感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
城巡り
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
東大阪の第九 第6回
at 2019-08-12 01:56
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-11 11:51
混声合唱団 すみのえ 第18回
at 2019-08-08 13:39
堺フロイデ モーツァルト「レ..
at 2019-08-07 02:22
バイオリンレッスン  第133回
at 2019-08-06 11:11
LA FENICE ヘンデル..
at 2019-08-04 02:54
1万人の第九 懇親会
at 2019-08-01 19:36
文楽 第2部 仮名手本忠臣蔵
at 2019-08-01 19:34
新音フロイデ モーツアルト「..
at 2019-07-31 09:34
東大阪の第九 第5回
at 2019-07-29 07:09
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(233)
(209)
(179)
(164)
(141)
(137)
(132)
(106)
(95)
(86)
(81)
(72)
(69)
(61)
(50)
(47)
(38)
(28)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:合唱( 234 )

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 オケ合わせ

 8月10日(土)、堺フロイデのオケ合わせがあった。蒲生四丁目の駅から城東区民センターまで歩くだけでも暑い。本番を1週間後に控えて、大阪府医師会フィルハーモニーとMRY先生の指揮で、初めから通して演奏した。ソリストの歌うところも、オケだけが演奏した。休憩を入れて、ほぼ2回演奏した。そして「アヴェ・ヴェルム・コルプス」を歌った。

 本番の舞台と同じ並びだったが、すぐ後ろに上手な人がいて、歌いやすかった。テノールは出だしが弱かったり、遅れそうになるのが気になった。指揮者が合唱のための合図を、細かくしてくれないのは、仕方がないので、自信を持って歌いださなくてはと反省した。

 

by nori-126 | 2019-08-11 11:51 | 合唱 | Comments(0)

混声合唱団 すみのえ 第18回

 8月7日(水)、混声合唱団すみのえの練習に行った。大阪市コミュニティ合唱祭に着るTシャツを購入した。混声合唱曲集「光と風をつれて」から初めて、「秋の真ん中で」という曲の音取りをした。リズムの難しい所があり、最後までは音取りができなかった。

 「信じる」と「きみうたえよ」をできるだけ楽譜を見ないで歌ってみた。まだ少しあやしいところがある。

by nori-126 | 2019-08-08 13:39 | 合唱 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 第27回

 8月6日(火)、堺フロイデの練習に行った。遅れていったので、MYZK先生の、Krie から後、最後までのおさらいに参加した。アルトの音がずれることが指摘された。ソプラノとアルトのVoca me の歌い方に注意があった。発声の難しいところだが、ここの歌い方が合唱団のレベルを決めるといっても過言ではない。

 隣で歌っていたテノールの人の声が、自分の声と同調する感じがして、ぞくぞくとした。声の質が似ているのだろうが、思い切って声をかけた。住之江の第九で歌っているというTRMさんという方だった。フェニーチェ堺の「アイーダ」にでられるとのことで、知り合いが何人か参加している。

by nori-126 | 2019-08-07 02:22 | 合唱 | Comments(0)

LA FENICE ヘンデル「メサイア」 第1回

 8月3日(土)、LA FENICE の練習に行った。7月初めにヨハネ受難曲の演奏会が終わり、来年6月28日のヘンデル「メサイア」の本番に向けて、新たに練習が始まっている。3回の自主練習があったが、2回は仕事で行けず、1回は別の合唱団に参加した。

 本日も、別の合唱団と重なっているが、ピアニストによるコレペディ練習ということで、行くことにした。新しい曲に取り組む初めての日を経験するのは、5回目(LA FENICEでは3回目)になる。知り合いに久しぶりに会えて、今度もがんばろうねという、雰囲気が心地よい。

 6時から堀江アルテで、TJMT先生による指導があった。先生は、昨年秋に体調不良から、当合唱団の練習を休まれた。一万人の第九では早くに復帰されたが、この合唱団では、ほぼ1年ぶりになる。

 ヘンデルのメサイヤは、ハレルヤコーラスが有名だが、私にとっては初めての英語の歌である。現代英語とは少し違うところもあるが、ラテン語やドイツ語よりは理解しやすい。三ヶ尻先生のメサイヤの解説書を買って勉強している。

 先生の指導で、第1部の初めから最後までを、ラララで歌い、歌詞の発音を確認して、全体で歌った。歌ったことのある経験者はかなりあるようである。少し予習をしていたのと、隣にOSDさんがおられたので、何とか歌えたと思う。

 テノールは、出席が9人で、バスは一人もいなかったので、SKGCさんがバスに回った。帰りはKTMRさんと歌舞伎の話をしながら帰った。

by nori-126 | 2019-08-04 02:54 | 合唱 | Comments(0)

