感動を求めて、忙しすぎる「ひまつぶし」に追われている団塊世代の男の記録。
by nori-126
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
1万人の第九
第九(1万人の第九以外)
合唱
クラシック音楽
オペラ・バレエ
バイオリンレッスン
歌舞伎
文楽
古典芸能
ポピュラー音楽
美術展
陶芸
歴史散歩 大阪
歴史散歩 堺
歴史散歩 京都
歴史散歩 奈良
歴史散歩
街道を歩く
西国三十三所
山歩き
花 四季彩々
自然観察 花・鳥・昆虫
園芸
美味探訪
囲碁
読書
外国語
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
フォロー中のブログ
SOLO*WALKER
暮らしの歳時記
続・季節とともに
エキサイトブログ以外のリンク
最新の記事
1万人の第九 リハーサル
at 2018-12-04 01:23
大阪フィル 第523回 定期..
at 2018-11-28 23:06
バイオリンレッスン 第12..
at 2018-11-27 19:04
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-11-26 01:30
ラブリホール合唱団 ロ短調ミ..
at 2018-11-25 02:26
門真の第九 第1回 ルミエー..
at 2018-11-25 02:19
東大阪の第九 第3回
at 2018-11-24 00:17
混声合唱団 すみのえ 第4回
at 2018-11-21 23:52
グレン・ミラー・オーケストラ..
at 2018-11-21 23:48
LA FENICE ヨハネ受..
at 2018-11-19 00:16
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by nori-126 at 11:02
noriさん、こちらこそ..
by おっちゃん at 21:55
イソさん、コメントありが..
by nori-126 at 22:16
こんにちは 門真の第九..
by イソ at 19:43
midoさん、こちらこそ..
by nori-126 at 19:52
ライフログ
検索
タグ
(184)
(174)
(161)
(149)
(139)
(136)
(121)
(99)
(90)
(84)
(76)
(70)
(64)
(59)
(50)
(47)
(34)
(22)
(21)
(19)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:クラシック音楽( 196 )

大阪フィル 第523回 定期演奏会

 11月28日(水)、大阪フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に行った。赤い絨毯の階段の下には、光の飾りがあって見事である。二つ隣の席の合唱での知り合いであるKWMRさんと話をした。2列後ろに、1万人の第九の知り合いであるSNさんがおられた。

大阪フィルハーモニー管弦楽団 第523回 定期演奏会
2018.11.28(水)午後7時開演
フェスティバルホール

指揮 小泉和裕

モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲
ヒンデミット 交響曲「画家マティス」
シューマン「交響曲第2番」

 定期演奏会では、全く聴いたこともない曲が聞けるというのは、楽しみではあるが、その時には、ある程度の感動があるものの、終わってからは、あまり記憶に残っていない。ネットで、クラシックのCDが聞ける状況では、予習をしていくというのも可能だが、最近ではそれもさぼっている。

           
d0097373_23263672.jpg

d0097373_23264027.jpg

by nori-126 | 2018-11-28 23:06 | クラシック音楽 | Comments(0)

クレッシェンド! 第14回 堀江アルテ

 11月10日(土)、1万人の第九の練習が終わって、タクシーで堀江アルテに向かった。少し遅刻して、3人目のHZYMさんが歌い始められていた。ソプラノ歌手のSMMTさんの主催のコンサートで、年に2-3回のペースで行われている。バリトン歌手のご主人が裏方として手伝っておられるのが微笑ましい。昨年8月に第11回を聴かせてもらった。

 曲は知っているものもいくつかあって、歌ったことのあるベッリーニの美しい月よ(Vaga Luna)、フルートによるSpain(アランフェス協奏曲の編曲したもの)と、情熱大陸、サラ・ブライトマンで聴いたA・L・ウェッバーの「Pie Jesu」、ピアノ連弾のスラブ舞曲、フィガロの結婚の「恋とはどんなものかしら」、「もう飛ぶまい、この蝶々」、トスカの「歌に生き愛に生き」などが印象に残った。

 「贈る言葉」を男声の柔らかい声で聴いて涙がでそうになった。日航機墜落事故で亡くなったSMさんの送別会で、この歌を歌ったことを思い出した。
 
 LA FENICEのHZYMさんは、ソロで2曲歌われて、YMGCさんと二重唱で、フィガロの結婚の「レスタティーヴォ」を歌われて演技もされた。KTHRさんは、荒城の月と宇宙戦艦ヤマトを歌われたが、ヤマトにつけられたソプラノのヴォカリーズにぞくぞくした。

 LA FENICEのSTOさんはアオザイの衣装で、トーランドットのリューのアリアを2曲歌われたが、高い声が澄んでいて、オペラのキャラが見えた。OOTNさんは「妙なる調和」を歌われたが、高い声がよく伸びて声量もある。「ブラーヴォ」と声をかけた。

