の練習に行った。前回休んだので、事情がよくわからないが、以前から言われていたように、指導のK先生が、降りられることになって、本番のソリストも変更になるという。団長さんから経緯の説明があった。

 6時からの自主練の後、HSD先生が臨時ということで、第1部の最後の「Cum Sanctus」をラララと言葉を入れて最後まで歌った。前回、言葉の練習をしたということだが、私にとっては、初めてである。予習をしていたのである程度歌えたが、音の長さの微妙な調節、三拍子を意識する、息を流して歌うというアドバイスは参考になった。一応歌えるのは当たり前だが、さらに細かいところを磨く必要がある。

by nori-126 | 2018-07-08 12:13 | 合唱 | Comments(0)