大阪市コミュニティ合唱祭 合同練習 第3回

 7月27日(土)、大阪市コミュニティ合唱祭の合同合唱の練習があった。福島区民センターに行くと、発声練習が始まっていた。木村先生の指導で、ピアノが大フィルの尾崎先生である。

 前回、練習ができなかった「未来へ」を歌ったが、音取りがあまりできていなくて自信がなかった。テノールは、きちんと歌えていない感じだった。「もう すんだとすれば」を歌ったが、シンコペーションのことを言われた。八分音符と四分音符の組み合わせを軽快に歌うには、八分音符を少し短くして、リズムを作るということである。

 休憩時間に辞して、神戸六甲へ行った。

by nori-126 | 2019-07-28 02:27 | 合唱 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 第26回

 7月23日(火)、堺フロイデの練習に行った。MRY先生の指導で、最初からおさらいをしていった。今日は、よく声がでるので、大きな声で歌っていると、テノールは、大きな声で歌わないようにと言われた。

 高い音で声を張り上げないようにと言われた。Com-o-limの歌い方、ソプラノの装飾八分音符の歌い方を細かく言われた。

 指導のNKMR先生が来られていて、後ろで歌っておられたが、休憩中に私に声をかけていただいた。自分の仕事の事を話した。

by nori-126 | 2019-07-24 13:58 | 合唱 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 合同練習 第2回

 7月21日(日)、堺フロイデの練習に行った。午後からの合同練習の前に、男声だけで特別に練習するというので、10時に会場に行った。1列に並んで歌うのは少し緊張する。NKMR先生の指導で、うまく歌えない所はどこですかということで、Confutatis、Rex tremendae、Dies irae などを歌った。

 団員が先生の指導に、クレームをつけたのに驚いた。かなり歌える人らしくて、その指摘も間違っていないのだが、もう少し言い方がありそうなものである。

 昼食を近くの喫茶店で取った。BGMに60年代の懐かしい曲がかかっていたので、同年代のマスターと音楽の話をした。

 1時から、合同練習で、MRY先生の指導で、初めから通して最後まで歌った。テノールは、大きな声をださないで、他のパートに合わせることや、音の質を柔らかくということを言われた。

 混声合唱団すみのえで一緒しているKMGIさんに、堺フロイデでは初めて会った。昨年のラブリーホール合唱団で一緒だったWDさんをみかけた。堺フロイデの別の日の練習に参加しているとのことで、ラブリーホール合唱団の近況などを話した。

by nori-126 | 2019-07-22 00:50 | 合唱 | Comments(0)

ラブリーホール合唱団 小荘厳ミサ 第9回

 7月20日(土)、兵庫芸文のミュージカルを観て、ラブリーホール合唱団の練習に行った。同じ時間に、LA FENICEの自主練習があって、当初はそれに参加するつもりにしていたが、辞めた。小荘厳ミサの楽譜を取りに家に寄ったので、30分遅刻した。

 NKMR先生の指導で、Et vitam のおさらいをしていた。そして新しくSanctus に入った。まだ音が取れていないので、手探りで歌ってみた。 

 SMDさんと久しぶりに話をした。「On the town」を昨日、見に行かれたとのことである。

by nori-126 | 2019-07-22 00:40 | 合唱 | Comments(0)

混声合唱団 すみのえ 第17回

 7月17日(水)、混声合唱団すみのえの練習に行った。前回、大雨警報がでたので中止になり、練習は1か月ぶりである。

 前から練習している6曲を歌ってみる。久しぶりで頼りないのもある。「夢路より」はしばらく練習しないものと油断していたので、全く歌えなかった。
 
 合唱祭で歌う、「信じる」と「きみ歌えよ」を重点的に練習した。強弱や細かいリズムを注意される。暗記しないといけないので、楽譜みないで歌うようにした。かなり覚えているが、自信のないところがわずかにある。

 木下牧子作曲の曲集「光と風をつれて 」を買った。

by nori-126 | 2019-07-19 00:28 | 合唱 | Comments(0)

堺フロイデ モーツァルト「レクイエム」 第25回

 7月16日(火)、堺フロイデの練習に行った。いつものように遅れていくと、MYZK先生の「アヴェ・ヴェルム・コルプス」の練習をしていた。いい音が響いていて、ソプラノとアルトのレベルが上がっているのが実感できた。

 モーツァルトのレクイエムを初めから歌ってみた。本番まで、1か月になり、仕上げの段階に入っている。男声が頼りなくて、まだ、しっかりと音が取れていない人がいる。

 「いつも始まりのように」と「うた」を歌った。暗記をしなくてはならない。

by nori-126 | 2019-07-19 00:25 | 合唱 | Comments(0)