 東大阪第九のKSDさんのマスカーニのアヴェ・マリアは、有名な「カヴァレリア・ルスティカーナ」の前奏曲に詞をつけたもの、そして「私の大好きなお父様」を歌われた。最後に参加者で日本語で「マイ・ウェイ」を歌った。

 終わってから、HZYMさんに挨拶をたが、娘さんを連れてこられていた。


by nori-126 | 2018-11-11 23:46 | クラシック音楽 | Comments(0)

兵庫芸文 第110回定期演奏会

 11月10日(土)、兵庫芸文の定期演奏会に行った。今日は、門真の第九の開講式で、仕事を終わってから、門真で手続きをしようと思っていたら、仕事が長引いて行けなくなったので、直接西宮北口に行った。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第110回定期演奏会
オール・ドヴォルザーク・プログラム
指揮:クリスティアン・アルミンク 
チェロ:スティーヴン・イッサーリス
2018・11・10(土)午後3時開演
兵庫芸術文化センター 大ホール

チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
交響曲第7番 ニ短調 作品70
アンコール 
 チェロ サリ―・ビーミッシュ編曲「鳥の歌」
 ドヴォルザーク スラブ舞曲 第10番

 ドヴォルザークのチェロ協奏曲は、2-3回聞いたことがあり、特徴のあるメロディは、頭に残っている。7番は聴いたことがないが、あまり特徴のある音楽でないように思えた。聞き慣れると良さがわかるのだろうが。

 鳥の歌は、パブロ・カザルスが国連本部で演奏したことで、有名になった曲で、カザルスの故郷、スペインのカタルーニャの民謡である。

by nori-126 | 2018-11-11 22:46 | クラシック音楽 | Comments(0)

兵庫芸文 第109回定期演奏会

 10月20日(土)、兵庫芸文の定演に行った。ピアノ独奏のブルーノ・レオナルド・ゲルバーといえば、40年も前にクラシック音楽を聴き始めた頃に、聴いたことのある名前だが、久しぶりに名前を聞いた。74歳の今でも現役で活躍中なのである。

 つきそいの男性に腕を支えられながら、ゆっくりと舞台に進んだゲルバーは、椅子にすわった。こどもの頃のポリオの後遺症ということである。

 休憩時間にHZYMさんにお会いして、コンサートやオペラの話をした。約束していたオペラのBDを渡したが、お礼にとおみやげをいただいた。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第109回定期演奏会
2018.10.20(土)午後3時開演
兵庫芸術文化センター大ホール

指揮 クラウディオ・クルス
ピアノ独奏 レオナルド・ゲルバー
ゲストコンサートマスター 田野倉雅秋

オール・ベートーヴェンプログラム
序曲「コリオラン」
交響曲 第3番「英雄」
ピアノ協奏曲 第5番 「皇帝」

 定演ではめったに聴けないような有名な曲のプログラムである。知っている曲ばかりなので心地よい。英雄は、思ったより感動しなかったのは、なぜだろうか?

 皇帝のピアノは、流れるような華やかな音で、ベテランの余裕がみられた。コンサートマスターが大阪フィルの首席コンサートマスターである田野倉さんだった。ゲルバーに合わせて、一流を呼んできたということだろうか?

by nori-126 | 2018-10-21 01:24 | クラシック音楽 | Comments(0)

小玉晃の音楽学校 第5回サロンコンサート

 10月14日(日)、サロンコンサートに行った、小玉晃先生が主宰される音楽学校の発表会である。近鉄コーラス会の会場からかけつけたが、わずかに遅刻して、ICDさんの歌だけが聴けなかった。

 ソロを歌い慣れた人もあり、あまり歌ったことのない人もあるのだろうが、それぞれに努力をされて、皆の前で発表の機会を持てることは、うらやましい限りである。ソロを歌ってみたい気持ちはあるが、自信がない。

 シューベルトの「魔王」は有名な曲だが、女性が歌うのは知らなかった。フィガロの結婚の「恋とはどんなものかしら」はケルビーノの歌う曲で、男装がぴったりだった。「夢見たものは」は、混声合唱団すみのえで取り上げる予定になっている合唱曲だが、ソプラノの歌う主旋律を中心に独唱にしたものとのことだった。

 「椿姫」のプロヴァンスの海と陸は、さすがにアマチュアを越えた歌唱力で、オペラの雰囲気を味わうことができるくらいの熱唱だった。

d0097373_01240727.jpg

by nori-126 | 2018-10-15 01:06 | クラシック音楽 | Comments(0)

マーラー 交響曲 第8番「千人の交響曲」 びわ湖ホール

 9月29日(土)、びわ湖ホールのコンサートに行った。びわ湖ホール開館20周年記念のコンサートは、30日(日)午後2時から行われることになっていた。チケットは早い時期に完売になったので、行けないと思っていたら、ソリストのTKMTさんのご主人から来てもらえるなら、チケットを手配するということで、入手できた。

 ところが、公演が台風24号のために中止になる恐れがあった。28日(金)に急遽、29日(土)午後4時からのリハーサルを公演として行なうことが、FBで通知された。結果として、日曜日の公演が中止になったので、振り代えという形になった。

 昼過ぎから職場をでて、JRから京阪石場駅に早めに着いた。びわこホールそばのレストランで少し遅いランチをたべた。琵琶湖は霧に煙っていた。   

 会場に入って、2階2B20番という席に座った。2階といってても、1階から通路を隔てているだけである。隣にチケットを手配してくれたNSMRさんが座った。お客さんは4割くらいの入りだろうか?初めに、開館20周年記念の簡単な式典といっても、館長の挨拶があった。

びわ湖ホール開館20周年記念
マーラー作曲 交響曲第8番 変ホ長調 千人の交響曲
2018.9.29(土)午後4時開演

管弦楽 京都市交響楽団
合唱 びわ湖ホール声楽アンサンブル 千人の交響曲合唱団
   大津児童合唱団
ソプラノ 横山恵子 砂川涼子 幸田浩子 
アルト 谷口睦美 竹本節子 テノール 清水徹太郎
バリトン 黒田宏 バス 伊藤貴之

 オペラの公演をするホールだけあって、広い舞台に、130人近いオーケストラ、300人くらいの合唱団が乗って、迫力のある演奏をした。合唱団には、プロの歌手も含まれている。合唱団仲間のKTMRさん、MEYMさんが参加しておられた。

 ソリストは、ホールに縁のある人たちでもあるが、名前の知れた一流の歌手ばかりである。これだけの歌手を揃えることは、記念公演だからこそ可能なのである。千人の交響曲がめったに上演されないのは、わかる気がする。ところが、この秋は、近畿の4か所で千人の交響曲が演奏されるという。

 途中で3階客席から、バンダのブラスの音がして、3階(4階?)の右最前列で、幸田浩子さんが歌われた。帰りにロビーで滋賀県知事だったKDさんを見かけた。観客と写真を撮っておられた。出口で、合唱団仲間のIWMTさんに会った。台風が接近する曇り空の中を、電車で大阪まで戻った。

by nori-126 | 2018-09-30 02:09 | クラシック音楽 | Comments(0)

大阪フィルハーモニー交響楽団  第521回定期演奏会

 9月22日(土)、大フィル定演に行った。

大阪フィルハーモニー管弦楽団 第521回 定期演奏会
2018.9.21(土)15時開演
フェスティバルホール

指揮:アンドリアス・ポーガ
ホルン:ラデク・バボラーク

ハイドン:交響曲 第82番 ハ長調「熊」
パウエル:ホルン協奏曲
プロコイエフ:交響曲 第5番 変ロ長調

 ハイドンの交響曲はあまり演奏されないが、聴いてみると心地よい。モーツアルトに似た感じがあるのは、どちらが影響を受けたのかと考えてしまう。

 ホルン協奏曲は、ホルンの口をお客さんの方へ向けて、音を自在に操るという感じがして、安心して聴けた。プロコイエフの5番を聴くのははじめてだが、心地よい音楽である。




by nori-126 | 2018-09-22 18:21 | クラシック音楽 | Comments(0)

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第108回定演 天地創造

 9月15日(土)、兵庫芸文の定演に行った。2018-19シーズンの幕開けで、1階の通路すぐ後ろのいい席が取れた。少し高くなっているので、前の人の頭を気にしないで済む。

 開演の前に、佐渡裕さんが舞台上で挨拶をされた。オープニング記念第9合唱団は、公演ごとにオーディションでメンバーが選ばれる。今回は、知っている人が11人おられた。LA FENICE関係のKTOK、IWMT、OGS、MRT、TKMR、PTさんに第九の知り合いKMSR、YMD、MYZK、KMMT、ISDさんである。

 天地創造は、LA FENICEに入団して、初めて歌った曲であるが、途中入団だったので、半年しか時間がなくて、歌ったという満足は得られなかった。コンサートで聴くのは初めてだったので、客席ではどのように聴こえるのかという興味があった。

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第108回 定期演奏会
2018・9・15(土)15時開演
兵庫芸術文化センター 大ホール

指揮:佐渡裕
ソプラノ:幸田浩子 テノール:吉田浩之 バリトン:キュウ・ウォン・ハン
合唱指揮:本山秀毅
合唱:ひょうごプロデュースオペラ合唱団
   オープニング記念第9合唱団

 プロも入った合唱団の迫力は相当なものだった。オケも負けじとがんばっているようだった。ソプラノとテノールは3部では、アダムとイブを歌うのだが、仲がよいという演技も感じられた。1万人の第九でソリストをされた吉田さんの少しくだけた表情が新鮮だった。

 休憩時間に門真の第九の知り合いNGTM、ESK、HJTさんに会った。終了後に楽屋口で合唱団で出演の方達に挨拶をした。


by nori-126 | 2018-09-16 01:14 | クラシック音楽 | Comments(0)

大阪クラシック 「ロ短調ミサ前半」 大阪市中央公会堂

 9月9日(日)、大阪クラシックの初日、大阪フィル合唱団のコンサートを聴きに行った。大阪市立中央公会堂に、少し早く入った。席は、前から2列目の2番で、左側のいい席だった。

 ロ短調ミサは、千里バッハ合唱団のコンサートで2回聞いたことがあるが、ラブリーホール合唱団で、2月に演奏するべく、練習をしているので、どういう風に聴こえるのかと意識しながら聴いた。

大阪クラシック 第13公演  
2018.9.9(日)午後7時30分開演
大阪市中央公会堂 中集会室

指揮:福島章恭 オルガン:尾崎克典
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団

J.S.バッハ ミサ曲ロ短調 BWV232 第1部
アンコール 第2部 最終曲

 会場に入った時に、LA FENICEのIWMTさんに会った。門真の第九の知り合い、OKMR、ESK、KMMT、YMD、YYTN、NGTMさんを見かけた。

 合唱団員が入場して指揮者がロ短調ミサの解説をして、前半部分を演奏された。よく響くホールで、ソプラノ側だったので、ソプラノがよく聞こえた。合唱団には、LA FENICEのNKTさんら10人くらいの知り合いが参加されていたが、終わってからお会いした。

 公会堂のレストランで、門真の第九の知り合いの、ICD、OKMR、KMMT、ESK、YMD、NGTMさんと、名前を知っているが、挨拶をしたことのないHJTさん、KDUさんの9人で食事をした。門真の第九で一緒しているので、会ったことはあるはずなのだが。

by nori-126 | 2018-09-11 01:29 | クラシック音楽 | Comments(0)

新音フロイデ フォーレ・レクイエム フェスティバルホール

 9月6日(木)、新音フロイデを聴きに行った。木曜日なので、7時まで仕事をしてから駆け付けたので、前半は聴けなかった。当初は、先にデュルフレのレクイエムで、後半がフォーレのレクイエムの予定が、指揮者の意向で逆になったという。聴いたことのないデュルフレが聴けることになったのはよかった。チケットは、合唱団仲間のOGSさんから購入した。着いたのが休憩時間で、ホワイエにいた合唱の知り合いにあった。

新音フロイデ フォーレ・レクイエム
2018.9.6(木)19時開演
フェスティバルホール

大友直人指揮 大阪フィルハーモニー管弦楽団
大阪新音フロイデ合唱団

フォーレ・レクイエム ニ短調作品48
 独唱 小林沙羅 三原剛
デュルフレ・レクイエム 作品9
 独唱 竹本節子 三原剛

 240人くらいの合唱団が、6列で舞台に並ぶと壮観である。オーケストラも80人くらいと大編成である。初めて聞くデュルフレのレクイエムだが、現代曲だけあって、他のレクイエムとは異なる印象がある。迫力ある演奏は、これだけの人数だから可能なのかと思われた。

 ソリストの登場場面は短いが、メゾソプラノの豊かな声と、小さい低い声での歌唱に、感銘を受けた。

 終わってから、席を立つと、高校の同級生だったNSMRさんとSEKさんに会った。すぐ後ろの方の席に座っておられた。エスカレーターのところで、門真の第九の知り合いのTRMさんに会った。出たところで、同業のYGさん夫妻をお見かけして挨拶した。私の所属する合唱団のコンサートには数回来ていただいている。

 階段下で、聴きに来ていた合唱団仲間のYMD、KMR、SKGC、TMGW、NGTM、SGYMさんにあった。そこに舞台に立っていたOKMR、YYTN、ESK、KMMTさんらが来た。高校の同級生のNSMRさんも来て、ソリストのご主人と他の人に紹介した。

 近くのパブで、YMDさんらと飲んで話をした。YYTNさんの高校の同級生で、松原市で和菓子屋さんをしておられるNKNSさんが、初めてコンサートに来たということだったが、FBのお友達になった。門真の第九の前からの知り合いのSGYMさんとも友達になった。NGTMさんと話をしながら帰ったが、打ち上げを終わったICDさんらに電車で会った。

by nori-126 | 2018-09-07 14:23 | クラシック音楽 | Comments(0)